2022年01月20日

私の歳時記 大寒 款冬華(ふきのはなさく) 2022.01.20

今日からは二十四節気で大寒となります。一年で一番寒い時期です。その初候に七十二候の「款冬華(ふきのはなさく)」があります。款冬は中国読みでフキノトウを表します。雪面にほっこりと姿を現すフキノトウのイメージが款と冬の文字に表されています。款は面に刻む意味、冬は雪面を表します。

大寒の極寒の時でも、命は弛まず生命活動を続けています。フキノトウに託した季節の言葉、そこには希望が籠められていますね。
posted by 三上和伸 at 10:48| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の歳時記 二十日正月 2022.01.20

小正月も過ぎた20日、二十日正月は、西日本では正月納めの日とされています。正月の祝い納めの日で、仕事を休んで、ある意味で忌日とされて来ました。逆に東日本では仕事始めの日されていました。

関西(主に京都地方)ではこの日を最後に、正月の魚(鰤)を全て使い果たす日として、骨正月とか頭正月と言われています。乞食正月・棚探し・フセ正月などとも呼び、正月の餅やご馳走を使い果たす日とされて来ました。正月の浮かれた気分を納める日でもあったようです。

posted by 三上和伸 at 10:10| プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 🌅→🌖(十八夜)🌟 海外団体旅行の日 アメリカ大統領就任式 2022.01.20

今日は二十四節気の大寒、一年で一番寒い時期と言われています。大寒の時期は1月20日から節分の日までを言いますので、この15日間が東京で一番寒い時期と言えます。正に寒の底と言える期間ですね。今朝の横浜のアメダスの実況を観ると7時現在で0.3℃(本日の最低気温は0.2℃)でした。

1965年のこの日に日本航空が海外団体旅行のジャルパックを発売し始めました。格安で海外旅行が出来る、海外旅行のブームが巻き起こったのでした。私の海外旅行はそれから44年も経った2009年の夏至の頃の事、プラハ〜ウィーン〜ブダペストを巡りました。聖ヴィート大聖堂(プラハ)の威容、カールス教会広場(ウィーン)のブラームス像、ブダペストのドナウ川、今もその面影は鮮明に残っています。もう一度行きたい!

西暦年が4で割り切れる年の翌年のこの日がアメリカ大統領の就任式を行う日となっています。昨年の今日、ジョセフ・ロビネット・バイデン・ジュニアさんがアメリカ合衆国第46代大統領に就任したのでした。
posted by 三上和伸 at 08:33| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月19日

間奏曲 頼朝の伝説の妻・八重姫 美しい新垣結衣 2022.1.19

頼朝が北条館に去った後、新垣・八重姫は懇願の甲斐もなく頼朝と会えませんでした。しかも他の武士との縁談を押し付けられます。殺された息子・千鶴丸は出家をしたと嘘をつかれています。愈々八重姫は奈落の底へと追い遣られるのです。新垣はこの悲劇のヒロインを静かに演じています。決して荒立てずに悲しみを抱きつつも現実を受け入れ、自然に振舞おうとしています。これがあの時代の武士の娘の姿、これから千鶴丸が死んだ淵で入水をし、命を果てるのです。

八重姫は伝承の中に存在する架空のお姫様です。それでも八重姫と頼朝の縁の地は残されています。頼朝と逢瀬を重ねた音無の森に音無神社があります。川の対岸にはひぐらしの森があり、そこで頼朝が八重の到着を待ったのだそうです。近くの最誓寺は八重が建立したと伝わっています。伝承の中の人物ですが、確かに八重に当たるお姫様は存在したようです。儚くも歴史の闇に消えた麗しのお姫様、八重に鎮魂を捧げましょう。
posted by 三上和伸 at 20:53| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の歳時記・誕生日の方々・ポップス 松任谷由実と宇多田ヒカル 2022.01.19

今日は記念日としては面白くないのですが、お誕生日の面々としては、個性あふれるアーチストがいますね。歌謡曲(ポップス)の世界で、多くの名曲を出してきた松任谷由美と宇多田ヒカル、クラシック音楽愛好家の私でも十分楽しめる音楽を書いてくれました。

〇松任谷由実(ユーミン・旧姓:荒井由実)
私よりも4歳年下の松任谷由美は1954年のこの日に八王子市で生まれました。最終学歴は多摩美術大学で、美術を学んでいたそうです。それが音楽にも反映しているのか、松任谷の曲は直ぐにその情景が浮かんできますね。極めて絵画的な音楽で、そこに女子の切ない感情が吐露されています。女の可愛さを歌った曲が多いので、男の私でも思わず聴き惚れる曲があります。「時をかける少女」「赤いスイートピー」「あの日に帰りたい」「卒業写真」「春よ来い」「やさしさに包まれたなら」などが思い出されます。

〇宇多田ヒカルの曲で印象に残っているのは、少し前にサントリー南アルプス天然水のCMで歌われていた曲で、アップテンポの小気味よい曲がありました。調べようがなかったので、ここで紹介は出来ないのですが、天才的な作曲の妙を示した作品でした。お母さんの藤圭子のDNAを受け継いでいるのか、歌の上手さが光りますが、精神の不安定さも持ち合わせているのでしょうか? 少し心配であります。もっと新作を発表してほしいですね。宇多田ヒカル、1983年のこの日に生まれました。
posted by 三上和伸 at 15:04| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 ⛅→🌞⛅→🌕🌟 東寺を空海に下賜される 2022.01.19

山陰から青森までの日本海側で⛄が降っています。大雪に警戒が必要の地域もあるようです。横浜は雲が多めですが晴れています。横浜は辛うじて0℃を上回っていますが、寒いですね。明日が大寒です。

平安京鎮護のため官寺として建設が進められていた八幡山・教王護国寺・東寺、それが完成して嵯峨天皇から空海に下賜(かし・くだしたまわること)されたのが弘仁14年(823年3月5日)の1月19日でした。真言密教の寺であり、金堂や五重塔(世界最高の木造建築)、御影堂などが建築物として国宝となっています。1994年には世界遺産になりました。

私は未だ行ったことが無く、今度(何時になるか判りませんが?)の京都旅行では是非行きたいですね。
posted by 三上和伸 at 10:54| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月18日

令和赤ちゃん観望記33 Hちゃん1歳になりました 2022.01.18

今日は恵ちゃんナッチャンの第一子・Hちゃんの誕生日です。Hちゃんは私たち夫婦の第四番目の孫となりました。昨年の令和3年の1月18日の19時28分に生まれたのでした。丑年でやぎ座の星の下で生まれたHちゃん、牛のように優しく、山羊のようにしなやかな女の子になると、私は確信したのでした。生まれた時は、49cm、3118gだったHちゃん、現在の1歳の身長は70.8cm、体重は9040gだそうです。極めて元気な賢そうな幼児に育ちつつあるようです。まあ、現在はまだオッパイを飲んでいるので、乳児ですが、直ぐにオッパイを卒業すれば、幼児になれますね。言葉にも反応を示しているようで、正しい発音は出来ませんが、十数語は理解できているようです。Hちゃん、と呼べば振り向きます。ママ・パパ・バアバ・ジイジなど、誰がどの人かを理解しているようです。おいでと言えばハイハイで着いてきます。ご飯の時は、頂きますとごちそうさまの挨拶(合掌と手たたき)も出来るのですよ。ついでにその合掌を利用して「食わせろ!」のポーズとしても使っています。ホントにお利巧さんです。
posted by 三上和伸 at 19:31| 令和赤ちゃん観望記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の歳時記 初観音 2022.01.18

今日は18日、観音様の縁日です。年に最初の観音様の縁日ですから、初観音と言います。縁日とはその神様や仏様が生れた日やこの世に現れた日、また何かを成した日を言います。この縁日にお参りすれば、殊の外ご利益が高まると言われています。

観音様の位は菩薩なのですね。菩薩は如来の次に偉い階級なのだそうです。如来は釈迦そのものを表す位で、悟りを開かれた存在なのです。その下の菩薩は未だ涅槃の境地に達していない仏で、修業中の身なのだそうです。修業中ですので、観音様は様々に変身するそうで、そのバリエーションは33あります。

33、京都に三十三間堂と言うお寺がありますよね。ここも千手観音が祀られていて、多くの悩める人を救っているそうです。悩める人に合わせて、様々に変身する仏が観音様なのだそうです。三十三間堂は「鎌倉殿…」に出て来る後白河法皇に縁のある寺です。後白河法皇は頭痛持ちだったそうで、三十三間堂の観音様は頭痛快癒にご利益のある仏様だそうです。

横浜の観音様は、鶴見総持寺、弘明寺観音など、鎌倉では杉本寺や長谷寺、高徳院・成就院・明月院・仏日庵などがあります。
posted by 三上和伸 at 16:41| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 🌅→🌞→🌕(満月)🌟 都バスの日 118番の日 2022.01.18

寒波来襲で冬型が強まっています。日本海側は⛄、太平洋側は🌞、正に日本の冬の気候です。但し、日本の脊梁山脈の内で、標高の低い所は雪雲がすり抜けて太平洋岸に流れ込みますので、太平洋岸の宮城・仙台や東海の名古屋辺りでは⛄が降る予報が出ています。関東は南アルプス(3000m級)・関東山地(2500m級)にブロックされているので、滅多に雪雲は流れてきません。天邪鬼な雪雲もいますが、天を黒々と覆い、白雪を散らすぐらいですね。

1924年(大正13年)のこの日、東京市営の乗り合いバスが運行されました。前年の関東大震災で、都電の復旧が遅れるため、急遽、乗り合いバスを走らせることになりました。東京→巣鴨、東京→渋谷の2区間でした。

110番、119番が決まっていましたが、118番は未だ残されていました。海上保安庁が2011年から実施しました。海上保安庁への緊急通報電話番号118番が決まりました。


posted by 三上和伸 at 09:54| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月17日

前奏曲 🌞→🌞→🌔(十五の月)🌟 トンガ海底火山噴火津波は空震だそう… 2022.01.17

一旦は緩んだ冬型も再び盛り返しており、ベーリング海には強烈な低気圧(966hPa)、大陸には盛大な高気圧(1044hPa・冬将軍)が張り出して来ました。もうすぐ大寒、寒さの底に沈みこむような一週間となりそうです。

昨日一昨日の海底火山津波騒動の津波の原因は、火山噴火大爆発の際に生じた気圧の上昇による空震だったそうです。爆発の際その周囲の気圧が上昇し、海面を押し下げたのだそうです。それでうねり(波)を生じ、八方に移動(前進)し、遠方の海岸に津波となって押し寄せたのだそうです。これは新たな津波として記録されたそうです。津波は海底地震の際に発生するだけでなく、海底火山の爆発的噴火によるものもあると、新しく認識されたのだそうです。
posted by 三上和伸 at 08:00| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月16日

私の歳時記 初閻魔・閻魔賽日・十王詣 藪入り 2022.01.16

十王とは地獄で亡くなった人を裁く十人の判官の事、閻魔様もその中の一人です。年の内、1月16日と7月16日が閻魔様のお休みの日で、閻魔賽日(閻魔様を祀る日)と言われています。地獄の釜の蓋が開く日であり、地獄の罪人も閻魔様が休みなので、のうのうとリラックスする日なのだそうです。今日は閻魔様を詣で、閻魔様のご利益(どんなご利益かしら?)を得られる日です。

そして今日1月16日は、7月16日と合わせて丁稚や嫁が実家に帰っても良い日なのだそうです。これを藪入りと言います。店主や姑を閻魔様と置き換えれば、扱き使われている丁稚や嫁は地獄の罪人に等しいのかも知れません。期せずして?、今日は閻魔賽日でありながら藪入りでもあります。
posted by 三上和伸 at 10:37| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間奏曲 禁酒の日 2022.01.16

1920年のこの日、アメリカで禁酒法が実施されました。ピューリタン(清教徒・道徳面で厳格な新教徒)の影響が強かったアメリカでしたから、アルコールが嫌われ、18州で禁酒法が成立し、全国に及んだそうです。しかし、密造する輩は必ずあり、アル・カポネなどのギャングの暗躍の温床となり、逆効果を招いたため、1933年に、禁酒法は解除されました。私は下戸ですが、酒は人間の創り出した飲料で、最高に芸術的なものであると確信しています。夕餉の際、新しい酒が登場すれば、私は必ず利き酒をします。一口が旨いです。
posted by 三上和伸 at 08:58| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 🌄→🌞→🌔🌟 トンガ沖海底火山噴火、日本津波で大騒ぎ 2022.01.16 

昨日深夜にスマホがけたたましく警報音を発して、寝入り端を襲われました。翌未明まで時折警報音が鳴って、安眠妨害をされてしまいました。お陰で眠くなくなり、6時過ぎに寝床を離れました。何でも南太平洋のトンガ沖の海底火山が噴火をし、付近の海水を巻き込んだため、太平洋の各地の沿岸に、津波が押し寄せているとの事でした。最大3メートルの津波になると予報が出て、日本列島太平洋岸の各地が大騒ぎとなりました。

地震もそうですが、噴火も一回で収まることは少なく、今後の日本も津波警報が出続ける可能性があります。海岸に住んでいる方は情報に注意して、逃げる時は逃げた方が得策です。お気を付けください!

トンガはメラネシアの海域にある島国、東にタヒチ、北にサモア、西にフィジーとニューカレドニア(仏)、南にニュージーランドがあります。
posted by 三上和伸 at 07:10| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月15日

終曲 アダルトの日 2022.01.15

1947年のこの日、日本で初めてのヌードショーが開かれました。東京・新宿の帝都座で、額縁に裸体の女性が現れる「額縁ショー」が上演されたのでした。裸体画に見立てたもので、女性は只じっとしていただけでした。

女性の裸体は美の極致、誰もが憧れる美しい被写体です。古今東西、多くの絵描きや写真家が心血を注いで描いてきました。欲情をそそる以前の芸術的価値があります。否、それを含めても並ぶものの無い素晴らしさがあります。
posted by 三上和伸 at 22:09| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の歳時記 小正月 上元 旧成人の日 2022.01.15

小正月は旧暦の正月15日、若しくは正月14日から16日までを指す呼称です。旧暦を使えば旧元旦の15日先を言います。現代は新暦の世ですから、今日が小正月と言えます。元日を大正月と言うのに対して使われる言葉です。様々な民俗行事がある中で、一般には女正月と呼ばれています。大正月で多く働いた女性のための小休止の小正月、男にとっては縁遠い正月と言えます。

上元は正月15日の称で、三元(中国道教の行事)の一つです。三元は三官大帝(龍王の3人の孫)のそれぞれの誕生日を表します。その誕生日(上元・1月15日、中元・7月15日、下元・10月15日)を三元として祝うこととなったのです。陰暦に於いて15日はほぼ満月の日です。

1月15日は小正月で、上元の目出度い日であり、もう一つ目出度い記念日があったのですが、ハッピーマンデーと言われる可笑しな政治決着で記念日が移動させられました。昔の人たちは成人の日と言えば、正月15日と決めていました。誰が何と言おうとも、今日が成人の日です。

posted by 三上和伸 at 13:28| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 🌄→🌞→🌔(十三の月)🌟 警視庁創設記念日 いちごの日 

西から冬型が緩んできました。日本海の筋状の雪雲も無くなりました。寒いですが日本全国、雪は降っていませんね。雪国の方々、ひと時の晴れ間を楽しんでください。

1874年のこの日に、東京警視庁(現警視庁)が創設されました。刑事ドラマでお馴染みのあの建物(建て替えられており、昔の七人の刑事は古い庁舎でした。ウフーン、ウフフフフフフーンのスキャットでドラマが始まりました)ですね。桜田門の近くにあるので、警視庁やそこに従事している関係者の事を桜田門と別称で呼ぶこともありますね。国会議事堂(永田町)を始め、多くの省庁が軒を連ねるここ霞が関が日本の中心と言えますね。

1月15日で、今日はいちごの日です。苺とはベリーの一種ですね。丸くて小さく、多肉で液果であるのがベリーの特徴だそうです。酸味と甘みが絶妙のバランスを持つ品種(あまおうやとちおとめ)が良い苺と言えますね。しかも日本には野生の苺(キイチゴ)もあるのですね。食味にザラツキがありますが、野性味があり、美味しいものです。果物ランキングではナンバーワン、Hちゃんなどは目の色を変えて苺を頬張ります。
posted by 三上和伸 at 08:41| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の歳時記 きじはじめてなく 2022.01.15

今日は小寒の末候の七十二候「きじはじめてなく」です。雄の雉が雌を求めて初めて鳴く、即ち、恋のプロポーズを始める頃を意味します。雉は羽を羽ばたいて「ケーン」と鳴くそうで、これを母衣(ほろ)のうちというそうです。しかし、雌は知らんぷり、これを「けんもほろろ」と言うそうで、人間にも使うのです。結局雄は雌にフラれたのです。そんな時期がこの小寒の末候の頃で、雉は恋に現を抜かすのです。
posted by 三上和伸 at 07:36| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月14日

私の歳時記 左義長 十四日年越し 2022.01.14

SeeSaaブログが不通となり、左義長について、ライブドアブログに掲載しました。今日は左義長にして十四日年越しであります。明日が小正月なので、その前日は大三十日と同様に、年末の扱いとします。従って十四日年越しで、左義長としてどんど焼きを行い、松飾や書き初めなどを燃やします。その火で餅などを焼いて食べます。有難い息災を念じる供物です。
posted by 三上和伸 at 21:23| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

その他 SeeSaaブログ・音の楽しみ、一時不通になり失礼いたしました 2022.01.14

昨日の音の楽しみ執筆中に誤操作をして、音の楽しみが検索不能となりました。失礼を致しました。電子ボタン恐怖症の私、不手際をし、しかもそれを直すことが出来ず、一時、音の楽しみが不通となりました。お詫びいたします。何もせず、放って置いたら開通した次第です。これからも音の楽しみを御愛顧願います。
posted by 三上和伸 at 18:01| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月13日

私の歳時記 源頼朝忌日 2022.01.13

建久13年の1月13日(ユリウス暦1199年2月9日)が、鎌倉幕府を創建した征夷大将軍・源頼朝の忌日です。今、NHK大河ドラマで、頼朝が描かれています。女好きでしたが、北条政子とは別れもせず、自らの死後、政子がある時期、幕府の実権を握っていたところをみると、夫婦仲は良かったようでした。馬から落ちて死んだとか言われていますが、実際のところ良く解ってはいません。誰かに殺されたかも知れませんね。鎌倉時代、戦国時代に負けず劣らずの下克上の世界、政子の弟の義時さえも後鳥羽上皇を島流しにしました。天皇家にさえも盾突いた武士の実態、想像に絶するおどろおどろしい世界だったのかも知れません。
posted by 三上和伸 at 21:14| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の歳時記 虚空蔵の縁日 2022.01.13

虚空(こくう)の意味は、全ての物質を含む例えようのない広大な空間の事。虚空蔵とは、その虚空のように広く大きな福徳と智慧(ちえ)を蔵して、人々の諸願を成就させる菩薩の事です。蓮華座に座し、五仏宝冠を頂き、福徳の如意宝珠及び智慧の宝剣を持つ求聞持法(ぐもんじほう)の本尊だそうです。今日はその虚空蔵菩薩の最初の縁日で、初虚空蔵です。虚空蔵尊は、十二支の丑・寅の守り本尊だそうで、今日は寅年の初虚空蔵の縁日です。
posted by 三上和伸 at 20:52| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 🌞→🌓🌟 ピース記念日 2022.01.13

オホーツク海の東の北海道の東海上に猛烈な低気圧が数個固まっています。大陸には優勢な高気圧があり、強い冬型になっています。北海道・東北・北陸・近畿・山陰・北九州では大雪が降っています。横浜は高積雲が空全体を覆っていまして、今のところ日差しがありません。横浜中区の最低気温は2.4℃でした。

1946年のこの日に、当時としては高級な煙草(シガレット、10本・7円)のピースが発売されました。40歳ぐらいまで愛煙家であった私は、セブンスターと言う銘柄が好みでしたが、ピースも偶に吸っていました。香りを強く沁み込ませた煙草で、吸う前も、吸っている最中も、そして吸った後も、良い香りが感じられました。それはお洒落な紫煙の香りが漂いました。
posted by 三上和伸 at 08:58| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月12日

令和赤ちゃん観望記32 Hちゃんとテレビ「おかあさんといっしょ」、歌と体操のお姉さんが可愛い 2022.01.12

もう直ぐ一歳になるHちゃん、Hちゃんはご本も大好きで、ジイジはノンタンなどの絵本を読んでやります。Hちゃんの眼は真剣に絵本とジイジを行ったり来たりします。Hちゃんはジイジのドラマチィックな語りに身を乗り出し、目を丸くして聞き入ります。絵本の隙間からHちゃんを覗くと、Hちゃんの心が動いているのが判ります。あの三孫と同じ手応えが感じられ、益々ジイジの朗読は熱を帯びるのです。

Hちゃんはテレビも大好きです。昨年末に紹介したHちゃんのブーナ好きもそうでしたが、再放送が流される夕方のNHKの「いないないばあっ」と「おかあさんといっしょ」を連続して観ています。特に好きなのが「いないないばあっ」の着ぐるみや操り人形で、例の感動の「ハー・ハー」を繰り返しています。10歳の7代目おねえさんの倉持春希が歌と踊りを見事に演じています。大変愛らしく気持ちのいい快演です。

「おかあさんといっしょ」はジイジ好みの歌い手や体操のおねえさんが出ていて楽しめます。歌のおにいさん・花田ゆういちろう(国立音大声楽家卒)と歌のおねえさん・小野あつこ(東京音大大学院修了)は、基礎のシッカリ出来上がった安定した歌唱をしており、幼児に歌を聴かせるには、打って付けのキャラクターだと思われます。聴いていてとても気持ちが好いです。

そして特に気に入っているキャラクターが初代体操のおねえさんこと秋元杏月(あきもとあづき)です。瘦身の身から弾き出す元気一杯な舞踏、機敏で優美な身のこなし、ちょっと昔の篠原ともえ似の愛らしいお顔、私の趣味にピッタリのおねえさんです。Hちゃんと一緒に観ながら、人知れず杏月ちゃんを応援しています。今後Hちゃんが観る限り、私と杏月ちゃんのランデブーは続きます。
posted by 三上和伸 at 20:53| 令和赤ちゃん観望記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

令和赤ちゃん観望記31 掴まり立ちから自立でタッチ 2022.01.12

昨年の大晦日のナッチャン動画写メールで、Hちゃんが自立してタッチをするのを見定めました。家具で支えた手を放し、自立して10秒間くらい佇みました。とうとう自立でタッチが出来たのでした。

あれから2週間弱が経ちます。今日も頻繁に掴まり立ちで歩行(伝い歩き)するのを見かけています。それでも、そこから自立歩行しそうなのですが、未だ一歩が踏み出せません。来週の18日が一歳の誕生日なので、この間に自立歩行の第一歩が踏み出せたら好いなと思っています。

私のこれまでの三人の孫たちは一歳未満で歩いた子はいません。「這えば立て立てば歩めの親心」、親を差し置いてジイジが夢中になっては恥ずかしいのですが、孫の一歩一歩の前進を傍で観ていられる楽しさは、格別のものがあります。孫の成長を思い切り味わっている次第です。幸福な事ですね。
posted by 三上和伸 at 15:14| 令和赤ちゃん観望記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 🌞→🌓🌟 桜島の日 2022.01.12

8時現在の神奈川県の各地の気温は三浦が高く(6.5℃)、海老名が低い(4.3℃)ですね。県の東が高く、中央から西が低いです。丹沢降ろしでしょうか、海老名の低さが目立ちます。

1914年(大正3年)のこの日、鹿児島県の桜島が桜島史上最大の噴火をしたそうです。鹿児島湾(錦江湾)北部中央にあった桜島ですが、この噴火により、溶岩が東海上を流れ埋め尽くし、東に位置していた大隅半島と地続きとなって仕舞いました。死者・35人を出し、大災害となりました。
posted by 三上和伸 at 09:16| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月11日

間奏曲 始まりましたね、鎌倉殿の13人 2022.01.11

一昨日の9日に我が待望の鎌倉殿の13人が始まりました。鎌倉殿とは後の征夷大将軍の源頼朝で、それに仕えた13人衆の御家人の闘争劇が物語の主眼です。結果的に観れば北条時政の息子義時が主人公となり、武家の政治体制・鎌倉幕府を整えていきます。勿論、息子の泰時も重要な働きをしました。これから多くの謀略が飛び交い、優れた武将たちが消えて行きますがね…。

そんな中、逃げ恥で大ブレイクした新垣結衣が、何と悲劇のお姫様・八重を演じています。八重は頼朝の最初の妻、頼朝の子・千鶴丸(ちづるまる)の母親となります。しかし、八重の父の伊東祐親(すけちか)が平家に与しているため、頼朝の子を産んだ八重は、親の祐親の謀略で地獄へ堕ちて行きます。先ず、川で息子の千鶴丸を水死させられ、それを苦に八重は地獄を彷徨うことになるのです。第一話は千鶴丸の水死まで、今後の展開は八重にとって恐ろしいものとなります。

兎に角、八重、美しい登場となりました。会合の場でも静かに佇み、相対する義時に笑みで応えていました。伊豆随一の美女の出で立ち、派手さは無いのですが少女のような初心な風情、愛らしく好い女でした。義時が己の妻にしたいと思うのは当然でしたね。されど、この宝物・八重には頼朝の手が着いていました。女好きの頼朝、頼朝はこの後すぐに政子に手を出します。八重は裏切られたのです。
posted by 三上和伸 at 11:37| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 ☂☁→☁ 塩の日 2022.01.11

日本海と列島南岸に低気圧があり、全国的に雨が降っています。北海道はこれから大荒れの見込みで吹ぶくそうです。

近隣の勢力を攻撃し拡大を続ける甲斐の武田信玄、多くの塩生産国から嫌われ、経済封鎖で、甲斐は塩不足に陥りました。そこで敵対する上杉謙信が敵に塩を贈り、武田の領民の塩不足を救ったという話。嘘のような本当のような話ですが、どうやら謙信神格化を企む後世の歴史家の作り話とされています。その謙信が武田に塩を贈った日にちが、1569年(永禄11年)の1月11日(恐らく旧暦・信州松本に謙信の塩到着)だそうです。確かに謙信は強かったようで、多くの有力な大名(武田信玄・北条氏政・織田信長)と戦をし、負けなかった人だと謂われています。将軍家・足利義輝が最も頼りにしていた大名でした。
posted by 三上和伸 at 09:13| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月10日

私の歳時記 十日えびす 2022.01.10

七福神の一つのえびす様の新年最初の初えびすの行事を言います。前夜の宵えびす、11日の残りえびすまでの3日間で行われます。商売繁盛の神様であり、主に関西の商人の間で信仰が高まっています。有名なのが西宮神社の10日の開門行事で、開門と同時に本殿を走り、競争の結果、上位三名が福男と決められます。一番福・二番福・三番福と…。しかしコロナ禍で、二年連続でこの行事は中止となっています。残念なことです。
posted by 三上和伸 at 13:55| プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の歳時記 小寒の次候・水泉動(しみずあたたかをふくむ) 2022.01.10

今日からは、晩冬の二十四節気の次候・水泉動(しみずあたたかをふくむ)です。凍った泉の水が溶け出す頃を意味しています。寒さの底の寒中でも、底に至れば上昇の兆しは観えてきます。この頃の暦の季節を表す言葉には、微かな春の息吹の表現が出てきます。既に立春のカウントダウンが始まっているのです。

水仙が咲き、蝋梅が咲きます。そして梅が咲き、椿も咲くのです。春は直ぐそこです。
posted by 三上和伸 at 13:37| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 ⛅→🌞⛅→☁ 110番の日 2022.01.10

冬型が緩み全国的に降水量は少ないようです。但し、関東の南岸には低気圧があり、下り坂を示しています。明日は気温が高いため、雨の模様です。

110番の日は、警視庁が1985年に制定し、翌年から実施されました。全国の警察で、ダイヤル110番の適切な利用を呼び掛けるキャンペーンが行われました。

ダイヤル110番はGHQの勧告で、1948年に8大都市圏で行われ始めました。110番や1110番、118番など始めはバラバラでしたが、1954年に統一され、現在の110番になりました。私は嘗て何度か掛けたことがあります。一回はマフラーを外した暴走車出現で通報、団地の迷惑駐車での通報、車での当てられ事故など、直ぐ対応してくれて助かったことがあります。
posted by 三上和伸 at 10:38| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月09日

前奏曲 🌞→🌓🌟 とんちの日 2022.01.09

同じ神奈川県でも気温は大きく変わります。今朝の7時現在の横浜中区は2.5℃、三浦は9.9℃、海老名は−2.8℃、寒気は三浦まで降りて無く、後退が予想されます。今日は暖かくなるようです。

今日は1月9日、とんちで有名な一休(一と九)さんに因んでとんちの日だそうです。一休さんこと一休宗純は室町時代の臨済宗の僧侶です。京都大徳寺の住持で、文学に才能を発揮して多くの詩文を残しています。後世には「一休咄し(いっきゅうばなし)」や「一休頓智談」が編纂されました。子供も知っているお坊さんです。
posted by 三上和伸 at 07:47| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月08日

前奏曲 🌞→🌒🌟 平成スタートの日 2021.01.08

冬型が緩んで、寒気も遠のき、関東は次第に気温が上がるようです。明後日の成人の日に再び雪が予想されていますが、如何なものか? 寒気次第ですね。横浜も未だ残雪がありますが、雲が多いながらも晴れていますので、今日中に融け去るでしょう。

1989年(昭和64年)の1月7日に昭和天皇が崩御しました。その後、臨時閣議が開かれ、次の元号を「平成」と決めました。午後2時36分、当時の官房長官だった小渕恵三がテレビの前で、書で平成と書かれた額を掲げ、新元号の「平成」が発表されました。不謹慎ながら、ここで一躍、官房長官の小渕は時の人となり「平成おじさん」の異名を持つこととなりました。翌日の1月8日、平成がスタートしました。

「平成」は「大化」以来、247番目の元号となりました。
posted by 三上和伸 at 10:11| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月07日

間奏曲 人日の節句に雪掻き 20212.01.07

今日は人日の日で、古の中国では人の日は刑を免れると言われていますが、今朝は妻と共に雪掻きの苦行をしました。六日年越しの昨日に降った大雪、人の新年なのにエライ目に遭いました。

気温が低い所為で⛄が完全に氷と化し、固いの固くないの物凄い固さで、鋼のスコップでも歯が立ちませんでした。そこで昨夜の風呂の残り湯を撒き散らして氷の残骸を殲滅、人日の人の賢さを見せ付けてやりました。これでノンスリップで皆様が歩けます。



posted by 三上和伸 at 11:48| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 🌞→🌒🌟 春の七草(七種)とは 2022.01.07

正月七日に食べる七草粥は、春の七草を刻んで入れ、五倍増しの水で米を焚いた羹(あつもの・熱い吸い物)を言います。春の七草とは立春の頃に萌え出して来る野草(雑草)で、芹(せり・セリ科)・薺(なずな/ペンペングサ・アブラナ科)・御形(ごぎょう/ハハコグサ・キク科)・繫縷(はこべら/ハコベ・ナデシコ科)・仏座(ほとけのざ/タビラコ・キク科)・菘(すずな/カブ・アブラナ科)・蘿蔔(すずしろ/ダイコン・アブラナ科)を言います。どれもビタミンの豊富な栄養の高い野に生える野草です。菘・蘿蔔は野菜として栽培されるようになりましたが、その他は、今も野に生え、春先に野を歩めば必ず見付けられます。七草粥、本来は旧暦の節句であり、それは立春の頃であり、これらの草が萌え立つ頃なのです。
posted by 三上和伸 at 10:48| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月05日

私の歳時記 魚河岸初競り 2022.01.05

正月五日と言えば魚河岸初競り、ご祝儀相場で本マグロ(一番マグロ)が競り落とされる昔ながらの風景、今年は青森大間産の211キログラムの本マグロが1688万円で競り落とされました。銀座の寿司屋(オノデラグループ)が獲得したもので、築地すしざんまいは二年連続で、一番まぐろの競り落としに失敗しました。

テレビでそのマグロの握り寿司になった映像を観ましたが、弾けるばかりの厚みのネタに捌かれており、瑞々しいマグロで、旨そうでした。
posted by 三上和伸 at 20:33| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の歳時記 小寒で芹乃栄(せりすなわちさかう) 2022.01.05

寒さもどん底に近づいています。一年で一番寒い期間を「寒」と言いまして、小寒(寒の入り)〜大寒(寒の底)〜立春(寒の明け)までを言います。立春を過ぎれば気温は上昇に転じ、季節は転換点を迎えます。ここからが春(早春)となります。小寒は寒の入りで、寒さの底の一歩手前、寒さに向かう覚悟を決める一日です。

七十二候では芹乃栄(せりすなわちさかう)で、この季節の野は田の日溜りでは春の七草が芽吹き始めます。芹もその一つで、この時期から春までが採取して食べる時期です。因みに花は梅雨時に咲きます。古には若返りの菜と尊ばれた野菜で、葉から根まで全草を食べることが出来ます。香りが素晴らしく、鍋の材料としては最良のものです。天婦羅や胡麻和えも美味しいですね。

私の子供時分は田圃も多く広がり、母の背中に揺られて芹摘みによく行ったものでした。ため池や用水の中にはメダカが泳ぎ、私は小学校で習う「メダカの学校」の歌の意味を幼くして知っていました。あの頃に観たその光景は、70歳を過ぎた今でも夢に観ることがあります。


posted by 三上和伸 at 16:49| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 🌞→🌒🌟 囲碁の日 いちご世代の日 2022.01.05

冬型で、横浜は冷たい北風が吹いています。それでも東シナ海には前線が現れており、東に進んでいます。これが南岸低気圧になりそうで、関東にも⛄をもたらすかも知れません。明日は降水確率10%、⛄か☂か???

1月5日の語呂合わせにより、今日は囲碁の日です。私は知能指数は低くは無いのですが、囲碁や将棋、そしてマージャンなどは覚えられません。勝負事が極めて苦手なのですね。あの勝負の興奮が恐ろしいのです。勝った負けたは嫌いです。私は平和主義者です。

1月5日を語呂合わせしますと「いちご」となります。ですから15歳は、いちご世代と呼ぶのだそうです。丁度、高校受験の世代ですね。思春期でもありますし、気持ちの面で揺れ動く時代です。嘗て私もこの時代に失敗を重ねたことがありました。高校受験に失敗し、志の無い、自堕落な時を過ごしました。負けるな!いちご世代、人生は何とかなります。好い思い出を作りましょう。

posted by 三上和伸 at 09:10| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月04日

前奏曲 🌞→🌒🌟 官公庁御用始め 2022.01.04

冬型が強まって雪国(山陰・近畿北部・北陸・新潟・山形・秋田・青森・北海道東北部)では⛄が強まり、関東横浜では気温も湿度も低下します。今朝の最低気温は横浜(中区)で2.4℃、海老名で−2,7℃で海老名は冬日でした。横浜市旭区は中区と海老名の中間ですので、凡そ−0.1℃であったことでしょう。寒いです。

早いもので三箇日も終わり今日は正月4日、官公庁の御用始めの日です。普通のお勤め人の方々は今日から仕事です。私たちフリーランスの職人は、働くも休むもその時の状況次第、ご用命が無ければ、のうのうと休んでいられます。されど休んでばかりはいられません。次第に気持ちが澱んで来て、それを一掃したくなるのです。そうすると御用聞きを始めて、予定を組み、やりたくて堪らなくなった調律の仕事を始めることなるのです。

一昨日・昨日はNちゃんYちゃんRくんが来ていたので賑やかでした。されど今朝は二人きりの朝食でした。何時もに戻ったのですが、昨日の喧騒が忘れられなくて、妙に寂しいものでした。孫の世話は忙しないですが、多くの歓びを提供してくれます。笑顔・笑い(嗤い)・何気ない表情・食事の楽しみ、多くの触れ合いの歓びを貰えます。そして彼らの年始の最大の貢献は、リモート面会での私の母との会話と、義母とのリアルタイムの訪問により、年寄りの何よりの笑顔を引き出してくれることです。Hちゃんを含めてのこの四孫に、私は仄々とした感謝の思いを抱いています。ありがとう、ジイジは幸せです。
posted by 三上和伸 at 10:37| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月03日

終曲 NちゃんYちゃんRくん、一泊二日で帰って行きました 2022.01.03

昨日から来たNちゃんYちゃんRくん、先ずはお昼ご飯に、ババちゃんご自慢のつき立ての餅を賞味しました。海苔と黄粉が子供が愛するお餅のお供、皆夢中で食べました。

食後の運動は公園王国の我が団地の公園を楽しみました。シーソーにブランコ、そして鉄棒に滑り台、それぞれが個性に合わせて遊びました。Rくんは殊の外シーソーに執着していました。ジイジとやっても動きませんので、そこは二人のお姉ちゃんが面倒を看てくれました。三者三様の性格が垣間見え、Nちゃんは自由人、Yちゃんは面倒見の良い姉御肌、Rくんは末っ子の特徴が際立っていて、少々狡賢く太々しいしぐさが観えました。

ゲームなどをやると、Rくんは勝手にコマ(札)を動かしてズルをしていました。でも二人のお姉ちゃんは鷹揚で、末っ子のわがままを許していました。でもジイジは許しません。百人一首の坊主捲りをした際、勝手に札を選んで坊主を避け、お姫様ばかりを取っていました。Rくんの前には大量に札が集積していました。勝ち順を決めた時、ジイジはRくんをビリと断定しました。Rくん、べそを掻きました。Yちゃんも最後に坊主を引いて、沢山の札を根こそぎ失いました。Yちゃん、悔し涙に暮れました。ここでジイジがゲームをやる心構えとコツを教えました。「やる時は真剣に思いっきりやる。でも勝ったら大喜びをして、負けたら平気でいる。2回やれば1回は負けるのよ。負けて悔しいけれど泣いたりしたら皆が困るでしょ、何時も気持ちよくゲームをやろう!」。

夕飯のメインは鶏のから揚げでした。兎に角、唐揚げ好きの三姉弟、でも取り合うことなど無くて少々遠慮気味、そこでジイジが次々と三者に鶏からを各々の取り皿に投げ込んでやりました、気持ちよく大量に…。三者は鱈腹鶏からを食べました。ジイジニコニコ!
posted by 三上和伸 at 21:54| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間奏曲 青学大、箱根駅伝・往路優勝 2022.01.03

昨日はNちゃんYちゃんRくんが新年の挨拶に来たので、我が家はてんてこ舞い、落ち着いて箱根駅伝を観ることはここ数年出来なくなりました。時々テレビを着けたり、スマホでネット情報を見たりが関の山です。贔屓の早稲田は11位、このまま行けば来年はシード権を失い予選を争わなければなりません。中央大・日体大・大東大・日大など、名門復活は中々難しそうですね。

往路優勝は青学大、ここの監督の「覚悟」についての論は、中々に説得力があります。どんな分野でも、不退転の覚悟を決めて臨めば、何かを成すことが出来ますよね。それを若い人に納得させる、そこが問題ですがね…。
posted by 三上和伸 at 06:48| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 🌞→🌟 戊辰戦争開始の日 2022.01.03

オホーツク海に低気圧があり、北海道は地域により吹雪があり、荒天です。冬型も緩んで、山陰では⛄が止んでいます。但し、北陸は相変わらず⛄が降っています。太平洋側では晴れで、空気の乾燥が進んでいます。横浜(中区山手)は3.8℃、海老名は−2.1℃です。

〇戊辰戦争開始の日
幕末の慶応4年の1月3日(1868年1月27日)に戊辰戦争が始まりました。薩長連合の新政府軍と旧幕府軍が戦った史上最大の日本の内戦でした。戊辰とは干支の事で、この年は戊辰(つちのえたつ)の年回りでした。鳥羽伏見の戦い(京都)、彰義隊の戦い(江戸上野)、箱館戦争(函館)などを含む内乱の総称が戊辰戦争です。
posted by 三上和伸 at 06:18| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月02日

私の歳時記 初夢 2022.01.02

初夢の期日や言い伝えは幾らかありますが、大方の所を言えば、正月二日の夜に観る夢を初夢と言うそうです。七福神の宝船の絵に、「長き世の遠い眠りの皆目覚め波乗り船の音の良きかな」の上から読んでも下から読んでも同じ回文でできた歌を枕の下にして眠る、そんな遊びが流行っていたそうです。

丁度、泊まりに来ていたNちゃんYちゃんにこの話をしたら、何と寝る前に思いの丈を漫画に描いて、枕元に忍ばせていました。二人は私の教えた初夢の秘密に興味を抱き、この始末となったのでした。今はスヤスヤと寝息を立てています。どんな夢を見ているのかしら…
posted by 三上和伸 at 21:07| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 ☁→🌞→🌟 箱根駅伝 2022.01.02

今日は新月一日前の晦の日、晦の月(月間で最後の月)とは新月を挟んで繊月(2日の月)と対を成す細い眉月の事。早朝の日の出前に観られます。私はそれを目当てに朝6時前に起きたのですが、残念ながら空には雲が覆っていました。今月も晦の月は観えず仕舞いでした。

横浜の最低気温は今のところ1.2℃、津々と冷えています。

もう直ぐ箱根駅伝のスタートが切られます。東京・大手町から箱根・芦ノ湖まで、往復とも5区間で、延べ10区間の総距離・214.7Kmで争われます。3日の明日に、NちゃんYちゃんRくんと一緒に戸部の義母に会いに行きますので、その序でに横浜浜松町辺りで復路の駅伝観戦をしようと思っています。浜松町通過は12時頃ですね。贔屓は早稲田大学ですが、ここのところ、善戦はしますが優勝は出来ていません。今日も所々でテレビ応援します。
posted by 三上和伸 at 07:11| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月01日

私の歳時記 七十二候・雪下出麦(ゆきわたりてむぎいづる) 2022.01.01

七十二候も新年を迎える頃となりました。そこで登場するするのが七十二候の66番目の雪下出麦(ゆきわたりてむぎいづる)です。麦は雪の下で芽を出し、雪解けと共に生育を始めます。晩春には穂が出、実が結実します。寒さの底から這い上がる麦の強さを季節の戒めとしました。負けるな!、運気は上昇し始めています。正月らしい七十二候です。
posted by 三上和伸 at 21:39| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の歳時記 明けましておめでとうございます 2022.01.01

コロナのパンデミックの中、2022年・令和4年が明けました。暗い世ですが取り合えず、新年のお慶びを申し上げます。

昨夜の2021の大晦日に聴いた「ドイツレクイエム」に心を灯され、私は幸福の内に新年を迎えました。良き音楽は心に作用し、人を幸福に誘います。これで私は一年間とは言わぬまでも、数週間は幸福で居られるでしょう。

そこでもう一回、今朝に、このドイツレクイエムを聴きました。この世の音楽で第一に好きな音楽、ドイツレクイエムの第4楽章と第5楽章を聴きました。今、聴き終わって皆様の前で新年のご挨拶をしているところです。私は心の豊かさの中にいます。昨夜は第4楽章の詩を紹介しましたが、今朝は第5楽章の詩を紹介します。

ドイツレクイエム 第5楽章 ソプラノ独唱と合唱
あなた方はいま悲しみを抱いている。
しかし、私はあなた方に再び会い、
あなた方の心に喜びを与え、
その喜びを誰にもあなた方から取り上げさせはしないであろう。

私はあなた方を慰めよう、
母がその子を慰めるように。

私を見てください。私はしばらくの間
苦労をして働きました。
そして大いなる慰めを見出しました。

ブラームスの母は、ブラームスがこの曲を作曲する当時に亡くなりました。ここには母の愛と、母への愛が歌われています。若くして母を失う子、その悲しみをブラームスはこの聖書の詩と音楽に託しました。世の無常への嘆き、しかし愛の慰めは更に強く深いものでした。

第4第5の両楽章はこのレクイエムの中では優しい穏やかな音楽です。レクイエムの核心楽章(第3第6楽章)からは少し離れた存在です。しかし、ここにブラームスの愛の本心が観えています。この優しさこそが、人を救うのです。神(人)の優しさが人を救うのです。





posted by 三上和伸 at 11:17| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

終曲 ドイツレクイエムを聴いて、紅白を観ました 2021.12.31

コロナ禍のこの数年、私たちは毎年のように楽しんできたさだまさしのカウントダウンコンサートにも行かず、家で過ごしています。まあ、やることはあるので、特別残念とは思っていません。昨年同様にブラームスのドイツレクイエムを聴いて、部分的ですが、紅白歌合戦を観ました。

ブラームスのレクイエム。今年も沢山の不幸な亡くなり方をした人々がいました。そんな人々にこのレクイエムを捧げたいと思います。生と死を見詰めた優しさの極みを表現したブラームス、私も深く慰めを貰い、心に灯が灯っています。また来年、頑張りましょう。

ドイツレクイエム 第4楽章 合唱
あなたの住まいはなんと気持ちのよいことでしょう、
万軍の主よ!
私の魂は主の前庭を
求め憧れています。
私の肉体と魂は
生ける神の内にあって喜んでいます。
あなたの家に住む者たちは、幸いです。
いつもあなたを賛美しています。

この詩を持つこのドイツレクイエムの第4楽章が私の最も好きな曲です。私に宗教心はありませんが、こんな気持ちの良い住まいには住んでみたいと思います。平安で心満たされた場所、神の家、それは悟りを開いた心の持ち主の家です。彼岸の家ですかね。

紅白、あいみょん、布袋寅泰、福山雅治、流石にプロ、良かったですね。


posted by 三上和伸 at 00:10| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月31日

前奏曲 🌜→🌞→🌟 除夜 2021.12.31

日本海側は大雪だそうで、その雪雲が関東にも流れ込んでいます。曙の月が出ていたのですが、今はその雪雲が横浜の空を覆っています。それでも日差しも出てきています。直ぐに晴れるでしょう。寒波が再び三度来襲で横浜は寒いですが、当分好天が続くようで、好い正月になりそうです。

〇除夜
除夜とは大晦日の夜の事。除く夜ですから、嘗ては寝ないで正月を迎えたのだそうです。詰まり日本には、不眠で歳神様を迎える習慣があったのだそうです。

年越しそばを食べ終わると、各地のお寺では除夜の鐘が撞かれます。除夜の鐘は108回撞かれますが、この数え方には法則があります。人間には、眼・耳・鼻・舌・身‣意の六根(6回)があり、それぞれに苦楽・不吉・不楽があって18類(18回)となり、この18類それぞれに浄・染があって36類(36回)となります。この36類を前世・今世・来世に割り振れば108の数となります。これが人間の煩悩の数となるそうです。

その他に、月の数12、二十四節気の数24、そして七十二候の数72を合わせると108となる謂れもあるそうです。どんな場合でも、人間の煩悩は数知れないと言うことでしょうかね。私など一つか二つぐらいしか煩悩がありませんがね? 食うことと何かをすること…。ボーとしていれば時が経つだけで、食えず何もせず死んでしまいます。まあ〜、それもまた良しとしますか?
posted by 三上和伸 at 10:06| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の歳時記 大晦日(おおみそか)・大晦(おおつもごり) 2021.12.31

今日は大三十日(大晦日・おおみそか)乃至大晦(おおつごもり)。みそかとは三十日の事で月末を指します。そこで一年最後の月末は大三十日・おおみそかと言うのです。主に新暦で言います。一方の大晦・おおつもごりは、旧暦で使います。晦・つごもりとは、月が籠るを意味します。無くなって(見えなくなって)しまえば新月です。詰まり、晦とは新月の前日を言うのですね。これも年(ねん)にすれば大晦となり、お正月の前日を指すのです。大三十日・大晦、同じ意味の日です。

年越しそばを食べて、紅白を見て、除夜の鐘を聴きつつ眠りに就きます。因みに初夢は、元日の夜に観る夢です。皆様のために祈ります。良い夢が見られますように…
posted by 三上和伸 at 09:06| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月29日

音楽歳時記31 シャンソンの日 2021.12.29

今日はシャンソンの日。1990年のこの日、銀座のシャンソン喫茶「銀巴里」が閉店をしたのでした。

シャンソンはフランスの歌謡曲、クラシックから発展した庶民の歌でした。サティーなどもクラシックから離れ気ままに作曲しています。ポルトガルのファドやイタリアのカンツォーネと並んだ庶民の歌謡曲のフランス版です。

シャンソンと言えば、何と言ってもエディット・ピアフです。クラシックなどからも多くの歌手が輩出しましたが、ピアフほどの影響力は無かったのでした。「バラ色の人生」「愛の賛歌」は世界中の音楽好きが知っています。そして限りなく愛しています。日本で言う独特の「縮緬ビブラート」が切なく胸に染み込んできます。短い人生(47歳没)ながら多くの恋もした、愛を歌った庶民の大歌手、正にフランスの正真正銘の歌姫でした。
posted by 三上和伸 at 20:54| 音楽歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月28日

令和赤ちゃん観望記30 Hちゃんの感動の声、ブーナ大好き 2021.12.28

現在生後11か月と10日になったHちゃん、四つん這いをし、つかまり立ちをし、伝え歩きも始めました。運動能力も先ず先ずのものを見せており、恙なく成長しています。食事もしっかり手指を使って上手に口に運んで食べています。食欲もあり、身長・体重も順調に増えています。身体面では満足のゆく成長ぶりと言えますね。

しかもそれに尚更、情緒面でも目を見張る大きな兆候が出ています。この子は人や物に感動するのです。しげしげと見詰め、人に対しては「ニコッ」と笑います。そしてものに対しては「フーッ」と声を発し、感動を表します。特に人と物の中間点の縫い包みやTBS・Nスタの着ぐるみ「ブーナ」には殊の外愛着があるようです。夕方のNスタの天気予報の時間が始まると、Hちゃんはテレビに釘付けとなります。ブーナが現れると、一瞬にして笑顔が溢れ、「フーッ」の音を発声するのです。本当に嬉しそうなのですよ! ママ・パパ・ババちゃんの次にHちゃんはブーナが好きなようです。ジイジよりも遥かに…。
posted by 三上和伸 at 20:39| 令和赤ちゃん観望記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間奏曲 羽生結弦、4アクセル発進、北京冬季五輪視野に 2021.12.28

フィギュア全日本に優勝して北京冬季五輪出場を内定した羽生結弦、演技後の談話などを垣間見ても、羽生の頭の中には常に強敵のネイサン・チェンが占めているようでした。ここのところ対戦成績は全敗であり、今までのスケーティングが通用しないことが判っていました。そこで4回転半アクセルを克服し、一挙にネイサンを打ち破ろうとしていたのでした。一か八かの賭けですが、これが成功した暁には、羽生のオリンピック三連覇が現実のものとなります。4アクセルの挑戦と練習の成果は出ています。何よりも4アクセル以外のジャンプの精度が上がっています。ネイサンに負けず劣らずの完璧なジャンプが出来ています。今や4アクセル以外でも羽生とネイサンの差はありません。4アクセルの北京冬季五輪、益々楽しみが倍化しています。
posted by 三上和伸 at 20:03| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の歳時記 チャイルドマス(無辜(むこ・罪がない事)嬰児殉教の日) 2021.12.28

ユダヤの新しい王となると思われた救い主・イエス・キリスト。本当のユダヤ王・ヘロデ(ヘロデ大王)は大いに困り、キリストの降誕の日(ベツレヘムの馬小屋で生まれる)の二日後、ベツレヘムに住む2歳以下の男児を残らず殺させたそうです。聖書にはその下り(新約聖書・マタイによる福音書)が書かれています。ヘロデ、愚かなことをしたものです。イエスはエジプトに逃れ匿われましたが、イエスの身代わりに殺された多くの罪のない男児のためにチャイルドマスがあり、この日ミサが行われます。イエスには大きな借りがあったのですね。

posted by 三上和伸 at 15:16| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 🌞→🌗🌟 官庁御用納め・仕事納め 2021.12.28 

寒波来襲、凄いですね。横浜市旭区も−1℃、本当に寒いですね。昨日は伊勢原のNちゃんYちゃんRくん家に行きまして、公園で凧揚げをしたのですが、公園の土が霜柱で凍っていまして、それが溶けずに夕方までキラキラと光っていました。日本海側は大雪で大変ですが、横浜は降水確率0%、恵まれていますね。

〇官庁御用納め
官庁では、年末年始の休みの前に最後の仕事をする日を御用納めと言います。今日がその日ですね。年末は29日から、年始は3日までが休みとなっています。私の場合はフリーランスですので、要望があれば年末年始、何時でも仕事に及びます。幸いなのか残念ながらなのか、私の仕事は今日の我が家のピアノの調律で、終いとなります。オーバーホールをしたピアノですので、鍵盤ブッシングクロスなどが膨張し、キースティックを起こしていました。それを直し、これから今年最後の調律をします。
posted by 三上和伸 at 09:36| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月27日

私の歳時記 七十二候の麋角解(さわしかつのおる) 2021.12.27

今日は二十四節気の次候の七十二候・麋角解(さわしかつのおる)です。麋(さわしか)とは大鹿の事で、詰まりはヘラジカのことだそうです。ヘラジカは日本にはいませんので、中国発祥のこの季節の言葉は日本人には想像の領域にあります。それでも日本鹿も角を落としますのでね。
この頃に、鹿の角が落ちるために、表現された時候です。角を落とす行為は鹿の省エネによるものだそうです。冬は餌が乏しい、角に栄養が回らなくなるようです。
posted by 三上和伸 at 09:45| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月24日

前奏曲 🌞→☁ クリスマス・イヴ 2021.12.24

クリスマスを過ぎて直ぐに最強寒波が襲来するそうで、クリスマス明けの26日から寒くなるようです。私の仕事納めは26日ですが、その後が正月の準備となりますので、寒さの中、片付け掃除、辛いものになりそうです。お正月は二日からNちゃんYちゃんRくんが年始に訪れるそうです。2〜3日泊ってゆくそうです。

〇クリスマス・イヴ
イエス・キリストの降誕祭の前夜を言います。キリスト教会歴では、日没が一日の初めなのだそうで、クリスマスは24日の日没から25日の日没までとするそうです。クリスマス2度楽しめるのがミソのようです。
posted by 三上和伸 at 08:43| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月23日

私の歳時記 昨日は冬至・乃東生(なつかれくさしょうず) 2021.12.23

昨日の12月22日は冬至でした。序に冬至の初候の七十二候で乃東生(なつかれくさしょうず)でした。太陽の黄経が270度の時で、北半球では、最も昼が短い日でした。夏至の反対側で、長い人の影が幻想的に観える夕暮れ時は、正に冬至の節気を物語っています。

乃東(なつかれくさ)とは草原などの生えるウツボグサ(靭草)のことです。紫の美しい花が咲きます。この草は七十二候には、夏(夏至)と冬(冬至)に二度登場します。乃東枯と乃東生です。この草は夏の盛りに咲いた花が直ぐ枯れたように見えるので、乃東(夏枯草・生薬に使う)と言われます。そして冬の盛りの冬至頃に、若い芽を出し始めるのです。不思議な生態があるので、季節の目安として使われました。
posted by 三上和伸 at 07:46| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月21日

前奏曲 🌞→🌖🌟 2021.12.21

🌀22号ライ(ヤップ島の貨幣の名)がフィリピンで大暴れをし多大の被害を与えました。台風は平均でも12月に1個が発生するそうで、12月としては稀な被害が出たようです。被害者の皆様、お悔やみ致します。

冬型は緩んでいますが、低気圧が通過中の北海道は荒れ模様です。
posted by 三上和伸 at 09:18| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月20日

私の歳時記 霧笛記念日 2021.12.20

船舶の航行の安全を守る一つのアイテム・霧笛、横浜港では大晦日から新年にかけて、停泊中の船舶から霧笛(汽笛)が鳴らされます。これが横浜人の新年の挨拶であり、妻の実家(西区)に泊まっていた頃には心新たによく聴いたものでした。

日本の灯台で、初めて霧笛(それまでは霧鐘)を採用したのが青森県下北半島の尻屋崎灯台で、1879年のこの日から鳴らされました。私と妻の新婚旅行の地の一つがこの尻屋崎灯台で、今もってその最果ての灯台の姿を思い起こすことがあります。1979年の5月5日でしたね。青森駅でレンタカーを借りて、妻の運転でこの地に辿り着いたのでした。この日から私の妻頼りの人生がスタートしました。私が結婚の日まで、運転免許を取り損ねたため…
posted by 三上和伸 at 10:38| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 🌞→🌕🌟 人間の連帯国際デー 2021.12.20

緩い冬型となっています。北陸と東北西岸が⛄や🌂。9:10現在の道東の陸別が−14.0℃で日本で最低の気温、最高温は南鳥島(東京都)の22.9℃でした。横浜は一日晴れの予報が出ています。

〇人間の連帯国際デー
多様性の中で、人類の連帯を祝い、MDGs(ミレニアム開発目標)の達成に向けて、団結の重要性を思い起こす日です。2005年の国連総会で制定された国際デー。

MDGs(ミレニアム(1000年を単位としての)開発目標)とは、国際社会が協力して解決しなくてはならない事。人間開発と貧困撲滅のための8つの目標があります。
1,極度の貧困と飢餓の撲滅
2,普遍的初等教育の達成
3,ジェンダーの平等の推進と女性の地位向上
4,乳児死亡率の削減
5,妊産婦の健康の改善
6,HIV/エイズ、マラリア及びその他の疾病の蔓延防止
7,持続可能な環境の確保
8,開発のためのグローバル・パートナーシップの推進


posted by 三上和伸 at 09:57| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月19日

私の歳時記 江戸幕府が小笠原諸島を日本領と宣言 2021.12.19

小笠原諸島は東京都小笠原村に行政区域がある島々の総称です。東京23区からは1000Kmの距離にあり、太平洋上にある30余の島々から成り立っています。別名はボニン諸島です。

小笠原の名の由来は、安土桃山時代の武将・小笠原貞頼にあります。あの時代に貞頼が小笠原諸島を発見したという伝説があるからなのだそうです。俄かに信じ難い話で、飽くまでも伝説ですから怪しいものですが、しっかり小笠原の名が今日までに残っていいます。

東洋のガラパゴスとも言われ、その生物分布の多様さが評価されて世界自然遺産になっています。飛行場が無いので、行くには船の旅となります。一昼夜船に乗らなくてはならないようです、遠いですね。しかし、一生に一度は行ってみたい別天地(パラダイス)です。


posted by 三上和伸 at 22:08| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 🌞→🌕🌟 国際南南協力デー 日本人初飛行の日 2021.12.19

寒波襲来ですね。今朝の最低気温のランキング一位は北海道・釧路の川湯だそうです。−21.4℃(05:45)でした。横浜は3.2℃、氷点下ではないですが、寒かったですね。但し、布団の中はぬくぬく、中々布団から出られませんよね、日曜日ですし…。

今宵は十六夜の満月が観られます。16:24の月の出です。薄暮の空に満月が出ます。今月の満月は年間で最小の満月です。マイクロムーンと呼ばれています。可愛い満月です。

〇国際南南協力デー
1978年のこの日、国連総会で「ブエノスアイレス行動計画」が承認されました。「南南協力」とは、南・即ち途上国のことで、途上国同士の相互協力を意味します。途上国同士、仲良く協力を仕合いましょうと言う日です。

〇日本人初飛行の日
1910年のこの日、東京代々木の練兵場(現代々木公園)で、徳川好敏工兵大尉が日本人で初めて飛行を成功させました。飛行時間は4分、高度は70m、飛行距離は3000mでした。
posted by 三上和伸 at 10:21| プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月18日

前奏曲 🌞→🌔🌟 国際移民デー 2021.12.18

オホーツク海に台風並みの低気圧があり、大陸には優勢な高気圧があります。本格的な冬型の気圧配置になりました。昨日の深夜、ほんの一時ですが、横浜では物凄い突風が吹きました。横浜は3.4℃、寒い朝です。雪国では今シーズン初めての大雪に見舞われるでしょう。峠道、閉じ込められないようにしましょう。

〇国際移民デー
1990年のこの日、国連総会で「すべての移民労働者とその家族に人権保護に関する国際条約」が採択されました。これに伴って2000年の国連総会で、この日を国際移民デーとしました。日本人も南米を始めとして、多くの国民が移民をしました。勤勉な日本人は言語を始め苦難を乗り越え、彼の地で成功を果たしました。多大な尊敬を集めたと言われています。今は、三世〜四世の時代となっていますので、その尊敬の評価は解りませんが、大統領になる人もいた訳ですから、活躍はしているのでしょうね。プロレスのアントニオ・猪木さんも移民の子孫でした。
posted by 三上和伸 at 09:05| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月17日

終曲 ロコソラーレ(カーリング日本代表)北京冬季五輪出場決定 2021.12.17 

今し方ネットニュースを観ましたら、ロコソラーレが韓国を再び破り、北京冬季五輪の出場を決めたそうです。最終予選を破竹の勢いで勝ち進んで来たロコソラーレ、「愈々本物だな!」と思わせる強さを発揮して来ました。彼女たちを見ていると正にロコ(常呂)ソラーレ(太陽)、本当に可愛いし、キラキラと輝いていますね。創設者のあの本橋麻里(マリリン)もあのように輝いていました。投擲前にハウスを見詰める麻里の澄んだ瞳、美しかったですね。そんなマリリンの秘蔵っ子たち、今度は五輪金メダルだ!

私の好みでは、今のロコソラーレでは、サードの吉田知那美ですね。シッカリ者の強い表情、でも可愛いです。

posted by 三上和伸 at 23:04| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

音楽歳時記 シューベルト未完成交響曲ウィーン初演の日 2021.12.17

昨日紹介したドヴォルザークの新世界交響曲やベートーヴェンの田園、そしてチャイコフスキーの悲愴と並んで、交響曲史上最も美しいと思われる未完成交響曲。この希代の名曲「未完成」が長い事お蔵入りされていたことは余り知られていません。私も最近になってに知ったことですが、何と43年間も眠っていた曲なのでした。

理由は、生前のシューベルトがある名誉ある音楽協会の会員に推薦されて、その返礼に交響曲を一曲書いて納める約束がありました。その為のロ短調の交響曲(未完成)の第1第2楽章を書き終えたのですが、第3楽章以降は霊感が湧かず、延び延びになって仕舞いました。そうこうしている内に本人の寿命が尽きてしまい、ウィーンの指揮者ヨハン・カルベックに発見されるまで、この年月が経ってしまったのでした。

1865年のこの日の初演は大成功で、2楽章で十分な出来であると評判が立ち、この「未完成」は古今東西の交響曲の名曲にラインアップされたのでした。悲劇性を秘めた美しい旋律、噎せかえるようなロマン性、大袈裟ではありませんが、胸に迫る劇的な展開、天才にしか書けない美しい交響曲がここにあります。美しさで選ぶならこの曲がナンバーワンでしょう。
posted by 三上和伸 at 22:28| 音楽歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 ☂→⛅→🌞→🌔🌟 飛行機の日 202112.17

列島南岸に前線を伴った低気圧があり、東に進んでいます。横浜も本降りの雨、もう少し気温が低かったら⛄になっていたことでしょう。取り合えず☂、辛い出勤・登校となりました。それでも昼までには止むようで、午後は晴れ間も観えて来るようです。

〇飛行機の日
アメリカ・ノースカロライナ州のキティーホークで、ライト兄弟(ウィルバーとオーヴィル)が動力飛行機の初飛行に成功した日だそうです。1903年のこの日に、4回飛行し、4回目には59秒で、飛行距離は256mだったそうです。
posted by 三上和伸 at 08:16| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月16日

音楽歳時記29 ドヴォルザーク新世界交響曲初演の日 2021.12.16

それまで勤めていたプラハ音楽院の年俸の25倍(15,000ドル)を出すと言われたドヴォルザーク、本当は行きたくなかったのですが、妻子を抱える身のドヴォルザークはそれに目が眩み、ニューヨークナショナル音楽院の校長になったのでした。それでも天才の創作意欲は全く衰えず、渡米後3年間で、傑作(新世界交響曲・弦楽四重奏「アメリカ」・チェロ協奏曲ロ短調)をものにし続けました。渡米した次の年の1893年の新年から交響曲第9番「新世界から」に着手し、5月24日に完成させました。自筆譜はベルリンの出版社ジムロック社に送られ、ジムロックは旧知のブラームスに校訂を依頼し、ブラームスは喜んで快諾し、ドヴォルザークの「新世界」は同年の12月15日に出版されました。校訂した恩人のブラームスの言葉「僕がこの仕事をどんなに喜んでやったか、譜面を観て、君が楽しそうに作曲したかが想像できた」。この言葉にドヴォルザークは救われたのでした。

直ぐ次の日(1893年12月16日)に初演が行われました。場所はニューヨークのカーネギーホール、ニューヨークフィルハーモニー管弦楽団の演奏でした。初演は大成功であったそうです。それも当たり前ですね。美しいメロディーとリズミックな進行、聴き手の心を鷲摑みするような見事な構成力、大傑作でした。
posted by 三上和伸 at 20:40| 音楽歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 🌞→☁ 電話創業の日 2021.12.16

天気は西から下り坂だそうです。横浜も夜には曇って来るようです。明日の朝は横浜でも雨のようです。

〇電話創業の日
スマホが普及する中、今日が電話創業の日です。1890年のこの日、電話事業が開始されました。東京→横浜間のみで、加入電話は東京155台、横浜が44台でした。自動ではなく、交換手が対応して電話を繋いでくれていました。女子7人、夜間は男子が二人で対応したそうです。カステラ1番電話は2番…。
posted by 三上和伸 at 09:18| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の歳時記 七十二候「C?魚群(さけのうおむらがる)」 2021.12.16

今日から二十四節気の末候の七十二候「C?魚群(さけのうおむらがる)」で、20日まで続きます。

主に北国の川ですが、海で生きていた鮭が生まれ故郷の川で産卵を果たすため、故郷の川に帰って来るのがこの季節です。湧水が出る川の上流まで辿り、群れ成して浅瀬に産卵をします。ふた月で孵化(ふか・卵がかえる)し、腹に蓄えた卵黄を糧に生き、春になると外海へ下ります。そして4〜5年で成魚となり、生まれ故郷の川の匂いに誘われて、その川を遡上し産卵をします。産み放たれた卵に命を託して、そこで死に絶えるのです。
posted by 三上和伸 at 08:23| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月15日

前奏曲 🌞→🌓🌟 年賀郵便特別扱い 2021.12.15

12月も15日となりました。愈々年の瀬ですね。今の世の中でどんな仕事が忙しいのか?、良く解りませんが、世の働き人は、ここ暫くは忙しない毎日を過ごされるのかしら? 嘗てピアノ人口が増大した頃、私も大晦日まで仕事をしていた記憶があります。それでも今は昔、ピアノ人口も減り、今年の年末(26日まで仕事)も比較的暇です。それでもこの歳(来年72歳)まで仕事が出来る!とは、有難いものです。ひたすら美しく気持ちの良いピアノ音の調律に力を注いできたからに他なりません。信用を勝ち得た印と言って良いでしょう。自慢してしまいました。お恥ずかしい…

〇年賀郵便特別扱い開始日
今日から25日までの間に年賀と書いて投函すると、新年の元旦に郵便が届きます。私も年賀葉書は買いました。後は印刷を刷るだけです。毎年写真の年賀葉書を作っています。今年はNYRくんが映った七五三の写真と八景島で撮ったHちゃん一家が映った写真にするつもりです。もう私の脳の中では出来上がっています。暇を見つけて葉書作り作業に取り掛かります。
posted by 三上和伸 at 09:21| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の歳時記 昨夜流れ星観ました 2021.12.15

昨日(14日)の深夜(11時半頃)、ふたご座流星群の流れ星を一つ観ました。日中は氷雨が降り、辛い一日でした。夜になっても雲が覆い、ふたご座流星群は限りなく駄目だと思っていました。ところが深夜になって空は俄かに晴れ渡り、オリオンが煌めいていました。『これは観えるな』と思い、寝る前の十数分を流れ星観測に費やしました。10分も経った頃、天頂にあったふたご座付近から東に明るい流星が現れました。流れる速度は比較的遅く、尾は引きませんでしたが、十分鑑賞するに堪えました。大満足で風呂に入り、就寝しました。心に仄かな明かりが灯っていました。

仕事と趣味、天体観測は仕事を持つ身では難しいものがあります。この暮は毎日仕事をしていますので、夜通し起きているわけには行きません。どうなるか分かりませんが、嘗て数十個観たあの日のような流星群を、再び…、観てみたいですね。
posted by 三上和伸 at 07:43| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月14日

前奏曲 🌞⛅ 南極の日 2021.12.14

今日はこれから仕事ですので、昨夜は普段通りに寝ました。従ってふたご座流星群は観測しませんでした。天気は快晴で、月も西に偏り、絶好の条件でしたが残念でした。明日は仕事も遅くの出勤、今夜こそ、少し空を眺め、一つ二つ流れ星を見付けてから、寝ることにします。

〇南極の日
1911ねのこの日、ノルウェーの探検家・アムンゼンと他の4人の隊員が南極点に立ちました。人類未踏の地・南極、その中心に立ったのでした。
posted by 三上和伸 at 07:55| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月13日

前奏曲 🌞→🌓🌟 今日明日ふたご座流星群 美容室の日 ビタミンの日 2021.12.13 

冬型の北陸や北日本は風雪が強まりそうですが、太平洋側は晴れています。今日と明日の深夜から翌明け方まで、ふたご座流星群の見頃を迎えます。天気も良さそうですから、深夜の時間帯に少し空を見上げては如何ですかね。極大は明日の16時ですが、今深夜から明け方までが雲も少なく風も強い絶好の観望日和かも知れません。防寒を整え、是非ご覧ください。

〇美容室の日
美容師の正宗卓さんが2003年に制定しました。12月は美容室が混む月間、13日日は1と3で、それらは合体させるとBになります。Beautyですから、美容室の日ですね。

〇ビタミンの日
ビタミンの日制定委員会が2000年に制定しました。1910年のこの日、農芸化学者・鈴木梅太郎が脚気を予防する米糠成分(オリザニン)を発見しました。このオリザニンは後にビタミンB1と同じ性質のものと判り、この日をビタミンの日としました。
posted by 三上和伸 at 11:05| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月12日

私の歳時記 今日は七十二候の「熊蟄穴(くまあなにこもる)」 2021.12.12

日本にいる熊は二種類、北海道にはヒグマ(羆・体毛に赤さがある)、それ以外にはツキノワグマ(月の輪熊)がいます。活動期は春から秋で、自然に存在する様々な食物を食べますが、雪が深くなる冬には採餌は止め、越冬のため冬眠(巣籠)をします。熊蟄穴(くまあなにこもる)です。その前の秋には大量の食物を食べ、皮下脂肪を増大させ冬籠りに備えます。特に雌は出産をし、冬の間は授乳をしなければなりませんので、秋の採餌は重要です。

秋の主食はドングリです。日本の山には大量のドングリが生り、クマの腹を満たすのです。しかし、このドングリが不作の年もありますので、クマは仕方なく人里に降りる事も出てきます。人間に危害を加えることもあれば、クマ自らが、イノシシ用の罠にかかる事も良くあることらしいのです。獣たちと人間のバランス、難しいですが、上手に取りたいですね。それには自然を守る事、多くの命を賄える食物を大量に生産できる自然を守ることです。
posted by 三上和伸 at 08:47| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の歳時記 🌞→🌓🌟 バッテリーの日 児童福祉法公布記念日 2021.12.12

シベリアには優勢な高気圧があり、日本の南にも高気圧があります。一方、中国東北部と日本海には低気圧があります。北日本は荒れ模様の天気になります。冬型に近づいており、次第に風が強くなるようです。明日の深夜から明け方、明後日の深夜もふたご座流星群が観えるでしょう。月の条件は〇、天気の良し悪しだけが流れ星の観えるポイントです。

〇バッテリーの日
日本蓄電池工業会(現蓄電池工業会)が1985年に、「カーバッテリーの日」として制定しました。1991年には、バッテリーの日として名称を変更しました。野球のバッテリーの守備ナンバーが1と2なので、12月12日となりました。この日に今年度のセ・パ両リーグの一番優れたバッテリーを選考し、表彰するのだそうです。

〇児童福祉法公布記念日
1947年のこの日、「児童福祉法」が公布されました。翌1948年から施行が開始され、4月1日から全面施行が開始されました。

posted by 三上和伸 at 08:07| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月11日

私の歳時記 沢庵忌 2021.12.11

今日は、大根の糠漬け「たくあん」で有名な沢庵和尚の亡くなった日です。旧暦・天保2年12月11日(1646年1月27日・享年73歳)が忌日です。安土桃山時代に生まれ、江戸の初期に亡くなった名僧でした。

武士の出ですが、親が石田三成に就いたため、関ケ原以降、牢人となり、沢庵さんは仏門(臨済宗)に入りました。人間的に出来た人だったらしく、何と石田三成の遺体を預かり、荼毘に付したそうです。

江戸幕府でも、将軍家と深く関わり、大目付の柳生宗矩と親しい付き合いをし、武術と仏教を調和させ、柳生家と共に武芸を起こしたと言われます。柳生十兵衛などは弟子で、その成果として、十兵衛は武芸の著述を認めています。

徳川家光の要請で、その政治への参考意見を述べたと伝えられています。たくわんを前にしたら、少しはこのお坊さんの偉業を偲んでくださいね。
posted by 三上和伸 at 17:58| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 🌞→🌓🌟 国際山岳デー ユニセフ創立記念日 胃腸の日 百円玉記念日 2021.12.11

全国的に晴れて気温も上がり、過ごし易い一日となるようです。お出かけには最適ですが、今日の我が家は修理に出したダイソンの掃除機が戻ってくる日、2万円何某のお金が掛かりましたが、買うよりは安いので修理に出しました。ダイソン製品は耐久商品だそうで、修理して使うのが得策だそうです。それでも2万円は厳しいですね。まあ何れにしても、粗大ごみを出さずに済んだ訳ですから良しとします。

〇国際山岳デー
2003年の国連総会で制定されました。国際デーの一つです。日本を始め世界には多くの山岳地帯が存在します。ヒマラヤ・チベット・パミール・インドネシアとフィリピン火山山岳地帯・コーカサス・アルプス・ピレネー、ケニア・タンザニア・サハラ・ロッキー・アンデスなど、巨大な山岳地帯が目白押しにあります。そしてそこには多くの人々が生活しているのですね。今日この日は、国際社会が山岳地域の環境保全と持続可能な開発について考える日としています。環境保全の問題と言えば、エベレストの山域には登山者の死体が彼方此方に散らばっているのだそうです。これも小さな環境問題ですね。

〇ユニセフ創立記念日
1946年のこの日、国連国際児童緊急基金(UNICEF・ユニセフ)が創設されました。その後、改組され、現在の名称・国連児童基金になったのですが、呼称は変えずユニセフとして通っています。今日はユニセフ創立記念日です。

〇胃腸の日
いに(12・胃に)いい(11・いい)日、語呂合わせです。暴飲暴食、止めましょう!

〇百円玉記念日
1957年のこの日、初めて100円玉硬貨が発行されました。現在の百円硬貨とはデザインや材質も異なり、何と銀貨でありました。銀:60%、銅:30%、亜鉛:10%の含有率で、重さは4.8g、直径が22.6mmでした。現在の百円玉は白銅(銅とニッケルの合金)の硬貨で、重さと直径は同じです。

posted by 三上和伸 at 10:03| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月10日

前奏曲 🌞⛅→🌓🌟☁ 世界人権デー ノーベル賞受賞式 2021.12.10 

予報は晴れですが、どうやら雲が多いようで、晴れたり曇ったりの空模様となりそうです。但し、降水確率は一日中0%、傘は要らないようです。

〇世界人権デー
「すべての人間は、生まれながらにして自由であり、かつ、尊厳と権利について平等である」で始まる人権宣言が、1948年のこの日、第3回国連総会のパリで採択されました。この基本的人権を守り、自由に平等に、そして平和に生きていきましょう。もう一つ、楽しく生きていきましょう。人生は楽しく、私のモットーです。

〇ノーベル賞授賞式
スウェーデンの科学者・アルフレッド・ノーベルが1896年に亡くなった日です。ノーベルの遺言により、ノーベルの資産から賞金を捻出し、人類に貢献した学者らに賞と賞金を付与することが決まりました。物理学・化学・医学・文学・経済学、そして平和に貢献した人や団体が選ばれます。本日がその授賞式です。私の大好きな音楽賞は無いですが、文学賞に、ボブ・ディランがいました。

時代が違いますが、もし音楽賞があったなら、バッハ・ヘンデル・モーツアルト・ベートーヴェン・ショパン・ワーグナー・ヴェルディ・ブラームス・ドビュッシー・ストラヴィンスキー・ショスタコーヴィッチなどは受賞対象者になったことでしょう。
posted by 三上和伸 at 08:08| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月09日

前奏曲 ☁→🌞→🌒🌟 障害者の日 2021.12.09

昨日の関東に風雨をもたらした冷たい低気圧が東に去ったのですが、その残り香が僅かに関東沿岸に残り、空は雲に覆われていました。漸く9時過ぎになって陽が射して来ました。今日は全国庭に晴れのようです。今後暫くは晴が続くようです。

〇障害者の日
1975年に国連総会で、「障害者の権利宣言」が採択されました。それを受けて、1981年の国際障害者年のこの日、総理府の事業「広がる希望の集い」で「障害者の日」が制定されました。現在では厚生労働省が実施しています。障害者、同情するのでは無く、必要があれば助け合うことが大切です。

posted by 三上和伸 at 09:30| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月08日

私の歳時記 成道会(じょうどうえ) 2021.12.08

仏教の始祖のお釈迦様、様々な伝説に彩られていますが、その中心には、お誕生日(4月8日・花まつり・灌仏会)、悟りを開かれた成道の日(成道会・臘八会)、そして亡くなられた命日(2月15日・涅槃会【ねはんえ】)があります。

日本では、釈迦は臘月(ろうげつ・12月)の8日に成道したと伝えられており、この日に成道会は行われます。成道とは悟りを開くことであり、仏教の本質に辿り着くことです。臘月の8日に因んで、この日を臘八会(ろうはちえ)とも言うそうです。

posted by 三上和伸 at 11:25| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の歳時記 事納め・針供養 2021.12.08

〇こと納め
二十四節気などの季節を知らせる歳時記は、農家の農作業に深く関わっています。農家はそんな季節の決まり事を守り、一年を暮らしています。その農家も12月8日になれば、農作業も一段落、この年の作業は無くなり、愈々新年に向け正月の準備に入ります。これをこと納めと言い、農家の終業式と言う訳です。但し、逆説的な言葉もありまして、農作業の替りに正月の準備を始めるため、こちらを正月こと始めと言う地方もあるそうです。翌年には正月のこと納め(正月の終わり)と、農作業のこと始めがあり、それは2月8日です。

〇針供養
年に2回ある針供養、2月8日のこと始めの日と、今日の12月8日のこと納めの日が針供養の日に当たります。この日は針仕事を休み、折れ針などを集め、豆腐や蒟蒻に射して供養をしていました。神社などにそれらを納めていました。

調律師も整音(ボイシング)などに針を使います。硬いハンマーフェルトの場合は、針も折れたり曲がったりします。調律師にとって針は良い音への命綱であり、大切な道具です。私は針などの道具に感謝をしています。但し、捨てるだけで、針供養はしませんが…。
posted by 三上和伸 at 10:43| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 ☂〜☂〜☁ 対米英開戦記念日 2021.12.08

横浜は8時までに28.5mmの雨が降ったようです。夕方まで降りそうですから、降水量はもう少し増えそうです。気温は9℃台を推移しており、冷たい雨と低温で、辛い一日になりそうです。

〇対米英開戦記念日(太平洋戦争開戦記念日)
愚かな日本が、真珠湾攻撃により太平洋戦争に踏み切った日です。1941年(昭和16年)のこの日、日本軍がハワイ・オアフ島の真珠湾を奇襲攻撃し、アメリカ軍に多くの損害を負わせました。ここから太平洋戦争が始まったのでした。挙句は原爆まで投下され、巨万の人命と巨億の財が失われ、1945年の8月15日に日本の敗戦が決まりました。戦争を知らない子供たちの私が戦争を論じることは憚れますが、やってはいけない事の見極めは出来ているつもりです。命を賭して平和を守りましょう。
posted by 三上和伸 at 09:15| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月07日

私の歳時記 二十四節気の大雪、七十二候の閉塞成冬(そらさむくふゆとなる) 2021.12.07

山間部では積雪が記録され、沿岸部でも寒い北風が吹きます。小春日和もあった初冬とは違い、本格の冬となりました。二十四節気では大雪、その初候の七十二候では閉塞成冬・そらさむくふゆとなる、天地の気が塞がって冬となりました。

冬は空と山の景色が素晴らしいですね。横浜からは白銀の富士が青空を仕切って観えています。何時観ても富士は美しいですが、新雪のこの時期が最も富士を美しく魅せる頃合いですね。

明日は☂、10℃以下の気温で一日が推移するそうです。少々辛い仕事になりそうです。今、横浜の私立学校のピアノの調律をしています。今年で創立150年を迎えたそうです。6台あるピアノを順に調律しています。グランドが2台、アップライトが4台、計6台のピアノを期末試験の時期の午後に調律しています。明日明後日迄行います。
posted by 三上和伸 at 21:49| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月06日

前奏曲 ☁→☂ 姉の日 聖ニコラウスの祝日 2021.12.06

日本列島のほぼ中央が悪天の様相を呈しています。南や北は好く晴れています。横浜は午後から☂、明日は一日雨の模様です。北風が強く、兎に角寒い朝です。

〇姉の日 聖ニコラウスの祝日
漫画家の畑田国男さんが姉妹を研究した結論として、今日を姉の日としました。三か月前に紹介した妹の日に対応して、今日が聖ニコラウス(サンタクロース)の若い未婚女性の守護聖人としての祝日であることを理由の一つとして、今日を姉の日と決めたそうです。

洋の東西を問わず、昔の貧乏人は娘を売るという対処法がありました。大方の場合、三姉妹ですと姉が身売りの対象になります。聖ニコラウス(サンタクロース)が通りかかった家は貧乏で三姉妹の姉に身売りの話が出ていました。聖ニコラウスが窓から部屋を覗いてみると、暖炉の前には三足の靴下が干してあったそうです。そこでサンタは金貨を一枚、窓から放り込みました。するとその金貨は一足の靴下の中に収まりました。それは姉の靴下だったようで、その金貨で、姉は身売りを免れたそうです。

こんなお話が姉の日のヒントになりました。私の周りでは、Nちゃんと義姉のKさんが姉ですね。姉は親の意思を尊重し、一家の助けになる人が多いですね。おねえちゃん、好い響きです。


posted by 三上和伸 at 09:51| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月05日

音楽歳時記 モーツァルト忌 2021.12.05

4歳でピアノのメヌエットk-1を作曲して、モーツァルトの作曲人生が始まりました。宗教曲・オペラ・ピアノ曲・交響曲・室内楽曲など全てのジャンルで名曲を書きなぐって来たモーツァルト、正に神童であり、天才でありました。特に驚くべきことは30歳を過ぎてから死の年までに作曲された傑作群、どれもこれもが正に傑作、本当に凄まじいものがありました。30歳で「フィガロの結婚」上演、31歳で「ドン・ジョバンニ」上演、32歳で三大交響曲(39番・40番・ジュピター)作曲、33歳で「コシ・ファン・トッテ」を作曲、35歳で「皇帝ティトゥスの慈悲」上演、「魔笛」上演、そしてレクイエムに着手し、作曲を半ばにして亡くなりました。正に精魂尽き果てて亡くなったのでした。今日、改めてオペラを始め数曲を聴きましたが、その音楽は神の贈り物と言っても過言ではないでしょう。死をものともせずに書いた音楽、暖かい人間の温もりで書いた音楽、この世で最上の音楽であると私は確信を持って言うことができます。1791年のこの日、35歳のモーツァルトは亡くなりました。
posted by 三上和伸 at 21:44| 音楽歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の歳時記 納めの水天宮 2021.12.05

総本宮は福岡県久留米市の久留米水天宮、水と子供を守護する神社で、水難除け、安産祈願・子授かり・子育てに、ご利益がある神社です。祭神は天之御中主神(あまのみなかぬしのかみ)・安徳天皇(壇ノ浦の戦いで入水崩御)・建礼門院(安徳天皇の母)・二位の尼(安徳天皇の祖母)。壇ノ浦に沈んだ幼き安徳天皇とその母と祖母が祭神に祀られています。全国にあり、Hちゃんが詣でた平沼水天宮やおんめさまの名で有名な鎌倉・大巧寺(だいぎょうじ)などが神奈川県では安産詣での神社仏閣です。

例大祭はは5月5日に行われます。そこで毎月5日が縁日となり、今日の12月5日が納の水天宮の縁日と言う訳です。
posted by 三上和伸 at 16:39| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 🌞⛅→🌒🌟 国際ボランティア・デー 2021.12.05

関東は今日まで良く晴れますが、関東東北の明日・明後日・明々後日は、雲の多い天気になるようです。昨日から北風が強くなり、寒い夜となりました。愈々冬も本番に入ります。クリスマス寒波や正月寒波も来るかも知れません。衣類や暖房の準備を怠りなく…。

〇国際ボランティア・デー
社会のあらゆる層がボランティアの機運を高められるように、背中を押そうとする記念日です。世の中災害や貧困により、困っている人が多くいます。ボランティア、社会奉仕、出来る人は幸せです。それだけ心に余裕があるのですからね。

posted by 三上和伸 at 12:17| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月04日

私の歳時記 今日は旧暦霜月の朔 2021.12.04

新暦では師走となりましたが、昔の暦・旧暦では今日からが霜月です。昔の季節の割り振りでは、冬は、10月・11月・12月で、11月の霜月は仲冬と言えます。霜の降りる頃で、霜降り月が転じて霜月になったとされています。もう既に各地で霜は降りており、霜月の名称は旧暦がピッタリくるようです。

その他にも、霜月には別の呼び名があります。出雲に出掛けた神様が地元に帰って来るので神来月(かみきづき)、冬至頃に行う神楽が多いので、神楽月、霜の次は雪ですから、雪待月の名もあります。

江戸時代には、歌舞伎の顔見世(役者が総入れ替えする事で、新しい役者紹介をする)と言う興業があったそうで、それが霜月の一日に行われたそうです。その世界では霜月正月と言い習わされていました。
posted by 三上和伸 at 08:47| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月03日

前奏曲 ☀→🌟 富士五湖震源地震吃驚 2021.12.03

富士五湖震源の地震、震度5⁻(大月)、震度3(横浜)、ビックリしました。今日は晦の月でしたが、連日のP修理の影響で疲れており、早起きできずに地震で起こされました。急いで東天を観たのですが、朝焼けが広がり、青空が出ており、青空と融けあって、晦の月は跡形もなく消えていました。

今日からはある私立の学校のピアノ調律です。5日間かけて行います。
posted by 三上和伸 at 08:14| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月02日

私の歳時記 七十二候・「橘始黄(たちばなはじめてきばむ)」 2021.12.02

今日は二十四節気・小雪の末候(七十二候)の「橘始黄(たちばなはじめてきばむ)」です。文献を観ると橘の葉が黄ばむ頃と言う説もありますが、橘は常緑樹です。従って私の推量では、橘の実が黄色く色づく頃が適当と納得しています。

橘は柑橘類で、日本固有の原種だそうです。近年は殆ど観掛けなくなったそうで、絶滅危惧種と言われています。まあ、この際、橘とは蜜柑で好いでしょうね。たちばな、好い名ですね。語源は垂仁天皇に仕えた役人・田道間守(たじまもり)から発しているようで、たじまもりが訛って、たちばなになったと謂れています。田道間守が何をしたかと言うと、垂仁天皇(すいにんてんのう・第11代天皇・伝説上の人)に命じられて、不老不死の薬を探させられたとか。そこで探し当てたのが柑橘の一種・たちばなの樹でした。橘は香り麗しく、後にその皮は陳皮などの薬として使われ始めました。橘を発見した田道間守は殊勲を打ち立てたのでした。

今日この頃は、柑橘類の緑の実が黄に色付き始める頃とされています。
posted by 三上和伸 at 09:29| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年12月01日

前奏曲 ⚡☔🍂→🌞☾→🌟 世界エイズデー いのちの日 2021.12.01

爆弾低気圧によって今朝まで大荒れの天気でした。我が家の南のサッシ窓は大粒の雨粒が覆い、その雨の凄まじさを物語っていました。それでも8時すぎには青空も覗き、天気は回復の兆しを見せています。通勤通学も何とか普段通りになったようです。

〇世界エイズデー
WHO(世界保健機構)が1988年に制定しました。エイズへの関心を高めてもらおうとした国際デーです。

〇いのちの日
厚生労働省が自殺予防活動の一環として2001年に制定しました。様々な精神的危機を抱えている人たちのために、今日から一週間、無料の電話相談「いのちの電話」が設けられています。辛い人は自分で悩むよりも何より人に相談してほしいですね。人生は一人で無いことを知って欲しいです。皆、同じような悩みを抱えて生きています。それだけを知っていれば、連帯感を持って、前を向いて生きていけます。
posted by 三上和伸 at 08:28| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月30日

前奏曲 🌞→⛅→☂ シティーズ・フォー・ライフの日 シルバーラブの日 2021.11.30 

横浜は🌞ていますが、午後からは⛅、夜には☂が降るようです。移動性の高気圧は東に退き、韓国南には低気圧があり、日本に進んでいます。吸収は朝から☂、関西は昼から☂、関東は夜に☂となります。明日明け方まで降るようです。

〇シティーズ・フォー・ライフの日
1786年のこの日に、神聖ローマ帝国のレオポルト2世がヨーロッパでの初めての死刑制度の廃止を宣言したそうです。考えてみれば、死刑とは野蛮な行為です。法律が人の命を抹消する、世界の民族は地域を問わず、それを繰り返して来ました。でもどうしようもない人間も多くいるものです。そんな人間は死ななければならないのでしょうか? 甚だ疑問ですが、被害者やその遺族にとっては、無くては成らないものでしょう。日本はこれにギリギリの立場を取っていますね。司法関係者は辛い選択を迫られています。死に値する人間、遺恨や宗教を抜きにして、考える必要がありますね。

〇シルバーラブの日
1948年のこの日、歌人の川田順(68歳)が弟子の大学教授夫人と連れ立って、家出をしたそうです。切ない恋であったそうで、死を覚悟しての逃避行でした。それでも結局、二人は連れ戻されたそうですが、周囲の理解もあり、目出度く結婚できたそうです。その節に川田が詠んだ「墓場に近き老いらくの恋は恐るる何もなし」から「老いらくの恋」が当時の流行語になったそうです。妻帯者には本物の老いらくの恋は出来ませんが、架空の恋なら幾らでもできますね。男にとって女性は永遠の憧れ、タレントでも女優でも、想像の翼を広げて、幾らでも恋は出来るのです。私の恋の対象は、第1に新垣結衣、第2はフジアナウンサーの内田嶺衣奈、皆、結婚してしまいましたがね。想像の翼の究極にはダブル不倫がありますね。

posted by 三上和伸 at 08:33| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月29日

前奏曲 🌞→🌟 いい肉の日、いい服の日 2021.11.29

冬型が崩れて、29日3時現在、移動性の高気圧が列島のど真ん中にあります。衛星画像で観ると雲があるのは北海道と沖縄だけですね。その他は日本海側も含めて、押し並べて🌞、横浜は降水確率0%、一日晴れます。それでも空には巻雲が出ています。明日の午後からは雨が降るようで、朝の巻雲は天気の下り坂を暗示しているようです。

〇いい肉の日 〇いい服の日
私はいい服には興味がありませんが、いい肉には興味があります。嘗て私が食べた最高のステーキ肉は近江牛でした。旅先の近江八幡の肉屋のレストランで食べたのですよ。忘れられない味です。地産地消ですが神奈川県の高座豚も美味しい肉ですね。豚肉料理ではトンカツが最高に美味しいですね。横浜には勝烈庵と言うトンカツの名店があります。鶏肉料理では唐揚げが最強ですね。ジャニーズの誰それも無敵と宣伝していました。究極の唐揚げはケンタですね。ケンタは偶に食べたくなる名物鶏肉料理です。

posted by 三上和伸 at 08:02| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月28日

終曲 ヤクルト日本一、オミクロン株、張さん卒業? 2021.11.28

オリックスとの激戦を制したヤクルトスワローズ、見事な日本一でした。全般的に投手戦でしたね。私はどちらのファンでも無かったので、特別な感慨は無いのですが、僅差の投手戦、見応えがありました。正にブラボーでした。

新型コロナ・オミクロン株、何処までも変態を繰り返すコロナウィルス、脅威ですね。折角、日本は小康状態を迎えているのに、第六波が起こるのか、疑心暗鬼になりますね。世界各国に飛び火をして、再び蔓延するのでしょうか? またしても、海外旅行は先延ばしせざるを得なくなりましたね。あと何年元気で生きられるのか? 時間が足りなくなっていますね。

サンデーモーニングの張さん、愈々辞めざるを得なくなってきたようです。数々の舌下事故を起こして来ましたからね。TBSと話し合ったのでしょうね。張さんとTBS、円満解決で合意したようです。私から見れば、当然の帰結です、遅すぎました。

posted by 三上和伸 at 22:42| プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 🌞→🌗🌟 太平洋記念日 税関記念日 2021.11.28

移動性高気圧が張り出して来て、今日・明日は全国的に晴天が続きます。但し、沖縄は寒暖の境目にあり、雲が多いですね。横浜市旭区の今朝の最低気温は4℃でした。

〇太平洋記念日
ポルトガルの航海士・マゼランは1520年この日、苦闘の末マゼラン海峡(南米末端の大陸とフェゴ島の間の海峡)を抜け、太平洋に達しました。海は非常に凪いでいたことにより、マゼランは太平洋(Pacific Ocean・穏やかな大洋)と名付けたそうです。それに因み、今日は太平洋記念日となりました。マゼラン自身はフィリピンで現地人と争い、命を落としましたが、残った乗組員により、マゼランの船は1522年の9月にポルトガルに到着しました。これで世界周航が完成し、地球が丸い(球体)ことを証明しました。

〇税関記念日
幕末に輸出入貨物の監督や関税の徴収などを行った開港場の役所・運上所を1872年のこの日に、税関と言う名に改めました。神奈川県には横浜税関があり、港横浜の海岸通りにあります。横浜三塔の一つで、クィーンと渾名される美しい建築物で、横浜の名所の一つです。

posted by 三上和伸 at 14:39| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の歳時記 七十二候「朔風払葉(きたかぜこのはをはらう)」 されど木枯らし1号は記録されず 2021.11.28

昨日はRくんの絵画展で、Rくん幼稚園に行っていました。午後は我が家のピアノでナッチャンがレッスンのため、お供でHちゃんが来ていました。Hちゃん子守りも手伝って私も多忙で、ブログが書けませんでした。昨日の七十二候の記事を今書きますね。

この日は北風が強く、私はてっきり東京地方にも木枯らし1号が吹いたと思いました。ところが最高風速8.0mを超えなかったようで、木枯らし1号は見送りとなりました。時も七十二候の「朔風払葉」でしたので、残念でしたね。

七十二候の「朔風払葉(きたかぜこのはをはらう)」の意味は、「北風が木の葉を払い除ける」です。朔とは初めの意味がありますが、干支と方位の名称の関係で、干支の最初の子(ね)が北を意味するので、朔風は北風と訳します。詰まり、北風が木の葉を払い除けるは、木枯らしの事を言っているのです。時節に適切な木枯らし1号と朔風払葉の関係が垣間見えます。
posted by 三上和伸 at 11:27| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月27日

前奏曲 🌞→🌗 ノーベル賞制定記念日 2021.11.27

オホーツク海周辺に五つ目の低気圧、北海道は大雪が降っています。沖縄方面も雨雲が掛かっており、雨が降っています。冬型ですので、日本海側は☂、太平洋側は晴天です。現在の横浜の気温は8.7℃、寒いです。

〇ノーベル賞制定記念日
自らが発明したダイナマイトが多くの富を生み、その莫大な富を基金(168万ポンド)としてノーベルは、ノーベル賞制定の遺言を残しました。その基金の利子がノーベル賞の賞金として使われます。物理学・化学・生理学医学・文学・平和事業・経済学の各分野で貢献し、そして選ばれた人に、賞金が贈られます。その遺言を書いた日が1895年のこの日です。
posted by 三上和伸 at 07:14| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月25日

前奏曲 🌞→🌗🌟 女性に対する暴力廃絶のための国際デー OLの日 2021.11.25

北国では⛄が降り出しましたね。道北・道央では⛄が降っています。東北では青森・岩手の山間部で⛄が降っています。北陸は☂、山陰を始めその他は☀ています。

〇女性に対する暴力廃絶のための国際デー
1999年の国連総会で制定されました。国際デーの一つです。1961年のこの日、ドミニカ共和国の女性活動家・ミラバル三姉妹が、ドミニカの支配者ラファエル・トルヒジョの命令により惨殺されました。この前代未聞の出来事は世界の女性の怒りを買いました。男と女の肉体差は大きなもの、女に暴力を加える男は最低の人種、人間失格です。男は女性に無暴力を誓いましょう。生命の源・女性を大切にしましょう。

〇OLの日
以前は職場で働く女性をBG(ビジネスガール)と呼んでいました。ところがこのビジネスガールの語は、本場アメリカでは隠語で、「商売女・娼婦」の意味があることが判りました。先ずNHKが使うのを止めました。そして、それに代わる言葉を女性週刊誌(女性自身)が公募すると、集計の結果、OL(オフィース・レディー)の名に決まりました。雑誌・女性自身の1963年11月25日号から使い始めたそうです。
posted by 三上和伸 at 08:59| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月24日

前奏曲 🌞→🌗🌟 進化の日 オペラ記念日 2021.11.24

日本列島は西高東低の冬型です。日本海には筋雲が観えます。この筋雲は二手に分かれており、一方が東北・北陸に、もう一方が九州に流れ込んでいます。従って、金沢・新潟・秋田・仙台が☂、北九州も朝の内は☂です。太平洋側は関東から沖縄まで🌞です。

〇進化の日
1859年のこの日、自然淘汰の論理を示すダーウィニズムで有名なチャールズ・ダーウィン著作の「種の起源」の初版が刊行されました。それまで、生物は神の創造物と信じられてきましたが、ここでその宗教的な迷信を打ち破る画期的な論説が現れました。今日誰もが信用している大きな学説でした。迷信から科学へ、ある意味で、今日の人類の発展に繋がりました。

〇オペラの日
1894年(明治27年)のこの日、東京音楽学校(現東京芸大)の奏楽堂で、明治以降の日本で初めてのオペラが上演されました。演目はフランスの作曲家・シャルル・グノーの「ファウスト」第1幕で、オーストリア大使館職員が出演し、指揮はドイツ海軍軍楽隊長のフランツ・エッケルトでした。

グノーの「ファウスト」
フランスのオペラ作曲家・シャルル・グノーの代表作がこのゲーテ原作の「ファウスト」です。劇的迫力に欠けると言う評判がありますが、美しい旋律が鏤められており、名オペラとしての評価が高いです。

*あらすじ
魔力で青春を取り戻したファウスト博士、小女・マルガレーテ(愛称・グレートヒェン)を愛し、そして捨て去ります。マルガレーテは気が狂い、ファウストとの間にできた子を殺して獄に繋がれます。されどその美しい魂ゆえに罪を許され、天使に守られ天に昇って行きます。第3幕でマルガレーテが歌う「宝石の歌」が名旋律で有名です。
posted by 三上和伸 at 08:49| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月23日

私の歳時記 新嘗祭と勤労感謝の日 2021.11.23

今日は勤労感謝の日、勤労を尊び、生産を祝い、国民が互いに感謝しあうとする日だそうです。元々は「新嘗祭」だったそうで、それをそのまま勤労感謝の日にしました。昭和23年(1948年)から始まった国民の祝日です。

*新嘗祭(にいなめさい)
勤労感謝の日の由来となった新嘗祭とはどのようなものか、少し調べてみました。新嘗祭の歴史は古く、日本書紀には飛鳥時代に行った記録があるそうです。

新嘗祭の新は新穀(この年に収穫された主に米)、嘗は舌の上に乗せて味を試す意味があります。つまり、新しい米を神に捧げ、召し上がって頂く祭事です。天皇が自ら栽培された米を神に奉って(たてまつる)、共にその米を味わう祭祀です。

旧暦の時代では霜月(11月)の第二の卯の日に行われていました。ところが世が新暦になると、この日が翌年にずれることが起こり、仕方なく新暦の11月23日に行われるようになりました。そしてそれを引き継いだ勤労感謝の日も11月23日になったのです。
posted by 三上和伸 at 11:21| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 🌞→🌖🌟 外食の日・ゲームの日・ハートケアの日 2021.11.23

中国東北部・日本海・オホーツク海に三つ目の低気圧があり前線が南に連なっています。それでも風雨をもたらしたこの前線、夜半には太平洋に抜けました。冬型になっており、日本海側は☂、太平洋側は🌞ています。但し、北海道(札幌他)は初め⛄、後に🌞てくるでしょう。

今日は勤労感謝の日ですね。その日に因み、数々の記念日が生れています。

〇外食の日
家事で忙しい母のために、勤労感謝の日こそ外食をしましょうと言う日です。今日は大半の家事を適当にして、お出かけして、外食をしましょう。お母さんの大好きなものを注文しましょう。そう言えば、私は母の好物を知らなかったですね。まあ、脂っ濃いものが好きでしたがね。それでも妻の好物は知っています。寿司を始め、生のお魚ですね。鯛や平目に鮪、牡蠣などが好きですね。今日はNちゃんYちゃんピアノレッスンですので、外食は出来ませんがね。

〇ゲームの日
日本アミューズメント施設営業者協会連合会などが制定しました。ゲーム、私は運動神経が悪いので苦手でやる気が起きませんし、私の家族(妻と娘たち)はゲームが嫌いです。しかし孫達はそう言ったボタンのある電子機器には目が無いですね。きっと無制限にやらせれば、長時間ゲームに没頭することでしょう。仕事や勉強をしっかり自覚して、お座成りにならずに済むのであれば、息抜きにゲーム位やってもいいですがね。ゲームと勉強を調和させる意味で、勤労感謝の日をゲームの記念日としたそうです。判りますかね、ゲームの狂人たち!

〇ハートケアの日
勤労を支えているのは体の丈夫さ、その体の核となるのが心臓です。心臓が弱くては好い仕事が出来ません。私の後半生もこの心臓の弱さとの戦いでした。勿論危機的な状態ではありませんが、日夜、薬の厄介にはなっています。これは医学が進歩した現代に生きている運と幸せですね。弱い体でも好い仕事は出来る、体の信号を聴き、精一杯生きて行きましょう。心臓を大切に…。
posted by 三上和伸 at 09:12| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする