2017年03月24日

一日の初めに… 漸く我が団地の🌸開花 2017.03.24

我が団地の染井吉野も漸く10輪前後開花しました。3月24日、開花宣言いたします。昨日で彼岸が明けたのですが、気温は低めに推移しています。今日7時現在の最低気温は7.8℃、日中の最高気温も13℃と低めに予報されています。この調子で行けば満開は遅れる見込みです。4月日1日以降に満開となるでしょう。

でも染井吉野も開花を果たしたし、春は確かにやってきました。当分は桜と一緒の生活となる訳ですね。一年で一番心時めく頃、さあ、桜詣でに参りましょう。
posted by 三上和伸 at 07:53| 一日の初めに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

雑記帳… 山形で麻疹(はしか)感染広がる 2017.03.23

山形県の置賜(おきたま)地方の自動車教習所で麻疹の感染が広がっているそうです。最初の発症者は横浜の男性で、インドネシア・バリ島からの帰国者で、帰国2日後に置賜地方の自動車学校に入学したそうです。恐らくインドネシアで感染した模様で、帰国後、自動車教習所内で感染が広がり、自動車学校の男性3人と女性2人、そしてこの横浜の男性が宿泊していた旅館の従業員1人が発症したそうです。

横浜の男性が発症原、嫌〜な感じがしますね、横浜人には…。大抵の人は免疫が出来上がっていますが、感染力は強大だそうで、感染拡大が心配されます。少し注意が必要ですね。感染の有無の自覚と診断がね…。空気感染で、感染から2週間の潜伏後に発症します。
posted by 三上和伸 at 22:39| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雑記帳… 鎌倉時代には、日本でもオーロラが… 2017.03.23

旅行が趣味の方々の究極の目的地は極地旅行でしょう。南極に北極。私も憧れますがもう年を取り過ぎましたかね。費用も大変ですしね。でもオーロラ、氷山、クジラ、シロクマ、ペンギンは観たいですね。ところが、鎌倉時代の和歌の達人は、京都で、何度も何度も毎晩のようにオーロラを観たのだそうです。

ネットニュースによれば、小倉山で百人一首を編纂した平安鎌倉時代の和歌の第一人者・藤原定家は、1204年の2月から3月の間に、京都の北に現れる赤気(せっき・オーロラ)を毎晩観たのだそうです。定家の日記・明月記にそれは記されており、「山の向こうで大きな火事があったようで、重ね重ね恐ろし…」と。これを極地研などが研究した結果、この1200年頃は、黒点が巨大化し太陽の活動が異常に活発化していた時期で、地球の地磁気軸の傾きが日本列島により近づいていたそうなのです。従って日本付近でもオーロラ(赤気)が観られた可能性があったことが解明されたそうなのです。

やはり不世出の芸術家(歌人)ですね定家は…、自然現象にも素直な着眼があります。定家は長生きで、神羅万象の限りを見定めていました。


posted by 三上和伸 at 15:25| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雑記帳… 籠池さん問題、戦前回帰の自民党明白 2017.03.23

戦前の右傾教育を模した小学校、その設立に踊らされた政治家にその奥さんと役人たち、戦後72年経ってもこんな騒動を起こす元となっているのが戦前の大日本帝国憲法(明治憲法)です。今の平和憲法を覆し、過去の過ちを犯した明治憲法を復活させようと願っている輩、そんな右傾に錯誤した輩たちの騒動です。

景気景気と言って自分の豊かさだけしか考えられない国民が選んだ自民党政権。実は彼らの多くは戦前回帰の思想を持つ政治家たちなのです。長い未来に日本が何処へ行くか? 不透明な限りです。見ざる聞かざる言わざるの国民の末代(私達の未来の子孫の時代)は戦火の国かも知れませんよ。
posted by 三上和伸 at 14:39| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

雑記帳… 残念でしたWBC、打てませんでしたね… 2017.03.22

投手は良く投げましたね。やはり打者が打てませんでしたね。筒香、中田、山田、この3人のうちで1本が出ていたらね。恐らく勝てた試合でしたのにね。次第に攻撃陣の覇気の無さに嫌気が差して、私達は野球観戦をカーナビのモニターでチックしながら花見とグルメに行動を移しました。折角の休みですからね、有意義に過ごさないとね。美しい2種の桜と菜の花と蕎麦グルメ、敗戦の鬱屈を素晴らしい春の楽しみに替えました。

はるめき桜 石庄庵の蕎麦
はるめき桜             石庄庵の蕎麦
WBCに嫌気が差して最初に向かったのがこの蕎麦処石庄庵。自家栽培の蕎麦粉を使った丹沢蕎麦なる石臼挽き手打ち蕎麦を食べさせてくれる蕎麦屋です。今の時期、この庭先にはご覧の”はるめき桜”なる桜が満開を迎えており、私達は花見蕎麦と洒落込みました。腰、喉越し満点の手打ち蕎麦、また新たな名店を知る事が出来ました。

表丹沢・塔ノ岳(左) おかめ桜と菜の花
左が塔ノ岳           おかめ桜と菜の花(水無渓谷)
丹沢山塊・表丹沢の盟主・塔ノ岳が間近に観える水無渓谷、ここは河川敷が整備されて大きな公園になっています。右岸左岸をぐるりと回れば、美しい風景が代わる代わる現れます。妻と二人、5km強、7,000歩余りをウォーキングしました。
posted by 三上和伸 at 22:04| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月21日

一日の終わりに… 東京で🌸開花宣言、全国1番乗り 2017.03.21 

東京靖国神社にある標本木の桜が開花したそうです。ここ数年なかった東京の開花宣言一番乗り、今年の桜は恐らく気紛れな桜と思われます。我が団地の桜は未だ蕾が堅く赤味が差してきていないですからね。開花まであと数日以上は掛かるでしょう。

この時期、花見に何処へ行こうか気が揉めますね。毎晩開花情報を見てアレコレ算段を図っています。第一候補の三重の三多気(みたけ)が気掛かりですが、まだ兆しがありませんね。予報通り、満開は4月の10日前後として今宿探しを始めています。温泉旅館にするか、ビジネスホテルにするか、迷っています。
posted by 三上和伸 at 22:05| 一日の終わりに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一日の初めに… ☂の連休明け、🌸開花延期? 2017.03.21

月も下旬になると仕事も組み難くなりまして、休みが多くなるのです。でも残念ながら?雨の今日は仕事日です。しかも徒歩の仕事やれやれです。されど仕事がある事が幸いであると私は重々知っています。今日あるのも仕事が順調にあり、ベストを尽くして来た結果です。今日も頑張ります。それでも明日と明後日は仕事キャンセルが相次ぎ、休みとなってしまいました。フフフ、WBC観れますね。確か朝8時でしょ? 

雨の今日の7時現在の気象データは、気温が9.3℃、湿度は91%、降水量は0.5mmです。6時から18時までの降水確率は90%、一日中☂の予報ですね。これで桜の開花も少し延期ですかね? されど、昨日の横横道路沿いの山桜は開いているのもありました。疎らに白く霞んで、乙な味わいがありました。


posted by 三上和伸 at 07:45| 一日の初めに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

私の歳時記 今日はお彼岸のお中日、昨日今日とお墓参り 2017.03.19〜20

昨日は妻の実家のお墓参り、今日は私の実家のお墓参り、花を捧げ、線香を焚き、手を合わせ冥福を祈ります。両家とも無事に参拝を済ませました。お盆と春秋のお彼岸しか来られませんが、心を籠めて祈りを捧げました。

参拝の後は残された家族の亡父と亡き姉弟への供養の会食です。美味しく食べられる今を生きる私たちの感謝の思いの会食です。生と死、死を思い生を弛まず完結させましょう。

冷酒・久保田 寿司屋の茶 宮古寿司のにぎり
清酒・久保田の冷酒        寿司のお茶        にぎり寿司    
あの島寿司の豪快さはありませんが、一口にピッタリの軽快な寿司です。八貫ですが、他に料理がある御膳ものでした。天婦羅、茶碗蒸し、お椀、全てが出来立ての切れ味ある食味でした。


横須賀美術館 岩礁と砂の海岸 鯵と菜花のリゾット
観音崎の横須賀美術館   岩礁と砂浜の海      アクアマーレの鯵と菜花のリゾット
ハマダイコンの花
ハマダイコンの花
浦賀にある実家の墓の近隣は全て海、観音崎も間近にあります。今日は恵・夏子夫妻も参加してくれて大層賑やかで嬉しい日和、一段と雰囲気の良い横浜美術館のイタリアンリストランテ・アクアマーレを選びました。地魚・地場野菜を多用する新鮮な料理を提供してくれるレストランです。少々待たされましたが、ノンビリの母と気遣いの妻はレストランの待合室の椅子でお喋り、夏子夫婦は勿論美術館巡り、私はいそいそと海へ…、例のウッドデッキ・ロードをお散歩でした。丁度浜大根も綻んでいました。春の日差しが優しい一日でした。
posted by 三上和伸 at 20:45| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の歳時記 今日は春分、太陽の黄経が0度の日 2017.03.20

今日の夜19:29が春分点通過時刻で、黄経0度となります。これから北半球では夏至に向けて太陽は角度を上げて、昼が長くなり反対に夜が短くなります。

春分の日は、大体3月の20日か21日になりますが、それは毎年の地球公転時間の余りの積み重ねの変化によって変わって来ます。西暦年数を4で割り、その余りが0か1の場合が20日で、2か3の場合が21日となります。今年2017年を4で割れば504余り1となりますので、今年の春分の日は3月20日となるのです。但し、今後はその法則が変わる事もあります。

今、午後7時29分、太陽の黄経が0度となり、春分点を通過しました。
posted by 三上和伸 at 19:28| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一日の初めに… グレートバリアリーフ珊瑚白化、珊瑚に未来は無い? 2017.03.20

地球温暖化などどうでも良い米政権、それに南シナ海珊瑚礁埋め立ての中国、これに倣う国が増大すれば地球の珊瑚礁は壊滅してしまうでしょうね。美しい蝶々魚もいなくなるだろうし、白砂青松の浜も未来にはなく無くなるでしょう。それに依り海洋リゾートも立ち行かなくなるでしょう。珊瑚の白砂が無くなれば、ゴルフ場のバンカーも作れなくなるし、何れセメントも採れなくなるでしょう、ビルも建たなくなるでしょう。珊瑚礁(珊瑚砂)も人類に大いに役立っているのですよ。

オーストラリアのグレートバリアリーフの壊滅的な白化現象が起きているそうで、日本でも昨夏沖縄の石西ラグーンで大被害がありました。近い将来地球上の珊瑚礁が消えて無くなるでしょう。アメリカよ賢くなれ! 中国よ理性を持て! 人類よパラダイスを護れ!
posted by 三上和伸 at 10:44| 一日の初めに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

音楽夜話28 牛田智大のアンコールピース 2017.03.18

ブリティッシュパブ・ハブ ビール ピッツァ・マルゲリータ
初台のオペラシティに着いたのが開園1時間前でした。お腹が空いたのでこの空き時間に軽食をとる事にしました。沢山食事処があるようでしたが、行き掛けの吹き抜け広場に2~3お店があったので、その一つのブリティッシュパブ・ハブに立ち寄りました。妻はビール、私はアールグレイティーで喉を湿し、ピッツァ・マルゲリータとカレーライスを注文しました。マルゲリータがグーでした。30分余りの時間、一息入れて、コンサートに望みました。私の目当てはブラームスのシェーンベルク編曲によるオーケストラ版ピアノ四重奏第1番ト短調でした。どんな音が開陳するやら、期待が徐々に高まりました。

オペラシティ中庭のギター演奏
食後吹き抜け広場に出ると何時の間にやらギターの生演奏が始まっていました。私は気になって寸暇を惜しんでギターを楽しみました。流れるはスペイン情緒溢れるフランシスコ・タレルガのアルハンブラの思い出でした。ドイツ音楽の前にスペイン情緒、何方も大好きな私の嗜好に合った音楽、果たしてこれは私好みの私への今日のコンサートの前菜か?。

牛田智大のアンコール、プーランクの即興曲
メインの「皇帝」ピアノコンツェルトを弾いた後、割れんばかりの何時果てるとも知れぬ拍手の前で、17歳の牛田君はアンコール演奏をしてくれました。牛田君、曲目を告げずに弾いたので、私も妻も???。何やら私の知らないショパンの遺作のような曲が流れました。「好い曲だな~」と思いつつも、休憩後の後半のブラームスが終わり、ブラボーの嵐が止み、ロビーまで辿るとその証がありました。この本日のアンコールの告知ポスターが…。「ほう、プーランクの即興曲第15番」、何?「エディツト・ピアフを讃えて」。あのシャンソンの女王のピアフ、道理で歌に満ちた曲でした。正にシャンソンのようなピアノ曲、プーランクはピアスがお気に入りだったそうです。

*牛田智大
福島県いわき市生まれ、上海で過ごし、ピアノを始める。12歳の年の2012年の浜松国際ピアノアカデミー・コンクールで最年少第1位受賞。同年に12歳の最年少でユニバーサルよりCDデビューを果たす。その後の2015年の「愛の喜び」と2016年発売の「展覧会の絵」はレコード芸術で特選版に選ばれている。早熟の天才と言える。

posted by 三上和伸 at 08:45| 音楽夜話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

一日の初めに… 好い陽気、気持良い朝 2017.03.19

お彼岸も三日目、明日が中日で、春分の日ですね。今年の桜の開花はお彼岸以降でやや遅めですかね。横浜の今年の開花は3月25日(土)で、満開は4月4日(火)と予想されています。私が目指しているお伊勢さま周辺(三重県津市)は開花日が4月3日、満開が4月9日となっています。9日出発で2泊を考えています。お伊勢さまを参拝し、津市三多気(みたけ)の真福院の参道の山桜(国の名勝、さくら名所百選)を鑑賞するそんな計画を立てています。如何かしら…
posted by 三上和伸 at 09:22| 一日の初めに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

音楽夜話27 東京シティフィル第305回定期演奏会 牛田智大ピアノ 2017.03.18

今朝方の「一日の初めに…」で申した音楽会、行って来ました。東京シティフィルの定期演奏会で、演目は牛田智大(うしだともはる)のピアノによるベートーヴェンのピアノコンツェルト第5番の「皇帝」とブラームスのアルノルト・シェーンベルク編曲のオーケストラ版のピアノ四重奏曲第1番ト長調でした。

ベートーヴェンの皇帝は、何と弱冠17歳と言う牛田のソロで演奏され、その若々しい清潔なピアノは好ましいものでした。帰宅後三上夏子に報告した所、夏子も良く知っていて「どうだった?」と尋ねられました。「まあ、曲が単純明快な解り易いものだからね。ピアノを綺麗に響かせ、澱み無い好い演奏だったよ」と答えました。事実、実に明快な演奏で、リズム感、テンポ感が優れていました。

ブラームスは中々微妙な印象を受けました。ブラームスのファンだったシェーベルクでしたが、ブラームスの音楽の娯楽性の無さと室内楽の不人気に業を煮やしたようで、「一つ俺がブラームスのこの室内楽を誰もが喜ぶ聴き易いものにしてやろう」、そんな気持ちでこの曲のオーケストラ版の編曲を手掛けたのでした。

果たしてそれは成功か?失敗か?、全4楽章の内、第1第3楽章は失敗…、第2楽章はまあまあ…、大成功は第4楽章、これが私の印象でした。第4楽章だけを編曲すれば良かったのにね…。

第1楽章の原曲は、室内楽特有の緊迫感の強い求心的な作品で、これをオーケストラ(シンフォニー)にするのは無理がありました。説得力の無いふやけた楽章になっていました。シェーンベルク、二進も三進も行かなかったようです。

第2楽章はスケルツォですからそれ程の違和感は無かったですね。問題は第3楽章、もう効果を上げ感動を煽ろうと四苦八苦するシェーンベルクが見えてきます。まるでブルックナーの緩徐楽章みたいになっていました。これでもかこれでもかと法螺を吹くのですよ。リアリズムのブラームス、ブルックナー風の法螺はないのです。

大成功の第4楽章(ツィゴイナ―風のロンド)、この楽章はもう既にハンガリー舞曲ですからね。実際のハンガリー舞曲はオーケストラ版が素晴らしいのですからね。ですからここでは大成功を収めているのです。ジプシー音楽独特の粘る哀愁と熱狂のリズム、圧巻のエンディングは狂乱の坩堝、脳髄を麻痺させるパンチ力に満ちていました。ブラボーが鳴り止みませんでした。
posted by 三上和伸 at 23:29| 音楽夜話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雑記帳… 本田真凛、残念、ザギトワ強かった 2017.03.18

世界フィギュアジュニア選手権女子フリースケーティングが行われました。ショートで2位に着けていた本田真凛でしたが、残念ながらロシアの強敵・アリーナ・ザギトワに7点差で敗れました。本田も完璧な演技でトータル200点越えを果たしたのですが、切れ味鋭いキレキレのザギトワには及びませんでした。しかし本田はこれから何年か、ロシアの強豪(メドベジェワとザギトワ)と戦えるだけの魅力と実力を示しました。持ち前の優雅さの上に切れ味鋭いジャンプのスピードを備えれば、十分互角に張り合っていけると思われます。

誰もが見惚れる夢のような美しさにキビキビとした鋭いジャンプ、それが可能ならば何時か、世界ナンバーワンに成れるでしょう。あと10点、頑張れ真凛! 真凛の可能性、あのインタビューの悔し涙、これがある限り真凛は強くなります。
posted by 三上和伸 at 21:17| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一日の初めに… 暑さ寒さも彼岸まで 2017.03.18

藪椿
公園の藪椿
暑さ寒さも彼岸までの慣用句は、概ね正しい季節感を表していますね。立春・立秋からひと月半位が人間にとって過ごし易い気候となるのですね。漸く暖房器具に頼らずに何か事に励める季節となりました。今冬の寒さは私にとって堪えました。ブログ書きも儘なりませんでした。暖房の効いた部屋でお茶を飲んだりテレビを観たり、カウチポテト(ポテトチップを食べながらのテレビ鑑賞)全開?でした。何しろWBCが熱戦を繰り広げていましたからね。これを観ずして何を観る、国際試合、イケませんがナショナリズムの血が湧き立ちますね。

但し、私はこの体たらく中で、数年溜め込んだ写真の整理をして、アルバム作りをしたのですよ。旅行とグルメ、そしてNちゃんYちゃんの写真が大半でしたがね。分厚いアルバムが3冊出来上がりました。旅行とグルメの写真の中には、ブログに書き損じた事柄が数多残存していましたので、これから旅の思い出として、ライブドアブログの方に書き足して行きますね。

今日の土曜日は、音楽会に行って来ます。再びの東京オペラシティ―で、ブラームスとベートーヴェンの作品を鑑賞して来ます。マチネ―コンサート(夜でない午後のコンサート)なので、夜汽車?の心配なく、今の季節では明るい内に帰宅できますね。

ブラームスは滅多にやられない変わった演目で、シェーンベルク編曲によるオーケストラ版ピアノ四重奏第1番ト短調op25です。これは聴きものです。ベートーヴェンは皇帝ピアノコンチェルトです。楽しみです。
posted by 三上和伸 at 08:44| 一日の初めに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

雑記帳… WBC侍ジャパン、驚異の粘り腰 2017.03.17

本当に驚きましたね、驚異の侍ジャパン。これほどの熱戦を見せてくれるとは、夢にも思いませんでした。最大の勝因は中継ぎ投手の活躍、各自1回のノルマイニングを見事に抑えました。平野、増井、松井、秋吉、宮西、岡田、牧田。それに千賀は中継ぎと先発で大車輪の活躍でした。駄目だったのは2次ラウンド先発の菅野と石川、それに力み過ぎの則本、2次ラウンドのキューバ戦、オランダ戦は負けても可笑しくない試合でした。

野手は捕手の小林誠司と2塁手の菊池涼介。小林の完璧なキャッチングと投手リード、菊池のマジシャンを思わせる奇跡のフィールディング、数々のピンチを救いました。

打では、一に筒香、二に山田、三に中田、四に坂本、ここぞと言う時に打てた筒香と中田、2次で一気に本領発揮の山田、打点と言うよりはチャンスメイクに力を発揮した坂本、それぞれに最高の力を出しました。

ぶれない小久保監督も良かったですが、投手起用では権藤ピッチングコーチの存在が大きかったようです。
posted by 三上和伸 at 22:21| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の歳時記 今日は彼岸の入り・続 牡丹餅 2017.03.17

お彼岸の牡丹餅
今日は彼岸の入り、お彼岸は七日あるので、明後日以降に両実家のお墓参りをします。それでも今日もお彼岸らしい暮らしをしたいので、妻が私の大好物の牡丹餅を作ってくれました。もち米を蒸かし捏ねたものに小豆餡を纏わせる甘い餅菓子は、二種類の呼び名がありますね。春は牡丹餅、秋はお萩、どちらも花を当てています。ですから春の彼岸の餡餅は春咲く牡丹に因んでいるのですね。

その音から受ける印象としては、私は牡丹餅に美味しさを感じます。お萩は何かあっさり軽い感じがしてしまいます。牡丹餅、ぼってりとして重たい感じがするのです。食べ応えがあるように…、ずっしりとお腹が一杯になるように…
posted by 三上和伸 at 17:39| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の歳時記 今日は彼岸の入り 2017.03.17

染井吉野の蕾
庭の染井吉野の蕾も膨らんで来ました。桜前線予報では24日が開花日のようです。何だか不思議とワクワクして来ますね。桜とは日本人の血を騒めかせる魔力があるようです。私も毎年その魔力に惑わされて彼方此方に桜詣でを果たしています。されど今年は遠出は如何なものか…、目指していた大和吉野のナメゴ谷は急峻な山の中、お伊勢参りと抱き合わせは難しそうです。ナメゴ谷は来春に回して、お伊勢参りだけしようかしら…、松坂牛と赤福を賞味しつつ?…
続きを読む
posted by 三上和伸 at 15:27| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月08日

一日の初めに… 乱打戦WBC(ワールドベースボールクラシック)、不審な判定 2017.03.08

愈々WBCが開幕しました。日本はキューバを相手に乱打戦を制し、初戦を飾りました。両軍とも投手がピリッとしなく、大味な乱打戦に終始しました。松田(ソフトバンク)や筒香(ベイスターズ)のホームランは痛快な当たりでしたが、ヤクルトの山田の一伸び足りないスレスレホームランを観客の馬鹿野郎のアホがキャッチ、そのグラブ動作が微妙…、まるでキューバの回し者の風情でした。結局ビデオ判定の結果エンタイトル2塁打(2塁打の資格の意)となってしまいました。不審な判定でした。ジャパンは1点損をし、山田は栄えあるWBC戦本塁打をフイにしました。気の毒でした。

日本に足りないのは投手、三振奪取王楽天則本は相変わらずイケませんでした。突然崩れるのですね。意味不明でしたね。それにしても試合終盤を抑える投手がややひ弱ですね。大谷の不参加が響くかも知れません。せめて大谷をクロ―ザーに出来ませんでしたかね? そうですね、阪神の藤波をクロ―ザーに仕立てる、これは私の私案ですがね…。クロ―ザーは速球とフォークボールが無いとね…。
posted by 三上和伸 at 08:21| 一日の初めに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月06日

一日の初めに… 鬱陶しい空、降水確率午後が70%嫌ですね 2017.03.06

昨日が二十四節気の啓蟄(今年は3月5日になる年回り、3月6日もある)でした。蟄(虫などが土中に籠る)が啓(開く)、虫達が蠢き始める暖かさになった季節を表しています。2月の中旬位までの最低気温が3℃前後で最高気温も10℃前後だったのに対し、それ以降は最低気温が5℃前後になり、最高気温も15℃辺りを上下しています。確実に春が近づいていますね。

因みに七十二候は啓蟄の初候で、蟄虫啓戸、巣籠虫戸を開く(すごもりむしとをひらく)になります。我が庭の芝生も大分前からモグラ塚が出来ています。これは地中深くで巣ごもりしていたモグラが目覚めて地表にまで移動して、地下トンネルを増設している様子を示しています。塚はトンネル掘削の残土です。

今日は鬱陶しい空が広がっています。降水確率は午後の半日が70%、これから降り出すのでしょうかね。私も午後は仕事、嫌ですね。
posted by 三上和伸 at 10:46| 一日の初めに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月04日

雑記帳… ぶらり途中下車の旅・京急編、良かったですね 2017.03.04

今朝の日テレぶらり途中下車の旅・京急編、面白かったですね。あの古田捕手の嫁ハンの中井美穂が案内役で、京急沿線の面白処を紹介していました。

グルメ紹介の際、中井美穂と言う御仁、中々豪快な人のようで、大口を開けて食い物を搔き込んでいました。久里浜のペリー公園近くの食堂でのペリーをもじった丼、横須賀若松町の場末の酒場のブラジャー(ブランデーをジンジャ―で割ったお酒、Aカップ、Bカップ、Fカップとランク付けがされていました。面白い飲み屋さん、昼間っからの営業)の吞みっぷり、私もお馴染みの金沢八景・野島の島寿司の私と貴女の愛の鮨の看板を見て誘われ入った店内、大将との面白い話が聞けました。ここでもその喰いっぷりは大したもんで、太刀魚の巨大な握りを一口で平らげました◎。そして最後は野毛(日ノ出町下車)のイタリア人がやっている焼き鳥屋さん。見た目にも旨そうなイタリアンとコラボした秀逸な焼き鳥でした。私も食べたい!

知的探訪は、横須賀池之端の版画工房…、モノトーンのグラデーションが素晴らしい味わいでした。金沢文庫の時計屋さんも優れたものでした。何しろ数字と針を使わない腕時計ですと…。私は針派なので、今一つでしたがね…。そして屏風ヶ浦の楽器工房の驚き…。ここのご主人は民族派弦楽器の修理創作をしているとの事…。スウェーデンの4弦のもので、弓で弾くビオラ擬きが素晴らしかった…。1弦に数弦のアリコート弦(共鳴弦)が張られている事…、興味津々でした。面白かった‼‼‼


posted by 三上和伸 at 22:01| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一日の初めに… 石原慎太郎氏、名誉欲の災い 2017.03.04

今朝の朝日新聞の一面しか読んでいませんが、石原元都知事の記者会見、嘗ての部下への責任転嫁に終始したようです。政治や行政に素人な作家が名誉欲で都知事になった果ての騒動、見苦しいですね。一寸したアイデア(排気ガス制限など)はあったでしょうが、全くの政治行政の素人、都庁を支配できずに流されまくった結果でしょう。都知事を名誉職としか考えていなかった総理大臣になれなかった石原氏、週一の登庁ではね?。残りの時間は作家活動ですかね? 世間を舐め切った甚だしい体たらくでした。
posted by 三上和伸 at 08:47| 一日の初めに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月03日

一日の終わりに… 春眠暁を覚えず、それは蒲団の乱れ 2017.03.03

孟浩然の詩に”春眠暁を覚えず”があります。今はその先駆けの頃。まだ厚い掛布団で寝ていますが、真冬の頃とは違い暖かさも増して、知らず知らずの内に適温を捜し蒲団を蹴ったり寝返りを繁くするようになります。朝起きて布団畳みをすると蒲団の乱れに気付くようになります。真冬の蒲団はカチッと固まって、寝る前と寝た後での形が差して違いません。ところが今頃の朝の蒲団の乱れに”春眠暁を覚えず”が感じられます。

yukiwarisou
梅、椿、沈丁花が咲きました。そして今日、雪割草も咲いていました。桜ももう直ぐですね。如月の望月もあと十日ほどです。
posted by 三上和伸 at 23:55| 一日の終わりに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一日の初めに… 春が来ました、今日は上巳の節句 2017.03.03

ナッチャンお雛様
今日は上巳の節句、雛祭です。勿論、旧暦では未だ如月の六日なのですが、新暦3月3日で祝う上巳の節句は今日この日です。疾うに我が家では、ナッチャンの雛人形を出していました。毎日眺めては仄々とした感慨を得て、桃の節句を楽しんでいました。もう一度旧暦三月三日(2017.03.30)にやりたいと思いますが、諸事情を鑑みすれば、遣らずに置くのがよろしいでしょう。まあ、新暦で遣らずに旧暦でやる、そう言う信念をお持ちになれるならば是非旧暦に…。私も信念は持てずに新暦で行っています。

暦では上巳とは、その月の最初の巳の日の事。ですから上巳の節句とは三日に関係はなかったのですね。それでも毎年違う日にちになり憶えにくいので、月の初めの三の字が付く語呂の好い三月三日が雛祭・上巳の節句と定められたのですね。それが新暦の世となり、季節が前倒しとならざるを得ず仕方なしに、梅の真っ盛りに桃の節句となったのでした。
posted by 三上和伸 at 10:42| 一日の初めに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月28日

一日の初めに… 春の兆し、沈丁花 2017.02.28

ジンチョウゲ 2017.02.18
毎年、梅と桜の狭間に咲くのがこの沈丁花、一足速い清冽な春の香を棚引かせます。私は毎年、この一角を通るのを喜びとしています。梅と遜色のない香り、強い自意識より発す、個性際立つ香り、お前はよくぞ沈丁花に生まれて来たね。
posted by 三上和伸 at 08:06| 一日の初めに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月23日

音楽夜話25 ニューイヤーコンサート、ブラボー! 2017.01.12

前半
先月の12日、新宿の東京オペラシティ・コンサートホールで開かれた古きウィーンのサロンオーケストラ(Salonochestoer Alt Wien)のニューイヤーコンサート2017を聴いて(鑑賞して)きました。ウド・ツヴェルファー(コンマス)率いる小編成のサロンオーケストラに、ソプラノのヘーゲ・グルターヴァ・チョンとバリトンのセバスチャン・スーレの美声の歌手二人に加え、魅力たっぷりのバレエ・ダンサーのニコラ・マローヴァ(バレリーナ・女)、ミヒャエル・シュティーバ(バレリーノ・男)が出演しました。

唯単にオーケストラだけのニューイヤーコンサートでは無く、色物(歌に踊り)を加えた魅力たっぷりの演目が目白押しのコンサートでした。ウィーンの華麗なるエッセンス、新年最初の見事な娯楽を与えてくれました。

このチケットは、新聞紙上にあった抽選の招待券でしたのですが、私らが当たったのは、只券で無く割引券でした。まあ半額の¥3,000でしたのでお得感は大きいものがありました。新宿ですので交通費は掛かりましたが、横浜の2倍くらいは仕方がないですね。そこまで考えたら何処も出掛けられません。良いものを楽しむには、ある程度の出費は当然ですね。

1、ポルカ・シュネル「雷鳴と電光」OP324 ヨハン・シュトラウスU世
ポルカには種類があり、ポルカ・シュネルはドイツ語で、早いポルカを意味します。ポルカはボヘミア(チェコ)の民族舞踊ですが、19世紀になるとヨーロッパ各地で人気が出て踊られるようになりました。ポルカ・シュネルは速いポルカで、快速のテンポで弾き踊られます。ヨハン・シュトラウスにも多くのポルカがあり、ニューイヤーコンサートの定番曲が多くあります。「雷鳴と電光」はジルベスター(大晦日)コンサートのカウントダウン曲で、エンディングの号砲で年が明けます。この日は景気付けにこの曲を冒頭に選んだようです。年の改まり新年を示唆したのでしょう。

2、ワルツ「ディナミーデン(隠された引力)」OP173 ヨーゼフ・シュトラウス
シュトラウス家の次男・ヨーゼフが書いたワルツ。工業技師の職を得ていたのですが、初めはヨハンの病気代役で出ていた音楽の世界に、とうとう居着いてしまった男。才能があったようで、作曲も巧みにこなしたようです。理系の出身で、その音楽の中に科学の理論を導いたようです。その好例がこの隠された引力ですかね? まあ私には普通の綺麗なメロディーのワルツにしか聴こえないのですがね。時は産業革命の真っ只中、科学への関心が高まった時代でもありました。バレエのニコラとミヒャエルが流れるような柔らかい踊りを魅せました。ここではワルツ風の密着の舞踏ではなく、バレエ風な空間のあるダンスでした。

3、オペレッタ「こうもり」より アデーレのクープレ『田舎娘を演じる時は』 ヨハン・シュトラウスU世
こうもりとは、産業革命で成り上がった好色で飲兵衛な男女のドタバタ劇をオペレッタ(喜歌劇、軽歌劇)にしたもの。この曲は「こうもり」の中の有名なアリア。お手伝いのアデーレの歌うアリアで、偽貴族の男に自分の演技力を示し、女優になる支援をお強請りする下りを描くもの。快活ながら色っぽい風情を魅せて誘惑する蠱惑的なアリア。ソプラノのヘーゲ・グルターバ・チョンが魅惑的に歌いました。私は、このコロラトゥーラ風の確かな音程の張り裂けんばかりの高音に、全身が泡立ちました。好いですねソプラノ…

*クープレ=ロンド形式の主題以外のエピソード(挿話、逸話)の事。A-B-A-C-Aのロンド形式のBとCを言う、Aが本筋。本筋の合間に挿入する小話。

4、ポルカ・シュネル「ハンガリー万歳」OP332 ヨハン・シュトラウスU世
ハンガリーの独立運動を抑制するため、オーストリア=ハンガリー二重帝国建国2周年を祝う記念行事が行われ、その舞踏会で初演されたポルカ・シュネル「ハンガリー万歳」。シュトラウスはこの曲にハンガリーの行進曲を引用してハンガリーを称え、ハプスブルク家の意向思惑に応えました。

5、オペレッタ「ジプシー男爵」よりホモナイの歌『徴兵の歌』
この曲は私が検索した限り、ユーチューブにはなかったのですね。今になって初体験の曲は、印象が薄く、思い出せません、セバスチャン・スーレが上手く歌っていた事は重々承知でしたが…

6、ポルカ・シュネル「浮気心」OP319 ヨハン・シュトラウスU世
浮気心の題で心時めいては行けません。この題はホンの浮気心・軽い気分で付けた題名、ギャロップのリズムが特徴。ニコラとミヒャエルの踊りも軽快そのもの。

7、皇帝円舞曲OP437 ヨハン・シュトラウスU世
自らを皇帝と位置付けた飛んでもない自負心の産物と言われています。まあオーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフT世の即位40周年を念頭に入れての作曲だったようですが…。しかしそれにしても名曲、美しく青きドナウ、ウィーンの森の物語などと並んでシュトラウスの傑作ワルツの一つ。

休憩

後半
8、オペレッタ「こうもり」より『序曲』 ヨハン・シュトラウスU世
この序曲は稀代の名曲、このオペレッタのさわりの数々を見事に繋ぎ合わせて開陳する、見事な腕前ですね。メロディーを繋ぎ合わせて一つの音楽にする、それが自然に聴き手に入り込む、賛美者ブラームスが言う様に一種の天才ですね。世紀末のウィーンを舞台にした酒と女と踊りの世界、こうもりとはフロックコートを着て夜な夜な女の許へ通う男を称した退廃的名称。

9、オペレッタ「天国と地獄」より「カンカン」 ジャック・オッフェンバック
ユダヤ系ドイツ人のオッフェンバック、そのオッフェンバックが書いた代表曲が、1858年10月21日にパリで初演されました。正式なタイトルは「地獄のオルフェ」で、有名なギリシャ神話の「オルフェウス」のパロディーとなっています。オルフェオと妻のエウリディーチェが倦怠期の夫婦に扱われており、初演時賛否両論を巻き起こしました。

「カンカン」、これは余りにも有名な曲で、日本の初期のテレビでは、文明堂のカステラのCM音楽に使われました。地獄でのダンスに登場するダンサーが高く足を上げて踊る蠱惑的な音楽です。この日はバレエのプリマ・ニコラ・マローヴァが圧巻の「カンカン」を魅せてくれました。その高く上がるしなやかな脚、赤いペチコートとパンティーがもろに晒されエロチックの極み、男共の瞠目の視線が一点に釘付けに…。この日一番の大ブラボーが鳴り止みませんでした。

10、オペレッタ「オペラ舞踏会」よりアンリとオルタンスの二重唱「別室へ行きましよう」(シャンブル・セパレ!) リヒャルト。ホイベルガー
副題でも判るように、極めてふしだらな物語。3カップルがそれぞれのパートナーの目を盗んでは別室へ消えて行く。ヘーゲ・グルターバ・チョンとセバスチャン・スーレが色っぽく歌いました。

11、行進曲「さあ、やるぞ!」 フランツ・レハール
やる気満々の軍楽隊長だったレハールが、若さを爆発させたマーチ、後のレハールの大成を覗わせる曲。

12、オペレッタ「ウィーン気質」よりガブリエレとバルディンの二重唱「ウィーン気質」 ヨハン・シュトラウスU世
ヨハン・シュトラウスU世の遺作、最後のオペレッタ。1814〜15のウィーン会議に想を得た作品。架空の国のウィーン大使・バルディンとウィーン女性ガブリエレの物語。ガブリエレが夫に「ウィーンの血、気質は特別なもの」と歌いかけるウィーン気質は二重唱の名曲。

13.「美しく蒼きドナウ」OP314  ヨハン・シュトラウスU世
普墺戦争に敗れたオーストリア国民を勇気づけるために、ヘルベック(ウィーン男声合唱協会)に頼まれて作曲した曲。最初に管弦楽で作曲されそれに男声合唱を乗せた曲。ヨハン・シュトラウスU世の代表曲でもあり、あらゆるワルツの最高傑作と誉めそやしても良いでしょう。ブラームスがこよなく愛した曲と言われています。ヨハンのウィーンでの評判は下ネタの下世話な作曲家と罵られていました。ところがブラームスが事あるごとにヨハンを褒めたので、やがてウィーン音楽批評界(ハンス・リックなど)もブラームスに倣ってヨハンを認めるようになりました。ヨハンはブラームスに恩義を感じていたようです。

まあ兎に角、肩の凝らない楽しい音楽会だったので、大満足でした。






posted by 三上和伸 at 19:16| 音楽夜話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旅の裏話12 地名の怪、松田惣領、松田庶子 2017.02.01

寄を旅するに当たって、旅の始めとしては、ナビはあっても初めは地図を観ますよね。寄を有する松田町(まつだまち)は丹沢山塊の南の外れにあります。ここを地図で眺めると、❔❔❔となります。松田町は松田惣領地区、松田庶子地区、神山地区、寄地区の4地区からなりますが、松田惣領❓、松田庶子❓、こんな地名は未だ嘗て聞いた事が無く私は驚きました。そもそもはこの4地区が合併して松田村になったそうです。

松田惣領と庶子は、領主の松田有常には二人の男児があり、弟の太郎某は弟なれど正妻の子ゆえ本家を継がせ、兄の次郎某は妾腹ゆえ庶子として分家をさせたそうです。松田家はここから、太郎某の松田惣領家と次郎某の松田庶子家の二つの領地に分割され出来たそうです。それが現代にも残り、現住所、松田惣領と松田庶子の名が存在しているのです。鎌倉時代からの名残りだそうです。
posted by 三上和伸 at 16:45| 旅の裏話… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

一日の初めに… 風静まる、移動性高気圧帯にすっぽり、今日は穏やか 2017.2.22

私が朝一番にする事は洗顔・歯磨き、その後が洗濯、そしてゴミ出しに新聞買い出し、でも今日は、洗濯の後にブログを書いています。外は風の音が止み、車の走行音と登校の小学生の一団の黄色い声のみ、何時もの風景が戻って来ました。最低気温は2.7℃と低かったのですが、風が弱く、体感温度は大分暖かいです。日の出も早くなり、今8時現在でももう既に30分余りは日照が得られています。ほんのりとした春の気分が横溢しています。そこで何となく嬉しくなってブログを書きました。さあ、行って来ます。ゴミ出しと新聞買い出しに…
posted by 三上和伸 at 08:17| 一日の初めに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

雑記帳… 上野🐼リーリー🐼シンシン発情の兆し、今度こそ子🐼を! 2017.02.21

上野動物園のオス🐼リーリーは昨年末から発情の模様、メスの🐼シンシンもここに来て発情の兆候を示したそう…。上手く行けば、今年愈々上野動物園にも子🐼が誕生するかもね。一匹生まれたばかりの子🐼が肺炎で死んでいますからね。今度こそ頼みますよ!飼育員さんたち! 近日中に妊娠すれば、8月ごろには産まれるかもね… もう今から楽しみで仕方ありません。
posted by 三上和伸 at 21:26| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雑記帳… 季節風、丹沢下しのカラッ風、星輝く 2017.02.21

金星最大光度−4.6等 2017.02.21 シリウスおおいぬ座α星−1.46等星
金星最大光度−4.6等級  おおいぬ座シリウス−1.46等級  
丹沢下しの季節風が厳しいと空はギンギラギン、正に星空ウォッチングの天国となります。もう冬の星座が勢揃い、主だったものは何でも観えます。

金星は現在最大光度−4.6等を誇っています。どんな星よりも明るく観えます。ご覧の写真は金星とシリウスを同じ拡大率で写したものです。如何に金星が大きく明るいかが判ります。本来金星は三日月で観えています。倍率の高い望遠鏡を介して写せば三日月に写せるのです。私のカメラではぼやけて丸く観えてしまいますがね…

シリウスは太陽以外で地球から最も明るく観える恒星です。質量は太陽の2倍で、明るさは太陽の25倍、大変明るい星です。そして表面温度が高い所為で青く輝きます。
続きを読む
posted by 三上和伸 at 21:04| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雑記帳… 季節風の一日 2017.02.21

風は南から北へと変わりましたが、その強さは並大抵のものでなく、正に暴風と言って良いですね。兎に角、千島カムチャッカ沖の低気圧がトンデモナイ傑物?で、偏にこの低気圧に向かって空気が激流しており、強い北西の風が吹いています。ゴ―と言う風鳴りとサッシに捻じ込むピューと言う振動音、凄いものがありますね。

空は雲一つない快晴なのですよ。富士山もくっきりと観えています。午前中はほんのりとした浮浪雲(積雲)が沢山飛んでいたのですがね。この暴風ですっかり消え失せてしまいました。今夕は星空ウォッチングには絶好の空模様ですね。最大光度(−4.6等)の金星が見頃です。
posted by 三上和伸 at 14:28| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

一日の終わりに… 気温急降下、寒くなります 2017.02.20

22時現在、気温が8.5℃(23時で約10℃)も下がりました。カムチャッカ半島付近には2つの低気圧があり、その一つは952hPaと言う台風並みの強さを示しています。そして今日の大風を招いた日本海の低気圧も青森沖付近を東へ進んで太平洋に出ています。正に3つの低気圧が並んでいます。こうなると今夜からは北風が強くなり、明日の朝は縛れるでしょう。暖かくしてお休みなさい💤…

ネットニュースでに、昨日の四大陸フィギュアの羽生のトリプルアクセルの演技に0点を付けた審査員がいると暴いた中国のファンの投稿が載せてありました。やはりね、どうもフィギュアの審査員は日本のトップの選手を引き摺り下ろそうとする人がいるようですね。浅田真央しかりです。これは聞き捨てならない真相です。強いアメリカ選手出現を良い事とし、これを贔屓し、羽生をトップから落とそうと画策しているのです。フィギュア大好きの私ですが、これ以上こんな審査員の体たらくが続くようなら、もうフィギュアスケートなんか捨てましょ! ファンの恐ろしさは拒否権を持っている事、フィギュア界がしっかりやらないなら、捨て去るのみ!
posted by 三上和伸 at 23:26| 一日の終わりに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雑記帳… 寒冷前線通過中…、どうやら変わり目…、雨が降り、風も舞い気味に… 2017.02.20

どうやら今が低気圧を伴った寒冷前線の通過中らしく、暗雲が立ち込め弱い雨が降りました。少しずつ気温も低下しているようで、やや冷えて来ています。ストーブ無しではいられなくなりました。これからは西高東低の気圧配置となり、寒さがぶり返して来ます。日中の陽気に騙されず薄着を止め、セーターを一枚羽織りましょう。暖の後の寒は骨身に染みますからね…。風邪をひかないように、お気を付けくだされ!

追伸
今、金星が最大光度(02.17より)に到達しています。−4.6等の明るさで輝いています。今夕は残念ながら荒天で観られませんが、明日は観望可能でしょう。西空の地平線の上に物凄い明るさで観えています。ユーフォーと間違える慌てん坊もいるとか?
posted by 三上和伸 at 17:36| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雑記帳… 荒れ模様”春二番?”、神奈川県、暴風波浪警報 2017.02.20

目まぐるしく変化する日差し、パッと明るくなったかと思うと急に暗くなります。明と闇が交錯する天気模様、すこぶる劇的です。気象データの日照時間を見るとそれが良く解ります。0.3h、0.9h、0.5h、0.4hなど、時間当たりの日照時間が満1時間になる時刻帯はありません。激しい点滅状態が続きました。面白かった😃。

気象データは凄い記録が出ていますね。14時現在の横浜の気温が17.6℃、風速13.3m/s、気圧は997.0hpa。低気圧帯に入っているので強い風が吹き込んでいます。横浜の最大瞬間風速は11:52の25.2m/sです。秋田県、山形県、新潟県に暴風警報。千葉、東京、神奈川、静岡の都県には暴風波浪警報が発令されています。正に”春二番?”ですね。
posted by 三上和伸 at 14:44| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一日の終わりに… 明日は再びの大風だそう…、春二番だそう… 2017.02.19

明日は日本海に低気圧がやってくるようで、南からの大風が吹く気圧配置になっています。本来、春二番と言う言葉は無いそうですが、春一番同様の強い南風が吹いて、昼間の気温が急上昇しそうです。最高気温予想は18℃を示しています。皆様お気を付けあれ!
posted by 三上和伸 at 00:48| 一日の終わりに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

雑記帳… ネイサン・チェン(307.46点)、羽生結弦(303.71点)、その差は4回転ジャンプ 2017.02.19

オーサーコーチと対立する程の4回転ジャンプへの挑戦、今回のネイサンとの死闘がその必要性を物語っていました。そして羽生の主張は正しかったのでした。羽生は4回転でネイサンに負け、3.75点差ながら優勝を逸しました。

確かにネイサンはジャンプが得意、この鋭い切れ味を持つジャンプに打ち勝つには最早、羽生は自分のジャンプを磨くしかないようです。正に今男子フィギュアは4回転ジャンプ時代、どんなにスケートが上手くても芸術性があっても、通用しない時代になったのですね。4回転ジャンプの持つ華、これは当分覆る事が無い、必須の切り札になったのですね。

正確性ではネイサン、エンターテイメント性では羽生、4回転の華を身に着けた方がオリンピックチャンピオンになるでしょう。
posted by 三上和伸 at 22:06| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一日の初めに… 金正男さんの暗殺、謎を呼んでいます 2017.02.19

本来の職業は謎の金正男さんでしたが、映像で見る限り、人の良さそうな面白いオジサンと言うイメージがありましたがね。北朝鮮の政治から離れていた人が、あんな風に殺されてしまう、正に謎に包まれた事件ですよね。朝鮮半島、処刑…、核開発…、大統領弾劾…、慰安婦像…、そしてそこに住む人々、何とか脱皮をして欲しいものです。混迷の隣人を持つ事は日本にとっても心地良いものではありません。何とかなりませんかね? この中東にも増して謎の多い民族…。
posted by 三上和伸 at 08:41| 一日の初めに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一日の終わりに… 三原麻衣逆転初優勝、おめでとう 2017.02.19

今夕は忙しく、残念ながら四大陸女子フィギュアは見損ないましたが、日本女子フィギュア界に新たなスターが誕生しました。ミス無しの完璧な演技だったそうで、地味ながら確実な演技ができる日本フィギュア界の新戦力になる人ですね。宮原知子、本田真凛、そして今回の三原麻衣。世界選手権、ピョンチャン五輪、期待が高まります。楽しみが増えました。
posted by 三上和伸 at 00:33| 一日の終わりに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

一日の初めに… 今朝は北風、でも寒さは緩んだまま… 2017.02.18

昨夜9時頃から風は北に変わりました。気温も低下し始めましたが、それでも今朝の最低気温は7.0℃、春一番も吹き、寒気も緩み始めたようです。三寒四温とは中国東北部や朝鮮の四文字熟語と申せますが、日本でも通用するようです。数日置きに寒暖差が現れる現象で、暖が一日勝る事から、次第に暖かくなる意味を持っています。冬の季語だそうですが、日本では早春に適合していますね。段々暖かくなりますが、その分空気の透明度は落ちます。視界がぼやけ、星空や景観鑑賞には不向きの時期となります。観光には花が好いですね。梅、椿、蒲公英、菫、桃、桜、杏、躑躅、藤、次々と咲き出しますよ。
posted by 三上和伸 at 09:09| 一日の初めに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

一日の終わりに… 関東”春一番” 2017.02.17

いやー凄い風でしたね。横浜の最大瞬間風速は23.5m/s、最高気温は18.7℃、正に春のさきがけの春一番が吹きました。それでも日中の暖かさ(暑さ)は疾うに去り、今の気温は11.4℃、まだまだ下がりそうで、明け方は一桁の温度となる見込みだそうです。暖かくして眠りましょう。

私達は昼間確定申告のためみなとみらいに行きましたが、そこは高層ビル群の街、ビル風が凄くてまともに歩けませんでした。怖いものがありますね、ビル街の風。何かが飛んで来たら大怪我の元ですね。気を付けましょう。

羽生結弦、今一でしたね。ジャンプがまだ未完成ですね。もっと自然に流れるように飛べないとね。3月27〜4月2の世界選手権、もう直ぐですね。オットその前の、ジュニア(3月15〜19)の本田真凛も注目ですね。

posted by 三上和伸 at 23:19| 一日の終わりに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雑記帳… 所得税確定申告完結!後は税金を納めるだけ… 2017.02.17

漸く今日、みなとみらいの確定申告場・日石横浜ホールまで出向き、確定申告を完了して来ました。それでもね、ここでも私達は苦労をしたのでした。午前中に行った折には税理士さん、「日産セレナの減価償却をするには領収書も必要ですが、買った時の注文書も必要、それが無いと減価償却は出来ない」と仰り、呆気なく第一ラウンドは終了…。私達は顔を見合わせ「それはそうだよね、そこには代金の他にも色々な項目が書かれているものね、下取り価格や保険や税金が…、トホホオホホ」。仕方なく我が家に戻って注文書を持参、ついでにお昼のパンも買って、家で昼食を済ませました。暗愚の私達、ホント無駄足ばかり…

午後に第二ラウンド。今度はスムーズに事は運び、二番目の税理士さんが減価償却の計算をしてくれて、確定申告の書類の書き方を教えてくれました。税理士さんの前で、妻が焦らず落ち着いて見事に書き終えました。

それからはもうコンピュータの世界、案内係(税理士さん)が次々と支持を与えてくれて、ドンドンバンバン記録をしてくれます。オマケに税額の計算までしてくれて、呆気なく税額が決まりました。これで完了です。長い事抱えていた胸のつかえがおりました。これで自由の身、ブログ書きも出来ると言うものです。
posted by 三上和伸 at 22:53| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一日の初めに… 今日は春一番?、洗濯物には気を付けましょう 2017.02.17

昨日は九州に春一番が吹いたそう…、今日は関東でも吹くかしら…。洗濯物を干してお出掛けするのは気を付けた方が良いかも知れないですね。大切な衣類を汚したり紛失したりしますからね。洗濯を止めるか、物干しを固定しませんとね。紐でしっかり括りつけて置けば大丈夫でしょう。寒冷前線の通過に伴って強い南風が吹くのが春一番です。そしてその通過は速く、夜には北風に変わるのです。昼は南風に煽られて暖かですが、夜からは急激に冷え込みます。お気をつけあれ!
posted by 三上和伸 at 08:03| 一日の初めに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

一日の初めに… バレンタインデーの朝、早速チョコ貰いました(⌒∇⌒) 2017.02.14

浜松特製源氏パイピアノブラック
正月が過ぎたと想ったらもうバレンタインデー、人間は記念日が好きですね。何かとそれにあやかろうと奔走します。夏さんにも奔走させてしまいました。

楽器産業のメッカは浜松市、そのピアノのブラック塗装をイメージした静岡特産の源氏パイピアノブラックを頂戴しました。夏さん夫婦は先日浜松を訪れたそうで、興味津々に楽器の街を堪能したようです。勿論第一の目的は浜松市楽器博物館だったのでしょう。
posted by 三上和伸 at 09:48| 一日の初めに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

音楽夜話24 内田光子、歌曲共演で、グラミー賞 2017.02.13

お目出度い事であり、日本人として誇りに思う出来事がありました。ピアニストの内田光子が、ドイツ出身のソプラノ歌手ドロテア・レシュマンと共演したアルバム「シューマン・リーダークライス、女の愛と生涯、ベルクの初期の7つの歌」がグラミー賞・最優秀・クラシック・ボーカル・アルバム賞を受賞したそうです。内田は2011年以来の2回目の受賞であり、その多才な実力が評価されたようです。

ソロ活動では、モーツァルト、ベートーヴェン、シューベルトのオーソリティーとして認められている内田ですが、今回は歌曲の伴奏に依っての受賞となりました。但し、伴奏と言えどもシューマンの歌曲は歌よりも伴奏部が重要であり、その表現内容の多くをピアノが担っています。シューベルトやブラームスの歌主体の歌曲とは一線を画す表現手段を持った歌曲なのです。従って今回のアルバムもそこのところを評価されたようで、内田のピアノの高い芸術性がものを言ったと言って良いのでしょう。

グラミー賞は音楽に与えられるアメリカ最高の賞。映画はアカデミー賞、舞台はトニー賞、テレビはエミー賞。グラミー賞は、これらの各賞と同格に扱われるそうです。

*シューマンのリーダークライス=歌曲集と訳せます。但し内容に一貫性のある物語歌曲とは異なるもので、同一の詩人の詩を使い作曲されたものです。リーダークライスは作品24と作品39の2集あり、作品24がハイネの詩、作品39がアイヒェンドルフの詩が使われています。
posted by 三上和伸 at 22:36| 音楽夜話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一日の初めに… 楽しく有意義な週末でした、これから仕事、でも楽しき希望も… 2017.02.13

NちゃんYちゃんとの楽しい日(土)とお墓参りと梅鑑賞の有意義な日(日)の週末を終え、今日からは再び仕事の日となります。心して一週間を頑張りましょう。相変わらず寒いですが、梅も満開を迎えつつあります。もう直ぐ、椿と沈丁花が咲き出すでしょう。するともう春寸前、お雛様となりますね。以前行った事がある伊豆稲取や足柄の開成町では雛飾りの一種の吊るし雛の展示が行われます。もうソロソロですかね。この吊るし雛に時を同じゅうして咲くのが河津桜ですね。今週末は仕事なので、来週の平日の何れかの日に訪ねようと思っています。
posted by 三上和伸 at 09:10| 一日の初めに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

一日の終わりに… 今宵も素晴らしい月夜、義父の命日詣で、三渓園、そして隣花苑のランチ 2017.02.12

隣花苑のお雛様 麹のゼリー 隣花苑の庭
    お雛様         甘酒のゼリー(梅ジャム乗せ)    隣花苑の梅
祥月命日が15日の義父のお墓参り、今日無事済ませました。朝のお約束通り墓前で、ニッサンノートとセレナの1位2位獲得のニュースを知らせました。家族以外の出来事では、義父にとって何よりの吉報だった事でしょう。私には嘗ての社員時代では、そんな帰属意識はなかったですが、本当に昔の人の愛社精神は見上げたものがありましたね。

この事を義母に伝えたところ、ちょいと不思議?な顔を見せましたが、「さぞかし草葉の陰で喜んでいるよね、良かった!」ですと。愛社精神は家族にも響くものなのですね。素敵な事です。

その後は、義母に梅を見せたいと言っていた妻の思いを汲み取り、一同(義母、義姉、妻と私)本牧の三渓園に向かいました。が、お昼ご飯が未だでしたので、三渓園詣での前に、三渓園の端にある和食の隣花苑を訪ねました。寸前の予約取りでしたが、隣花苑は快く受けてくれました。私の運転するセレナは気持ち良く走り、隣花苑の狭い駐車場に着けました。

隣花苑の庭にも梅が咲き乱れており、ご覧の庭景色は、私たちが食事を頂いた部屋から写したものです。部屋には季節柄、雛飾りが設えており、季節感を演出していました。気持ち良い庭を眺め、お雛様と食事をし、早春の珍味を愛でる、幸せな時間でした。室町の民家の土間で一言二言語り合った女将の西郷槙子さん、相変わらず素敵でした。

三渓園の梅
三渓園の海岸門と梅
苑内は正に梅の香一色。足に自信の無い義母も梅の香に誘われて大分歩きました。清冽な空気が三渓園を支配していました。

今宵は十六夜、欠け始めていますが、素晴らしい月夜です。まだまだ月は大きく蒼いですね。今年の冬はホント星空ウォッチングに最適な冬でした。月の観える日が多かったです。

posted by 三上和伸 at 21:54| 一日の終わりに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一日の初めに… 快晴、気持良い空、今日は義父のお墓参り 2017.02.12

昨日はNちゃんYちゃんと遊び、未来の夢をみましたが、今日は亡き義父のお墓参りで、過去を偲びます。この寒い極寒の頃、義父は亡くなったのでした。丁度孫の受験シーズンで、亡き義父に成否を報告したのでした。きっとそれを土産話に天国へ旅立ったものと思われました。

今、日産のノートとセレナが販売台数の1位2位を記録したそうです。バリバリの日産社員だった義父、当時はトヨタと覇権を争っていた時期であり、他社の車を車とも思ってなかった義父、それを思い今回の1位2位独占を喜びを持って報告致しましょう。草葉の陰で得意満面、相好を崩して喜ぶでしょう。
posted by 三上和伸 at 09:36| 一日の初めに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一日の終わりに… 旧暦睦月の望、美しい月 2017.02.15

2017.02.15、旧暦睦月の望
今宵は旧暦睦月の望、新暦で言えば、今年二回目の満月です。今宵は天候に恵まれ、美しい月夜となっています。夕方まで我が家にいたNちゃんYちゃんもきっと眺めた事でしょう。

今日はNちゃんYちゃんが二人で我が家に来訪したのですよ。パパママが同行しない初めての経験でした。Yちゃんは行き掛けに眠ってしまい、Nちゃんと二人でパン屋さんへ買い出しに…。ところがその途中には公園が4つありますので、私は悪い予感がしたのです。そうなんです、Nちゃんは公園の梯子をしたのですよ。行きも帰りもその4つの公園で、飛び石遊び、ブランコ、滑り台に吊り輪ぶら下がり、そして芝生の雪原での戯れ、もう何時果てるとも知れぬ公園遊びのオンパレード。でも私はニコニコ見守るだけ…。思いの丈を晴らすかのように遊ぶNちゃんに、子供の心理を学びました。ババちゃんからは「随分ごゆっくりね、何処まで行ったの?」。

posted by 三上和伸 at 00:07| 一日の終わりに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

一日の初めに… 積雪の朝 2017.02.11

我が町・雪景色
南岸低気圧影響下の降雪では無く、大陸の季節風の所為での積雪、関東地方では極めて珍しい現象でした。関東地方の周辺は日本アルプスを始めとした高山が防護壁となり日本海の雪雲がブロックされ、越境しないのですが、どうやら弱い低気圧が発生したようで、積雪がありました。但し、積雪はあったのですが、それは私の住まいの周辺で、気象台がある中区山手には積雪はなかったようですね。降水量は1mmでしたが、積雪深は0cmでした。私も関内で仕事をしていましたが、雪は舞っていましたが、地面は濡れているだけでした。相鉄で西に進むほど芝地などが白く染まって来まして、「アッー!積もってる!、驚きだな〜」としばし呆れて下車後、震えながらバスを待ちました。

ところで、NちゃんYちゃんパパのK君がインフルエンザ、これは困った事になりました。ママのKさんはNちゃんYちゃんを遊んでやれず持て余し気味、ですから今日一日、NちゃんYちゃんを連れ出して、ジジババが遊ぶのです。丁度我が家ではナッチャンお雛様を出しましたのですよ。NちゃんYちゃんKさんのお雛様は親王飾り、ナッチャンのは七段飾り、特にNちゃんは大勢が揃っているこのナッチャンお雛様が大好きなのですね…。

NちゃんYちゃん、もう直ぐだよ待っててネ!
続きを読む
posted by 三上和伸 at 08:10| プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月10日

一日の初めに…続… 今日する事の算段 2017.02.10

寒い朝ですが、今日の私のすべき事を今算段しているところです。先ずは新聞買い出し、蒲団畳み、洗濯の後、シリアルの朝食を済ませましたので、これからは私の自由時間、午後遅くの仕事まで時間がありますので、車洗浄でも遣ろうかと思っています。ここの所の乾燥で、砂塵や埃が舞い上がり、車は大変に汚い…。昨日の雨雪が好い区切りとなりましたので、ここで車洗いをしなくて何をするのでしょうか?車洗いに決まっていますよね! 風は強いが仕方ありません。幸い晴れましたし、車洗いゴー!

午前中に車清掃を終わらせ、昼食の後は、ブログの整理?ですかね? 書き損じて終わりの観えない日の目の当たらない可哀想なブログが溢れています。その中の一遍でも表舞台に立たせたいですからね。
posted by 三上和伸 at 10:06| 一日の初めに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一日の初めに… 曇り空、最低気温はまだこれから?… 2017.02.10

昨日の最低気温は18:11の1.3℃でしたが、今の気温は3.3℃、今日の最低気温は00:16の3.2℃でしたからまだ下がるかも知れないですね。上空は雲がビッシリですから放射冷却は起こさなかったと思われますが、太陽が望めないので、気温は上がりそうもありませんね。今日は気温一桁で推移するようで、極めて寒い一日になりそうです。

もう既に日本の越冬地の鴨や白鳥の一部はシベリアへ向かい北帰行の真っ最中だそうです。日本がこんなに寒いのにシベリアは如何なものでしょうかね? でも野生の大いなる勝算を胸に飛び立ったのですからもう既にシベリアでも春の蠢きは始まっているのですね。どんな景色が待っているのでしょうか? 私も観てみたい!
posted by 三上和伸 at 07:58| 一日の初めに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一日の終わりに… 早春の淡雪 しかし寒い! 2017.02.09

我が団地は芝生にうっすらと雪が積もりましたが、皆様のお宅は如何でしたか? いゃー寒い一日でした。横浜の最低気温は、18:11の1.3℃でした。その時私は未だ鶴見にいましたが、フワフワと雪が舞っていました。我が団地に着いた頃には、小降りとなりましたが、芝生は白く雪化粧でした。明日は☁の予報で、気温は、1℃に9℃、降水は無いですが、厳しい寒さだそうです。寒の戻り?ですかね。暖かくしてお休みなさい。
posted by 三上和伸 at 00:07| 一日の終わりに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

雑記帳… 確定申告未遂、また来週? 2017.02.09

車を買ったのですが、その減価償却のやり方が解らず、それを教えて貰おうと思って行ったのですが、この相談システムでは扱えないのだそうです。税理士に頼むか、税務署に行くしかないとの事、トホホホホ…、またしても空振り、他力本願の付が今キツク廻って来ていますね。
posted by 三上和伸 at 12:02| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雑記帳… 確定申告相談、予約ゲット! 2017.02.09

昨日は空振りを食った確定申告相談ですが、今日は今し方予約が取れまして、暫くしたら区役所に出掛ける積りです。今まで税理士さんにお任せでしたが、今年度からは他力本願でなく、自力本願で行くのです。色々な税金控除方があって、税金に慣れないと難しいのですよ。勉強して一歩一歩前進を図りたいと思っています。しかし寒いですね…
posted by 三上和伸 at 09:24| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一日の初めに… 西日本大❄?、関東は🌂? 2017.02.09

今日は北海道を除く全国で荒れ模様の天気のようです。西日本は大雪の予想も出ています。我が関東は雨の予想、今は既に道路が濡れているので、少し降った模様です。主に昼から夕方に掛けてが降水確率が高いようです。私は夕方仕事なんですね。嫌ですね、寒い☔… まあ、頑張りましょう!
posted by 三上和伸 at 07:01| 一日の初めに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一日の終わりに… 税申告相談空振り、コストコに仕事 2017.02.08

区役所に着いたのが遅かったせいで、申告相談受付は既に終わっていました。申告者の殺到で満杯、甘い考えの私たちは門前払いを食ってしまいました。仕方なく明日またチャレンジして来ます。懇意の税理士さんにオンブにダッコだった私でしたが、税理士さんがご病気で、止む無く世間の荒波に投げ出された私は、とうとう自分自身の努力で申告せざるを得なくなりました。今妻の力を借りて、確定申告に立ち向かっています。

仕方なしの時間が出来ましたので、昼の一時コストコに買出しに行って来ました。肉に魚介、野菜にお菓子、そして愛飲しているトマジューに炭酸水などを買いました。そして一旦は家に戻り、暫くして仕事に出ました。

今日のお客様は調律ではなく、グランドピアノの内部に楽譜を閉じ込めてしまった方がいらして、そのトラブル解決のための仕事でした。ピアノ調律師には、このような普段と違った仕事もあるのです。グランドピアノの鍵盤蓋は独特で、開け閉めをする際、内部のアクションを覗けるような隙間ができるのです。開閉の際、この隙間から楽譜を入れてしまったり、鉛筆、消しゴムなどを入れてしまわれる方々がいらっしゃるのです。鍵盤蓋は誰でも外せるものなのですが、少々コツがいります。下手にやると鍵盤蓋がロックをしてしまい、開け閉めが出来なくなるし、ピアノの塗装部を傷付ける羽目になります。こんなアクシデントの折も勿論調律師の仕事、無事楽譜を抜き出して、気持良く弾けるように直して差し上げました。
posted by 三上和伸 at 00:26| 一日の終わりに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

一日の初めに… 西高東低東西で100hPa差、物凄い気圧配置 2017.02.08

モンゴル辺りにある大陸の高気圧は1060hPa、一方の千島列島沖の低気圧は960hPa、どちらとも物凄い勢力を持っており、何とその気圧差は100hPa、久し振りですね、この気圧差は…。昨日から風が強いのが解ります。海は大しけ、絶対漁なんかは出ない方が良さそうです。



今日はこれから区役所へ税務相談に行きます。私の懇意の税理士さんがご病気なのです。では…
posted by 三上和伸 at 10:01| 一日の初めに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

間奏曲… 全国中学校スケート大会女子フィギュアで本田真凛が優勝 2017.02.07

TBSのNスタを観ていたら全国中学校スケート大会の女子フィギュアの部門で、本田真凛選手の優勝が報告されていました。私が観たのはショートプログラムの演技で、髪をダブルのポニーテールに結び、しなやかに軽やかに舞い踊る映像が映されていました。本当にこの子は優雅、その優しい表現は、キムヨナを彷彿とさせます。もう直ぐ、メドベジェワを向うに回した檜舞台が巡って来ます。
posted by 三上和伸 at 18:16| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一日の初めに… 早春賦の昨今 2017.02.07

今朝の横浜の最低気温は、4.4℃、日の出は、6:36分、今の時間になると確実に日はある程度高く昇っており、窓に陽が差して来ます。気持ちの良い起床が得られます。昨夕は”春は名のみの風の寒さよ 谷の鶯歌は思えど 時にあらずと声も立てず 時にあらずと声も立てず”でしたが、今朝の太陽は十分に暖かく、春の兆しが感じられます。こんな朝は何か幸せを感じますね。

早春賦の昨日今日、梅や椿は早くも咲きましたが、何と松田の河津桜も満開を迎えつつあるようです。早春の桜は花期が長いのが特徴で、3月まで楽しめるでしょう。行ってみましょう…但し晴れの日に行きましょう。富士が素晴らしいですから…。これが無ければ松田の河津桜の良さは半減です。兎に角素晴らしい富士と河津桜。この絶景は本場伊豆河津町にはありません。


posted by 三上和伸 at 08:34| 一日の初めに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

雑記帳… スポーツ、悲喜交々 2017.02.06

私の好みの期待を寄せていた大谷君のWBC出場辞退、足首の怪我が治らず最悪の事態となりました。イチローも出ないし、ダルもマー君も出ない、和製大リーガーでは青木さんだけ、これではツマラナイですね。他の出場者には悪いですが、これが私の否大方のファンの本音でしょうネ。ホント大谷君さえ出てくれれば、楽しみに観たのにね〜…、イチローは出なくとも…

女子カーリング、LS北見残念でした。。勝てばLS北見、ピョンチャン出場決定でしたのにね。でもまだ中部電力の出場決定ではないのですね。今後の試合で決まるそうです。LS北見、まだチャンスはあります。

私は未だにLS北見の本橋麻里ファンなのですよ。今は少し老けちゃってあの嘗て(バンクーバー冬季五輪)の気品ある輝くような本橋は影を潜めましたが…、でも大好きウットリ

それにしてもゴルフの松山、X2で米ツアー4勝目日本人最多、凄いですね、全米メジャー、手が届きそうです。
posted by 三上和伸 at 20:28| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一日の初めに… 雨は止み、快晴の空 2017.0206

最低気温が5.3℃、少し暖かめですね。深夜にも降ったので、積算雨量も1.5mmとなりました。今は湿度が高く、潤いに満ちています。今度の天気の崩れは木曜日らしいですね。もう春の領域、雨も増えます。肌が潤う今日は、気持ちの良い一日となりそうです。
posted by 三上和伸 at 08:02| 一日の初めに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

一日の終わりに… カラカラ解消の好い雨でしたね 2017.02.05

横浜は16時台の0.5mmの雨の記録でしたが、私の住む旭区はもう少し降ったような感じでした。今も地面は濡れていますし、カラカラ天気でしたから、好いお湿りとなりました。

トランプ大統領の7か国入国停止もワシントン・ミネソタ両州の地裁命令で、当面の間、入国が認められる事となりました。どうも私には出来レースのような気がします。来日したマティス長官の日本での好意的発言?と言い、トランプ大統領の法外な大統領命令とは、アドバルーンのような気がしますね。入国も出来るようになり、日本の責任も今までのまま、アメリカは尖閣も護ると言う…、言う事と成す事はズレています。そこにトランプ陣営の画策が見えてきますね。アメリカ国民の思いに則しているようで、やっている事は今のところ定式(常識)を踏まえています。もう少し様子を見ないとね…、トランプさん?、解らないですね。
続きを読む
posted by 三上和伸 at 22:14| 一日の終わりに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

一日の初めに… 立春の朝、春の気配 2017.02.04

昨日の節分の日の最低気温が2.8℃、立春の今朝の最低気温が4.9℃、明らかに今日が暖かい、春めいた陽気と言えます。但し快晴の空は冬のままで、陽が陰る事は無さそうなので、今日の立春は暖かい一日となりそうです。

冬至からは今日で45日目、冬至の南中の高度が31.1°、今日の立春の南中の高度が38.4°、その差は7.3°、太陽は高くなっています。因みに夏至は78.0°、正に粗真上に南中しますね。
posted by 三上和伸 at 08:47| 一日の初めに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

私の歳時記 今日は節分 2017.02.03

明日が立春ですので今日はその一日前の節分です。節とは様々な意味がありますが、暦からすれば、気候の変わり目、段落などの意味があります。節分、段落を分ける、気候を分ける、そんな日。明日春が立つのですから今日冬は退く訳ですね、今日は暦上では冬の最後の日と言う事が出来ますね。

されどまだまだ寒い日が続きますよね。雪も降りますし、氷も結びます。それでも風の無い日当たりではポカポカと好い陽気を感じます。太陽は高くなり、陽光は日増しに強くなっています。もう春の気配は感じられるのです。昔人はそんな兆候を目敏く見付けて記憶に刻みます。暦は味のある時刻表です。

フフフ、今日の私に待っているのは、豆撒きと恵方巻です。先程妻が買い物に出掛けました。勿論、恵方巻の材料を買いに行ったのだと思います。
posted by 三上和伸 at 17:25| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

一日の初めに… 藤村俊二氏死去、寂しい限り 2017.02.02

振付師として裏方から出発されたのに何時の間にか表の舞台に躍り出た人、芝居も話芸も独特な味わいがあって粋な人でした。近年の途中下車の旅のナレーションを楽しみにこの番組を観ていた者として、お亡くなりになられた事は残念でなりません。心地良い遊び場が一つ無くなったようです。嘗て私達戦後生まれの子供若者を楽しませてくれた芸達者の恩人達が次々と亡くなっていきますね。私も年取ったと言う事ですね。先人を偲んで、私も出来る限り粋に生きて行きたいと思います。
posted by 三上和伸 at 08:35| 一日の初めに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

一日の初めに… 鯖雲の朝 2017.02.01

高積雲(鯖雲)
2月になると、1月のピカッとした快晴の空は次第に失せ、空を雲が占めるようになります。これが最初の春の魁、富士山を始めとした山の絶景も観え難くなります。勿論月星もそうで、煌めく星空も見え難くなります。春が直ぐそこにいるからです。何れ花曇りが多くなり、梅雨に至れば分厚い雲が垂れこめ、星空観察も何処かの高原に行くしかないようになります。貴重な快晴の空の1月が終わってしまいましたね。

寒さも少し緩んでいますね。今朝の横浜の最低気温は、6時29分の3.3℃、湿度が43%、何となく肌に優しい空気でありますね。
posted by 三上和伸 at 08:02| 一日の初めに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月31日

一日の終わりに… 地下水分析に65億、アパから変更中国選手団 2017.01.31

世の中想像を絶する物事が多くありますね。豊洲の地下水分析に65億円の経費が掛かったそうです。どんな複雑な地下水分析なのでしょうか? 私には皆目見当がつきません。何をやっているのでしょうね、無駄使い、恥の上塗り。豊洲は生鮮市場には向きません。これは日本の恥ですよ。誰が買いますか、ベンゼン・シアン・ヒ素が絡み付いたマグロやタイなどを…。可哀想なのは汚名を着せられる魚や野菜です。早く築地改修を決定しましょう。

アパホテル、「南京大虐殺は無かった事にしよう」。こんな思想を持った経営者がやっているのですね。現在の中国や朝鮮民族は嫌いですが、誤って日本の戦争責任を歪曲するのはもっと嫌いで恥ずかしい事です。他国で悪い事を遣ったのは嘗ての日本人なのですから。まだまだ昭和の歴史は詳らかにはされていません。少しは好い事も遣ったでしょうが、戦争は限りなく悪なのです。全てを曝け出し懺悔して、被害者を悼みましょう。


posted by 三上和伸 at 22:25| 一日の終わりに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雑記帳… 赤ちゃんにも正義感、当然でしょう 2017.01.31

ネットニュースの科学欄を観る事が楽しみの私、今日の科学ニュースに「赤ちゃんにも正義感」なる京大の研究論文の解説が載っていました。大変興味深い話なので熟読しました。

多数の赤ちゃんに、攻撃者、被害者、正義の味方、傍観者のキャラクターが出演するアニメ動画を見せ、そのキャラクターフィギュア(正義の味方と傍観者)を赤ちゃんの前に並べ、その反応を検査した所、傍観者より正義の味方のフィギュアを手に取る赤ちゃんが多数であったそうです。20人中17人が正義の味方であったそうです。何遍やっても粗同数を記録したそうで、結果、傍観より弱きを助ける正義を志向する性質が、生まれ持って赤ちゃんに存在する事を明らかにしていました。

赤ちゃんを良く眺めていると、多くの性質を備えて生まれて来た事が判ります。今まで愛しき孫NちゃんYちゃんを傍観して、それは確信を持って断言できます。美味しい不味いも判りますし、気持ち良い気持ち悪いも判ります。嬉しいも嬉しくないも判りますし、心地良い心地良くないも判ります。リズムや音楽の良し悪しも判りますし、絵や色にも興味を示します。こちらの大人の表情を読み、大人の思惑も判ります。そして喜びや悲しみの感情を素直に表現します。ですから正義だって、生まれ持って授かって来ている事が確信できるのです。悪い子が育つのは全て周りの大人の身勝手から、大人さえ正しく接すれば、赤ちゃんは正義感のある立派な大人になります。
posted by 三上和伸 at 21:56| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雑記帳… 庭にコゲラ、ネットに少年鷹匠、酉年ですね 2017.01.31

先程、新聞買い出しの折、「ギー、ギー」と鳴く野鳥がいました。もう既にこの時、私はその鳥の種類がイッパツで判りました。コゲラです。キツツキは一般に短めに発音して、それを連呼します。余り美しい鳴き声とは言えません。さえずりらしいさえずりは無いようですね。その代り枯れ木に嘴(くちばし)を連打するドラミングをします。私は数回、コゲラのドラミングを聴いた事があります。「トゥルルルルルル・・・」てな感じで…。ドラミングが縄張り誇示と繁殖活動の決めてなのですね。

ネットニュースに少年鷹匠の話が載っていました。群馬県の中学3年生の小川涼輔さんは、ベテラン鷹匠の元で訓練を重ね、昨年鷹匠の職名を名乗る事が出来たそうです。既にハリスホークやオオタカを訓練していて、カラスや野兎などを狩りしているそうです。

*ハリスホーク=アメリカ大陸に生息する猛禽類で、和名をモモアカノスリと言います。ワシタカ類では類を見ない社会性を持った鷹で、集団で狩りをするそうです。メスが種の主体を握るようで、一妻多夫性の繁殖形態を持っているそうです。子鷹は数年親と行動を共にするそうで、次年に産まれた下の兄弟の世話もするそうです。このため鷹匠には扱い易いようで、小川さんもこのハリスホークの部門で、鷹匠競技優勝を果たしているそうです。
posted by 三上和伸 at 11:37| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一日の初めに… 京急で居眠り運転、オウノー! 2017.01.31

昨日の午後、我が愛する京急電車で、居眠り運転があったそうです。好い陽気でしたからね、ホント残念です。車別も時速120kmの快速特急だそうで、一つ間違えば大事故になっていたでしょう。兎に角安全に快速に、これが京急のモットーですからね。乗務員諸君、快眠を。

今朝の最低気温は3.7℃、すっかり元道理の冬に逆戻りとなってしまいました。儚かったですね、仮初めの春。

春間近ですかね、普段見慣れていない野鳥を見かけるようになりました。渡りの途中ですかね。ツグミ、ジョウビタキなどを見付けました。
posted by 三上和伸 at 09:08| 一日の初めに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一日の終わりに… 今年の花粉飛散、去年の4.4倍だとか… 2017.01.30

花粉症とまでは自覚は無いものの、花粉に輪を掛けたような恐ろしい黄砂やPM2.5などの厄介なものは嫌ですよね。春間近、そんな嫌な招かざる客の季節を目の前にしています。

私もダストのアレルギー体質で、目の腫れやクシャミ・咳の頻発、大変苦労をしています。ホント人前のクシャミや咳は、インフルエンザを疑われ、お互いが嫌な雰囲気となりますね。目薬とベポラッヴは私の必需品です。
続きを読む
posted by 三上和伸 at 00:04| プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月30日

雑記帳… シッチャカメッチャカトランプ氏、支離滅裂を始めました 2017.01.30

TTP永久離脱、オバマケア廃止、そして今度は強固な国境が必要と保護主義を強めて来ました。国境壁造成、シリア難民の受け入れ停止、イスラム圏7か国出身者の入国禁止、侮蔑と偏見にまみれた大統領令連発でした。

アメリカは何処に行くのでしょうか? こんな偏ったリーダーに連れられて地獄を見るのではないかしら? テロ、暗殺、そうトランプ氏自らが命を狙われるのではないですかね? 暗黒の明日の始まりかも? そんな惑うリーダーに日本は付き合っては駄目ですよ!
posted by 三上和伸 at 20:12| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一日の初めに… 劇的変化、仮初め春来る 2017.01.30

未明に記録した最低気温が7.5℃、そして3時台には降雨がありました。今新聞買い出しに出ましたが、水溜りが所々にありました。お蔭で春のような柔らかく暖かい肌心地がしています。湿度も86%と高目ですね。今日は仮初めの春と申しておきましょう。七十二候では今日は鷄始乳(にわとりはじめてとやにつく)で、鶏が卵を産み始めるの意味があります。今日は極端な暖かさですが、暦の上では春の魁を示唆しています。次の七十二候は立春ですからね。

それにしても男子水泳200m平泳ぎの渡辺一平、凄いですね。北島康介の記録より1秒くらい縮めていますね。漸く北島を受け継ぐスイマーが正体を現しましたね。
posted by 三上和伸 at 09:11| 一日の初めに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一日の終わりに… スポーツ、凄い記録尽くめ 2017.01.29

今日はスポーツ、凄い記録がでましたね。先ずはロシアフィギュアスケート女子エフゲニア・メドベジェワ、現在行われている欧州選手権で、キム・ヨナが持っていたトータル世界最高得点228.56を上回る新世界最高得点229.71を記録したそうです。私が見込んだ通り、凄い記録を出しました。日本での対抗馬は本田三姉妹、真凛(まりん)、望結(みゆ)、沙来(さら)の内のいずれかが、メドベジェワに敵う逸材となるでしょう。

次にテニス、これは昔の名前で出ています現象と言えるでしょう。優勝は、女子S・ウィリアムズ、男子R・フェデラー、それも女子は姉・ビーナスとの決勝、男子は好敵手R・ナダルとの決勝、ホント一昔前の大一番と言える結果でしたね。錦織頑張れ!

水泳200m平泳(東京都選手権)、リオ6位の渡辺一平が2分6秒67を出し世界新記録樹立、人類史上初となる2分6秒台に到達させました。

凄いですね、スポーツ!
posted by 三上和伸 at 00:07| 一日の終わりに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

雑記帳… 吉野川シラスウナギ漁、幻想的写真、ネットニュースで… 2017.01.29

闇夜に円形の仄かな光を放って行われるシラスウナギ漁、本当に幻想的な異次元の風景写真が載っていました。私たちが蒲焼などで愛好する鰻のその稚魚を獲る漁、今が丁度漁期だそうで、四国吉野川河口には美しい光の輪が並びました。昨日が新月で闇夜、その深夜から未明に漁は行われるようで、カメラマン(橋の上からの撮影)も決死の覚悟?で臨まれたようです。まあ機会は無いでしょうけれど、もっと若いうちにこれを知ったなら、私も観に行ったかも知れませんね。
posted by 三上和伸 at 23:26| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の出来事3 NちゃんYちゃん最新遊戯 2017.01.29

🍴アゼリアのハンバーグエビフライランチ 4歳Nちゃんの手形足型 器用に鋏を使うYちゃん 買って貰ったマイ包丁を使うNちゃん 一部Nちゃん調理のけんちん汁
先週のNちゃんお誕生会以来のNちゃんYちゃんとの逢瀬。昨日の吾妻山で観た男児と母と祖父の家族、坊やが「ジイジ、ジイジ」と連呼して戯れている姿、ジイジの嬉しそうな破顔、それを観ていると、頻りと二人の孫に会いたくなった私なのでした。

昼に着いて先ずは腹ごしらえ、贔屓にしている近所の🍴アゼリアに5人で出掛けました。大人3人は、写真のハンバーグエビフライランチライス付きを…、NちゃんYちゃんは大好きなお子様ランチを…、皆笑顔でしっかり頂きました。

食後はKさん要望のスーパー買出しに…。車を走らせたらYちゃんがネンネ、従って、私とネンネのYちゃんは車でお留守番、スースーと寝息を立てるYちゃんを見守りながらも私もウツラウツラ、スーパー駐車場で日本版シエスタ?、好いアフターヌーンを得ました。

お買物が終わりNちゃん家に着くと、やがてYちゃんも起き出し、CDを聴いたり本を読んだり、思うが儘に遊び出しました。

するとNちゃんの4歳を記念して手形足形を取ることになり、ご覧のような手形足形が取れました。Nちゃんは身長体重は4歳の平均値ですが、手と足は比較的小さいそうです。15cmだそうです。

そしてYちゃんが器用に鋏を使い、紙切りに精を出している間に、Nちゃんはお料理。自らの要望で誕生日プレゼントに買って貰ったマイ包丁を使い、大根人参の銀杏切り、見事とは言わぬまでも、まずまずの出来でした。熱の籠った落ち着いた作業振りでした。二人して刃物を使い、それを観ているジイジは冷や冷や冷や冷や、でも大人3人の総意では、「痛い思いをしなければ、何でも上手になれないんだね、しっかり教えましょ」。

鶏肉入りのけんちん汁が出来ました。美味しそうでしたよ。Yちゃんは完食、Nちゃんは口にしながら、「これはNが切ったもの、今度はママが切ったもの…」、その形と大きさにより舌で利き分けていました。面白いNちゃんでした。

posted by 三上和伸 at 22:45| 今日の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一日の初めに 寒とは思えない朝、さあ何をしますか? 2017.01.29 

ダイアモンド箱根
ダイアモンド箱根山(二宮吾妻山で)
昨日の二宮吾妻山での出来事、菜の花が春めき、夕日が箱根山に沈む頃、周りに若い女性(恐らく女子大生のグループ)のグループがお喋りに華、ところがこれが日本語で無く中国語、リズミカルな中国語が飛び交っていました。そのイントネーションは柔らかく、改めて中国が近代化したのを実感しました。あの下品な捲くし立てる唾を飛ばすような中国語で無く、日本の上品なお嬢さんさながらのお喋りでした。私は好感を持ちました。そして「ははーん、春節休みの日本詣でかな?」、声を聞かなければ日本の女子大生そのものでした。もう今の先端の中国女性は、あの華春瑩さんに近い美しい中国語を話すのですね。

あっ、陽が差して来ました。暖かい日曜日、貴方は何をなさいますか? 私は?…
posted by 三上和伸 at 10:43| 一日の初めに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一日の終わりに… 望結主演の「探偵少女アリサの事件簿」を観ました。2017.01.28

短い旅をしていたのですが、二宮で花火を観終えて一目散で帰って来ました。そうです、楽しみにしていたこの望結のドラマを観るためでした。

内容はさて置き、望結は真剣に演じていました。されど決められた時間内で演じるのは少し無理があったようでした。もう少し、熱が欲しかったですね。自然体のじわじわと燃え上がる熱が…。次回があるかないか定かではありませんが、期待いたしましょう。
posted by 三上和伸 at 00:02| 一日の終わりに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月28日

季節の風景4 早春と言えば早いけど、春の花満開 20l7.01.28

陽気に誘われて一寸短い旅をしてきました。訪ねたのは秦野の出雲大社相模分祀、松田町の寄、二宮の吾妻山、一足早い春を感じて来ました。

ソシンロウバイ 菜の花
早春と言えば早いですけど、今日のような春めいた日には黄色い花が眩しく観えます。季節は寒ですけれど、もう春の足音が忍び寄って来ています。

今日は松田町寄(やどりき)のロウバイ(蠟梅、ソシンロウバイ)と二宮吾妻山の菜の花を愛でて来ました。どちらも香りが豊かで、眺めているとそこはかとなく漂ってきます。「冬は季節が死ぬのでは無く、春を産む力」と歌った歌手がいるのですが、今日の蝋梅と菜花は、正にそんな春を産む力を持った花でした。
posted by 三上和伸 at 23:33| 季節の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一日の初めに… 暖かい朝、それでも油断は禁物、今は北風 2017.01.28

昨日の南風の影響で横浜は暖かくなりました。今朝の最低気温も6.1℃で、氷点すれすれを彷徨っていた最低気温も一気に上がりました。それでも昨夜夜半からは風も北に変わり、冷気が入ってくるようになりました。唯風は弱く、今日一日は過ごし易い貴重な寒の良日となるでしょう。

今日は旧暦で言うお正月、一月元旦です。月は朔(新月。正午月齢0.1日)で今日はお月様は観えません。と言うよりは太陽の直ぐ傍で、太陽と一緒に動いています。日の出が6時44分、月の出が6時37分、月が一足早く、何と7分差で昇りました。ホント直ぐ近くにいるのです。しかし、月は地球の周りを反時計回りに公転しているので、少しずつズレていきますね。今度は動いた分月の出は日の出よりも遅くなるのです。明日は日の出6:43で月の出が7:18になります。35分月が遅れて昇ります。月齢1.1日の細い月が太陽を追い掛ける立場となるのです。今度は太陽の沈んだ西空の夕焼けの中に観えます。
posted by 三上和伸 at 08:07| 一日の初めに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月27日

一日の終わりに… 稀勢の里雲竜型奉納土俵入り、今一つ… 2017.01.27

横綱昇進の際の小さなクレームも何処吹く風、実力は十分についています。兎に角慌てずに落ち着いて取れば、既に誰にも負けない地力がついています。一年で三場所は優勝するでしょう。怪我をしなければ35歳まで、3×5で15回、優勝できるでしょう。モンゴル勢を蹴散らしてしまえ!

それにしても雲竜型の土俵入り、今一つ否今二つでしたね。肥り過ぎの見栄えの悪さプラス足の上がらなさ…、情けない…。あの貴乃花の高い爪先の完璧の土俵入り、惚れ惚れとします。歴代の誰よりも見事なものでした。稀勢の里よ、もっと工夫して足を高く上げて、あんな土俵入りを遣ってみるべきです。
posted by 三上和伸 at 22:03| 一日の終わりに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雑記帳… 明日夜のミステリー「探偵少女アリサの事件簿」は本田望結の初主演ドラマ 2017.01.27

明日夜9時から始まるテレ朝のミステリー「探偵少女アリサの事件簿」は、あの名子役の本田望結が主役・アリサを演じます。私は本田真凛・望結姉妹にぞっこんであり、今回のミステリードラマを楽しみにしています。

ミステリー作家・東川敦哉の同名の小説を映像化したもので、本田望結の演ずる探偵少女アリサ(有紗)が難事件を解決して行くサスペンスドラマです。共演の名取裕子の評は「望結ちゃんは集中力が違う、台詞も完璧に覚えているし、本番前のリハーサルでも手抜きなく本気を出している、女優魂を持っていた」と述べていました。
続きを読む
posted by 三上和伸 at 21:29| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

思い出の風景1 寒の郡上八幡、鯉幟の寒晒し 2017.01.27

郡上八幡・鯉幟の寒晒し
2011の寒の頃、郡上八幡、白川郷、兼六園、永平寺を旅しました。雪の白川郷のライトアップ観光の旅と名したバスツアー、勿論雪国ですから自らの運転ではなく、バスツアーを選びました。大変盛りだくさんの忘れがたい旅行でしたが、私が殊の外感動を覚えたのは雪国で無い、郡上八幡の城下町でした。郡上紬に郡上踊り実演、郡上八幡城に飛田牛、宗祇水や側溝を流れる清流の名水処、そして吉田川の清冽な鯉幟の寒晒し、どれもこれも古き日本のお伽噺の風景、今も忘れられない私の心象風景になりました。
posted by 三上和伸 at 15:45| 思い出の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一日の初めに・続… 二度寝より起床 2017.01.27

残念でしたが、旧暦の大晦日の大晦の月は観られず仕舞いでした。と言っても肉眼では観られませんが、太陽の傍(西)に月は出ているのです。明日になれば月はもっと太陽に近づき反射面を喪失し新月となるのです。この時こそ月は太陽の直ぐ傍にいます。巡り合わせによっては奇跡的に日食となります。今後の日食は2019.01.06(日)に日本で部分日食が観られるそうです。☀の多い季節、正月休みで日曜日、期待は大!

寒さが緩む方向にありますが、何分横浜は風が強い、半端ない南風が吹き付けています。やはり寒いですね。9時には10℃くらいはあるそうですがね。
posted by 三上和伸 at 09:43| 一日の初めに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一日の初めに… 起きました、空には雲が…、晦の月、果たして… 2017.01.27 

旧暦で言えば、今日は大晦、大三十日(おおみそか)です。従って明日が旧元旦の春節です。明治6年に新暦を採用し始めるまで、日本は、今日が大晦日で、明日が、正月元日でした。旧暦は月の巡りを基準とする暦ですから、今日は師走の晦で、一年で最後の大晦、従って明日が睦月の新月で、新年の元旦となるのでした。

旧暦師走の大晦の朝焼け
今、夜明けが始まっていますが、全体に薄い雲が覆っていて晦の月は観られません。昨夜の時点で南風が吹き始めましたので、危ぶんでいましたが、やはり残念ながら一番細い月は観られそうにありません。朝焼けのオマケは付いたのですがね…
posted by 三上和伸 at 06:38| 一日の初めに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月26日

一日の終わりに… 寒は峠越え、風は南寄り、明日は暖かくなりそう… 2017.01.26

昼間の横浜は湿度が28%まで落ち込みました。横浜でも火事があったようです。それでも今は70%まで上がりましたが、まだ乾燥注意報は発令されたままです。他には強風注意報も発令されています。まだ火事発生の危険が高いです。火の元には十分の注意が必要です。

風は南寄りに変わっているので明日は暖かくなりますね。☁勝ちのようですが、明日の朝の晦の月は観えるかしらね、楽しみにしています。日の出が6:45で、月の出が5:52です。6時過ぎから6時半位までが晦の月観測に良い時間となります。

今度の土日はお出掛け日和となりそうです。私共は松田町(神奈川県)の寄(やどりぎ)の蝋梅を観に行こうと思っています。蠟梅は、蝋細工のような黄色い花、甘い香りが天下一品!
posted by 三上和伸 at 23:10| 一日の終わりに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一日の初めに… 寝坊、お恥ずかし、快晴の空、月撮れず 2017.01.26

快晴の空雲一つ無し
見事な快晴の空にも拘らず、私は寝坊、晦前の細い月を撮る事が出来ませんでした。0.6℃の最低気温の中、布団から抜け出すのは難しい…、起きるか起きないか、相剋の内にトホホホホ、私は再びの眠りに就きました。明日の晦は何としても撮りたいですね…
posted by 三上和伸 at 09:17| 一日の初めに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月25日

雑記帳… 石原慎太郎氏、愈々窮地か? 2017.01.25

豊洲生鮮市場誘致に関わった石原慎太郎元都知事、知らぬ存ぜぬ記憶に無いは、愈々通用しなくなりつつありますね。小池都知事他都議会の各派は百条委員会設置に動いています。豊洲誘致、少々いい加減に考えられて来たのですね。用地を買う段階で反対する人間はいなかったのですかね? 私の疑問はこの一点にあります。やはり利権の存在があるとしか言いようがないですね。こんな危険な土地、危ないと解かっていても多くの関係者は、利権の誘惑に負けたのです。少々老衰気味で気の毒ですが、石原慎太郎以下を丸裸にせよ!
posted by 三上和伸 at 22:39| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雑記帳… ひまわり9号の地球全球写真、正に水の星、サファイアの星、美しい… 2016.01.24

昨日のライブドアニュースを見た途端、私の心はスーと鎮まり、心地良い感動が胸に広がりました。その最初のページには地球の全球の写真が飾られていて、その青い地球が正に息を飲む美しさを魅せていたからでした。

私たちはこんな美しい星に住んでいるのですね。ホント感動ですね、これを観て人間は心を正したいですね。この美しい地球に足る美しい人間になりたいですね。
posted by 三上和伸 at 07:42| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一日の初めに… 早起きしました、正午月齢26.8日の月撮りました 2017.01.25

正午月齢26.8日の月
大分細くシャープになりました。黛のような月です。先程6時20分頃に起きて、6時33分にシャッターを切りました。先ず先ずの月が取れました。

横浜の気温は私が月を撮影した時点で+0.3℃、氷点下にはならなかったようです。既に日の出から30分が経っていますから、これ以下には落ちなさそうです。この先判りませんが横浜の氷点下は1回だけに留まるようです。
続きを読む
posted by 三上和伸 at 07:18| 一日の初めに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月24日

雑記帳… 中国外務省報道官華春瑩さん、言ってる内容とお顔の表情のギャップが素晴らしい… 2016.01.24

男の報道官と違い、華春瑩さんの語り口は如何にもソフト、その言ってる内容は怒れる中国ですが、テロップを見なければ、華さんは穏やかで好い感じですね。中国語の発音は奇跡的なエレガントを保っており、お顔の表情も柔和そのもの、思わずお顔を緩め微笑を洩らしてしまうのではないかと期待してしまいます。言ってる内容と容姿は全くの別人、何とお美しい素敵な人(女)なのでしょう、アイラブ!
posted by 三上和伸 at 23:10| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一日の終わりに… 寒の底?、明日未明は氷点下? 2017.01.24

統計的に観ても、1年で一番寒い時期は、大寒から立春までの間、こう言う言葉は無いようですが、今はその一番の寒の底?、今朝の横浜は0.3℃、東京では氷点下を記録したようです。明日未明は、横浜も今季2度目の氷点下を記録するかも知れません。暖かくしてお休みください…

私は明日から27日の晦の月まで、早起きをしたいと思っています。この期間の月と太陽の昇る時間を計算すると、日の出は6:45~46、月の出は、明日(25日)4:14、明後日(26日)5:04、明々後日(27日、晦の日)が5:52、日の出より月の出が2時間半から1時間弱に遅れて変化して来ます。まあ少なくとも5時半までに起きて準備しませんとね。グァンバリます。
posted by 三上和伸 at 22:40| 一日の終わりに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の歳時記 今日は初地蔵 2017.01.24

毎月の二十四日は、お地蔵さん地蔵菩薩の縁日です。正月二十四日は初地蔵、一年の初めの地蔵菩薩の縁日となります。巣鴨とげぬき地蔵尊では、大祭が行われます。恐らく今日一日は爺さん婆さんを始めとして、多くの人で賑わった事でしょう。

私にはお地蔵様の思い出があります。以前に申したかも知れませんが、私には水子の姉弟がありました。薄い記憶ながらも私は母に連れられて、度々我が町にあるお地蔵様を拝みました。何故そうするのか解らないまでも、母と一緒に拝んだものでした。今、その敬虔な母の姿を思い起こす事ができます。

地蔵菩薩とは、サンスクリット語で、”クシティガルバ”と言い、クシティは大地を、ガルバは胎内及び子宮を表す言葉だそうです。意訳すれば地蔵となり、地蔵菩薩となります。大地が全ての命を産み育むのと共に、苦悩する人々を慈悲の心で救うところから、そう名付けられてとされています。民間信仰では「子供の守り神」として信じられており、子供の喜ぶ菓子などが供えられて、多くの信者がありました。

きっと母は、亡き姉弟の御霊と私の命の無事を祈っていたのだと思います。
続きを読む
posted by 三上和伸 at 22:07| プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一日の初めに… 横浜氷点下記録せず、寝坊で月も撮影できず 2017.01.24

残念ながら、氷点下にもならず、また今の月は余りにも太陽に近いので、時間を逃すと、太陽が眩しくて、撮影が出来ません。誠に残念…。明日からは早起き!
posted by 三上和伸 at 08:37| 一日の初めに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月23日

一日の終わりに… 冷えて来ました、23時現在1.8℃ 2017.01.23

今し方の23時現在の気温は1.8℃、ぐんぐんと冷えて来ましたね。明日未明は恐らく氷点下、今夜は暖かくしてお休みください。

北海道では流氷が接岸だそうです。稚内の南の猿払村鬼志別漁港に接岸した流氷の写真がネットニュースに載っていました。私ブルブル寒気が…
posted by 三上和伸 at 23:45| 一日の終わりに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生き物大好き… 南米のドクガエル、正に神秘 2017.01.23

南米のドクガエル
これは伊豆の淡島マリンパークカエル館で飼育されている南米のドクガエル(毒蛙)。奇抜な体色はドクガエルの毒の在処を知らしめる警戒色。「食べたら死ぬよ」と無言の警告。

昨夏私たちがここを訪れた際に撮影したものですが、この度南米ペルーのアマゾン源流域で、新種のドクガエルが見付かったそうです。二本のオレンジ色に線が入った濃紺の体色を持つ種類でした。ヤドクガエルの一種だそうで、原住民は狩猟の際にこの激烈な毒を使うそうで、それがこのヤドクガエル(矢毒蛙)の名の由来となったのだそうです。

新種を見付けた切っ掛けはその鳴き声の差異によるものだそうで、研究者の捜索の折に、今まで聞いた事の無いカエルの声を聞いたのだそうです。

この種のカエルは面白い繁殖生態を持ちます。メスが産んだ卵を見張るのがオスの役目で、卵を乾かさないように水を与え、孵化したら、そのオタマジャクシを自分の背中に乗せ、水場まで運ぶのだそうです。そしてメスが再び卵を産み、今度の卵はその自分たちの孵化させたオタマジャクシのエサにするのだそうです。神秘的ですね。

posted by 三上和伸 at 23:28| 生き物大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一日の初めに… 

正午月齢24.8日の月 2017.01.23 07:10
正午月齢24.8日の月
爆弾低気圧は、カムチャッカの東へ移動し、日本付近には弱い低気圧があります。北京の北のには1046hPaの優勢な高気圧があります。西高東低の気圧配置で、25日(水)までは快晴の空が続きそうです。その後は下り坂で28日(土、朔)に降水(🌂or❄?)があるようです。

錦織は「もったいない」、稀勢の里は東正横綱で連続優勝へゴー!
posted by 三上和伸 at 07:44| 一日の初めに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月22日

今日の出来事2 大相撲初場所、女子卓球全日本選手権、全豪オープンテニス、凄いと残念 2017.01.22

いやー、スポーツの話題が凄いですね。やっと優勝できた稀勢の里、絶対王者白鵬の衰えが見え始めた今、稀勢の里の日本人横綱誕生が見えて来ました。朝青龍、白鵬とモンゴル天下が続きましたが、どうやらその峠が見え始めました。稀勢の里の天下が近づきつつありますね。

リオ五輪補欠の雌伏を舐めた平野美宇がとうとう日本のトップに躍り出ました。腐らずにやって来た努力が報われました。こんな新人類が面白い、美誠同様の芯の強さがあるようです。大試合に強い心臓の持ち主、東京五輪卓球、期待が持てますね。

錦織は惜しい事をしました。フルセットの末の負け、勝てる試合だったようですね。錦織、もう一つ何かが必用なのですかね。体力、精神力、まあその二つを結合したタフさですかね。


posted by 三上和伸 at 23:31| 今日の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の出来事1 Nちゃん4歳バースデー、イイ感じでした 2017.02.22

2014年の1月22日午後5時22分に生まれたNちゃん、今日無事4歳の誕生日を迎えました。今日のNちゃんは陽気で元気そのもの、声も大きく、食欲も旺盛、能動的に思うが儘、遊びを選択していました。そうです、じいちゃんばあちゃんとジイジバアバを従えて遊びました。ずいずいずっころばし歌遊び、双六、子供用のビーズアクセサリー作り、スピリングボール、アンパンマンカルタ、ディズニー漫画テレビ鑑賞、鉄棒などをやりました。どれもこれも力一杯遊ぶのがNちゃんの好いところ…、頑張りました。


Nちゃんバースデーケーキ
じいちゃんばあちゃんが買って来てくれたNちゃんバースデーケーキ、ホントに美味しゅうございました。やはり苺生クリームのケーキがベストですね。丁度今が苺の旬ですしね。NちゃんもYちゃんも大喜びで頬張りました。そのお顔は正に美味しゅう顔、良かったね現代に生まれて、こんな美味しいお菓子は昔の王侯貴族しか食べられなかった贅沢品だよね。NちゃんYちゃん、感謝しましょうね。

ババちゃんプレゼントのビーズ遊び
ババちゃんプレゼントの子供用のビーズ遊び、こう言う遊びは女の子のこだわり遊戯、もう一心不乱にビーズを糸に通していました。しかも色をキチンと分けて順列にはめ込んでいきます。その繊細さと用意周到さに私は舌を巻きました。リング、ブレスレット、ネックレスが完成。指と腕に指輪と腕輪を嵌め、ママのKさんにネックレスを掛けて貰った時のNちゃんの満足顔、素敵でした。Nちゃん、4歳の実力を発揮しました。

幼稚園に通い出して1年弱、明らかにNちゃんは逞しくなりました。幼稚園での存在感をアピールできるようになり、声も大きくなり、自己主張も出来るようになりました。そして女の子の小賢しさも身に付けたようです。アンパンマンカルタで読み手を強奪したまでは普段のNちゃんでしたが、ここでNちゃんは突然小声で札を読み出しました。さらに手をするすると突き出したかと思ったら、素早くその該当の絵札を取りました。一寸はにかんだNちゃん、その笑みは女の武器を確かに体得していました。
posted by 三上和伸 at 22:04| 今日の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雑記帳… たった今夏さんを友達結婚式会場に送って来ました 20ll17.01.22

今日は夏さんのお友達の結婚式。お呼ばれを受けている夏さんは出掛けるに当たって私に送りを頼んで来ました。何と夫君の恵ちゃんがお熱だそう…、妻着付けの着物姿の夏さんですから移動が大変なので、私が代役で送り係りを務めました。

素敵な着物姿でした。恵ちゃんに見せたいですね。
posted by 三上和伸 at 10:53| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする