2010年12月31日

音楽の話35 大晦日の第九

 寅年の私の還暦の年である今年も後数十分足らず、大晦日の夜も更けて行きます。今第九を聴き素晴らしい演奏に感激していたところです。これぞベートーヴェンと称えられるべき演奏で、大袈裟な振りもなくとても端正でした。

 音楽を他の芸術に負けない地位に築き上げたベートーヴェン、その最大の証がこの第九です。ベートーヴェンは常々「わたしは音の詩人になる」と公言していました。それは詩人のゲーテやシラーを意識しての言動でした。果たしてベートーヴェンは詩人になれたのか、現代ではそれを疑う者は皆無でしょう。人類の平和を命がけ(自身の病気や反動勢力からの弾圧)で音楽に表したのですから…。「大詩人」です。

 その後はクラシックハイライト2010を視聴しました。小澤征爾のチャイコフスキーや佐渡裕のヴェルディのレクイエム、樫本大進他のブラームスのピアノ四重奏曲ト短調も素晴らしかったです。でも私を虜にしたのはロイヤルバレエの吉田都のジュリエットでした。こう申すと私の女性の好みがばれてしまいますが、えっ、もうとっくにばれている? ほんともう骨抜きにされちゃいました。バレエ、オペラ、フィギュアスケート、これらは正しく女性のものですね。勿論鑑賞の側からすれば絶対に男のものですけれどね…。男に生まれた幸福を最大限に味わえる瞬間ですよね。

 最後に一言。庄司紗矢香のヴァイオリン・ストラディヴァリウスの以前の持ち主は何と彼のブラームスの盟友のヴァイオリニスト・ヨーゼフ・ヨアヒムだったそうです。凄い事ですね、十九世紀後半のヴァイオリンの権威の持ち物だったんですものね。因みにヨアヒムはあの傑作・ベートーヴェンのヴァイオリンコンツェルトを世に広めた立役者です。また更に、ブラームスがヴァイオリンコンツェルトを書いている間にブラームスが辟易するほど「未だか未だか何時完成するのか」とおねだりの催促をした人でもあるそうです。既に第一楽章のカデンツを自ら作曲し初演の段取りまで決め、曲が完成するのをひたすら待っていたそうです。ヨアヒムとはそんな男です。勿論、この曲はヨアヒムに捧げられ、ヨアヒムは全ヨーロッパにこの曲を知らし示しました。
posted by 三上和伸 at 23:23| 今宵の名曲・音楽の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月30日

音楽の話34 バロックの香り、ヴィオラ・ダ・ガンバとチェンバロ 2010.12,12

 娘・三上夏子とその仲間がオープニングでバロックダンスを踊ったヴィオラ・ダ・ガンバのフェスティバル。その会場の一室にヴィオラ・ダ・ガンバと愛らしいチェンバロが商品展示されていました。私はその手工芸の逸品に魅了され、眺め、それに触れてみました。チェンバロに至っては弾いてみました。か細いですが雅な妙なる響きが返ってきました。ああ、いいなー、欲しいな…と思っても値段を見たら考えてしまいますね。でも…、きっと何時か…。

1、種種のヴィオラ・ダ・ガンバ
ヴィオラ・ダ・ガンバ
音域の違いがある種種の大きさがあります。それぞれに種別名があり、高い(小さい)方からトレブル、テナー、バスなどがあります。バスはチェロに似てますがチェロにあらず、もっと柔らかくくすんで落ち着いた音が鳴ります。様々な弦楽器が滅んだ中にこのヴィオラ・ダ・ガンバは現代まで生き残り今再び復権しています。静かな古の音が喧噪の現代に鳴り響くのです。

2、小型のチェンバロ
チェンバロ チェンバロ
正に手工芸の賜物。贅沢な事に大屋根の裏側や音響板には鮮やかな絵が施されています。その雅やかな風情は現代人に得難い潤いを与えてくれます。機能優先のピアノとは隔絶の感がありますね。贅と遊び心に溢れています。

 因みに演奏会では本格の二段鍵盤のフルスケールのものが使われていました。これはこの日出演されたチェンバリストの方の愛器の持ち込みだそうで、私は写真を撮りましたが、ここでの掲載は避けました。

 尚、ヴィオラ・ダ・ガンバと小型のチェンバロの写真は出展されたムジカ・アンティカ・湘南さんに許可を頂き掲載しました。
posted by 三上和伸 at 23:15| 今宵の名曲・音楽の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食べ歩き・昼餉 築地・磯野家の寿司(磯寿司) 2010.12.11

 書きそびれて大分とうの立った話ですが、年を越す前に生まれ出たいと話題が申しますので、恥ずかしながら掲載させて頂きます。これでこの寿司どもも鮮度切れ?を免れ、美味しく?頂けたのではないかと安堵した次第です。如何でしょうか? 失礼は承知の上です、どうぞ呆れないで下さいまし…。
築地・磯寿司 インド鮪のにぎりと煮穴子のにぎり
大江戸などの超人気店ではありませんが評判の高い寿司処です。さほど行列に並ばなくてもすんなり食べられます。だから外人さんの顔もちらほらと見受けられます。ここの鮪はインド鮪で中トロが逸品です。インド鮪は本鮪と甲乙を競う高級の鮪で中でも中トロが素晴らしいと言われているのです。写真左は大トロに近いもの、次が赤味、その次が中トロ、そして煮穴子の握り。お好みではないのですが、食べながら次々に握って出してくれます。ですから写真に全品を並べられなかったのです、残念。柔らかい握り具合であっと言う間に口で崩れ蕩け、胃袋に収まり満足至極でした。しかしその美味の官能の余韻に浸る間の無い忙しなさがここ築地のもの足りなさかも知れませんね…。並んで待っているお客の事を考えてしまいますのでね…。
posted by 三上和伸 at 22:36| 今宵の宿・食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月29日

ダイエット日誌65 2010.12.29

日本水仙
 今日はお休みなので朝から歩きました。しかもウォーキングコースではなく散歩コースを選びました。白い富士を見ようと思ったのです。しかし丁度気の利かぬ雲が居座り絶景観望とはなりませんでした。野辺も最早冬枯れで目立った植物も少なかったのですが、一人水仙が咲き出していました。いよいよ本格の冬の訪れです。水仙の香りが楽しめるようになったのですから…。

ダイエットの記録
12.27
歩数:6467歩 
体重:80.6kg

12.28
歩数:12631歩
体重:80.3kg

12.29
歩数:9075歩
体重:79.9kg
posted by 三上和伸 at 11:24| ダイエット日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間奏曲379 TBSドラマJIN〜仁〜二人の女優にシビレました

 悲しみを湛えた花魁の野風、その思いを見事に美しい表情に表した中谷美紀。そして陽性の武家の娘咲を熱演した綾瀬はるか。どちらも強い江戸の女を演じたのですが、これほど粋でたおやかな女優の演技を観たのは久し振りでした。特にその台詞が美しく、花魁の口調や武家の娘の淑やかな喋りは二人の女優にものの見事にはまっており、麗しい音楽を聴くようでしびれました。昨晩と今晩の都合九時間、全く飽きる事なく夢のような…、切なくも幸せな時間を過ごしました。
posted by 三上和伸 at 00:10| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月28日

間奏曲378 寒波にオリオン座輝く

 寒いですねクリスマス寒波、クリスマスだと言ってもサンタさんだけが来るのではなく、冬将軍もやって来るのですね。この冬将軍、大変依怙贔屓のきつい方で日本海側では大雪を降らせて混乱を起こし、太平洋側では晴天の陽光と透明な空気をもたらせます。我ら関東人には冬の絶景と満天の星空をプレゼントしてくれるのです。だからこそこの冬の味わいを大いに楽しまなければ勿体ないのです。今丁度、オリオン座が南中を迎えています。南天に偉大なクロスを描いて観えているのです。この雄大な星座、何度観ても毎日眺めても飽きる事がありません。正に全星座中の王者です。皆様も是非どうぞ!
posted by 三上和伸 at 00:25| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月26日

間奏曲377 クリスマスの御馳走 2010.12.25

苺のケーキ 鶏の丸焼き
この御馳走が余りにも嬉しかったので、幸せの押し売りと懸念?されましたが?、一日遅れで掲載させて頂きました。

 私が子供の頃、家は比較的貧しかったのでクリスマスを祝うなどのハイカラな楽しみはありませんでした。辛うじて親は町のお菓子屋で大きなデコレーションバターケーキを買ってくれ、皆で貪り食べた記憶はありますが…。

 結婚して驚いた事に妻はクリスマスに手作りのケーキと鶏の丸焼きを作ってくれました。その嬉しかった事! 私は結婚とは何と幸福な事なんだと一人感激をしたのを憶えています。ところが、そのご馳走の幸福は子供達の成人と共になくなりました。私はそれが悲しく今年はどうしても鶏の丸焼きとケーキを食べたいので作って欲しいとリクエストしたのでした。

 本当に美味しかったのですよ。この日ばかりはダイエットを忘れて鶏の丸焼きにむしゃぶりつき、苺一杯のケーキを口一杯に頬張りました。素敵な事に鶏のお腹にはもち米の混ぜご飯も入っているのですよ。

 満腹でしたが、翌朝の体重は増えていませんでした。
posted by 三上和伸 at 23:34| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイエット日誌64 2010.12.26

 夜鍋の修理の仕事も漸く峠を越え、後はアクションレールに組むだけとなりました。二日間ウォーキングを休みましたが、明日以降再開したいと思っています。

 いよいよ暮れも押し詰まってきました。いい大人になると暮れは何か気忙しく焦りのようなものを感じてしまいますが、ここまで押し詰まると何をやるにももう時間切れ、諦めが働き気持ちも緩々と解けて楽な気分になってきますね。私も後少しの仕事を残して、やる事は大掃除だけ…。まあ、寒さをこらえての掃除も楽ではないですが、辛ければ手を抜けばよいのですよね。ストーブに当たり談笑したりして…、掃除くらい怠惰に行きましょう。怠惰にね。そして楽しく! 誰も困りませんから???

ダイエットの記録
12.24
歩数:7561歩 ウォーキングで
体重:80.6kg
12.25
歩数:3819歩 徒歩の仕事で
体重:80.1kg
12.26
歩数:6253歩 徒歩の仕事で
体重:80.0kg
  
posted by 三上和伸 at 22:37| ダイエット日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

音楽の話33 下栗の里に響く歌声

 私が今一番好きな歌は引越しのサカイのCMで使われている優しい歌、思わず聴き惚れてしまいます。〜今始まる新しい夢乗せて 明日を照らすように光の笑顔を 咲かせよう〜 うろ覚えなので正確ではないかも知れませんがそう歌われます。作詞作曲と歌はシンガーソングライターのハセガワミヤコで、ソプラノの伸びやかで爽やかな歌声は腹の底からの快感をもたらします。歌とは本来こうでなければならないと納得してしまうのです。背景は田舎の学校の教師が転任で生徒たちと泣く泣く別れ引越しをする場面。サカイがその引越しを担当しています。そしてこの場面で使われている自然の里が、長野県飯田市にある下栗(しもぐり)の里なのです。ここは南アルプスの麓にある日本のチロルと言われている天空の里で、私も前々から行ってみたいと思っていた所でした。今回このCMを知ったお陰で本気で行ってみたくなりました。来春当たり行ってみようかな…。近くにはしらびそ高原もあります。

 とにかく歌と言い映像と言い、近年にない秀逸なCMです。私的?な評価で…。

posted by 三上和伸 at 00:27| 今宵の名曲・音楽の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月25日

間奏曲376 仕事仕事!

 暮れも押し詰まって仕事が立て込んで、昨晩のNHK音楽祭2010ハイライトは正にハイライトの名に相応しく私は斑飛びでしか聴けませんでした。ドイツ3Bのしかもこの三人の核心の曲、誠に勿体ない事をしました。但し、熱狂的ブラームスファンの私なのでA・プレビンのブラ三だけは全曲聴きました。思い入れのたっぷり詰まった、端正な演奏でした。無骨な田舎者のブラームスが少し都会的なスマートさを持った素敵なニュアンスが感じられました。美しいブラームスでした。ベートーベンのダイナミックス・快哉、ブラームスの涙・諦観、二人の音楽の性格の違いが良く表れていましたね。バッハは聴かずに寝ました。夜遅過ぎますよね。

 あっ、時間です。これから仕事に出掛けます。ではまた今晩に…。
posted by 三上和伸 at 07:28| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月23日

ダイエット日誌63 2010.12.23

富士と丹沢
 朝から素晴らしい青空、透明な空気、見通しが素晴らしく仕事の道すがら仰いだ富士は神々しく目の前にありました。午後は作業場で修理の仕事、そして夕方になりウォーキングに出ました。朝の透明な空は未だ続いており、私はカメラ持参で遠回りをして、富士の絶景ポイントに立ち寄りました。恵まれた事に我が住まいの団地からは富士がよく観えます。しかし、今日のように鮮やかに観える日はそう多くはありません。それに巡り会えるのは日々ウォーキングや散歩をする人々の特別の恵みであるのです。一つ上の清々しさで歩く事ができました。

 今、夜鍋の仕事を終えてブログを書き始めました。最近は忙しなくブログ種は腐るほどありますが、事実腐っていますが、中々、書き切る事ができません。でも、これからドンドン書いて行くつもりです。素敵な写真もあるのでどうぞお楽しみに…。

今日の記録
歩数:8261歩
体重:80.5kg
posted by 三上和伸 at 23:41| ダイエット日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

ダイエット日誌62 2010.12.22

 今日は暖かい冬至でした。昼間、仕事ではコートは着ずに上着だけで済ませました。東北地方では記録的な大雨で、何だか可笑しな気候ですね。ウォーキングでも久し振りで大汗を掻きました。皮肉なもので、ウォーキング中に素晴らしい月の出にかち合い、昨夜の月食の観えなかった悔しさがこみ上げてきました。しかし、出初めの赤銅色の月は美しく、正しく盆のような丸みがありました。何処となく、昨夜の札幌の月食の月の面影がありました。今日の月は望(満月)を一日過ぎているので、既に望、即ち既望と言います。そう十六夜の月ですね。

今日の記録
歩数:11,593歩
体重:80.1kg
posted by 三上和伸 at 23:52| ダイエット日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の歳時記 2010.12.22 今日は冬至

 太陽の黄径が270度の日。太陽が南に下がり北半球では最も太陽が低い日、即ち最も昼が短く夜が長い日。明日からは上り坂に転じて夏至まで、日一日と昼が長くなります。気分も陽性に変化するようで、私は何だか不思議と嬉しくなります。今夜は柚子湯にでも入って、しみじみと冬至の夜長を楽しむと致しましょう、希望を胸に秘めて…。きっと皆様にも私にも、素晴らしい新春が来るでしょう。
posted by 三上和伸 at 23:31| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

ダイエット日誌61 010.12.21

 心配した通り、我が町では皆既月食は観えませんでした。残念至極…。でも夕方のニュースで札幌の映像のものをライブで観ました。文明とは大したものです。17:17、思い描いた通りの赤錆びた幻想的な月でした。今度観えるのは来年の六月だそうで、雨の季節なので果たして観えるかどうか? まあ、楽しみにしていましょう。

 雨臭かったので、ウォーキングは早めに行いました。月食の始まるであろう時刻前に済ませたのでした。その最中もしきりと東の空を仰いでは月の在り処をさぐっていました。しかし結局、月は現れませんでした。高確率の最高の季節の皆既月食だったのにね。皮肉な空模様でした。

 
今日の記録
歩数:7686歩
体重:朝79.9kg また80kgを切りました。
posted by 三上和伸 at 22:55| ダイエット日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間奏曲375 月食観られるか?心配です

 何だか嫌な天気、今日は下り坂で今空は雲に覆われています。時折太陽も顔を出しますが、直ぐ引っ込んで雲の中、この調子だと夕方の月食は観られないかも知れませんね。昨晩は快晴で満月前の極めてまん丸な月がそれは見事な黄金色に輝いていましたのに…。まあでも、悲観しないで期待して待ちましょう。雲間から観える事は多々ありますからね。仕事の合い間かウォ−キングの道すがらか、観測したいと思っています。

 私の今日は、今年最後のアクション修理をする事で埋まりました。ブライドルテープ交換とバットスプリングコードの張り替えです。ブライドルテープ交換の詳細は少し前に掲載しましたので、今度はスプリングコードの張り替えを記載します。ご期待ください。

 今、アクションを分解中です。寒いので石油ストーブに当たりながら励んでいます。温かさが有難いです。
posted by 三上和伸 at 11:59| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月20日

間奏曲374 明日の夕は皆既月食

 ここのところ天文のイベントが続きます。先日のふたご座流星群に変わって今度は皆既月食だとか、嬉しいですね、楽しみですね。太陽、地球、月が一直線上に並ぶのですよ。不思議ですね。あの月を隠す影は地球の影なんですよ。知ってますよね、失礼いたしました。因みにアイスランドの火山の噴火灰(火山灰)でこの月食中の月は赤く(普通はオレンジ色)観えるそうです。益々楽しみです。

*月食の時分
部分食始15:32 皆既始16:40 最大17:17 皆既終17:53 部分食終19:02

月の出 那覇17:36 福岡17:08 京都16:39 東京16:22 仙台16:08 札幌15:51
東京ですと、月が出てから20分足らずで皆既食になります。夕方になったら一寸、東の空の地平線辺りを見てください。
                                   2010天文年鑑より
posted by 三上和伸 at 23:39| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイエット日誌60 2010.12.20

 今日の仕事は埼玉の浦和でしたので、早起きをしても朝はやたら忙しく体重を測り損ねました。午後に一時帰宅の際、測ろうとしましたがそれも出来ず残念でしたが、また明日の朝に測る事にしました。人間忙しいのは辛いですが、己を振り返りよく考えれば幸せな事です。私の場合、仕事をし、ダイエットもし、さらに夜な夜なブログを書く…。そのネタ探しに多くの話題を集めに出掛けたり、また自ら話題作りもします。詰まらぬ事を考えたりしたりする暇はなく、品行方正に生きて行けるのです。慌ただしく活動するのは骨が折れますが、反面楽しくもあり恵まれた事と感謝もしています。まあ、時々疲労困憊であちこち痛くなったり心臓の拍動が乱れたりもしますが…。とにかく私は幸せな男なのでしょう。

 そもそも人間の男に生まれたのが幸せの始まりです。人間はありとあらゆる感覚を研ぎ澄まして美意識を獲得できます。ピアノ調律の仕事もその一端であると思いますし、様々な学問を知り芸術を鑑賞する事もできます。。また人間はありとあらゆる山海の珍味を賞味する事もできるのです。犬や猫のように何とかフードをカリカリと音を立てて食べればそれでお終いではありません。肉に魚に米やパンそしてパスタ、その上更に甘いデザートまで食べられます。何て幸せなのでしょう。犬好きの方は怒るでしょうが、犬に生まれなくてよかったです。況してや昆虫なんぞには…。御免ね君達、君達他の生き物を馬鹿にしているのではないのですよ。ただ人間に生まれた幸運を有難く思っているのです。そして極め付けは人間が長生きであると言う事…。まあ一人が生涯食べる食物は天文学的数量でしょうね。幸せな事だけれど、それに甘えては人間はいけませんね。罰が当たります。余り贅沢をせず、質素に節制するのも大事ですね。スリムに健康に…。益々長生きができて、何れは高い悟りが開けるかも知れませんね。

今日の記録
歩数:12,329歩

 男に生まれた幸せは当然ながらあの事を置いては考えられません。それは女性を愛でる事…。しかし今日はここまでにして置きます。誤解を招く恐れがありますので…。
posted by 三上和伸 at 22:51| ダイエット日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月19日

ダイエット日誌59 2010.12.19

 昨晩の一人飯の大食も今朝の体重測定には余り影響はなく、無難な数値が出ました。そして腰の痛みも大分引き、またダイエットに微かな希望が湧いて来ました。不整脈や腰痛に悩まされながらも何とか希望を失わずにやれている、否、希望を失いつつも踏み止まっていられる。それはそこに新しい価値を見出したから、私の自信の一つになりつつあります。

今日の記録
歩数:徒歩の仕事で8341歩
体重:朝80.1kg 焦らず無理をしないで落ち着いて、少しずつ減量をしていきます。
posted by 三上和伸 at 22:32| ダイエット日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月18日

ダイエット日誌58 2010.12.18

 腰痛で疲労困憊の私ですが、先程、緩やかなウォーキングをしてきました。やはり、体を動かす事は素晴らしく、何だか健やかな気分になり、お腹も空いて、美味しく晩御飯が食べられました。

 何を隠しましょう…、今夜は私一人の孤独な晩御飯になりました。レッスンで訪れていた長女は夕方までいたのですが、お友だちと忘年会だそうでいそいそと早帰りをしました。昼食の明太子スパゲッティを作ってご馳走してやったのにね…。親不孝者!、パパを孤独の夕飯に追い遣って。妻も忘年会、次女は友人の結婚式で、今夜はそのままホテルにお泊まりだと。「何か去年か一昨年もこんな事があったよなー」と思い返し、「一人御飯を食べるのは何時も私だよなー」と寂しく嘆いているかと思えばとんでもない。私は一人気儘が好きなのです。有難い事に妻がポトフを作って置いてくれたので、楽チンでそれを温め今食べ終わりました。私の大好きなソーセイジが沢山入っていました。こうなると欲が出てベーコンエッグなども作ったりして、後は作り置きのシイタケと高野豆腐の煮物に奈良浸けも出しました。そしてミニトマトも。大好物ばかりなので勢い二膳飯を食らいました。大好き!気儘な一人飯! でもこんな事してたらダイエットに障りますよね。一人深く反省しています。

昨日と今日の記録
昨日:体重80.4kg 一昨日激減しましたが、昨日は戻っていました。何だか狐に抓まれたよう。
今日:歩数7853歩 体重は測り損ねました。
posted by 三上和伸 at 20:42| ダイエット日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

音楽の話32 オペラ座の怪人

 昨晩はオペラ座の怪人を視聴し時間切れでブログが書けませんでした。まあ、書こうと思えば書けましたが、昨今の私は疲労困憊の体、お風呂に入って休みました。腰も痛いし…。それでも妻と娘に風呂の争奪戦で敗れて床に就いたのは日が変わってからでしたが…。トホホホ…。

 そのオペラ座の怪人、面白かったです。

 パリオペラ座ガルニエ宮(建築士ガルニエの設計)を模したセット?は広大深遠で素晴らしく、正に自分がそこに迷い込んでしまったかのような臨場感がありました。私は一人ではとても入って行けそうにないと恐怖しました。実際にも竣工当時、様々な怪事件が起こりました。一つは地下水脈を破り抜き、一部の部屋が水浸しになったとか、また一つには巨大なシャンデリアが落ちると言う事故もありました。その奇怪さも手伝ってか広大な地下空間には怪人が住むと言う噂までが広まったのだそうです。そうです、この物語はそんな話をヒントに生まれたのです。

 この映画での物語の中心は怪人のエリック、女優のクリスティーヌ、更にラウル・シャイニー子爵の三角関係にあります。何時の世も嫉妬は人間の棄てられぬ業、その苦悩と怒りが劇的な展開を生みます。ハラハラドキドキ、二人の男は剣を振り回し対決します。クリスティーヌの選ぶ男はどちらに転ぶのか? 観てる我々にも予断を許しません。しかし、最後はクリスティーヌの清純な思いに屈し、エリックはクリスティーヌを諦めます。怪人にも人の心はあったのでした。
 
 人間の愛と業、数十年後、それを見詰め直すラストシーンが意味深長でした。

 音楽は言わずと知れた優れたもの、オルガンの全奏による怪人のテーマに始まって美しい歌が目白押しです。まあ、レチタティーボ(叙唱)の違和感は私の好みではないのですが、オペラやミュージカルでは仕方のない様式なのでしょう。劇団四季のメンバーによる日本語の歌でしたが、怪人、クリスティーヌ、ラウル子爵、それにプリマドンナ、総じて歌手は素晴らしかったです。特に美しかったのは前半のクリスティーヌと先生?の娘との二重唱で、二つの繊細な声が見事に重なりました。そして見事だったのは、怪人、クリスティーヌ、ラウル子爵の息もつかさぬ歌い回しの水際立った三重唱でした。 
posted by 三上和伸 at 14:20| 今宵の名曲・音楽の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月16日

横浜漫歩6 和泉川源流を訪ねて 瀬谷市民の森 2010.12.05

 たっぷりと時間のある日曜日、折角なので私は無味乾燥なダイエットウォーキングに変え、目的を定めた自然の中の長散歩を試みる事にしました。それは以前より温めて来た念願…、身近な河川・和泉川の源流を探検し発見する事…。出だしの街道歩きに始まり、庚申塔や道祖神との出会い…。そして森の静けさ…、沢の清流…、感動的な源流の発見…。興味津々・無我夢中、私の切なる思いの全てが叶った小さな旅でした。

1、厚木街道の庚申塔と道祖神
庚申塔と道祖神
厚木街道は大山道であり、江戸期に盛んだった大山詣でのために開かれた道です。この江戸と大山を結ぶ大山道には実は二つのルートがあり、今の国道246号線沿いの江戸と大山を直接結ぶ道と東海道を神奈川(横浜)で逸れて鶴ヶ峰ー二俣川ー三つ境ー厚木と続く道があるのです。双方とも現在では厚木街道と呼ばれて地元民に親しまれています。またこの街道には旧道が並行してあり、歴史を辿るにはこちらの旧道を歩く方がより有意義かも知れません。しかし今回私は新道の現厚木街道を選びました。頻繁に車が走り多少埃ぽいのと廃ガス臭が気になりましたが、最短距離にあり道に迷う事もなく、更に言えば旧道歩きが目的ではなかったのでこの道を使いました。

 この道標となる庚申塔及び道祖神は希望が丘と三つ境の間の路傍にありました。石碑には嘉永の年号が読み取れたので十九世紀半ばにはもうここに存在していたと思われます。しかし、もしかしたら、旧道のあちこちから移設されたのかも知れません。厚木街道が旧道から新道に移されたのは明治になってからの事でしょうから、どちらにあったかは、歴史的には微妙なものがあります。

2、街道端にあった野菜自動販売機
野菜の自動販売機
庚申塔の近くには農家の屋敷森があり、楠が壮大に枝を広げていました。その傍にこの野菜販売機があり、聖護院大根が¥200で売られていました。並べただけの無人販売は良く見掛けますが、コイン式の枠に入ったのは珍しく、面白かったので写してみました。美味しそうで買ってみようかなとも思ったのですが荷物になるのが嫌で諦めました。

3、杉林
杉林
三つ境を右に逸れ暫く行けば、漸く瀬谷市民の森に到着しました。直ぐに綺麗に整えられた杉林があり、充満したフィトンチットを浴び、気持ちのよい森林浴ができました。爽やかなものでした。

4、清流にクレソン
クレソン
清く豊かな水には必ず水草が茂ると言うものです。そんな水草の中でもこのオランダガラシ(和蘭辛子・クレソン:帰化植物)は清流にしか生えない清潔な草です。何方もご存じですが食用になり、春の若芽は独特な芳香と辛味があり、美味しいものです。清流の証であるこの草が生える和泉川は豊饒の泉であり、土地の人々はこぞってこの川でクレソン摘みに興じるそうです。私も摘んでみたいと思いましたがそれはなりません。これは土地の宝物、地元の民の胃袋に収まるのが掟と言うものです。

5、雑木林
雑木林
杉林に混じってモザイク模様を描くのが雑木類で、クヌギ(椚)やコナラ(小楢)などが主な種類です。秋には多くのドングリを落とし、地味ながら紅葉します。最初は黄色に染まり次第に赤茶色に変化し最後は色を失い茶色になります。そして大量の敷き落ち葉となり、ふかふかの林床を作ります。歩くとカサコソと軽い音鳴りがして楽しいものです。昔はそれで落ち葉焚きをしてお芋を焼いたりしましたっけ…。煙が目に沁みて私は嫌でしたけれどね…。

6、和泉川最上流の沢
和泉川最上流
清らかな水が絶え間なく流れ下る沢。この流れには蛍が棲むと言われています。所々にはロープが張られ、蛍の生育を保護して殖やそうとしています。何時か殖えたら私も蛍狩りがしてみたい…、蛍袋の花を携えて…。

7、和泉川源流
和泉川源流
感動の発見。枯れ葉に埋もれていますが、ここが和泉川の源流です。この上手にはもう沢の溝はありません。でも土の下からは清水が渾渾と湧き出て絶え間がありません。ここが和泉川の始まりです。

8、矢指の森、追分の広場
矢指の森、追分の広場
深い矢指の森の中で広濶に開けた所、それが追分の広場。恐らくこの辺りが昔の大山道と八王子道の分岐点・追分…。旅人の様々な人生が行き交っていた事でしょう。

 現在のここは耕され花園に整備されています。春には広大な菜の花畑に変貌します。その頃に再び訪れたいですね。

posted by 三上和伸 at 22:15| 《漫ろ歩きの旅》漫歩シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイエット日誌57 2010.12.15~16

 何とも驚くべき事態が発生しました。私の体重は昨日が80.1kg、今日は何と79.5kg、遂に80.0kg割れを達成してしました。こうなると嬉しさを通り越して恐怖さえ感じるようになりました。そして、その怖さを助長するのは体脂肪と骨量は増え、筋肉率と水分率は減った事でした。普通体重が減れば体脂肪も減少する筈です。そして更に骨量の大幅増と体筋肉率の減少も納得できません。この急激な変化に私は訳が分からなくなり、今、混乱をしています。このままダイエットを続けていいのか? もう止めにした方がいいのか? どうしていいのか判りません。しかも流星騒ぎの宵越しも手伝って今日は疲労困憊の状態です。残念でしたが、ウォーキングを休みました。明日の朝の体重を鑑みて、今後のダイエットを検討したいと思います。

12月15日の記録
歩数:7462歩
体重:80.1kg

12月16日の記録
体重:79.5kg 
posted by 三上和伸 at 18:59| ダイエット日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月15日

間奏曲373 ふたご座流星群後記

 その走る輝きが余りに素晴らしかったので、もう一つ、またもう一つと往生際の悪さをさらけ出し、とうとう寝たのは午前二時でした。あのブログの後、ベランダではどうも窮屈になったので、外に出て庭から眺めました。寒さも忘れて馬鹿丸出しで…。誰か怪しむ人もいたのではないかと…。結局、二つ足して認められた数は全部で五個でした。

 ここで皆様に謝らなければいけないのですね。私は自分の資料を鵜呑みにして、一時間に百個観られるなどと申して仕舞いました。私の大口に乗せられて楽しみにご覧になられお疲れになられた方もいらしたかも知れません。御免なさい。でも本当に綺麗でしたよね。数より質ですよね? トホホホホ…。お許しください。
posted by 三上和伸 at 22:54| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピアノの話23 譜面台ヒンジのご質問に答えます

 今日メールをくだされた貴方、ご質問ありがとうございます。

 貴方の文面を察しますと、私は貴方がご自分で譜面台ヒンジの交換をなさりたいように感じられました。勿論、必要な部品を求める事ができればそれは可能です。部品一式と小型のドライバーがあれば誰にでも簡単に取り換えられます。

 まずは部品(ヒンジとネジ)を調達する事。それには最寄りのピアノ販売店に問い合わせる事。電話でもいいし、出向いてもいいでしょう。そこで貴方がお持ちのピアノのヒンジの形態と寸法を述べて、取り寄せて貰います。大体、どのメーカーのものでも共通ですから手に入れる事ができるでしょう。但し、訳の解らない店員も多いので、訳の解る人(ピアノ技術者)に応対を代わって貰いましょう。

 注意点はネジの種類。全て木ネジなのか、タップネジが使われているか。まあ、今のヒンジにあるネジを再利用するならネジは買わなくて済みます。また、落下防止のピンの穴があるヒンジであるかないか。落下防止ピンがないヒンジだけであれば、同様のヒンジを二つ買えばいいのです。

 後は私のブログ・ピアノの話20と同19ネジの扱い方をよくご覧になられて首尾よく取り換えてください。ご健闘を祈ります。

 一番無難なのは、ピアノ調律師に任せる事です。親切に如何様にでも貴方の御希望に応えます。交換しなくても直せるかも知れませんしね…。もし私が客だったらそうします。生兵法は怪我の元。プロに任せるに越した事は絶対にありません。
 
posted by 三上和伸 at 22:14| ピアノの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間奏曲372 ふたご座流星群、観えました

 大変明るい見事な流れ星が観えました。日が変わる辺りから俄かに空は澄み渡り、今冬の星星でギラギラです。そんな中、大きな火玉で素晴らしく長い、はっきりとした尾(痕)を描いて流れ去る流星を三つ観付けました。一つはまるで花火のようで、バチバチと音を立ててるように錯覚しました。有難う! 努力は報われました。

 今、ふたご座は真上にあり、首を激しく折らないと家のベランダからは観難いのです。もう首が折れそうでクタクタです。寝る事にいたします。お休みなさい。
posted by 三上和伸 at 01:08| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月14日

間奏曲371 ふたご座流星群

 晴れぬ空、私は先程来、何度部屋とベランダを行き来した事でしょう。全く無粋で気が利かぬ雲が空に居座っています、「こんちくしょう!」。

 でもそんな悪態を付いたところで自然は耳を傾けてはくれません。何と人間(私)は始末に負えぬ我が儘で思い上がりの強い生き物なのでしょうか、呆れてしまいます。もっとゆったり構えて「観えないなら観えなくていい…、また来年もあるのだから…」と悟らなければいけませんよね。スマートな諦観?を身に付けないとね。とか何とか言っちゃって格好付けたりしちゃいましたが何のその! 午前二時まで粘りますよ。ドッコイ、私はチョイとしつっこい粘着質なのです。観えたらご報告致しますね。お楽しみに…。
posted by 三上和伸 at 22:00| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイエット日誌56 2010.12.14

 再びなのか?、三度なのか四度なのか? もう忘れましたが、今日ダイエット・ウォーキングを再開しました。始めゆっくり中ゆっくり、その後はチョイと追い上げ最後はまたゆっくり…。とにかく無理をせず、楽に歩きました。ストレスの掛からない歩き方も身に付ける必要がありますね。今日は少し出来たような気がしました。

今日の記録
歩数:7561歩
体重:朝80.3kg 何と最軽量更新です。停滞…更新…停滞…更新。努力は間を置いて表れてくるのですね。嬉しいです。
posted by 三上和伸 at 21:31| ダイエット日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月13日

間奏曲370 ふたご座流星群、果たして観えますか?

 明日十四日は、ふたご座流星群が極大を迎えるとの事です。驚く事に一時間に百個の流れ星が観えると予測されています。私は楽しみで楽しみで! 今から身悶えています。「絶対観るぞ」と固く決意していますが、一番心配なのは空に雲があるかないか? 今の時期、雲さえなければ宇宙の彼方まで透視できる透明な空があります。後は空の神に願うしかありませんね。

 ふたご座はオリオン座及び冬の大三角の上部、ぎょしゃ座の一等星カペラの東にあります。明るい星が二つ並んでいるので直ぐ判ります。夜半過ぎにはほぼ真上に昇ってきます。そこから流星が降り注ぐのです? 素晴らしいでしょ! 
posted by 三上和伸 at 23:36| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月12日

ダイエット日誌55 2010.12.12 都電荒川線散歩

都電荒川線
北区王子の北とぴあで行われたヴィオラ・ダ・ガンバの演奏会とお楽しみの催し。そのゲストとしてバロックダンスを踊った娘・三上夏子とそのお仲間達。私と妻はその晴れ姿を観にここを訪れました。彼らはこのバロック音楽の会のオープニングを飾る華として招かれたのでした。その大切な務めも無事果たし、親の私達もやれやれと喜ばしく大いに楽しめました。

 そして私と妻は娘と別れその後の残された時間を都電荒川線の沿線巡りをしました。下車しては付近を散歩し、また乗車しては移動の間に車窓風景を楽しみました。王子と言えば都電荒川線のほぼ中間地点の停車場、ここから早稲田方面へと行き先を定め、一日切符を買い求め電車に乗りました。とげぬき地蔵や池袋サンシャインシティー、更に鬼子母神等を順次辿り、都電荒川線の途中下車の短い旅を楽しみ、同時に大いに歩きました。

今日の記録
歩数:13,827歩
体重:81.0kg

 
posted by 三上和伸 at 23:26| ダイエット日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月11日

ダイエット日誌54 2010.12.11 築地散歩

築地場内市場の店舗
今日は妻の誘いを受けて築地市場の買い物散歩に付き合いました。まずは昼御飯に美味しいお寿司を食べ、ご満悦で場内を散歩しました。魚屋や八百屋に乾物屋、鰹節屋にお茶屋に漬物屋、変わったところでは刃物屋までありました。魚市場で使われるからなのでしょうか。一寸驚きでした。

 ぶらぶら歩きではありましたが、まあ、食後の腹ごなしにはなりました。

今日の記録
歩数:6560歩
posted by 三上和伸 at 23:24| ダイエット日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月10日

ダイエット日誌53 2010.12.10

 今日も今一つの体調であったためウォーキングは止めにしました。その変わりその空いた時間に外で会食の妻に代わり夕食の支度をしました。相変わらずの定番のカレーライスでしたが、その余った肉で肉野菜炒めを作り、それに胡瓜とレタスのサラダを添えました。下の娘の帰宅時間を見計らい作り終えました。勿論、美味しいのは当然で、娘の皿は見る見る内に空になりました。私もダイエットがなければお代わりをしたでしょうが、歯を喰いしばり、断腸の思いで我慢をしました。大袈裟ですね。

今日の記録
体重81.0kg
体脂肪率:25.1%
体水分率:50.9%
体筋肉率:38.6%
骨量:3.2kg
posted by 三上和伸 at 23:41| ダイエット日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

ダイエット日誌52 2010.12.09

 昨日の夕方発作が起きた私の不整脈は、寝しなにも止まず一晩続いたようでしたが、今日の朝目覚めた時には治まっていました。全く何事も無かったかのような健やかな心臓の拍動に一安心したのでした。勿論、仕事は何時も通りに行い、毛筋程の支障もありませんでした。それでも夕方のウォーキングは控えて安静にしていました。歳を重ねれば持病の一つくらいは背負うものかも知れませんが、スポーツを楽しむには不自由な体です。まあ、体は騙し騙し使えばいいのであり、別段スポーツに興味はなく、それを悲観している訳ではありません。ただ、ダイエットに少々時間が掛かるのは致し方ないのかも知れませんがね…。取り敢えず除除に慣らしながら近近ウォーキングを再開するつもりです。

今日の記録
体重:今朝80.7kg 最軽量更新 昨夜の晩御飯の量を控えたのが功を奏しました。この調子!
posted by 三上和伸 at 22:36| ダイエット日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月08日

私の歳時記 2010.12.08 針供養と事納め

 今日は針供養と事納めの日。針供養では、この日は一切針仕事をしないで、折れた針を神社(粟島神社)に納め供養したり、使った針を柔らかい豆腐に挿して日頃の労を労ったりするのですね。昔はTVニュースでよくやっていましたね。とても興味を引かれた事を思い出します。

 また事納めとは一年の農を納める日。この日から建前では野良仕事をしなくなります。まあ、藁打ちなどの屋内作業はするのでしょうが? しめ縄などの正月飾りを作ったりしていたのでしょう。

 ところでこの両行事とも地方によっては二月八日に行われる事もあるようです。それはこの両日が事八日の厄日とされ、何もしない事が肝要とされる慣習から派生しているようです。針仕事も野良仕事もしてはいけない日なのですね。
posted by 三上和伸 at 21:25| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイエット日誌51 2010.12.08

 昨日はウォーキングを行いましたが、今日は先程からまたしても不整脈が出てしまい、やむなくお休みする事にしました。ここのところ意欲満々でお休みなしでしたので疲れが溜まっていたのかもしれません。もっと気ばかりでなく、体の声に耳を傾けないといけませんでしたね。私はつい無理をしてしまう性質なのかもね…。気を付けましょう。一日様子をみて、大丈夫でしたら明日歩く事にいたします。

昨日の記録
歩数:7085歩 体重:81.6kg 減るどころか増えてます。またしても停滞期です。ウォーキングなしの今夜の晩御飯は控えないといけませんね…。
posted by 三上和伸 at 18:10| ダイエット日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月07日

私の歳時記 2010.12.07 今日は大雪

 今日は大雪(たいせつ)、二十四節気の一つで太陽の黄径が255度の時を指します。太陽の傾きが低くなる一方の季節、雪国からは大雪の便りの届く頃です。

 私は今、石油ストーブに当たりながらブログを書いています。ぬくぬくと気持ち良く、暖房の有難さをしみじみ感じています。でも明日からは更に一段と寒さが増すそうで、いやが上にも年の瀬の気分を煽りたてられそうです。私も心落ち着かず、一年の内でも余り好ましくない季節ですね。

 それでも皆様にはお元気でこの気忙しい季節を乗り越えてくださる事を願っています。終わり良ければ全てよし!?、いい一年でありますように…、もう一頑張り! 
posted by 三上和伸 at 23:26| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月06日

ダイエット日誌50 2010.12.06

 ダイエット日誌も早50号目、月日の経つのは早いものです。何時ぞやのテレビのダイエット番組では当人達は決死の覚悟で命を掛けているみたいでしたが、私は真剣ではありますが、苦楽相半ばすると言うか、楽しんでいる部分も大いにあると言うのが正直なところです。まだまだ続ける覚悟でありますし、先日作り始めた折れ線グラフの最軽量点は72kgに設定をしました。その帰結点まで、健康の増進を含めて有意義に楽しんで、辿り着けるように遣り抜くつもりです。見守ってくだされば有難いと思います。

今日の記録
歩数:7410歩 体重:81.1kg
posted by 三上和伸 at 23:57| ダイエット日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月05日

ダイエット日誌49 長散歩 2010.12.05

 日曜の今日はたっぷり時間をとって、横浜市瀬谷区の瀬谷市民の森と同じく旭区の矢指の森を梯子して巡ってきました。秋晴れの下、杉林と秋色に染まった雑木林が色のコントラスト描いて素敵でした。一人旅でしたが?、森の中を歩く楽しさを余す所なく味わえました。この模様は明日以降、横浜漫歩のページでお伝えします。お楽しみに…。

瀬谷市民の森 矢指の森
左が瀬谷市民の森、右が矢指市民の森です。野境道路(瀬谷区、旭区の区境)を挟んで隣り合っています。どちらの森も横浜の主要な河川(和泉川、帷子川)の源流の一つとなっており、横浜の僅かに残された自然境です。

今日の記録
歩数:20,018歩 
体重:81.1kg 
 昨日の午後以降の止むに止まれぬ大食により大幅増となり、今日の長散歩で大分絞り込みました。しかし、それでもまだオーバーしています。明日以降、節食に励みます。
posted by 三上和伸 at 22:48| ダイエット日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイエット日誌48 2010.12.04

 今、これまでのダイエットの記録を遡り、その推移を折れ線グラフに表す作業を始めました。九月十二日に思い立ち間食抜きのダイエットを始めてから早三ヶ月、ウォーキングを始めてからは二カ月、6〜7kgは減少したので自分でも驚いています。これからもリバウンドをしないように注意深くダイエットを履行して行きます。

体重の推移
09.12 88.0kg
09.25 87.0kg
10.05 85.8kg
10.25 84.0kg
11.07 82.0kg
11.25 81.3kg

 以上のような記録が残りました。これからは折れ線グラフを参考にし、ダイエットの励みとして頑張ります。

今日の記録
歩数7564歩 体重:80.8kg 
posted by 三上和伸 at 00:28| ダイエット日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月03日

ダイエット日誌47 2010.12.03

 今朝のもの凄い風と雨、全国に被害が出たそうで、亡くなられた方もいらしたようです。お気の毒です…。年々気象現象も荒々しさを増しているようで、直ぐ冠水したり竜巻が発生したりしています。防災の意識を高めないといけないですね。

 その強風のためあちこちで落ち葉が堆高く積もり、今日ほど掃除の人達が暫しも休まず忙しなく刷き清めている姿を見掛けた日はありませんでした。それに銀杏並木の見事な敷き紅葉、それはレモンイエローの色鮮やかな絨毯。私の目に鮮烈な威力を持って飛び込んできました。

 そして夜はその風のお陰で空は澄み渡り、夜半の今は冬の星座達がさざめき合い宴を繰り広げています。丁度真上には彼の名高き昴(すばる、プレヤデス星団)が肉眼でも観えています。目を凝らせばそれが幾つもの星の集まりである事が判ります。更に双眼鏡を使えば俄然、別世界が現れます。それは正にショパンの高音の煌めきのようにブリリアント…、寒さを忘れて陶酔してしまいます。

今日の記録
歩数:6802歩 体重:81.0kg
posted by 三上和伸 at 23:53| ダイエット日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月02日

ダイエット日誌46 2010.12.02

 新しいヘルスメーターも備わったし何だかまた気力が湧いて来ました。何しろ100グラム単位で正確に重さを刻むので信頼も高まり安心して測れます。歩く張り合いも違ってきて楽しく歩けています。努力には飴と鞭ですが、少しずつ飴を補うのは大切な事ですね。勿論自らで打つ鞭も大事ですけどね。今日も頑張りました。歩き終え、汗を拭き拭き体重計に乗り、身支度を整え一服をする。その気持ち良さと充実感、今漸く、それに気付き始めました。

今日の記録
歩数:8553歩 
体重:80.8kg 最軽量更新
posted by 三上和伸 at 23:13| ダイエット日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間奏曲369 海老蔵馬脚を露す。麻央は大丈夫か

 新婚の妻を一晩中放って置いて飲み明かす、しかも喧嘩までして大怪我を負って…。才能と人気にあぐらをかく海老蔵、正に醜態です。嫁を貰い一家を背負った身、最早若気の至りとは決して許されないでしょう。麻央はどんな気持ちで夜を明かしたのでしょうか。きっと不安と疑念に苛まれていたに違いありません。可哀想に…。この二人、今後も暗雲の晴れる事はないかもしれません。いたいけな女の忍耐が梨園の妻の誉となるか、不幸な女の身本になるか…。海老蔵次第ですが、一人の女も幸せにできない役者の芝居など、幾ら芸が立つとは言え私は観たくはないですね。
posted by 三上和伸 at 22:36| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月01日

ダイエット日誌45 2010.12.01

 昨日は時間がなくウォーキングを止めようと思いました。しかし、それでは何か気持ちが悪く落ち着かなかったので、短い時間で追い込んだ歩きをしました。競歩のようにエネルギッシュに、疾風怒濤?の如く歩きました。僅か三千歩余りでしたが、十分にカロリー消費ができたと思いました。

 その晩、何と妻が少し高性能のデジタル表示の体重計を買ってきました。どうも妻は私のダイエットに興味津々らしく、より正確に測れ、体重だけでなく体脂肪なども測れるヘルスメーターを私にプレゼントしてくれたのでした。有難い事に…。今後は週一ぐらいで体重の他、体脂肪率、体水分率、体筋肉率、そして骨量を掲載します。

今日の記録 早速、諸々の体成分率を計りました。結果はやや太め、運動が必要と出たようですね。
歩数:7095歩 
体重:80.9kg 最軽量更新
体脂肪率:26.9% やや肥満の範囲です。
体水分率:49.9% 普通の範囲以内です。
体筋肉率:38.9% やや足りません。長年のぐうたらの所為で筋肉が落ちています。
骨量:3.1kg まあまあかな?

posted by 三上和伸 at 23:24| ダイエット日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする