2011年08月28日

間奏曲468 残念!ボルト、フライイング(フライング)、興味半減 2011.08.28

 世界陸上であってはならない事態?が起きてしまいました。何と大会の主役・ジャマイカのウセイン・ボルト選手が華の100メートル競走でフライイングをして失格になりました。ルール改正によりフライイングは一発失格になったのだそうで、あろう事かボルト選手がその対象に…、私達観戦者も花形選手の走りが観られなくなってしまったのでした。一寸そのルール厳し過ぎやしませんか? 観る方もご馳走を前にお預けどころか膳を片付けられた格好になってしまい、欲求不満の憤懣遣る方ない気持ちにさせられたのでした、残念至極…。この一戦のボルトの走りだけを楽しみに全てを後回しにしテレビの前に座られた方も沢山おいででしょうにね。

 日本選手は何とか頑張っているようですね。でもね、準決勝進出で喜ぶのは少々大袈裟に過ぎます。本人自身の喜びなら大いに納得が行きますがね、周りが騒ぎ過ぎるのは次元が低く過ぎます。

 ハンマー投げの室伏選手や槍投げの村上選手が期待の持てる応援のし甲斐のある選手ですかね。やはりメダルに絡まないとね…。身体能力頼みの外国選手に立ち向かい、技術を駆使して頑張って欲しい、技の金メダル、楽しみです。
posted by 三上和伸 at 22:37| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間奏曲467 お寒い日本の陸上競技 2011.08.27

 涼しい北寄りの風が小窓から入り、今心地よく土曜の宵を過ごしています。ここに来て汗ばむ事無く過ごせるのは有難いですね。もう夏も終わるのですかね。少し寂しいですね…。

 先程まで世界陸上を観ていました。ブラックパワーの炸裂で、黒人選手ばかり観させられて、いささか辟易していたところです。その身体能力の高さは圧倒的であり、走る技術を磨き上げてきた日本女子マラソン陣営も、その技術を真似され追い付かれればもうとても太刀打ち出来るものではなくなりました。あの骨格の違いによる足の長さ、もの凄い人種格差がありますよね。私が「体重別競技に倣って陸上は人種別競技にしたら如何か?」と提案したら、下の娘は「それじゃー、世界大会は無くなるね!、つまらないじゃん」だと、当然ですね。でも笑い話では済まされない深刻さが日本の、否、世界のスポーツ界にはあるのではないですかね?? 日本も黒人選手を帰化させスカウトしてみる?…
posted by 三上和伸 at 00:49| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする