2012年03月04日

間奏曲523 遅かりしですが、ブログデザインを雛祭り仕様に… 2012.03.04

 何か、忙しなく過ごしていて、ブログデザインが冬のままでした。この間も雪が降り、何時までも冬景色の中にあり、春を実感できなかったですね。でももう、新暦の桃の節句も終わってしまいましたし、遅ればせながらですが、ここでブログデザインを雛祭り仕様にしてみますね。まあ、今年の旧暦の3月3日(旧雛祭り)は3月24日ですし、本当の意味での上巳(じょうし)の節句(旧暦3月の最初の巳の日)は4月2日ですから、このまま4月2日まで、この私のブログデザインは雛祭りバージョンで行きますね。可愛いでしょ、このデザイン! どうぞ、宜しく!
posted by 三上和伸 at 18:16| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の歳時記 2012.03.03 雛祭り

 昨晩(3月3日・夜))は叶神社のブログ書きに忙しく、上巳の節句の祝い(雛祭り)の記事が書けませんでした。そこで遅ればせながら一日遅れで、今朝書きますね。

長女の初節句の祝いに頂いた雛飾り 次女の初節句の祝いに頂いた親王飾り
もう、随分長い事、毎年欠かさず飾り続けてきたお雛様たちです。大分痛んでいますが、この景色がない事は考えられない程に、親しんできました。

左の段飾りが、今は亡き義父が長女に与えてくれた雛飾りで、私達夫婦が所帯を持って翌年生まれた長女共々、最も長く親しんだものです。

右の親王飾りは、次女のお雛様がなければ次女が可哀想と、優しいと言うより情に脆い?私の母が木目込み人形を習いに行き、作ってくれたものでした。

どちらも孫の誕生を喜び、それを愛しむ思いが切に感じられて、間にいる私達夫婦も大いに感激したものでした。

雛祭りは、親子三代の愛を思う、素敵な習慣ですね。この日、そこには五目寿司と蛤の潮汁を頂きながら、親を思い、子を思う、私達家族がいたのでした。幸せですね…。

posted by 三上和伸 at 10:57| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする