2012年03月05日

私の歳時記 2012.03.05 今日は啓蟄

 季節を定める目安には、一年を四分割にした四季がありますが、これを更に細かく二十四分割したものに二十四節気があります。春夏秋冬の一回転を360度とすると四季の一季節が90度で、二十四節気の一節季は15度となります。今日の啓蟄は昨年の春分からは345度まで回った訳で、あと15度回れば360度、今年の春分に達するのです。もう春なのですね。

 ところで啓蟄とは、土の中に冬眠で隠れていた虫(蟄)が、土の穴を啓いて出て来る(啓)の意味で、正に読んで字の如し、今の季節を象徴していますね。よく見れば虫も飛んでいますよ。二十四節気とは、中々に味わいのある単語が並んでいます。その中でも啓蟄は清明や芒種、白露や霜降などと並んで私の好きな節気です。

 さあ、私達も穴蔵から這い出して活動いたしましょう。この掛け替えのない季節は今でなければ味わえないもの、散歩に出て咲き出した梅でも愛でましょう。早咲きの蒲公英も咲いているかも知れませんね。
posted by 三上和伸 at 22:57| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする