2012年03月23日

生き物大好き23 ミニチュアシュナウザーの楽(ラク)君とスコッティッシュフォールドの大河(タイガ)君 2012.03.23

ウフフフフフフ…、可愛いでしょ。二日連続で可愛いお友だちに会えるなんて、今週はついていますね。ワンちゃんはワンちゃんの、ネコちゃんはネコちゃんの特性が出ていて、大変楽しい訪問でした。

@ミニチュアシュナウザーのラク君(4歳)
ラク君 ラク君
ネットで調べたら、ミニチュアシュナウザーのシュナウザーとは顎の小さい髭の意味があるそうで、この容姿にピッタリの名ですね。ドイツ原産で19世紀頃にはネズミ捕りの仕事をしていたそうです。遊び好き、好奇心強く、警戒心がありながら勇敢で、愛情深いのだそうです。このネットの解説は、正にこのラク君そのものであり、私を相手に知力体力を惜しまず出し尽くして遊んでくれました。追いかけっこが好きなようで、私が動くとすかさず俊足を飛ばして追いかけて来、私が向き直り迫ると、一目散に逃げ帰ります。そのやり取りがこの犬にとっては堪らなく楽しいようです。

左の写真をよく見ると、ラク君の右足の上にオヤツが乗っています。これはお母さんの“お預け”であり、それをラク君は忠実に守ります。少しのいらつきも見せないでラク君は凄い!お利口だね! 最後の退出時には私を見送ってくれました。元気でね、また来年!

Aスコティッシュフォールドのタイガ君(6歳)
タイガ君
スコットランドで見付かった耳がフォールド(折れ曲がった)した猫。それを1961年、品種に確立して誕生したのが、このスコティッシュフォールドだそうです。この猫の美点は仄々と温和な事。タイガ君もその美点を満点に持ち、快活無比のラク君とも大の仲好しです。私が写真撮影で追い回したので、イス陰に潜みましたがそれでも、その姿さえ癒しに満ちていました。

写真は失敗で大事な耳が隠れてしまいました。お許しあれ〜
posted by 三上和伸 at 23:51| 生き物大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生き物大好き22 ボーダーコリーのナナちゃん 2012.03.22

ボーダーコリーのナナちゃん
ウフフフフフフ…、可愛いでしょ。このワンちゃんはボーダーコリーのナナちゃんです。ボーダーコリーとは、そのルーツをバイキングまで辿る事のできる、イギリス原産の牧羊犬です。ボーダーの謂れは、原産地がスコットランド及びウェールズとイングランドの境界(ボーダー)の地にあるからだそうです。現在でもオーストラリアやニュージーランドでは現役の牧羊犬として活躍しているのですって…。働き者の凄い犬なのですね。また、フリスビードックとしても、その俊敏性が買われて活躍しているのはよく知られていますね。

 このナナちゃんは労働はしませんが、家族を癒す大切な役目を担っています。私にも遊んでくれ、癒しを沢山くれました。でも、ナナちゃんには悲しい記憶があります。女の子らしいナナちゃんは、ある時、想像妊娠をしたのだそうです。ボールを赤ちゃんと錯覚して追いかける事を止め、優しく抱き寄せて離さなくなったのだそうです。おまけに乳腺炎にもなってしまったのでした。止むなく手術をしたそうです、可哀想なナナちゃん…。それでも獣医さんは、手術さえ成功すれば長生きができると仰ったそうです。ほらね、今はとても元気でしょ! ナナちゃん頑張れ!
posted by 三上和伸 at 22:17| 生き物大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする