2012年07月11日

雑記帳16 パンダの赤ちゃん、夢をありがとう 2012.07.11

 儚い命でしたね。私があれこれ申した事が滑稽に思える程に…。本当に恥ずかしい、そして悲しい…。でも短い時間でしたが夢を見させてくれたパンダの親子よ、本当にありがとう、ご苦労様…。それから動物園関係者の皆様、お疲れさまでした。この不幸を学び、次はもっと首尾よくやりましょう。余りにも危うく憐れな、そして尚好ましい絶滅危惧動物のために…。
posted by 三上和伸 at 23:14| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする