2012年07月28日

雑記帳25 霧ヶ峰から戻りました 2012.07.28

訪問前の私の危惧は当たっていました。やはり霧ヶ峰には花が激減していました。特にニッコウキスゲは、あの三十年前の若き日の私が観た草原を黄金色に埋め尽くした圧巻の群生からはほど遠いものでした。鹿の食害、この最大の天敵を何とかしないと高山植物は全滅し、毒草だけが残る事になります。例えば、レンゲツツジ、そしてコバイケイソウ等の毒草、草食獣は決してこれらの有毒植物を食べないそうですよ。

それでも疎らながら花はありました。今後紹介して行きます。お楽しみに…。
posted by 三上和伸 at 23:17| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする