2012年12月31日

雑記帳93 大晦日の朝 2012.12.31

 今日は大晦日(おおみそか、おおつごもり)ですが、旧歴では来年の2月9日(10日が旧元旦)が大晦日に当たります。その日の早朝の空には晦の月が現れている筈です。新暦の今日の大晦日には、晴れていれば、居待月が現れます。大晦日に居待月とは可笑しなものですが、西暦の世ですから致し方ないのですよね。

 その内、一人暮らしの長女と嫁に行った次女も婿殿と我が家に集まる手筈となっています。勿論、今宵の家族は紅白歌合戦を観るでしょうが、疾うに“紅白”を卒業した私は、第九を聴く予定にしています。勿論、我が家でCD盤を聴くのです。ネガティブ(後ろ向き、第1楽章〜第3楽章)からポジティブ(前向き、第4楽章)に大変身(激変)するシンフォニーの最高峰・第九、ベートーヴェンの熱情を貰い受け、新年に雪崩込みましょう。

 今朝は風がなく空は曇天で放射冷却がなく、比較的暖かな大晦日となっています。今後の予報ではこれから冬型が強まり、関東では寒い年始となるようです。でも、晴れ間が続くようで、有難いものですね。ホワイトクリスマスはともかく、ホワイトニューイヤーがないのは北国の方々には申し訳ないですが幸せです。初詣や年始回りが楽ですものね。近年、ご近所を周り歩く年始の挨拶回りをする家庭は少ないでしょうが、私の若い頃までは行われていました。三が日の間に父が、半紙や手拭の心付けを携え訪ね回っていました。まあ、それでも帰省を始め、親や兄弟の家を訪ねる年始の挨拶は今も欠かせませんね。私達家族も妻の実家(一日)、私の実家(二日)へご挨拶に伺います。そして新たに親戚となった婿殿のご家族が三日に我が家を訪ねてくれます。親類縁者が増える、嬉しい事ですね!

 
posted by 三上和伸 at 09:27| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月30日

雑記帳92 本年の仕事終了、そして来年への決意 2012.12.30

 今日、本年最後の仕事を終えました。まあ、今年も様々な苦労がありましたが、一年を通して、まずまずいい仕事振りだったと思います。どんな場面の仕事でも、精一杯誠意を尽くして努めたと、自信をもって振り返えることができます。来年以降はこれまでの努力を礎に、いよいよ我が仕事の集大成の時が来たように感じています。最高の技能を目指して頑張ろうと今決意をしたところです。その結実を元に、これまで以上にピアノの話、音楽の話のブログ掲載を充実していきますね。どうぞお楽しみに! 62歳、まだまだ心は燃え盛って青春真っ只中です。仕事、ブログ等々、生涯現役を目指します。
posted by 三上和伸 at 23:42| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月28日

私の歳時記 2012.12.28 今日は納めの不動にして八専(八せん)終わり、官庁御用納めでオマケに望

 今日は望であり、晴天なら今年最後の満月が拝めた日でした。しかし生憎横浜は雨、最後の満月を拝めずに今年が終わるのはいささか残念ですが、諦める事と致しましょう。と言うのはね、昨夜の小望月(満月一日前の月)が余りにも美しかったのでつい…、今夜の望月も期待してしまったのでした。

 そして暦には、次の行事が書かれていました。納めの不動に八專終わり、それに官庁御用納めなど。納めの不動とは、大日如来の使者・不動明王のお不動様の縁日が毎月28日なので、師走の今日が今年の納めの不動だそうです。また八專とは、陰暦“みずのえね”から“みずのとい”までの十二日間、その中の丑(うし)、辰(たつ)、午(うま)、戌(いぬ)を除いた八日を言い、一年に六回あるそうです。この間降雨が多いと言われ、嫁取りや造昨を忌むそうです。この終りの日が今日と言う事…、暦占いですね。

 官庁御用納めは28日と決められていますが、土日だと前日前々日にずれるそうです。来年は12月27日だそうですよ。因みに今年の私の御用納めは30日です、キビシー。
posted by 三上和伸 at 23:18| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月27日

雑記帳91 フフフフ、観えました、新川崎高架橋からの南アルプス。フフフフ、観ました、京急120km/h高速運転 2012.12.27

 今日は東京杉並の仕事。私は早朝からワクワクドキドキ。何せ、横浜から湘南新宿ラインに乗れば、新川崎高架橋から南アルプスが臨めるかもしれないし、帰路、品川に出て京急に乗れば、時速120kmの高速運転を楽しめるのですから…。このささやかで切ない二つの望みは図に当たり、見事に本願を遂げました。

 鶴見川を渡る辺り、西の空には低い雲があり、今朝は駄目かなと諦めかけていましたが、何と呆気なく観えました。やはり冬本番の季節、今が見頃かも知れませんね。恐らく富士同様に毎日のように観えることでしょう。そして今年は雪が多く、白峰の名の如く、たっぷりと雪を纏っています。あの丹沢山塊と秩父山地の谷間に悠然と、巨大な三山が純白の金字塔を掲げているのです。何と言う素晴らしさ、山梨の西の外れの奥山が川崎で認められるのです。ここは知られざるアルプスの絶景ポイントです。

 午後の京急乗車遊びにはアクシデントがありました。私が運転室の後ろに陣取ったところ、可笑しなホームレス風の男がやって来て、私にその位置を譲れと言って聞かないのです。熱狂的京急ファンであろうその男は、私からその定位置を奪い、何やら変な鉄道用語(左右確認とか出発進行とか場内低速運行とか)の掛け声を発し、時より奇声を上げていました。周りの客は嫌なものを避けるように遠ざかりましたが、私は何としても京急快速特急の激しい走りとスピードメーターの針先の駆け上る数値が見たくて、しぶとくその男と並んでそこに留まりました。そして横浜に到着するまで不愉快をものともせず歓喜を持って楽しみました。解るのです、京急には熱狂的鉄道ファンがいる事が…。ファンなら観たいのです、スピードメーターが…、だから定位置を譲ったのです。品川駅でも写真を撮っているファンがいましたから…。京急万歳!!!
posted by 三上和伸 at 23:45| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月26日

雑記帳90 風花(かざはな)とは 2012.12.26

 風と花で“かざはな”と読みます。今夜変更したこのブログデザインのタイトルなのですが、どうも、このデザインでは、本来の風花の意味合いとはややずれているようです。本来の風花の意味は、雪や雨が初冬の風に乗ってちらちらと降ることだそうです。このブログデザインは、やや花に意を傾けデフォルメ(歪曲)されているようです。まあ、風花をデザインするのは中々難しいのかも知れず、花に頼るのは仕方ないかも知れません。

 また風花には別称があり、それは“かざほろし”といいます。音の素敵な良い名ですが、果たして“ほろし”とはどんな意味があるのでしょうか?、調べてみました。それは何と、人体に発する発疹・瘡(かさ)のことだそうですよ。素敵な風花が瘡だなんて、嫌ですね。かざほろし、音と意味の味わいの違いがこれほどある言葉も、少ないのではないですかね。

 今日では、女の子の名に風花(ふうか)を名付けるのが流行っているようです。儚さが感じられますが、透明で淡い風情のある素敵な名だと、私は思います。

 
posted by 三上和伸 at 23:57| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

再度・ダイエット日誌43 2012.12.26

12月16日の記録
体重:82.8kg 二日続けて82kg台を記録し、自信を深めました。しかし、私の自信は慢心と同義語、後が怖い…
歩数:7,851歩

12月17日の記録
体重:83.6kg 案の定、食い倒れました。慢心は敵だ!
歩数ー

12月18日の記録
体重:83.9kg ドンドン増えていきます。歯止めが効きません、ヤバイ!
歩数:10,192歩 沢山歩きました。その所為か不整脈が…、これもヤバイ!

12月19日の記録
体重:83.7kg
歩数:ー

12月20日の記録
体重:83.4kg
歩数:7,851歩

12月21日の記録
体重:83.6kg
歩数:9,428歩

12月22日の記録
体重:83.3kg
歩数:ー ピアノアクション修理開始、気忙しくウォーキングは休みました。

12月23日の記録
体重:84.2kg とうとう、狼オヤジの私、性懲りもなく84kg台に、とホホホホ…
歩数:ー

12月24日の記録
体重:83.2kg
歩数:ー

12月25日の記録
体重:ー 測る間も惜しんでアクションを依頼元の幼稚園へ、そしてわざとストーブを点けず、入魂の調律を!
歩数:ー

12月26日の記録
体重:82.6kg 寒さの中での力感の籠った仕事、体重減少に役立ちました。でもまた、慢心が…
歩数:7,279歩 寒さの中歩きました。辛かった…
posted by 三上和伸 at 23:02| 再度・ダイエット日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月25日

雑記帳89 クリスマスの思い出 2012.12.25

 先程は私の家でも、鶏肉を焼き、ケーキを作り、美味しく食べました。何時の頃から日本でもクリスマスを祝うようになったか定かでありませんが、62歳の私の幼児の頃の昔から、流石に鶏の焼いたのは食べませんでしたが、クリスマスケーキを食べ、クリスマスプレゼントをサンタさんと称する親から貰っていました。まだまだ貧乏な親でしたが、一年に一度子供の為に頑張ったのですね。今思えば、感謝の気持ちが湧いてきます。しかしそれでも何故か貧乏たらしくて、少々悲しい気分にもなりましたね。子供同士で何をプレゼントされたか、子供の見栄丸出しで言い合ったり、欲の皮が突っ張ったりして恥ずかしくもあり、惨めったらしくもありました。嫌ですね人間て、子供の内からこうですからね。でもまあ、それが人間ですかね。クリスマスの思い出、我々の世代としては、あっけらかんとしたものでなく、嬉しくもありましたが、そんな生活臭が漂う後ろ向きの印象が強かったですね。

 
posted by 三上和伸 at 23:57| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月23日

雑記帳88 三度(みたび)の土日ピアノ修理で超多忙、今年も30日まで仕事です 2012.12.23

 今し方までピアノ修理をしていましてやっと終り、ブログを書き出しました。皆様はもう年賀状を書かれましたか? 私は未だに手付かずで、明日の休みを利用して制作するつもりでいます。でもその前に、大掃除をしませんといけません。私の担当は事務所兼作業場の掃除と我が家の全てのガラス窓の窓拭きです。小さな家とは言え、窓は沢山あり、オマケに音楽一家?なので二重サッシが多いので、ホントに大変なのですよ。それにこの後もう休みがないので、明日か大晦日にやるしかないのです。明日、朝一番(6時)に起きて事務所兼作業場を2時間でやっつけ、その後は午前中にガラス拭きを済ませ、昼過ぎから年賀状制作をし、夜に宛名書きをする計画でいます。年賀状、出来上がったら、新年一番に新ブログの方に載せますね! お楽しみに!

 忙しくてウォーキングを休んでいます。されど食欲は衰えていません。案の定、太りました。明日にはご報告いたします。
posted by 三上和伸 at 23:41| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月22日

雑記帳87 マヤ歴終末論騒動 2012.12.21

 この現代の情報化社会にこんな騒動が持ち上がるとは不思議ですが、やはり世界は広いと言う事でしょうか。一寸、科学を齧れ(かじれ)ば、大事の前には必ず前兆があり、前兆がなければそんな事は起きようがないと論外視できるのですが、科学的にもの事を考えるより、運命論者的な迷信盲信に心奪われてしまう人々もいるのですね。教育水準の差もあるでしょうし、悪意や悪ふざけでの扇動もあったのでしょう。そんな騒動のあった国は、自国の教育水準を懸念する必要がありますかね。

 人類学的には、予測の一例ですが、人間の種としての寿命は3億年と試算している人がいるそうです。勿論、ロシアのプーチン大統領がコメントした太陽系消滅説の45億年は、一般に正しいとされています。
posted by 三上和伸 at 08:05| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月20日

雑記帳86 上弦、月旅行を夢見る 2012.12.20

上弦の月 2012.12.20
今日は上弦の月、大分西に傾きましたが、未だお顔を魅せています。本当に美しいお顔…、惚れ惚れとします。様々に顔を変える月は、何時観ても幾ら観ても観飽きないものですね。そしてこれを逆にして、月から地球を眺めたとしても、月と同じように、地球も様々に姿を変えるそうです。満地球もあれば半地球もあり、三日地球もあるし十三夜地球もあります。その内、月旅行が出来るそうですが、私は行きたいですね。是非、美しい青い半地球や三日地球が眺めてみたい! 地球の大きさ(直径)は月の4倍ですから、月から眺めた地球はさぞかし大きく立派に観える事でしょう。しかし、問題はその旅行費用ですよね。何億円でしたっけ? 宝くじ6億円を当てても足りないですかね??? あっ、そして長生きしなければね。ああ、月から地球を眺めたい!!!
posted by 三上和伸 at 22:57| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月19日

雑記帳85 残念富士は☓、されどアルプスは〇かも? 2012.12.19

 昨日からの強い季節風が一夜にして雲を蹴散らし、朝、かつて観た事のない鮮烈な富士を拝めると思いきや、残念、富士の辺りにはしぶとい雲が纏わり付き富士は☓…でした。されど丹沢山塊の向かい側の秩父や奥多摩の山々は、何時になく鮮やかに輪郭を表しており、その辺りの晴天と空気の透明度の高さが窺い知れました。「ひょっとするとひょっとするかもな…」、私は心で呟いていました。そうです、横須賀線(湘南新宿ラインでもよい)新川崎駅付近の高架橋からは、恐らくこの時点で南アルプス・白峰三山が観えていたに違いないのです。「今日この時点で横須賀線に乗っていたならな…」、私は取り返しのつかない?巡り合わせの不運に、口惜しい思いに沈みました。「あのアルプスの雄姿が拝めたのにな…」。きっと、その横須賀線に乗り合わせた人の中には、数人かも知れませんが、丹沢と秩父の凡庸な山の狭間に世にも美しいアルプスの白い峰を確認した人がいたに違いありません。私はその時、その幸運な人に強い羨望を覚え、横須賀線の車内に瞬間移動しようと心でもがきました。
posted by 三上和伸 at 22:46| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雑記帳84 季節風強まる、気温急降下 2012.12.18

 穏やかな霧の朝とは打って変わっての今の天候と気温、今外は風が吹き荒び、部屋の中も津々と冷え込んでいます。再び寒波来襲ですかね。これが冬ですね、北国は大雪、スキー場はウハウハでしょうが生活者は気の毒です。それに引き換え南国の我々は晴天を謳歌する日々、何と不公平な日本の立地なのでしょうか。私はもう寒いと言う語は吐かないようにしますね。北国の方々に申し訳ないですものね。されど罰当たりですが、私には一つ楽しみがあります。季節風のお陰で明朝にどれほどの富士が観望できるか、ああ、朝が待ち遠しい…。

 お休みなさい、どうぞお健やかに…
posted by 三上和伸 at 00:13| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月18日

雑記帳83 今朝は濃霧 2012.12.18

 今朝は珍しく、外は霧に覆われています。近年は都市化が進み乾燥が甚だしくなり、都市部では霧が発生し難くなっているそうですが、雨上がりで無風の気象条件が重なった今朝は、霧が降りたのでしょう。

 霧を観ていると、その姿は空間に漂っているように観えますが、その言葉の表現としては、霧が降る(降りる)が正しいようです。雨や雪や雹や霰などは、空から降って来るのが当たり前に思えますが、霧は降ると言う言い方が馴染めない程に強い下降が無く、その言葉使いとしては、面白い存在です。

 それでも、空気中の水蒸気が水に変化して現れる現象としては、雨や雪と変わりは無く、やはり降るが適切なのでしょう。しかし空に浮いている雲は雲が降るとは言いませんよね。空気中にある水分である事に何ら変わりはないのに雲は「漂う」や「湧く」が使われ、霧は「降る」、「降りる」が使われる、まあ、遠くにあるのと近くにあるの違いですかしらね。

 今バス停に停まっているバスは、フォグランプを点けています。霧中の車の運転は気を付けないと事故に繋がりますからね。でもまあ、何かフォグランプを点けての高原ドライブを想い出して、都市の霧も良いものですね。そうそう、あの緊張感と神秘感が堪りませんでした。
posted by 三上和伸 at 08:43| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月16日

雑記帳82 総選挙投票終了 さあ、どんな結果が? 皆様は投票しましたか? 2012.12.16

 今日の午後は仕事があったので、午前中にウォーキングを済ませ、一人飯の昼食をとり、行きがけの駄賃に選挙投票をしました。さて、私の意中の候補者や政党は果たして良い結果が得られるか、興味津々にこれからの選挙速報を見る積もりです。まあ兎に角、どんな政党が政権を取ったとしても、我々善良な市民のする事は一つ、批判精神を磨き、憲法、福祉、原発、外交、景気などの行く末を見守る事です。国民自らが痛みを分かち合い、政治家や官僚に頼る事なく、国民の力で日本を良くしていきましょう。

 選挙に行く前、ある政党の党員から電話がかかってきました。「日本◎◎党をよろしく、選挙は棄権せず行くように」だと。何を偉そうに嫌味な横柄な言い回し、私は「フン、必ず行くけどアンタの党には入れないよ、ガチャン」と切りました。どうもこの党員、私がこの政党の支持者だと勘違いしていたようです。人間、その一挙手一頭足で、人を愉快にしたり不快にしたりするものです。気を付けないとドンドン票を減らしますよ! 政治家のやる事はただ一つ、国民の幸せを命がけで守る事、尊大な態度を取る事ではありません。
posted by 三上和伸 at 20:58| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月15日

雑記帳81 昨日12月14日は高輪泉岳寺で義士祭がありました 2012.12.14 

 別に私が義士祭のために泉岳寺に行って来たのではないのですよ。暦を観ていたら、昨日の12月14日の行事の欄に義士祭が出ていたので、興味を持ち調べてみました。案の定、赤穂浪士が吉良上野介の館に攻め入った日は、新旧の暦の違いから混同がありました。本来の討ち入りの日付は旧歴の元禄15年12月14日であったそうです。これを新暦に直すと西暦1703年の1月30日だそうで、本当は毎年1月30日に義士祭をするのが正しいのですよね。それでもやはり12月14日の現代の師走に行いたい強い願望が日本人にはあるようですね。まあ、旧歴は年によって暦がずれますから記念日は定めにくい帰来はありますがね。元禄15年の12月14日の江戸は大雪だったそうで、それは大寒の後暫くですから、当然江戸でも大雪になる事はありますよね。季節を偽る義士祭ですが、致し方ないですかね。私は大寒の頃に義士を偲びたいと思いますがね。
posted by 三上和伸 at 23:50| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

再度・ダイエット日誌42 本当に祝・82kg台突入 2012.12.15

 何かね…、また祝なんて書くと『オオカミ少年(オヤジ)がまた嘘ついて人を騙しているよ、けしからん!』などと言われてしまいそうです。でもね、本当にやっとの事で82kg台に突入したのですよ、祝!、ウフフフフ…。今朝の計量で82.9kgを記録しまた、祝、フフフフフフ…。

12日の記録
体重:83.6kg
歩数:− 寒くて止めました。☓

13日の記録
体重:83.6kg
歩数:7,916歩

14日の記録
体重:83.1kg
歩数:7,947歩

15日の記録
体重:82.9kg
歩数:8,134歩

 これからが正念場ですね。何としても今年中に81kg台にしたいと思っています。後半月、自信が無いけど頑張ります。

posted by 三上和伸 at 23:03| 再度・ダイエット日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月13日

雑記帳80 ふたご座流星群、ただいま観測中 2012.12.13

 暫く前から、ふたご座流星群を観察し始めました。未だ一つも発見していませが、今回はしぶとくネバルつもりでいます。しかし寒いですね、旧式のぶわぶわの風船のようなダウンジャケットを着込んで頑張ってます。まあ、これで上半身は暖かですが、足が冷たいですね。もう一枚靴下を穿く事にしましょう。さてさて、これから幾つ見付けられるか不安でもありますが、楽しみです。流星よ、現れ出でよ!!!

 ふたご座は、今、東の空高くに昇って来ています。直ぐ近くに並んでいる兄弟星で、北側にあるのが、兄のカストルで白い二等星、南側にあるのが、弟のポルックスでオレンジ色の一等星です。二つ並んでいるのでよく判ります。

23:40…1個目発見! 翌日の未明1時まで頑張りまして、都合10個の流れ星を確認できました。大変幸せに思いました。その流れた瞬間の何とも言えない驚きと幸福感、願い事を唱えるのが自然の流れと実感しました。流星素晴らしい!!!、そしてその短さが切ない…


posted by 三上和伸 at 23:22| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月12日

再度・ダイエット日誌41 訂正とお詫び 2012.12.12

 申し訳ありません…。昨日の体重測定の数値は間違っていました。82.7kgと記載しましたが、本当は83.7kgであったようであり、目の錯覚により希望的数値を認識してしまいました。ホントに御免なさいね。それだけ83kg切りを切望していますので、悲しむべき愚かな錯覚をしました。これを機に反省し、再度?強い意識を持って減量に励んでいきます。御声援宜しくお願いします!!!
posted by 三上和伸 at 07:14| 再度・ダイエット日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月11日

私の歳時記 2012.12.11 寒波到来、嫌ですね

 イヤー…、寒いですね!! 例年ですとクリスマス頃に来襲する本格的寒波が、二週間程早くやって来てしまいました。もうストーブが無くては居られませんね。でも灯油の値が高く私の事務室兼作業場では、未だ石油ストーブは使えません。しかもエアコンも無いので仕方なく、電気ストーブで我慢しています。まあ、無いよりマシですから重宝はしていませんが、有難く?使っています。昔の囲炉裏や炬燵、そして火鉢よりは自由に動ける分、使い勝手はいいですね。

 寒くて一番困るのが、ウォーキングに行きたくなくなる事です。まずは取っ掛かりの家を飛び出す事が、どうにも億劫で辛くて恐ろしくて寒くて嫌ですね。300歩まで、震え上がりながらの歩行です。そしてどうにか暖まって来るのが15分程歩いてからですね。そこからは気持ち良く歩けますが、30分も過ぎると今度は汗が噴き出してきます。汗で湿った肌着の違和感を感じながら、残り30分を歩いて家に帰り着き、着替えるのがさあ大変! 濡れた肌着が寒さで急速に冷え出すとたまらない冷たさと気持ち悪さ、ここで再び悪寒がしブルブルと震えだします。ホント、大変です。
posted by 三上和伸 at 23:56| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

再度・ダイエット日誌40 祝・やりました82.0kg台 2012.12.11

12月7日(金)の記録
体重:84.2kg
歩数:12,164歩
前夜の晩ご飯が、ある方より頂いた高級海苔の所為で美味しく、ご飯をお代りしてしまいました。ダイエットの場合、体重増加の報いは直ちに表れます。ホント怖ろしいです。

8日(土)の記録
体重:83.9kg
歩数:−
作業場での修理作業(朝から深夜まで)が忙しく、ウォーキングに出る機会を失いました。でもそのお陰で、間食をせずに済み、前日のような体重増加は避けられました。ヤレヤレ…、疲れました。

9日(日)の記録
体重:83.5kg
歩数:8,918歩
修理作業もはかどり、この日はウォーキングに出ました。寒波の来襲で寒さも一段と増し、1時間強歩いても汗の量は先月に比べ大分減るようになりました。それでも寒さによりカロリー消費は活発となるので、寒さにめげずに外に出る事は大切です。

10日(月)の記録
体重:83.4kg
歩数:5,631歩
この日は一部徒歩での仕事でしたので、ウォーキングは止めました。歩数は少ないですが、重い(約7kg)鞄を抱えながらの歩きはきつく、充分なカロリー消費に繋がります。さりとて毎日これをやれと謂われても「それは厳しい…」と言わざるを得ません。然らば道具を減らし鞄を軽くするとしたならば、今度は満足な仕事は出来ません、難しい所なのですよ。ですから普段は車を使い時々徒歩で回る、そして車の日にはウォーキングに出る、それがベターなようです。

11日(火)の記録
体重:82.7kg…この数値が誤りで、本当は83.7kg
歩数:8,296歩
とうとう?やりました。84.4kgから始めたダイエットでしたが、やっとの事で82kg台に到達しました。高々-1.7kgで、二カ月以上も掛かり、如何に適当にやっていたかも見え見えですが、私は嬉しく思いました。やはり結果が出ると希望が湧いてきます。さあこれから、今度は82kg切りを目指します。請う!ご期待!
posted by 三上和伸 at 08:20| 再度・ダイエット日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月09日

雑記帳79 もう直ぐ総選挙 2012.12.09

 総選挙も来週に迫り、我が家にも選挙リサーチの電話が数本掛かってきました。昨日今日と我が作業場でピアノ修理の仕事に明け暮れていましたが、時よりそんな電話が掛かり仕事の邪魔をされ、不愉快に思いつつも対応してやりました。まあ、私の思いは決まっており、難なく回答出来ました。私は支持していませんが、マスコミの世論調査では自民党が圧勝だとか? 3年の雌伏が肥しになったかどうか、もし自民党が政権を獲得したならば、厳しい目を持ち、その政治手法を見極めたいですね。それにしても、各党の対立政党へのネガティブキャンペーンは見苦しいものがありますね。私達有権者は、そんな事ぐらい解っているのですよ。もっと真摯に政治経済の本道を語って欲しいですね。おもねず、オブラートに包み隠さず、出来る事出来ない事など、正直なところを!
posted by 三上和伸 at 22:24| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雑記帳78 真央ちゃん、グランプリファイナル優勝おめでとう 2012.12.09

 微妙な判定の不公平から陥った不調とお母さんの死、ここ数年は様々に苦しみ続けた真央ちゃんでしたが、遂に今季・グランプリシリーズの優勝を勝ち得ました。逆境をものともせず三度目の優勝、本当に強い心を持った女性なのですね。テレビで窺い知るだけですが、よく耐えてここまで来たと思い、頭が下がりました。観戦していて、私は思わず涙ぐんでしまいました。

 演技もバレエを取り入れた体の表現が身について来たのか、優雅さや伸びやかさが増し、いい感じになって来ています。これからは再びのトリプルアクセル挑戦ですね。ソチでは完璧な真央ちゃんと天性の舞姫・キムヨナの対戦が実現しそうです。今から楽しみでワクワクしますね、そしてハラハラドキドキもね。
posted by 三上和伸 at 08:32| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月08日

私の歳時記 2012.12.07 今日は大雪そして下弦

 今日は大雪(たいせつ)、太陽の黄経が255度になった日(2時19分)、そのネーミングからして、寒々しですね。けだし、大雪と言えども関東南部に大雪(おおゆき)が降ると言うのではありません。まあ、この二十四節気は少しピンとがずれているかも知れません。それでもいよいよ、世間?は真逆さまに冬に雪崩落ちて行きます。この寒さに今の私は心寒く、ブログ書きがはかどりません(奈良旅行ものや半年前の京都ものの残りも)。ものを書くと言う事は心が燃えていないと書けないものです。そのモチベーション(意欲と動機)が上がらず、書いても面白みの少ない平板なものになってしまうのです。まあ、凡才の私ですから仕方ないのですが…、モーツァルトやブラームスが羨ましい、この二人、汲めども尽きぬモチベーションの塊だったようです。調べれば調べる程(聴けば聴く程)、その凄さが分かってきます。

 今夜は弦月の下弦の月の日ですが、まだ出て来ていませんね。もう少ししたら出て来るでしょう。下弦の月を眺めたら寝る事にしますね。今暫くの辛抱です。
posted by 三上和伸 at 00:00| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月06日

再度ダイエット日誌39 2012.12.06

12月03日の記録
体重:83.3kg
歩数:− 雨で割愛

04日の記録
体重:83.8kg
歩数:8,233歩

05日の記録
体重:83.5kg
歩数:− 疲れが出て体調悪し、お休みしました。

06日の記録
体重:83.9kg
歩数:8,834歩

疲れてるのに食欲は落ちず体重は上昇気味、また悪いパターンに陥ってしまいました。ダイエットは難しい、でも諦めてはなりません。悲観せず少しずつ前進して行きましょう。何時かは報われる事を信じて…。
posted by 三上和伸 at 22:33| 再度・ダイエット日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月02日

再度・ダイエット日誌38 2012.12.02

12月01日の記録
体重:83.6kg
歩数:8,048歩

02日の記録
体重:83.2kg
歩数:約5,000歩

今日は仕事があり、車が使えず、電車バス徒歩で動きました。ところが、お客様とのコンタクトの悪さから、バスを乗り間違え、えらい目に遭いました。しかも間が悪く愚かにも、バスの中でメールを打っていて方向が異なるのを見抜けず、全くの遠くに降ろされてしまいました。また再びバスに乗るのも癪だし、タクシーは高価で赤字だし、「ええい、この時こそ普段の努力の見せどころだ!」と思い、歩き通して見せようと歩き出しました。通行人の皆様に道を尋ね尋ね、やっとの思いでお客様の下に辿り着けました。寒さにめげずにアレグロの速さで飛ぶように40分歩き、辿り着いた時には汗だくでした。汗を拭き拭き調律をしたのは何カ月ぶりか? お陰でウォーキング替わりとなり、帰宅も遅れたのを良い事に、今日のウォーキングは割愛しました。
posted by 三上和伸 at 22:25| 再度・ダイエット日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

☆新ブログへのお誘い

☆新・音の楽しみの最新記事
新・ブログ↓
http://blog.livedoor.jp/otonotanoshimimikami/

☆食べ歩き・喫茶と間食、そしてテイクアウト 葉山鴫立亭 2012.12.01ショコラ・シャンティとトランシュ・ショコラ
三上家一押しのケーキ屋さん、親戚の鴫立亭の絶品ケーキのご紹介。ホントに美味しいのです。是非一度お試しあれ!

☆星空ウォッチング71 今、観えました!金星・土星の大接近! 2012.11.27
土星と金星
薄い雲ありましたが、その雲間から観る事ができました。

☆星空ウォッチング70 金星・土星、大接近、スピカと水星もあわよくば… 2012.11.26
明日の早朝、5時30分に金星・土星の大接近が観られます。そして嬉しい事に、おとめ座のスピカとあわよくば水星までも、観る事ができます。お勧めです。

☆星空ウォッチング69 旧神無月の上弦 2012.11.20
2012旧神無月の上弦
上弦の月に纏わる歌を紹介します。吉田拓郎の「旅の宿」。そこに歌われているのは、若き男の切なる願望、女性への憧れ…

☆星空ウォッチング68 この後の天体ショーのお知らせ 2012.11.19
この後の11月にスタンバイされている天体ショーをお知らせしています。

☆ピアノの話561 仕事仕事仕事…、最後にカウチポテト族 2012.11.18
大忙しの仕事が済んだらウォーキングでなくカウチポテト族になってしまいました。 

☆星空ウォッチング67 三日月と地球照 2012.11.16
三日月と地球照
三日月と月の影の部分の地球照が美しい…

☆星空ウォッチング66 しし座流星群極大 2012.11.17
しし座流星群極大のお知らせ

☆間奏曲560 紫に染まるエリスマン邸 2012.11.13
エリスマン邸、紫で飾られて… パープルのサンルーム
横浜山手のエリスマン邸が、何と紫に彩られました。その華麗なる色合いに寄り添い流れる夏子のピアノの響きは正に高雅そのもの、それはまたとない贅沢な一時でした。

☆ピアノの話40 グランドピアノ銅巻き線の張り替え 2012.11.11
右3番目の25A右を巻き替える 邪魔なダンパーを外す 弦をアグラフに通す 弦を巻く ダンパーを戻す 完成
GP銅巻き線の張り替えを順を追って説明しています。コツのコツをお教えしています。是非参考にしてください。

☆食べ歩き・昼餉 上高地帝国ホテル・レストラン・アルペンローゼ 2012.10.20
帝国ホテル、日本を代表する洋食の味、ビーフごろごろの絶品・ビーフカレーを頂きました。ご馳走様!

☆信州漫歩1 上高地 2012.10.20
上高地探勝の写真版を掲載しました。写真数29枚、穂高が素晴らしいですよ。

☆鎌倉漫歩7 天園ハイキング 4、瑞泉寺 2012.10.08
鎌倉の風致の地に創建された静かな禅寺、。自然の地形を生かして造った名勝の岩庭が素晴らしい…。開山・夢窓国師入魂の寺。

☆間奏曲559 美しい!美味しい! 銘菓:萩の薫 2012.10.30
箱の蓋を開けたら吃驚、頂いたら驚嘆、美しくて美味しい絶品のお菓子

☆星空ウォッチング58十三夜-59小望月-60望月-61十六夜-62立待月-63居待月-64寝待月-65更待月
十三夜、小望月(十五夜一日前の月)、望月(十五夜)、十六夜の月、立待月、居待月、寝待月、更待月と月は月でも名前のある月を並べてみました。見比べると面白い! 

☆星空ウォッチング58 2012十三夜の名月 2012.10.27
十三夜の栗名月、期待に違わぬ床しい姿を魅せてくれました。いい月でした、感謝…。

☆季節の便り2 田代池の黄葉 上高地 2012.10.20
金色に染まる田代池、これぞ秋の神秘の情景、正にエレジー(哀歌)ですね、涙が溢れます。

☆星空ウォッチング59 オリオン座流星群観えませんでした 2012.10.22
空振り続きの天体観測、自然の神秘を目撃するのは意外に難しい、次回は必ず…。

☆上高地の私 上高地からただ今もどって来ました 2012.10.20
大正池の真ん中から穂高を撮りたくてボートに乗りました。妻とは?新婚旅行・春の弘前城以来のボート遊び、33年前の桜吹雪が私の瞼の内に舞いました。「新婚旅行を思い出すね、ニコッ!」、「そうね…微笑…」、二人は満更でもありませんでした!

☆星空ウォッチング55 さそり座アンタレス、火星と接近、月も参上 2012.10.19
さそり座アンタレスと火星が接近、月も絡みます。まるで錦絵の相撲のようで見応えがあるでしょう。

☆鎌倉漫歩7 天園ハイキング 3、山上を歩く 2012.10.08
いよいよ山上を歩きます。森と風、絶景にお花、そして鎌倉石の墳墓(窟)。鎌倉らしい景色が現れては消えて行きます。

☆鎌倉漫歩7 天園ハイキング 2、建長寺半増坊 2012.10.08
建長寺随一の面白処・半増坊、珍しい天狗の銅像と出会えます。ところで何故天狗なのかお解りですか? お知りになりたければ、是非新ブログへ…

☆鎌倉漫歩7 天園ハイキング 1、建長寺 2012.10.08
天園ハイキングの始まりは建長寺、僧は修行に明け暮れ、鎌倉の禅寺の凄さを今に伝えています。朝は座禅、昼は托鉢、夜は経文、一日中大忙しです。
posted by 三上和伸 at 21:46| プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雑記帳77 光陰矢の如し、もう師走ですね 2012.12.02

 毎年この時期になると、私がオウム返しのように唱える語句に“光陰矢の如し”があります。「あれ、つい先だってお正月を迎えたばかりなのにもう暮れか…、光陰矢の如しだな…」、歳を重ねれば重ねる程、その口癖は頻繁となり、焦燥の思いは増幅されていきます。時が過ぎるのが勿体ない、そうです、もう確実な生の時間は残り少ないのです。

 私はピアノ調律師です。ピアノの鍵盤は88鍵であり、その数は正に大方の人の一生の年数に準じています。私の歳は62鍵の所、来年はもう63鍵目、そのキーを調律すれば残りは25鍵となります。「ああ、こんなに生きて来たのだな…、後25年か、ほんの少しだな…、あの20鍵目が羨ましい、20Eのキーが、あんな時もあったな…、あそこに戻りたい…、………、よし、残りを精魂籠めて尽くそう!」、私はしばしば、そんな思いで仕事をしています。

 “光陰矢の如し”の語句は英語圏でもあるそうです。“Time flies like an arrow”だそうです。人間である以上時間は大切なものですが、極めて切ないもの。どの人種でもそれを巧く使いこなしてこそ成功者と言えるのかも知れません…。私の愛するモーツァルトやブラームスは、その成功者と確実に言えるでしょう。35年と64年の生涯で、稀に見る最高のしかも数多の傑作を残したのですから。その生涯を調べても、時間を縦横無尽に使いこなしていた形跡が観えます。まあ、無理を重ねて短命に終わったのは、その唯一の失敗だったのかも知れませんが…。因みに私は? 当然失敗者です。
posted by 三上和伸 at 09:50| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする