2013年03月12日

私の歳時記 2013.03.12 今日は旧歴如月の朔、そして東大寺修二会お水取り

東大寺二月堂 二月堂から臨む東大寺と大仏殿
東大寺二月堂      二月堂から東大寺大仏殿、遠くに生駒山
 今日は旧歴・如月(旧二月)の朔、夜空には月はなく、星明りだけの新月の宵。丁度今、奈良東大寺では修二会(しゅにえ)の法要が行われており、今深夜から明日未明に掛けてお水取りが行われます。さぞかし素晴らしいと思われますが、今年も行けませんでした。ここでは錬行衆の道灯りのため松明が灯されます。従って関西ではこの修二会をお松明とも呼んでいます。松明は毎日灯されますが、十二日の深夜から翌未明のお水取りに掛けては一回り大きい籠松明が灯されます。よって二月堂は火の子の雨が降るのです。

 修二会の本来の正式名称は「十一面悔過」(じゅういちめんけか)と呼ぶそうです。この修行は、人間の罪を二月堂の本尊十一面観世音菩薩の前で懺悔し、鎮護国家、天下太平、風雨順時、五穀豊穣、万民快楽などの大望を願い、人間の幸福を祈願する行事だそうです。素晴らしい事ですね。

 元は旧歴二月一日に行われた為、修二会の名があるそうです。現在は新暦三月一日に始まり、三月十二日から翌未明に掛けてお水取りが行われます。これは若狭井から観音様に供える水を汲み上げる行事です。今年で修二会も1262回を数えるそうです。
posted by 三上和伸 at 22:10| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする