2013年06月05日

新・とっておきの花3 「日本のローズ」紫陽花、咲き出しました

アジサイ アジサイ
幕末のオランダ人(本当はドイツ人)医師シーボルトがいみじくも語った紫陽花への賛美、「日本のローズ」。シーボルトにとって日本は神秘の国だったようですが、それは何よりもそこにあった植物(花)への愛着が元にあったようですね。解ります、この美しさですからね…。紫陽花・日本のローズ、私も思いは同じです。

右のブルーの紫陽花は、明月院の姫紫陽花のようですね。名月院ブルーと言われる美しい青色紫陽花です。行きたくなりますね、彼の地、そろそろ満開ですかね?
posted by 三上和伸 at 23:21| 新・とっておきの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新・野の花1 雑草と呼ばないで ヘラオオバコ 横浜市 2013.06.02

ヘラオオバコ
ヘラオオバコ(箆車前草)別名:ヘラオバコ、ヘラオンバコ、ヘラカエルバ オオバコ科オオバコ属
近年、よく見かけるオオバコの一種。オオバコの中でも中々の愛嬌者で、大変愛らしい。ふっと目に停まり、シャッターを押してしまいました。ヨーロッパ原産の帰化植物、葉は全て根生葉ですべすべして箆(へら)のようだから、この名があります。白く花に見える飛び出してぶら下がっているものが雄しべ、この滑稽さが愛嬌者の所以かな?
posted by 三上和伸 at 22:46| 新・野の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雑記帳135 よく言った! 古谷国家公安委員長、でも一寸可笑しい… 2013.06.05

 50キロ制限の見通しの良い道路で、“スピード違反の交通取り締まりをするのは可笑しい”と古谷国家公安委員長がのたまいました。そこで我が意を得たりと言いたいところですが、一寸可笑しい…と私は思います。こんな道路では、100キロ近くでぶっ飛ばす輩もいるのです。だから取り締まりを止めるのではなく、願わくば、こんな輩だけを取り締まって欲しい…。嘗て私は、横浜環状2号線(片側3車線60キロ制限)で、81キロ(21キロオーバー)で捕まりました。私の前には全く車の姿は無く、自然に80キロを超えてしまいました。するとすぐさまサイレンが…、こんな事、理不尽ではありませんか?、得点稼ぎの取り締まり?、私は憤懣やる方なかったのでした…。この数分前には100キロ超の車が何台もいたのに…。善良なドライバー(精々20キロオーバーくらいしかしない…)が不運にも捕まり、100キロ超の悪徳ドライバーが危険極まりない無法運転でのうのうと走り回っている…。結論を申しましょう。どんな道路でも取り締まりを止めるのではなく、20キロオーバーの善良ドライバーなどには目も繰れず、100キロ超の悪徳ドライバーだけを相手にしてください。こんな無法者を殲滅してください。全てに善良な男のお願いです。
posted by 三上和伸 at 22:08| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最後のダイエット日誌81 77.2kg 持ち直しました、悪魔を眠らしつつ頑張ります 2013.06.05

体重:77.2kg(今朝7:00計量) 前日(77.5kg)比:-0.3kg
食べたい悪魔、昨夕食では眠らせました。常にこの悪魔との騙し合いになると思いますが、初志貫徹、頭脳?と体を使ってやり抜きます。 
posted by 三上和伸 at 07:13| 最後のダイエット日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする