2013年06月15日

赤ちゃん観望記57 Nちゃん、小悪魔ちゃんから天使ちゃんに変身 2013.06.15

 赤ちゃんは、“今泣いた烏がもう笑う”の諺のように、感情や機嫌が替わり易い生き物ですね、孫のNちゃんも激しく機嫌が乱高下します。先程、我が家に着いた時は、道中の暑さや空腹具合で泣き叫び、小悪魔同然でしたが、オッパイを飲み、お風呂に入って汗を流すと、あら不思議、嘘のように機嫌が直りました。私と見詰め合って思わず破顔一笑、美しい天使の笑顔を魅せてくれました。

 夏さん、次女ママKさん、私等夫婦、そしてNちゃん、五人で夕食を食べました。生後4ヶ月と24日、Nちゃんはそろそろ離乳食の時期に差し掛かっています。ラッキョウを食べて激しく顎(口)を動かす私を見詰め興味津々、食べたがる風情は見せませんでしたが、もしNちゃんの口に食べ物を近づけたなら、今にも食べ出しそうに思えました。「もう直ぐ、ジイジが食べさせてあげるからね」、「何がいいかな?、そうだバナナがいいね、一寸砕いて柔らかくて、Nちゃん、楽しみだね」、「あうあうあうーん」。Nちゃんはニッと嗤い(笑い)?ました。
posted by 三上和伸 at 21:14| 赤ちゃん観望記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤ちゃん観望記56 Nちゃん小悪魔ちゃんでした、成す術なくジイジ敗退 2013.06.15

 二週間の隔たりは大きく、Nちゃん、破顔一笑ならぬ破顔号泣でした。覚悟はしていたとは言え、厳しい現実が立ちはだかりました。先程までの夢の妄想は粉々に打ち砕かれ、今は無残にその残骸を私の胸に止めています。でもね、私は少しも悲しんだりはしていません。夢も希望も失ってはいません。どんなに刺々しく心が傷ついたとしても。私はこの血を分けた孫娘を大切に見守り続けたい…。その存在で、多くの恵みを私に授けてくれたのだから…。人間の素晴らしさ愛しさを教えてくれたのだから…。いくら敗退しても私は挑み続けます。私には確かな愛の勝算があるから…。
posted by 三上和伸 at 18:42| 赤ちゃん観望記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤ちゃん観望記55 フフフ、これからNちゃんが来ます、一泊二日です 2013.06.15

 フフフフ…、これからNちゃんがやって来ます。二週間振りの逢瀬?です。どんな顔で会ったらいいのかな? どんなお顔で会ってくれるのかな? やはり、一番大好きな、破顔一笑でしょうね。

 そしてジイジはNちゃんをギュッと抱き締めて、ホッペにチューをします。チューをしたら、今度はしっかり見つめ合います。それからこの二週間のお互いの出来事を語り合い?ます。Nちゃんはお熱が出た事を話すでしょう。ジイジはフンフンコックリしながら聞き入るでしょう。すると次にジイジがお熱のNちゃんを心配した話をするでしょう、Nちゃんのヒエピタ姿に泣いた事を…。Nちゃんはニコニコしながら聞いてくれます。そうして「心配かけてごめんなさい、でもこんなに元気になったよ!」って謝ります。空かさず「お熱が下がって元気になって、ホントによかったね。Nちゃんは強い子だ!」とジイジは褒めてあげます。そして再び、ギュッと抱きしめて、チューをして、ジイジは嬉し泣きをしてしまいます。
posted by 三上和伸 at 16:39| 赤ちゃん観望記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最期のダイエット日誌91 77.7kg ラッキョウの甘酢漬けも手伝い、大幅増 2013.06.15

体重:77.7kg(今朝7:10) 前日(77.4kg)比:+0.3kg
運動☓、お通じ☓(二日無し)、連日の高カロリー食の食べ放題☓、イケませんね。この体たらくを繰り返して、70キロ台を行ったり来たり…。意志薄弱人間の常道を歩いていますね。心を入れ替えて、やりましょう、一年発起、再びのカロリー計算! これやらなくて、我がダイエットに終わり無し。
posted by 三上和伸 at 07:27| 最後のダイエット日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雑記帳138 私の大好物・ラッキョウ漬け 2013.06.14

 一年に一度しか出回らないラッキョウ、今の時期、八百屋ではうず高く積まれています。今が漬け時なのです。我が妻は凝った料理は致しませんが、中々の料理好きで腕も達者であり、ラッキョウなども美味しく漬けてくれます。何を隠そう、私は大のラッキョウ好きであり、何キロ漬けてもあっと言う間に食べ尽くしてしまう、ラッキョウ人間です。何が好きかと申せば、一に爽快な歯応え歯触り(一口噛んだ瞬間が堪りません)、二に匂い(匂い成分アリル硫化物は食欲増進効果大)、三に辛み(匂いと辛みが絶妙のハーモニー、匂いだけでも駄目☓、辛いだけでも駄目☓、二つ揃って◎)、四に甘酸っぱさ(青春の味)。それらが混然一体となった絶佳の風味、あー答えられません。♫止められない止まらない甘酢漬ラッキョウ♫ 一食で最低12個は食べます。

 只今調べたところによると、ラッキョウは薬効成分が豊富だとか。生薬として知られており、漢方で胸痹(胸の痛み、胸のつかえ)に効くそうです。

 また、ラッキョウはネギ科(またはユリ科)ネギ属で、この仲間にはニンニク、ニラ、ネギ、アサツキ、ノビルなどがあります。何れも匂う草たちです。これらの匂い、私にとっては芳香です。

 最近では、塩漬けをせず、いきなり甘酢に漬けるそうです。これは匂いも辛みも残り、秀逸です。しかも歯応えも歯触りもアルデンテ、最高です。
posted by 三上和伸 at 00:14| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする