2013年07月31日

最後のダイエット日誌137 体重:77,7kg 体脂肪率25.3% 2013.07.31

◎前日比(体重:77.6kg、体脂肪率:23.3%)
体重:+0.1kg 体脂肪率:+2.1%

◎前夜比(体重:78.3kg、体脂肪率:20.1%)
体重:-0.7kg 体脂肪率:+5.2%
posted by 三上和伸 at 08:18| 最後のダイエット日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月30日

最後のダイエット日誌136 体重:77.6kg 体脂肪率:23.31% 2013.07.30

◎前日比(体重:77.5kg、体脂肪率:21.6%)
体重:+0.1kg 体脂肪率:+1.71%

◎前夜比(体重:78.0kg、体脂肪率:20.0%)
体重:-0.4kg 体脂肪率:+3.31%
posted by 三上和伸 at 06:46| 最後のダイエット日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月29日

雑記帳152 バテバテ夏バテ昼(夕)寝三昧、だからウォ―キングが出来しまへん 2013.07.29

 どうもね…、我が体は過酷な暑さに負けてしまい、毎日、昼寝&夕寝が欠かせなくなりました。昨日はNちゃんと二人して昼寝を楽しみ、今日は帰宅後夕寝を貪りました。それが気持ち良く眠れるのですよ。ホントに…。でもその後がイケません。もう気だるくなってウォーキングどころではなくなってしまうのです。遣る気が失せて、ウジウジしていると直ぐ晩ご飯、それでも食欲はバテる事無く凛々?なので、「パクパクパクパク」、始末に負えません、貪り食べてしまいます。最後のダイエット、停滞続きから体重上昇にシフトアップしそうです。何かね、お腹のベルト周りが少しきつくなり始めた感があります。夏、ダイエットには不向きな厳しい季節、やはり楽して遊んだ方がいいのかしらね。遊んで太って、秋にこれではいけないと、今度は、最後の最後ダイエット日誌何て書いているかもね…。皆様は如何想われますか?
posted by 三上和伸 at 21:30| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最後のダイエット日誌135 体重:77.5kg 体脂肪率:21.6% 2013.07.29

◎前日比(体重:78.0kg、体脂肪率:22.9%)
体重:-0.5kg 体脂肪率:-1.3%

◎前夜比(体重:78.9kg、体脂肪率:20.1%)
体重:-1.4kg 体脂肪率:+2.8%
posted by 三上和伸 at 07:59| 最後のダイエット日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤ちゃん観望記71 Nちゃんと並んでお昼寝、幸せで溶けました 2013.07.28

 暑い中、Nちゃんは元気にやって来ました。先ずは昨日、伯母(夏さん)さんの音楽紙芝居を鑑賞?しました。会場でも良い子ちゃんをして、皆様に褒められたりあやされたりで、暫くは大人しく観聴き?していました。されど、紙芝居が佳境に入った頃になると場に慣れ、大声で叫んだりして、本領を発揮し始めました。会場内では、失笑も混じったのでしたが…、でももう紙芝居はお終い、Nちゃんはほぼ良い子で好印象を残して会場は散会となりました。エカッタ、エカッタ…

 今日の昼寝はNちゃんとジイジの二人でしました。とは言ってもNちゃんはもう眠りの中でしたが、二人平行に並び横になりました。Nちゃんは、スースーと微かな寝息を立てていました。その寝息の間隔は大人の私に比べかなり速いのですが、Nちゃんのそれは健やかで確実なものでした。安堵感のある良い寝息でした。それから私はかなりの時間、Nちゃんを見守り続けました。すると小さいオテテの指先が僅かに震えたり、首を左右にゆさゆさと揺すったり、夢でオッパイを飲んでいるのでしょうか、お口をクチュクチュ動かしたりの小さな動作が観られました。それでも大方は微動だにしないと言ってもいい、大の字の安定した寝姿でした。あっしかししかし、赤ちゃんはO脚なので、大の字と言うよりは古の字と言った方が良いかも知れませんね。手は横に真一文字、でも足は、Oを描いていました。やっぱり古の字ですね。その内私も眠ってしまったらしく、30分ほど後、良い目覚めを得て起き出しました。けれども未だ、Nちゃんは夢の中でした。この優しい寝顔、それを直ぐ間近で見られる自分の巡り合わせの有難さに、胸が熱く燃えました。
posted by 三上和伸 at 01:04| 赤ちゃん観望記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月28日

新・食べ歩き9 横浜中華街シリーズ@ 梅蘭の焼そば 2013.07.27

梅蘭へ行くには取り敢えず市場通りに入れば良いでしょう。この通りは中華大通りや関帝通りと直角に交わっている通りで、その出入り口にはそれぞれ小規模ながら市場通り門が構えています。中華大通り方面から入れば二番目の門を抜けると直ぐ左側に見えてきます。間口の狭い店なので、通り過ぎる事もあるかも知れませんが、“梅蘭”の二文字が目に入ればそこが焼ソバの聖地?です。

朱雀門(すざくもん)と市場通り門、そして梅蘭(ばいらん)
横浜中華街南門・朱雀門 市場通り門 梅蘭(北京料理)
朱雀門と市場通り門、右に北京料理の梅蘭
南門の朱雀門(元町側)から入れば、そのまま南門シルクロードを北上し、関帝通り入り口の天長門で左折します。関帝通りに入り暫く進めば市場通り門が見えてきます。その角を左折すれば直ぐ左側に梅蘭はあります。やはり門が目印となるのです。

梅蘭焼ソバ
梅蘭焼ソバ
デカイでしょ! これで一人前、完食すれば満腹間違いなし…。でも余りにも美味しくて食べ残す事はまずないでしょう。私も妻も健啖完食、これには飽きずに食べ尽くさせる秘密があります。先ずカリカリに焼かれた外側の麺は味が淡いのですが香ばしい。そしてその中の内側の麺は歯応えはありますが柔らかくてしっとり…、しかも更に内部にある“あん”がトローリと絡まり旨味たっぷりの濃い味…。この二段の麺の硬軟と濃淡の妙味が堪らなく、モリモリ食べられてしまうのです。食後、あんなに満腹したのにまた食べたいと思わせる、後を引く美味さなのです。さぞかしリピーターの多い店であろうと確信されました。

◎私が食べた料理と値段
焼ソバセット:焼ソバ、マーボー豆腐、フカヒレスープ、杏仁豆腐、以上四品 ¥1,780
posted by 三上和伸 at 23:14| 新・食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピアノ曲を聴きましょう7 三上夏子音楽紙芝居「ピーターとおおかみ」 2013.07.27

今回の音楽紙芝居の催しは、山手西洋館・絵本フェスティバルの一環として行われました。紙芝居イコール素敵な絵、素敵な絵イコール芸術、芸術には絵の他に音楽も重要です。そんな絵と音楽を結び付けた三上夏子の音楽紙芝居は、この絵本フェスティバルの主旨に敵ったものだったのでしょう。絵本と紙芝居とピアノ音楽、ジャンルは異なりますが、芸術繋がりとして、今回、有難くご要請を承ったのでした。

玄関の音楽紙芝居の案内
玄関に据えられた音楽紙芝居「ピーターとおおかみ」の案内板、一寸素敵で、誇らしげですね。さあ、ここが楽しい音楽紙芝居の入り口です。「皆様、ようこそ…」 

開演前の紙芝居絵
開演前に既に掲げられていた題目を表わす冒頭の紙芝居絵、ワクワクしますね。紙芝居絵を描いてくださった画家・飯田裕子さんのアイディアが光ります。本編への期待が俄然膨らみます。

後ろ姿のピーター 
ピーターのテーマの快い調べが響き渡ります。ここは聴かせどころです。ピアニストは美音を駆使し、颯爽とピーターを走らせます。聴き手の皆は、ピーターが明るく元気な男の子と直ぐ判断できますね。

狼登場 
ピーターと知恵比べをする悪の王・おおかみです。もう腹ペコで、獲物を見付けようと虎視眈々とギラギラ眼(まなこ)で彷徨い歩いています。

狼がアヒルを襲う
遂にアヒルさんが襲われてしまいました。ギャーギャー言って逃げ惑うアヒルさん。それでもとうとう、もの凄い大口のおおかみにまるまる飲み込まれてしまいました。

狼は捕まり大団円
ピーターの機転でおおかみは捕えられました。さあ、狼を動物園に連れて行きましょう。でもあれっ、おおかみのお腹でアヒルさんが鳴いていますよ。するとおおかみは急に「ハックショ〜ン!」、何とおおかみの口からアヒルさんが飛び出してきました。やれやれ、アヒルさん生きていて良かったネ。さて皆で動物園まで行進だ!

山手西洋館では絵本に纏わる様々な催しが開かれました。絵本の読み語りや朗読ライブ、絵本の展示や絵本の紹介、夏子の音楽紙芝居「ピ−ターとおおかみ」を始めとしたコンサート、そして絵本フェスティバル期間中(2013.07.25〜07.27)の各西洋館では、様々な飾り着けが行われました。エリスマン邸ではフロ−レンスサチコ所属の加美山智絵さん制作のテーブルコーディネート作品・「盛夏のガーデンパーティー」が飾られていました。

盛夏のガーデンパーティーの宴席 盛夏のガーデンパーティーの説明
美しい洋食器の数々、そんなものに縁遠い庶民の私でも魅了されますね。

森のティーパーティーのジオラマ 森のティーパーティーのジオラマの説明
これはお子様が喜ぶ模型ですね。夢が一杯詰まっています。暫しジイジの私でも楽しめました。Nちゃんにはまだ早いかな? 

ガラスのテーブル
盛夏の今に嬉しい涼しいテーブルコーディネートですね。一時の涼のご馳走、「有難い、頂きます」。
posted by 三上和伸 at 21:23| ピアノ曲を聴きましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最後のダイエット日誌134 体重:78.0kg 体脂肪率:22.9% 目が点、オヨヨ…、今日から絶食?ダァー 2013.07.28

◎前日比 
体重:+0.9kg 梅蘭焼ソバの所為?か、水の飲み過ぎの所為か? ヒドイ!
体脂肪率:-0.7% 脂肪は異常なく、問題は食べ過ぎ、飲み過ぎ《お酒でなく》

◎前夜比 
体重:78.9kg《驚異の増量、ヤバイですね》⇒78.0kg:-0.9kg
体脂肪率 19.9%⇒22.9%:+3% 
posted by 三上和伸 at 06:32| 最後のダイエット日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月27日

雑記帳151 今日の我が家の出来事、中華街食べ歩き、音楽紙芝居Nちゃんと一緒に 2013.07.27

横浜中華街南門・朱雀門
今日は娘・三上夏子の音楽紙芝居の日。山手エリスマン邸で行われたのですが、その前に、私達夫婦は、先日遣り残した中華街連続食べ歩きの第一回目を敢行しました。所は焼ソバの名店“梅蘭”で、私達は憧れの梅蘭焼ソバを賞味しました。この模様は明日に書きます新・食べ歩きのページで!

狼がアヒルを襲う
娘・夏子の音楽紙芝居は盛況の内に無事終演しました。多くの方々の賛助を仰ぎ、また沢山のお客様にお出で頂き、親の私達も感謝で一杯です。ありがとうございました。その様子は後日改めて掲載致します。
posted by 三上和伸 at 22:47| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最後のダイエット日誌133 体重:77.1kg 体脂肪率:23.6% 2013.07.27

体重:前日(77.3kg)比:-0.2kg 体重前夜(78.3kg)比:-1.2kg 体脂肪率前日(26.3%)比:-2.7% 体脂肪率前夜(20.1%)比:+3.5%
posted by 三上和伸 at 06:56| 最後のダイエット日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月26日

雑記帳150 ガソリン高騰、私怒ってます、安倍首相の円安政策、だったらガソリン税を撤廃せよ!

 ピアノ調律師の仕事には車が必要です。お客様への往復だけなら、電車・バス・徒歩でも可能ですが、アクションを始めとする部品・物品の運搬にはどうしても車が必要なのです。また暑さや寒さから仕事前の体のコンディションを守る意味でも車は便利な移動手段です。夏の大汗、冬の手の悴み(かじかみ)から車は勢い守ってくれるのです。ですから車は絶対の必需品と言っても過言ではないのです。従ってガソリンの高騰は困ります。各種運送業者の方々から比べれば、私達は死活問題とは言い難いですが、燃料費が上がれば経費が増し、それだけ手取りの収入が減るのです。収入が減れば所得税も沢山払えず、その分国庫の収入減になります。私達善良な納税者は所得税を払いたくても払えなくなるのです。これからは円安の所為で、輸入品を初め様々な商品が値上がりして行くでしょう。消費税も上がる事だし、私達の生活は先細りの一途を辿るのみです。もう努力の範疇は越えています。安倍総理よ、私達の生活苦を何と見るか? 何も出来ないのなら、責めてガソリン税を撤廃せよ! 輸出で増収の企業(自動車、電機など)からの税収だけで、日本の道路を造りなさい!
posted by 三上和伸 at 22:17| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雑記帳149 明日七月二十六日は三上夏子のエリスマン邸音楽紙芝居公演、Nちゃんも来ます 2013.07.26

 明日は、縁あるエリスマン邸での初の音楽紙芝居公演。夏子よ、君の努力も然る事ながら、いい機会を与えられ期待をされ、君は幸せ者です。プレッシャーを懸ける気はパパには更々ありませんが、大切な場、心置きなく出し物に邁進する事を望んでいます。会場のお客様に、心に残る優れた芸術の香気を授けてあげてください。満足の思いを胸に抱き、仄々と帰途に着けるようにと…。パパはNちゃんと楽しみながらも、見守っています。

 14:00開演です。勿論、無料です。
posted by 三上和伸 at 21:24| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最後のダイエット日誌132 体重:77.3kg 体脂肪率:26.3% 足攣りについて 2013.07.26

体重前日(77.3kg)比:+-0 体脂肪率前日(23.3%)比:+1%
昨夜は就寝中に左足が攣り(つり、痙攣)、酷い目に遭いました。しかも、私の場合はふくらはぎだけでなく、その反対側の脛の筋肉や腿の内側の筋肉も攣っていました。余りの痛さに堪らず起きて風呂場に向かい、未だ温かい残り湯に足を浸し温め、人心地をつけました。原因は様々にあるようで、ネットで調べたところによると、冷え、筋肉疲労、脱水による電解質不足などがあり、また降圧剤(高血圧)やホルモン剤の影響もあるそうです。対処法としては、伸ばすストレッチやマッサージ、そして温湿布があるそうで、私がやったお湯浸かりも正解だったのですね。私の足痙攣の原因は、恐らくウォーキングそのものとその前後のケア不足、そして降圧剤服用にあると想われます。されど降圧剤は外す事ができませんので、ウォーキングの際のストレッチに力を注ぐ必要があると思います。まあ、筋肉並びに節々の関節に硬化による違和感(伸びない、動かない、動く範囲が狭い)がありましたので、ストレッチ、もう少し頻繁にやってみましょう。
posted by 三上和伸 at 08:55| 最後のダイエット日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月25日

最後のダイエット日誌131 体重:77.3kg 体脂肪率:25.3% 2013.07.25

体重前日比:-0.3kg 体重前夜(78.2kg)比:-1kg 体脂肪前日比:+1.7% 体脂肪前夜(21.2%)比:+4.1%
posted by 三上和伸 at 09:26| 最後のダイエット日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月24日

雑記帳148 英王室出産フィーバー、ダイアナの孫生まれる 2013.07.24

ダイアナさんの後を継ぐべき若き王子夫妻に子息が誕生しました。勿論、ダイアナさんの孫であり、この事実がイギリス国民を熱狂させている大きな要因である事は、誰もが気付いていますよね…。ウィリアム王子誕生の折の古き映像の中に映ったダイアナさんとチャールズ皇太子、何かよそよそしい二人に私は見えました。もうあの頃から不和は始まっていたのかも知れませんね。どうもダイアナさんは夫を尊敬出来ないようでした。それに引き換え、ウィリアム王子とキャサリンさんの優雅な笑み、優しい気使い、それは幸せ一杯の風情でした。ダイアナさんの血を分けた子と孫がイギリス王室の陳腐をぶち破る日はそう遠くではなさそうです。あっ、でも、その前に一人王位につく方がいらっしゃいます。古い伝統の殻?を被ったあの方?が…。
posted by 三上和伸 at 19:00| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最後のダイエット日誌130 体重:77.6kg 体脂肪率:23.6% 2013.07.24

体重前日(77.6kg)比:+-0 体重前夜(78.0kg)比:-0.4kg 体脂肪率前日(24.0%)比:-0.4% 体脂肪率前夜(21.0%)比:+2.6%
posted by 三上和伸 at 07:31| 最後のダイエット日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月23日

私の歳時記 2013.07.23 今日は大暑、そして望(満月)

 先程まで、サッカーのM・ユナイテッドとY・F・マリノスの対戦を観ていたのですが、その画面に雨上がりの満月が写されていました。それで只今、私もベランダから空を見上げたところ、鱗雲を空かして朧の満月が観えています。満月の大暑もそんなにあるものではありませんが、今年はたまたまそうなったのですね。絶頂の夏に絶佳の月を楽しむのも中々乙なものです。大暑は二十四節気の一つで太陽の黄経が120度になった日。太陽は少々傾き始めていますが、暑さは本番の土用の真っ只中、くれぐれも油断なさらず、節制に努めてください。夏休みも始まったばかりですからね。

 お子様たち、夏休みは有意義に遊びましょうね。君達の人生は長い、勉強など適当にやり、思い切りよく遊ぶのが夏休みを上手に過ごすコツです。勉強など必要のある時にやればいいのです。思い出は知識に優る、人生は楽しく生きる事が必須です。但し、勉強が楽しければ勉強するに越した事はありません。でも勉強のための勉強なんて、詰らない人生ですね。勉強のための勉強、私はした事がありません。でも、楽しく生きていますよ!!!
posted by 三上和伸 at 22:34| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最後のダイエット日誌129 体重:77.6kg 体脂肪率:24.0% 2013.07.23

体重前日(77.5kg)比:+0.1kg 体重前夜(78.3kg)比:-0.6kg 体脂肪率前日(25.1%)比:-1.1% 体脂肪率前夜(20.1%)比:-3.9%
posted by 三上和伸 at 07:12| 最後のダイエット日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月22日

私の歳時記 2013.07.22 土用の丑の日(一の丑)、鰻の日

スーパーの鰻
“土用の丑の日”とは、江戸の学者・平賀源内が知り合いの鰻屋の鰻を売り出すために考えたキャッチコピーだと言う事です。、大昔からこの“うし”の日に“う”の字の付く食べ物(うり、うめぼし、うどん)を食べると精が付くとの言い伝えがあり、源内はそれを参考にし見事鰻にも適応させたのでした。まあ、うりやうめぼし、うどんよりは、鰻は精が付いたでありましょうが…。それにしても鰻屋の繁盛の切っ掛け作り、しかも現代にまで続く習慣の礎となったキャッチコピー“土用の丑”を造り出した平賀源内。流石、万能の天才の面目躍如たるものがありますね。

私も食べました、鰻。スーパーの温め直して食べる出来合いの鰻でしたが、美味しかった…。これでも充分満足が行きますね。それでも今年は丑の日がもう一日(八月三日)あります。今度は何処かの老舗にでも食べに行きますか、創業明治四十三年の横浜吉田町「八十八」なんかはどうかしらね?…

posted by 三上和伸 at 22:44| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最後のダイエット日誌128 体重:77.5kg 体脂肪率:25.1% 2013.07.22

体重前日(77.7kg)比:-0.2kg 体重前夜(78.2kg)比:-0.7kg 体脂肪率前日(23.0%)比:+2.1% 体脂肪率前夜(20.1%)比:+4%
体脂肪率前夜比(+4%)が高かったのは、就寝中の代謝による水分率低下が原因にあります。計測上、水分率が低下すると、体脂肪率が上昇する為です。これは体が水分を必要としているサインです。デジタル体重計を使えば体重測定でも、熱中症(脱水症)の危険を察知でき、予防の助けとなるのです。体重だけに拘るのではなく、体脂肪率と体水分率も注目して夏の熱中症に備えましょう。
posted by 三上和伸 at 07:12| 最後のダイエット日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月21日

赤ちゃん観望記70 Nちゃんのハーフバースデイパーティー 2013.07.21 

 今日は婿殿のご両親と弟さんを交え、娘夫婦主催で、Nちゃんのハーフバースデイパーティー(生後六カ月のお祝い)が催されました。私達夫婦も招かれ、両家久し振りの会食・歓談を楽しみました。年配の方には余り馴染みのないハーフバースデイ…、それでも今の若いパパさんママさんに一寸したブームだそうで、我等の新米パパママも積極的に取り上げ、喜びと感謝の思いを示してくれました。私達ジジババ四人はこの貴重な機会を有難く享受したのでした。それにNちゃんの離乳食の食事風景も見られました。やはりNちゃんはお口をすぼめ気味に食べ物を受け入れます。まだまだ離乳は序の口ですね、食物への疑念と戸惑いが感じられます。でもこの慎重さが良いとも想われました。慎重は理知の入り口でもあるからです。もっと大口を開けて食べ物を受け入れるのには、もう少し時間と経験が必要ですね。

 大勢の大人の視線に晒されたNちゃん、落ち着きを失うかと心配しましたが、どうしてどうして、自然体の風情を見せ、落ち着いたものでした。時折笑顔を見せたり、気に入らなければ泣き叫んだりもしましたが、総じて目の前の大人の仕草と物に興味を示し、好奇心丸出しで目が爛々、直ぐに手が伸び、顔に触れたり、物を掴みお口に運びます。この前向きの行動力に、私はNちゃんの成長と進歩をひしひしと感じる事ができました。胸に嬉しさが込み上げ、一人ほくそ笑みました。
posted by 三上和伸 at 22:13| 赤ちゃん観望記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最後のダイエット日誌127 体重:77.7kg 体脂肪率:23.0% 歩数:8.000歩(70分)2013.07.21 

体重前日(77.5kg)比:+0.2kg 体脂肪率前日(24.5%)比:-1.5% 体重前夜(78.1kg)比:-0.4kg 体脂肪率前日(20.1%)比:+2.9%
出先で昼食に、横浜ムカヰベーカリーの絶品揚げ立てカレーパンとフワフワクリームパンを食べたのに、オヤツに、妻お手製の手作りパンを鱈腹食べました。パン食い人間の私、パンに目が無い意志薄弱の私、パンは本当に美味しい食べ物ですね。ご飯・麺類の上を行きますね。だから食べ過ぎます、だから太ります。パン=肥満の法則、当たりですね。でも人間の食べ物=パン、人間に生まれて良かった。

 久し振りで纏まったウォーキングをしました。最初は辛くなるかな?と不安に想いきや、とんでもない、快調なペースで気持ち良く歩けました。猛暑でも歩ける…の、再びの自信が取り戻せて、新たな段階に進めそうです。明日からは悩み明け十日で、十日間は休みなしで歩きます。
  
posted by 三上和伸 at 07:37| 最後のダイエット日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月20日

雑記帳147 眠くてブログが書けません 2013.07.20

 ここのところ二三日、暑さも和らぎ過ごし易いのですが、私の体にそれまでの過酷な夏のダメージが残り、今日も運動をせず、昼寝(夕寝)をしてしまいました。窓を開け放ち、いい風にウツラウツラ…。ところがその風は思った以上に冷たく、最後は寒気をもよおし、目が覚めました。その寒気は起きてからも暫く治まらず、短時間の寝冷えをしてしまいました。

 どうも第一波?の夏バテをした模様で、眠気が治まりません。何時も暇な時間や夕食後にブログ書きをしているのですが、眠気に負けてブログが書けません。今、Nちゃんに贈ったCDの解説や中華街の漫歩記事に取り掛かっているのですが、遅々として進みません。でも、遅々としてはいるものの、一行ずつ、一項ずつ、書き進んではいます。何れお目に掛けられる日が来るでしょう。少しお待ちくださいね…、どうぞ宜しく。
posted by 三上和伸 at 22:08| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最後のダイエット日誌126 体重:77.5kg 体脂肪率:24.5%

体重 前日比:+0.6kg 前夜比:-0.4kg 体脂肪率 前日比:+0.4% 前夜比:+4%
お通じ、運動が☓、従って減量は困難を極めています。
posted by 三上和伸 at 08:33| 最後のダイエット日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月19日

私の歳時記 2013.07.19 今日は夏の土用の入り 

 土用は、春夏秋冬に一回ずつあり、年に四回となります。それぞれが十八日間に及び、初日を土用の入りと言い、最終日を節分と呼びます。秋の土用は立冬の前日(節分)までの十八日間、冬の土用は立春の前日(節分)までの十八日間、春の土用は立夏の前日(節分)までの十八日間、そして夏の土用は立秋の前日(節分)までの十八日間となります。それでも普通土用と呼ばれるのは夏の土用を言い、暑さの一番厳しい時期を指します。従って、土用の丑の日には心身?に精をつけるため、滋養のある鰻を食べる習慣があるのです。フフフ、楽しみですね! 今年は土用の丑の日が二回(二日)あるのです。七月二十二日と八月三日です。沢山鰻を食べましょう!

 このように述べて行くと、土用の定義が見えてきます。土用の時期とは、各季節でその季節の酣(たけなわ・盛んな事)の時期と言えます。春の土用は、百花繚乱の春爛漫の頃、夏の土用は、厳しい暑さに汗みどろとなってへたる頃、秋の土用は錦織なす錦秋の頃、冬の土用は底冷えの寒さに震え上がる頃。正に各季節の絶頂を表しているのですね。体に気を付け、思いっ切り季節を楽しみましょう!
posted by 三上和伸 at 22:18| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最後のダイエット日誌125 体重:76.9kg 体脂肪率:24.1%

体重前日比:-0.2kg 体重前夜比:-0.3kg 体脂肪率前日比:+0.7% 体脂肪率前夜比:+3.7%
梅雨明けから今日で十三日目、暑さに耐えて来た我が五体もへたり始め、そろそろ休息が必要です。そうです、しました昼寝ならぬ夕寝。今日は土用の入り、これからが正念場です。休みを多めに取り、しっかり体調管理をして夏を乗り切りましょう。
posted by 三上和伸 at 06:17| 最後のダイエット日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月18日

その他 お約束不履行のお詫び 2013.07.18

 中華街食べ歩き記載の件ですが、私の仕事の関係で時間切迫となり、次回に日述べとなりました。失礼致しました。
posted by 三上和伸 at 23:29| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピアノ曲を聴きましょう6 三上夏子エリスマン邸生演奏と音楽紙芝居のお知らせ 2013.07.18

山手旧エリスマン邸 白花アガパンサスとアンスリウムの生け花
大正から昭和にかけて横浜に住んだフリッツ・エリスマン。エリスマンは、イギリスの生糸貿易会社の横浜支配人で、日本人の妻と共にここ山手に暮らしました。この家は大正14~15年に建てられたそうで、それ以来、エリスマン一家の愛の巣でした。家は現代の私達には羨望のゆとりと広さを備えていますが、その基本設計は現代日本の住まいのお手本になった感があります。応接室、ダイニング、サンルーム、キッチン、二階にある三つの寝室など、現代の日本の家屋もここから始まったとの想いを私は強くしています。

時は移り現代では、瀟洒な洋風建造物として横浜の歴史的建造物にも指定され、多くの観光客で賑わっています。我が娘・夏子もこの西洋館と関わりを持ち、月一回の割合でここのピアノを弾く事になりました。約一時間の間、フルタイムで、本気で聴いている聴衆は、私達夫婦と次女の妹、それにお友達や生徒さんの親御さん方だけですが、訪れた観光客の方々も足を止め、暫し傾聴されて行きます。時に音楽好きのお客様がいらして、拍手喝采が起きる事もあるのですよ。そんな様子を見るにつけ、微笑ましく感じ、一頻り悦に入る親馬鹿の私達です。

エリスマン邸には何時も花が飾られています。この日は、白アガパンサスに黄色のアンスリウムが挿してありました。暑さの中の僅かな涼、素敵でした。

エリスマン邸ピアノ生演奏 音楽紙芝居エリスマン邸公演のチラシ
この日は、今後に上演の予定がある音楽紙芝居の「ピーターと狼」と「動物の謝肉祭」からのメドレーをひとしきり演奏しました。勿論、紙芝居絵は無く、演奏だけでしたが、面白く聴けました。「白鳥」、「水族館」、素晴らしかった。

ここで、夏子の音楽紙芝居エリスマン邸公演のお知らせを致します。夏子が申すには、お子様の来場が多くなるとの事ですが、是非大人の方々もお出でくださる事を望んでいるようです。お暇がございましたなら、お出かけください、お待ちしております。

追伸:チラシの中の、アンサンブル・サマンサとは、「夏子の合奏(その仲間)」と言う意味らしい…。勿論「サマンサ」は夏子の愛称で、夏=サマーで、奥さまは魔女の「サマンサ」から頂戴したパクリの名です。夏子が幼い頃、恩師のピアニストが開いた八ヶ岳夏合宿で、最初に恩師始め参加者全員で皆の愛称を決め合った事に始まります。私も見学に行きましたが、誰彼の別なく愛称で呼び合っていました。因みに、恩師の先生は「マリラ」でした。
posted by 三上和伸 at 23:23| ピアノ曲を聴きましょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雑記帳146 三上夏子エリスマン邸生演奏、今月は今日7月18日です 横浜中華街食べ歩き始めます、今日は? 2013.07.18 

 今月の娘・夏子のエリスマン邸ピアノ生演奏は、変更され今日の10時30分からとなりました。勿論私も家内と連れ立って聴きに行きます。月に一度のエリスマン邸生演奏。エリスマン邸のリビングが我が家のリビングになる出張家庭音楽会?…。私は毎月楽しみにしているのです。平日の午前の清々しい一時、喫茶室の香り高いコーヒーを頂きながら優しいクラシック音楽に耳を傾ける、何と贅沢な時間でしょうか。私はこの時間を何時までも大切にしたいと願っています。

 そしてそして、その後の三人の昼の会食を今回から横浜中華街食べ歩きに決めました。約10店を候補に挙げ、今月から毎月1店ずつ訪ね歩き、賞味して行きたいと思っています。勿論、普通の中華の昼御飯の範疇でのメニューを選ぶので、ご大層なご馳走ではありませんがね。食べ歩き・味のリポート・中華街編を書き出しますので、どうぞご覧ください。
posted by 三上和伸 at 08:22| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最後のダイエット日誌124 体重:77.1kg 体脂肪率:23.7% 歩数:事後記載 2013.07.18

◎体重 前日(77.4kg):-0.3kg 前夜(77.9kg)比:-0.8kg ◎体脂肪率 前日(23.4%)比:+0.3% 前夜(19.5%)比:+4.2%
posted by 三上和伸 at 07:02| 最後のダイエット日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月17日

私の歳時記 2013.07.16 ヒグラシ(蜩)、藪入り、上弦の月 2013.07.17

昨日は、盆の送り火でしたが、同時に藪入りでもありました。「藪に入る」には草深い田舎に帰郷する意味が隠れています。田舎に帰り久方振りで父母兄弟に会う、盆と正月にお棚(商家)から貰う奉公人の休日の事で、今で言う帰省…、それぞれ七月十六日(盆)と一月十六日(正月)に決まっていました。しかし新暦と旧暦の差異は甚だしく、今年の場合、もし今が江戸の世であるならば、盆の藪入りは、盆が新暦八月二十一日ですから翌日の八月二十二日になります。けれども一応、新暦の盆は一昨日でしたので、昨日が新暦の藪入りとなるのです。それにしても、休日が年に二日、今では考えられない過酷な労働条件ですね。今の私など、当時の奉公人には、遊び呆けている粋な?無粋な?遊び人(放蕩爺)にしか見えないでしょう?

 昨夜は、折しも上弦でした。美しい上弦の月が夕方から見え隠れしていました。前にも申し上げましたが、弦月とは、弦(つる)を張る月で半月の事。ひと月二回の弦月があり、その月の上旬の弦月(朔から最初の弦月)が上弦、満月(中日)から最初の弦月が下旬の弦月で、下弦と言い慣わされています。一昨日、NちゃんママのKさんから上弦の月について質問されたので、復習の積もりでここに認めました。

 数日前からヒグラシが鳴き始めました。蝉の声で最も人の心を揺さ振る蜩、私は極上のクラシック音楽を聴くのと同じくらいの感動で、この蝉の歌を聴いています。そのトレモロの揺らぎと半音を降下する啜り泣くような旋律。淋しくて切なくて悲しいけれどそれは温かい…。たといこの蜩が死に絶えたとしても、その声は人の永遠の追憶の中に生き残るに違いありません。
posted by 三上和伸 at 08:42| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最後のダイエット日誌123 体重:77.4kg 体脂肪率:23.4% 歩数:事後記載 2013.07.17

◎体重 前日(77.8kg)比:-0.4kg 前夜(78.1kg)比:-0.7kg ◎体脂肪率 前日(22.4%)比:+1% 前夜(19.8%)比:-3.6%
posted by 三上和伸 at 06:57| 最後のダイエット日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月16日

私の歳時記 2013.07.16 今日は盂蘭盆会の送り火、そして訂正のお詫び

 今夕は方々(東京、横浜、静岡、金沢など)で、盂蘭盆会の送り火が焚かれている事でしょう。お盆も今日が最終日ですが、この新暦の盂蘭盆会の送り火では、送り火の巨大仕掛け版の大文字焼は、残念ながら聞いた事はありません。これが焚かれるのは、八月十六日の月遅れのお盆の送り火の日(京都や箱根など)、横浜人としては一寸淋しいですね。あの目眩めく壮麗な精霊流しなども聞いた事がありません。やはりお盆は月遅れでないと風情がありませんね。横浜人は肩身が狭いです。

 言い伝えでは、送り火には、ご先祖様は鈍行のナス牛に乗って帰られるのだそうです。反対に三日前の迎え火では、快速のキュウリ馬に乗って素早くお越しになったのにね。帰りはゆっくりと別れを惜しんで、鈍い(のろい)ナス牛に乗るのだそうです。

 ここで訂正です。2013.07.13付けの記事、「新暦の盂蘭盆会の迎え火、迎え火の意味所以」で、盆棚の上に飾られたキュウリ馬をキュウリ牛に、ナス牛をナス馬と牛と馬を取り違えて記載してしまいました。お詫び訂正致します。御免なさい、ご勘弁を…
posted by 三上和伸 at 20:29| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤ちゃん観望記69 Nちゃん、無事お盆のお墓参りを果たしました 2013.07.15

 NちゃんはKさんと共に、先日は義父のお墓を、そしてこの日は、我が三上家のお墓を参拝してくれました。暑い中、赤ちゃんなのにNちゃんは、健気にもお盆のお参りを果しました。ここから新しい我が家の歴史が始まりました。新しい時代を担う新たな担い手が誕生しました。さあNちゃん、暫くは一緒に歩みましょう。宜しくね…
posted by 三上和伸 at 08:27| 赤ちゃん観望記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最後のダイエット日誌122 体重:77.8kg 体脂肪率:22.4% 歩数:事後記載 2013.07.16

◎体重 前日(77.kg)比:+0.5kg 前夜(78.4kg)比:-0.6kg ◎体脂肪率 前日(22.8%)比:-0.4% 前夜(20.4%)比:+2%
posted by 三上和伸 at 08:13| 最後のダイエット日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月15日

雑記帳145 これからNちゃんと横須賀の実家にお墓参り、オオジイジ(曽祖父)喜ぶだろうな 2013.07.15

 今日はこれから、私の実家へお墓参りに行きます。ところが何と、NちゃんとKさんもお伴をしてくれるのだそうです。「嬉しいな楽しいな」と私が喜んでどうする…、曾孫Nちゃんがお参りに来てくれる…、その事は亡き曽祖父(私の父)及びジイジの亡き姉弟こそが喜んでくれるのですよね。勿論元気な曾祖母も気が狂ったように喜ぶでしょう。「私はやっぱりアンタ(失礼、親愛を籠めて)の子だよ!、その狂喜乱舞?の大袈裟な性格?は」、お母さん譲りですよね。この性格は恐らくNちゃんも引き継ぐ事でしょう。親のパパさんKさんは静かな人たちですが、隔世遺伝ですよね、Nちゃんは?、フフフフフ…。
posted by 三上和伸 at 09:17| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最後のダイエット日誌121 体重:77.3kg 体脂肪率:22.3% 歩数:事後掲載 2013.07.15

◎体重 前日(77.3kg)比:+-0 前夜(77.6kg)比:-0.3kg ◎体脂肪率 前日(22.9%)比:-06% 前夜(18.1%)比:+4.2%
水分大量補給のため体水分量が上昇、その分、体脂肪率が下がっています。体重は横這いなので、この体脂肪率は良い数値と言えるのではないですかね。但し、就寝中の代謝による減量が少な目なのが気掛かりです。
posted by 三上和伸 at 08:46| 最後のダイエット日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月14日

私の歳時記 2013.07.14 盂蘭盆会の花・禊萩(みそはぎ)

ミソハギ
水を注いで悪魔払いをしたり、滝に打たれて身を清めたり、そうする事を昔から禊(みそぎ)と言います。盆になるとこの花も、茎を水で清められ禊を受け、仏前に供えられます。よって禊の萩、訛ってミソハギと呼ばれるに至りました。取り敢えずこの花は、この盂蘭盆会の時期に咲く花で、その束ねた姿の使い勝手がよく、盂蘭盆会に都合のよい花だったと想像されます。盆の花・禊萩、兎に角美しい花である事は間違いのないところで、私は育てもし、尚の事、大好きな花です。
posted by 三上和伸 at 21:15| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新・生き物大好き10 猛暑に杜鵑鳴く 2013.0.14

 連日熱帯夜の続く今日この頃の横浜、私は汗びっしょりで起き出しました。そして書きかけのブログに手を入れていた矢先、思いも掛けない声の来訪者に驚愕し歓喜しました。「トッキョキョカキョク、トッキョキョカキョク、トッキョキョカキョク、トッキョキョカキョク、トッキョキョカキョク、キョキョキョキョキョッ、キョキョキョキョキョッ、キョキョキョキョッ、キョキョキョキョッ、キョキョキョッ、キョキョキョッ、…・、…」。カラスもニイニイゼミも鳴いていましたが、その声は掃き溜めに鶴(いやカラス君、ニイニイゼミさん失礼…)、よく通る輝く声が暑気に一閃し我が庭に木霊しました。まだ高原に行かずこんな所に留まっていたのか…。ホトトギスよ、ありがとう、宝石の冷気をくれて…。その声の涼しさが身に染みる蒸し風呂の朝でした。
posted by 三上和伸 at 08:38| 新・生き物大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最後のダイエット日誌120 体重:77.3kg 体脂肪率:22.9% 歩数:事後記載 2013.07.14

◎体重 前日(77.2kg)比:+0.1kg 前夜(77.6kg)比:−0.3kg ◎体脂肪率 前日(22.6%)比:+0.3% 前夜(19,1%)比:+3.8%
前夜と今朝の平均値を現状の体重及び体脂肪率とすると、体重:77.45kg 体脂肪率:21%となりました。体重は後2kg落としたいですが、体脂肪率は丁度いいですね。と言う事は、体重はもう減りようが無いと言う事ですかね? 仕方ありません、体脂肪率を18%にして体重を75sに落としますかね。そう考えると、そろそろいい数字、いい潮時に来ているのかも知れませんね、我がダイエットは…。

posted by 三上和伸 at 08:06| 最後のダイエット日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月13日

私の歳時記 2013.07.13 今日は新暦の盂蘭盆会の迎え火、迎え火の意味所以

 東京、神奈川などの都市部に多い新暦での盂蘭盆会。今日がその迎え火の夜です。そもそも盂蘭盆会は夜の行事ゆえ、先祖の精霊が闇に惑わされず我が家に帰り着けるようにと、道標として迎え火を焚くのだそうです。更に念入りに、辻の角々に焚く地方もあるようで、角火(かどび)とも言うそうです。しかもそのまた更に念入りに、お墓まで迎えに出向く地方もあるようで、念には念を入れる几帳面な地方も存在するのですね、驚きました。まあ兎に角、その角々の灯りに頼りながら、ご先祖様は道に迷わず、無事我が家に帰り着くのです。お疲れ様!

 以前に盆の飾り棚に付いて述べた折、義母の作った棚を紹介しましたが、今年も作られたかどうか、今日義母宅を訪ねた妻に聞いてみました。妻が言うには、棚は綺麗に作られていたそうで、ナス牛やキュウリ馬もチャンと供えられていたそうです。これで安心!準備万端!、そんなこんなで義母は、亡き義父を迎えたのですね。兎に角、幸せな夜を迎えた事でしょう。

 
posted by 三上和伸 at 22:36| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最後のダイエット日誌119 体重:77.2kg 体脂肪率22.6% 歩数:約5,000歩 2013.07.13

◎体重 前日(77.5kg)比:-0.3kg 前夜(77.6kg)比:-0.4kg ◎体脂肪率 前日(23.1%)比:-0.7% z前夜(19.3%)比:+3.3%

posted by 三上和伸 at 06:41| 最後のダイエット日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月12日

赤ちゃん観望記68 Nちゃん、自我の目覚め、そして興味津々、笑顔満開と“キャッツアイ” 201.07.12

 昼過ぎにNちゃんが来訪、それからは時々刻々、目眩めく幸せな時間を過ごしました。Nちゃんは兎に角、大変身を遂げていました。生後五ヶ月と半ば過ぎ、今のNちゃんは興味津々、目が爛々、玩具にも食卓の食器にもその辺の団扇や衣類にも、何にでも手を出してお口にくわえようとします。ホントに危険と隣り合わせの状態になりつつあるのです。しかも、それを遮ろうとすると、「ギャアー!」と泣いて怒りを爆発させ不満をぶつけて来ます。そろそろ自我の目覚めの時期なのでしょうか? Kさん曰く「最近、ものを取られると怒るのよね、一寸前まではそんな事無かったのにね…」。そして私の顔の動きにも破格の興味を示し、興味津々目が釘付け…。私に抱かれると泣き出すくせに、怖いもの見たさの避け難い性格と誘惑?。Nちゃんの脳では、知りたがりの泉がこんこんと湧き出ているのですね。やがて面白いところに来ると「ニコッ」と笑っては顔を背けたり、ママの胸にその顔を埋めたりします。これは赤ちゃんなりの照れ臭さの表現であり、私は親愛の情を籠めてこれを“含羞の微笑み”と称します。Nちゃんの最も魅力的な顔“含羞の微笑み”、今日はこれが何度となく沢山観られたので◎、最高の一日でした。アッ、もう一つ、空きペットボトル回しをしたところ、Nちゃんの目は獲物を追い詰める獣の目をしていました。その爛々と光る瞳と眼差し、こちらは“キャッツアイ”ですね。「美しいー」惚れ惚れ!
posted by 三上和伸 at 23:08| 赤ちゃん観望記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤ちゃん観望記67 ウフフ、もう直ぐNちゃんが来るよ、フフフ、楽しみ! 2013.07.12 

 ウフフフフフフフフ…、もう直ぐNちゃんが来ます。先程、小田急線の車内で写したNちゃんの写メールが届きました。「今出たよだって…」、フフフフフ…、一泊二日のご滞在?で、今日はゆっくり家の中で遊んで、明日は、義父(Kさんにとって祖父、Nちゃんにとっては曽祖父)のお墓参りに行くそうです。この暑さ、少々心配ですが、その心掛けの高さが素晴らしく感心しました。このKさんの先祖孝行、Nちゃん、しっかり引き継いでくださいね。ウフフフフフ…、ヨロチク!
posted by 三上和伸 at 13:04| 赤ちゃん観望記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最後のダイエット日誌118 体重:77.5kg 体脂肪率:23.1% 歩数:約8,000歩(70分) 2013.07.12

◎体重 前日(77.3kg)比:+0.2kg 前夜(77.6kg)比:-0.1g ◎体脂肪率 前日(24.1%)比:-1.6% 前夜(19.9%):+3.2%
就寝中の代謝が少なく、体重前夜比が-0.1kgとなりました。恐らく最小値を記録した模様です。不思議感?でいっぱいですが、恐らく体重測定後、充分に水分を摂ったのが原因かも知れません。また冷房の使用も因果関係がありますかしらね? 今後様子を見ましょう。

快調に8,000歩を踏破しましたが、やはり暑さは尋常でなく、しかも風が弱く、大量の汗を掻きました。事後シャワーを浴び、水分補給をしたのですが、幾ら飲んでも飲み足らず、久方振りの激しい咽喉の渇きを覚えたのでした。暫しの後、立ち眩みが起こり、心拍数がやけに下がり、不整脈もチラホラ…。ヤバイなと想い、その手の薬を服用、今は心拍数も上がり、不整脈も収まりました。軽い熱中症だったかも知れませんね。明日以降、少しの間、ウォーキングの距離と時間を抑えようと思います。

posted by 三上和伸 at 07:26| 最後のダイエット日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月11日

新・とっておきの花9 夏の百合と秋の七草の女郎花、桔梗、撫子 2013.07.11

百合と秋の七草の花
我が庭自慢の一景。何時の日からか、私が憧れ続け、作り続けてきた花の風景。やはり、秋の七草の、女郎花、桔梗、撫子が美しい…。オマケに夏の女王花・百合(恐らくタメトモユリ)も咲出しました。私が自慢し愛する屈指の花達です。

女郎花、桔梗、撫子(カワラナデシコ)は秋の七草ですが、それはある程度標高の高い山里での話。下界では開花は早く、今が盛りの花。低地と山地では、開花にひと月程のずれは当たり前にあります。

タメトモユリは伊豆諸島特産の山百合で、百合の中では最大級の大きさを誇ります。源為朝が流され死んだこの地ならではの百合だからこの名が付きました。サクユリとも言われますが、この地の人々はこぞってタメトモユリと申します。種としては、百合特有の斑点(ソバカス)が皆無なのが特徴で、それを好むヨーロッパ園芸界を熱狂させました。逆輸入されているオリエンタル種は、このタメトモユリが親となったと言われています。
posted by 三上和伸 at 23:16| 新・とっておきの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最後のダイエット日誌117 体重:77.3kg 体脂肪率:24.7% 歩数:約4000歩 2013.07.11

◎体重 前日比:+0.5kg 前夜比:-0.8% 体脂肪率 前日比:+1.7% 前夜比:+3.7%
猛烈な暑さ、体もだるかったので、距離を半分に減らし、歩数:約4,000歩となりました。
posted by 三上和伸 at 07:45| 最後のダイエット日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月10日

赤ちゃん観望記66 Nちゃんの特技 2013.07.10

 フフフフフフ…、実は今日、私だけ抜け駆けしてNちゃんに会ってきました。何ね、Nちゃん家の近くに仕事に行ったついでがあったので、小一時間ほど立ち寄っただけなのですが…。着いた刹那はNちゃんおネンネ、でも直ぐ目覚めて、枕元に胡坐をかいていた私を繁々と見詰め始めました。「あれ、誰だっけ、見た顔だな〜、そうだあのホタルの夜のオジサンだ、確かジイジって言ってたな、シゲシゲ……」。一方、相変わらず私は舌で鼓を打ったり、目配せをしたり、ウインクしたり、相槌を打ったり、こっくりをしたりで百面相をしてNちゃんをアヤシました。Nちゃんは時々ニコニコ、そしてまたじっとシゲシゲ…、私を飽きもせず見詰めて思案顔、「大丈夫かな?このオジサン一寸ヘンだよな〜、何時もオーバーアクションでさ、落ち着きがないな〜」。それでも私も懲りずにジッとNちゃんの目を見詰めてあやし顔。その時「アッ、やっぱりNちゃん、瞬きしてない!、Nちゃん、目がショボショボしないの?大丈夫なの?」。何の汚れない宝石の目が瞬き一つせず私を見詰めています。私はその汚れない透明の目に魅せられて、孫を持つ身の幸せを改めて噛み締めたのでした。そしてその目の賢さに感心し、一段上の成長を感じ取ったのでした。いいぞNちゃん!!!

 Nちゃんの離乳食は遂にお魚まで到達したそうです。それが何と、鯛だったのですよ! 凄いですね、時代が違いますね。だし汁で煮たものを食べたそうです。

 あっ、そうそう…、Nちゃんの特技が一つ見付かりました。仰向けに寝て、足を上げ、その足を手で掴み、顔まで引き寄せる。そしてやおらお口で足の指をチュッパチュッパ…。何と足指しゃぶり!、器用な子!

 
posted by 三上和伸 at 22:46| 赤ちゃん観望記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最後のダイエット日誌116 体重:76.8kg 体脂肪率:23.0% 歩数:約8,000歩(70分) 2013.07.10

◎体重 前日(76.5kg)比:+0.3kg 前夜(77.3kg)比:−0.5kg ◎体脂肪率 前日(24.1%)比:−1.1% 前夜(20.1%)比:+2.9%
蒸し暑い、重い空気の中、70分8,000歩を歩いて来ました。ただ、少し風があったので救われました。汗みどろのシャツに風が当たり、汗の気化熱のため体温上昇が緩和されたようでした。苦しさも違和感もなく、良いウォーキングができました。明日もこの調子でいきたいですね。
posted by 三上和伸 at 06:19| 最後のダイエット日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月09日

雑記帳144 二段重ねの高気圧、危険な夏 2013.07.09

 今、日本の上空では、暑い空気の塊・太平洋高気圧の上に、安定的なチベット高気圧が居座っているそうです。こうなると益々気温は温められ、超絶高温となるのだそうです。ここ数日の記録的高温は、このダブルの高気圧が分厚く重なって創り出した超絶技巧?の高温だったのです。危険ですね、うかうかできませんね。ホント、強い意識を持って科学的に生きないと、とんでもない事に陥ってしまいます。今日も多くの犠牲者が出ました。

 出したら入れる、水分・塩分・ミネラル。動いてもいいのです。私は今日仕事で、炎天下を12,000歩程歩きました。それでも、スポーツドリンク1本(500cc)とお茶2杯を飲み干して見事、健康に仕事を完遂できました。摂るものさえ摂っておけば、幾ら汗を掻いても怖くはありません。一生懸命働いて、美味しく飲んで食べましょう。
posted by 三上和伸 at 23:38| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最後のダイエット日誌115 体重:76.6kg 体脂肪率:24.1% 歩数:現時点約800歩(12分) 2013.07.09

◎体重 前日(76.9g)比:-03kg 前夜(77.5kg)比:-0.9kg ◎体脂肪率 前日(23.0%)比:+1.1% 前夜(20.0%)比:+4.1% 歩数は、朝の新聞買い出し時(800歩、12分)のものと、徒歩での仕事移動での120分、12,000歩をプラスしました。

◎ここ10日間の朝計量時の平均数値を出してみました。
*体重:77.73kg *体脂肪率:23.57%
四捨五入すれば、体重:78kg、体脂肪率24%、この数値、やや肥満かしら…、まだまだ先が長い?


posted by 三上和伸 at 07:59| 最後のダイエット日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月08日

私の歳時記 2013.07.08(旧暦・水無月の一日) 今日は水無月の朔 

 今日は、旧暦・水無月(六月)の朔(一日)です。いよいよ五月雨の皐月ともおさらばして、水(雨)の無い水無月となりました。とは言っても、水無月の名の由来に定説はなく、様々に解釈されているようです。まあ、そうは言っても今年の場合は、梅雨明けも済んだ直後ですし、これから梅雨明け十日の晴れが続く筈ですから、初めに申した水(雨)のない水無月が、水無月の名の本当の由来と言ってよいのでしょう。旧暦では、水無月は夏の最後の月に当たるので、来月の文月はもう秋なのですね。今年の立秋は丁度文月(旧暦.七月)の朔(一日)《新暦・8月7日》であり、秋・一陣の風が吹くかしらね…、でも今日はそれにしても暑い!ですね。もうへロヘロ…


posted by 三上和伸 at 23:42| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最後のダイエット日誌114 体重:76.9kg 体脂肪率:23.0% 歩数:約5,000歩 2013.07.08

◎体重 前日(76.9kg)比:+-0 前夜(77.6kg)比:-0.7kg ◎体脂肪率 前日(22.9%)比:+0.1% 前夜(19.3%)比:+3.7%
posted by 三上和伸 at 05:38| 最後のダイエット日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月07日

私の歳時記 2013.07.07(旧暦・皐月の二十九日) 今日は小暑にして新暦の七夕

 二十四節気(12ずつの正節と中気でなる)の小暑(旧暦六月未《ひつじ》の月の正節)は、太陽の黄経が105度になった日。夏至(90度)から15度回り、夕暮れも少し早くなってきました。されど暑さの本番はこれから、今日は猛暑日の地方が多かったとか…。早い梅雨明け早々から猛暑、先が思い遣られますね。

 それでも小暑とは本来梅雨明け頃を示す正節で、暑気の入り口を示す節気だそうです。ですから、今日の暑さも時期的には織り込み済みと言った所なのでしょうか? でもまあ、1〜2週間、夏が早まった感がありますがね。

 この小暑の日は、大抵が新暦の七夕と重なります。まあ、本来の七夕は旧暦・文月(七月)の七日(上弦の頃)なので、上弦の月が出ていないと様にならないのですが、仕方ありません、今日の晦の月の七夕も楽しんであげましょう。彦星も織姫もそしてその子(確かいたように記憶していましたが、ざっとネットで調べてみましたところ、残念見当たりませんでした)も、二回逢瀬を楽しめるので、きっと幸せでしょう。お幸せに… 
posted by 三上和伸 at 19:13| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最後のダイエット日誌113 76.9kg 22.9% 歩数:事後記載 2013.07.07

◎体重 今朝:76.9kg 前日(76.5kg)比:+0.4kg 前夜(77.6kg)比:-0.7kg ◎体脂肪率 今朝:22.9% 前日(23.7%)比:-0.8% 前夜(19.9%)比:-3%
今朝は素晴らしい青い空が広がっています。正に梅雨明けの空ですね。南の風もかなり強く、相模湾のサーフィンは絶好かもね?…と、ふと稲村ケ崎のサーフィン海岸が目に浮かびました。可愛いいお姉さん(お姐さん)も一杯やっているかな?、フフフ…。

今朝はまだ鳴いていませんが、昨日、今年初の蝉の声を聴きました。ニイニイゼミでしたが、これは梅雨明けを境に鳴く蝉です。自然は良くしたもので、折々に、私達に季節の移ろいを教えてくれます。
posted by 三上和伸 at 06:47| 最後のダイエット日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月06日

私の歳時記 2013.07.06(旧暦・皐月の二十八日) 今日梅雨明けが発表されました 

 旧暦の皐月もあと数日と言う今日、平成25年度の関東甲信越の梅雨明けが発表されました。凄いですね、早いですね、でもその早さは心配のタネにもなりますね。その理由はと申しますと、厳しい夏が長期に亘ると言う事です。暑さも彼岸までと言われますが、その彼岸までは今日からあと何日あると思われますか? ざっと計算しても何と78日もあるのですよ! どうします、約80日、耐え切れますかね? まあ、若者なら慣れると言う事があるかも知れませんが、我等ロートル(中国語の老人から派生した日本語)如きは、慣れる前に病気になってしまいます。だから今夏は絶対梅干しを毎日1個は食べましょう。梅干し入りお茶いいですね。西瓜には塩を振って、ご飯には胡麻塩を振って、振り掛けもいいですね。塩ジャケもいいし、たら子もね、それにラーメンもいい。まあ、何でもいいから適度に塩分と水分を摂ってね。それと運動は夕方がいいですね。しかも辛かったらすぐ止める、これが鉄則ですね。でも、私はダイエット、頑張る積もりです。この際、やってやってやりまくります。けだし、細心の注意を払ってね!!! 夏、楽しみ?です。ヤケクソです。
posted by 三上和伸 at 23:57| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新・横浜漫歩1-5 山下公園モニュメント巡り 世界の広場から水の階段を経て石のステージへ 2013.05.21

 あり得ない長さのプロローグ(序章)でしたが、大切な史実を包含した特別の対象ばかりでしたので、少し時間を掛けました。ここからは山下公園のモニュメント巡り、楽しい記念物ばかりが登場します。どうぞ気楽にお付き合いください。

 ポーリン橋を渡り、いよいよ山下公園に入りました。普段は桜木町・開港広場の方面から入園する山下公園ですが、この日は反対側の元町寄りの東口から…。先ずは花のアーチを潜りその先で最初に見つけたのが、世界の広場。そこからは、水の階段を繋ぎとして水の流れに導かれ、最終の石のステージまで到達できます。世界の広場から水の階段に掛けては水路に多くの海洋生物のモザイクタイル画が施されています。可愛い海の生き物達のモニュメントを一つ一つ観て行きますので、どうぞ、ご一緒に…

1、世界の広場
世界の広場、羅針盤型の噴水 羅針盤型の泉(噴水) 世界の広場に向かって
写真左:奥から観た世界の広場、遠くみなとみらいが浮かぶ 写真中:羅針盤型の泉 写真右:対面から観た世界の広場、水路には海洋生物のオブジェが…
1988年に横浜博覧会が開かれるのに合わせて、それまで手付かずであった公園東側を整備する事にしたのだそうです。先ずは車で訪れる膨大な数のお客様のために巨大駐車場(1階部分、446台収納)を造り、その階上部一面に膨大な土を入れ広場にしました。その広場こそが現在の世界の広場で、あるコンセプトを掲げて広場中央に、モニュメントが造られました。それは港・横浜に相応しく、羅針盤を模った(かたどった)オブジェで、「横浜から世界の海に漕ぎ出そう」の冒険をイメージしているそうです。そしてその中央に設えた噴水から溢れ出る水が、途中の水の階段を下りながらそこに在る海洋生物のモニュメントを摺り抜け、、最下部の石のステージ前の池まで到達するように設計されています。

2、水の階段・海の生き物のモニュメント
広場内の段差を駆け降り、真一文字に石のステージまで直進する水の道・水の階段。その水路の中には次々とモザイクタイルの海洋生物が現れます。一つ一つ数えながら歩くのは、何か七つの海をミニ航海している風で、楽しめました。

@タツノオトシゴ(竜の落とし子)
タツノオトシゴ
最初に現れるのがこのタツノオトシゴ、そうとは見えませんが、これも魚なのですね。立ち姿で尻尾を藻に絡ませて、流されないように、自分の体を支えている姿を映像その他でよく見掛けます。ですから泳ぎは余り上手ではなく、確か胸鰭等を使っておっとりと立ったまま泳ぐようです。一番の特徴は繁殖にあります。何とメスがオスのお腹の中(育児嚢)に卵を産むそうで、オスは孵化するまで大切に卵を守ります。やがて孵化した稚魚はオスのお腹から出て来ます。大きさは20mm弱ですが、もう立派に親と同じ姿をしています。地方によっては安産のお守りになってます。

*水路はここから一段降下します。水の階段の階段たる所以の片鱗?が現れます。

Aシーラカンス 
シーラカンス 
化石しか発見されず疾うに絶滅したとされていたシーラカンス。ところが1938年、南アフリカで生きて現存する事が発表され世界を騒然とさせました。とは言っても、私は未だ生まれていなかったのですが、その騒然の驚愕は充分に想像されます。何せ、私の生年の僅か12年前ですから、正に20世紀中盤の世紀の大発見だったのです。その姿形が魚類で初めて陸上に上がったとされる現存する生きた化石・肺魚に似ており、鰭が特徴的であり、今にも歩き出しそうな雰囲気を醸し出しています。そして何よりその名が素晴らしい、“シーラカンス”幻想性極まりない願っても無い飛び切りの名前でした。3億5000万年前から変化していない魚体を持つ新たな生きた化石・シーラカンス、このシーラカンスは遺伝子を変えずとも生きて行く事ができる、安定した環境で生活してきた一属だと言う事です。私も子供の頃から憧れていた存在でした。よく友人達と口角泡を飛ばして語り合ったものでした。

Bホラガイ(法螺貝)
巻貝(法螺貝) 
日本最大の巻貝で、貝殻を楽器として用い、古今の修験道で使い、嘗ては戦国合戦の出陣の合図にも使われました。ブォオオオオオオ…とかプォオオオオオオ…という音が出、音の高低の変化も利くようです。現代でも法螺貝の演奏教室があるそうです。面白そー、でも横浜にあるのかしら? 今度聞いてみますね。

番外:雀の水浴び
スズメが水浴び
人にとっても憩いの場である水の階段、それでもこの雀ほどにここを必要とする者?はいないでしょう。飲み水は勿論の事ですが、野鳥が生きる上で大切なのは水浴び(砂浴びも)、汚れ(脂粉)や寄生虫を処理するのに絶対必要なのです。この雀クン、私がいるのにお構いなくせっせと水を浴びていました。「誰がいてもやる事はやる!」とでも言ってるようで必死さが伝わってきました。「おー、イイジャンイイジャン(横浜弁)、使えばイイジャン、心置きなく…」。 

Cアンコウ(鮟鱇)
アンコウ1 アンコウ2 
このオブジェ、アンコウ特有の頭(背中上部)から延びる触手(擬餌状体)は付いて無かったのですが、このデカ口、間違いなくアンコウと思われます。深海に棲み、砂に埋もれ動かず、頭のヒラヒラを振っては餌と思わせ、寄って来た小魚をパクリ…。ホントに詐欺師紛いの騙しのテクニックに長けた嫌らしい魚なのです。でもその食用の様々な各部位の身は七つ道具と言われ秀逸、グルメ魚として有名です。私は今一なのですが、実は本物の優れた料理には未だ出会っていないのです。ですから本物に出会えたなら、認識は変わるかも知れません。何れ、大洗辺りに出向いて、本物を賞味したいと思っています。フフフ、その時はお知らせしますね。

Dマンボウ(翻車魚)
マンボウ 
可愛くて滑稽で茫洋として、本当に魚?と疑ってしまいますが、フグの親戚の魚なのです。そう言えばその滑稽さがフグに似ています。鰭(ヒレ)の動かし方も似ているし…、目が可愛いし…、口も小さいし…。但し鰭の数はフグより少ないですね。おっとりとしてスローモーな動き、攻撃性からは程遠い善良な生き物、観ていてホントに安らぎます。食べ物もクラゲや動物プランクトン、動きの鈍い深海海老や深海烏賊など。動きの速い生き物は食べられません。また各地方の別称も多く、キナンボ(北海道)、ウキ・ウキキ・ウキギ(東北、浮き木)、マンザイラク(神奈川)、ウオノタユウ(瀬戸内、タユウとは親方の事)、シリキレ(鹿児島、尻が切れているから)、バラバ−・バーバラボー(大分、これは愉快)、カマブタ(静岡、フフフ、ウァハッハッ!)などなど。ついでに海外の名を紹介すると、月の魚(仏、伊、独、トルコ)、太陽の魚(米、インドネシア)、頭の魚(タヒチ)、泳ぐ頭(独)、もっとついでに、学名はモラモラ(ラテン語)、面白い!!!。

Eヒラメ(鮃・平目)
ヒラメ
カレイを含め幼魚(体長数センチ)の頃のヒラメは、目が体の両側に付いていて、普通の魚と変わらないのだそうです。ところが、成長と共に片方の目が移動し、ある時、頭の頂点を乗り越え、一方の側に二つ並んでしまうのです。扁平な体の内、目がある方が上(褐色の体色)になり、目の無い方が下(白い体色)になります。「左ヒラメ、右カレイ」と言われますが、ヒラメの右目は左に移動し、カレイの左目は右に移動します。写真の魚絵は目が体の左側にあるのでヒラメと判ります。料理盛り付けの際、ヒラメは頭(目)を左に尾は右に、大変よろしい形をしています。反対のカレイは、残念ながら、盛り付けによろしくない魚です。味の差は別として、この盛り付けの善し悪しが高価さの違いになったとも言われています。カレイくん、残念でしたね。変態の左右の差で負けるなんてね、口惜しいでしょう、怒っているでしょう、プンプン…。但し、ヒラメカレイ、一族全部がそうではないそうで、左のカレイもいれば、右のヒラメもいるそうです。ヒラメとカレイの一番の見分け方は口と歯を見る事。ヒラメは口が裂け大きく歯もデカイ肉食系、カレイは口も歯も小さくおちょぼ口の草食系、これが決め手! 

Fシャコ(蝦蛄)
シャコ 
ご存知、寿司ダネの逸品、でも最近のお寿司屋さん(回転寿司)では余り見掛けなくなりましたね。美味しかったのにどうしたのでしょうか。東京湾の金沢文庫柴港が高級なシャコの水揚げ港だったのですが? あの辺りの漁師さんは大丈夫なのでしょうか? 何ね、昔、あの辺りに仕事に行っていたものですからね、漁師さん家に…。今度、お寿司屋さんにでも行ったら聞いてみますね。

Gシャコガイ
シャコガイ
サンゴ礁に棲む世界最大級(オオシャコガイが最大)の二枚貝。食べられるそうですが、私は食べた事がありません。沖縄に行けば食べられるのかしら? 何時か沖縄に行って食べてみたいですね、美ら海水族館にも行きたいし…。味は恐らくアサリを大味にしたような感じですかね。でもたっぷりと腹一杯、食傷するまで食べられそうです。

Hカニ?
カニ? 
可愛いオブジェですが、果たしてカニでしょうか? 少々デフォルメがキツイです。

I大階段と帆立貝
水の大階段と帆立貝
中々迫力のある風景です。このモニュメント群の中では最大の見物と言えます。水が心地よく流れています。爽快と同時に力感があります。いいですね、カッコよい!

Jホタテガイ(帆立貝)
ホタテガイ 
殻を開き、殻の上蓋を立てると、丁度、帆掛け舟が帆を立てているように見えるから帆立貝、当然と言えば当然ですが、いいネーミングです。自然を一杯吸収して大きく太って美味しくなったような気がしてきます。貝の中でも屈指の美味を誇ります。生で食べても良し、干して食べても良い。殆ど貝柱を食べるものですが、紐も中々イケます。干し貝柱は、崎陽軒のシウマイの中にも入っているそうで…、あの濃厚な旨味の素は、帆立貝柱なのですね。トローリとしたりシコシコしたり、海の香りもふんだんで絶品、「アー食べたい!」

Kマッコウクジラ(抹香鯨)
マッコウクジラ マッコウクジラの尻尾 
かなりデフォルメされた作品、それでも何となくマッコウクジラと判断できます。オデコが大きいし、歯も立派、尻尾も可愛い?。マッコウクジラのマッコウ(抹香)とは、粉末状のお香を指す言葉です。この抹香のような香りの香料(竜涎香・りゅうぜんこう)がこのクジラの腸内から取れるので、こう呼ばれるに至りました。昔はこの鯨の糞が稀に海岸に流れ着き、そこに含まれる竜涎香を採取した人は、大儲けをしたと謂われています。特別高価な香り、何かロマンの香りが立ち昇りますね。私も海岸に住んで、毎日竜涎香を探し回ろうかしら…、仙人のように…、世捨て人のなりをして…。あっ、でも世捨て人は、そんな欲は掻かないんですよね?

Lトビウオ(飛び魚)
トビウオ
大型の魚や鳥や怪獣に追いかけ回されて、とうとうこの魚は翼を持つに至りました。一度に数百メートルは飛ぶそうで、小さな翼ながら凄い飛翔力ですね。翼は胸鰭(むなびれ)が巨大化したもので、トビウオの遺伝子は自らの一族郎党?の存続を掛けて進化を選んだのですね。私も一度でいいから船上の甲板で、彼らを眺めてみたい…。そして甲板に飛び込んで来たら捕まえて塩焼きにして食べてみたい…。きっと極上の味がするでしょう。だって、巨大魚や鳥、海豚や鯨が目の色を変えて追い掛け回すのですから…、美味しいに決まっています。じゃなきゃトビウオは翼など持つ訳ありませんものね。美味しく生まれた悲運、可哀想…

Mヒトデ(人手)
ヒトデ
可愛い海の生き物・ヒトデ、これはどうしてもNちゃんと見たいですね。そして教えてあげるんだ…、「ほら、可愛いだろ…、これはヒトデって言うんだよ。人の手みたいだから人手て言うんだ。でも何だかお星様みたいだね…、そうかこれはお星様が海に落ちて空に帰れなくなっているんだ…、可哀想だね…、Nちゃん!」。

N最後の段段
階段最下部
最後の段段、もうこの先にオブジェはなく、大口開けた怪魚の滝と滝壺の池があるだけです。さあ水達よ一気に下りたまえ、爽快と言う快楽を楽しみながら…

O怪魚の滝と静寂の池
怪魚の滝と静寂の池
水の流れ、水の階段はここまで、とうとう終点に着きました。「ああー楽しかった、またね…」

P石のステージ
石のステージ
各種の催事が開かれています。石のステージ、一寸、踊ってみたくなりますよね? 是非皆様もどうぞ! 
posted by 三上和伸 at 10:53| 新・横浜漫歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最後のダイエット日誌112 体重:76.5kg 体脂肪率:23.7% 歩数:事後記載 2013.07.06

◎体重 今朝:76.5kg 前日(77.1kg)比:-0.6kg 前夜(78.2kg)比:-1.7kg ◎体脂肪率 今朝:23.7% 前日(23.7%)比:+-0% 前夜(19.7%)比:+4%
毎度お騒がせしますが、遂に最軽量体重を更新しました。過去最計量は76.6kgですから、僅か-0.1kg(100g)ですが、ここまで復活し、それを僅かでも更新出来た事は目出度く嬉しい限りです。改めて数字を見てみると、体重前夜比が-1,7kgと驚くべく数値を表しています。これは一重に体水分量の減少に他なりません。昨晩が熱帯夜かどうか知りませんが、暑く、大量発汗があったのかも知れません。水分に気を使う時節がやって来たと言うところでしょうか。 早速炭酸水を一杯飲みました。
posted by 三上和伸 at 06:51| 最後のダイエット日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月05日

新・園芸ノート1 うどん粉病について答えます 2013.07.05

 うどん粉や黒星病などの植物の病気は、黴(カビ)などの病原菌に感染した事によるものです。手当てとしては、市販されているスプレー式抗菌剤を葉の表裏に散布すれば防げます。様子を見て、何回か間隔を置いて散布すれば根絶できます。貴方の藤袴も秋には美しく咲くでしょう。
posted by 三上和伸 at 11:36| 新・園芸ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新・ピアノの話1 ご質問に答えます 2013.07.05

 読者の方からのご質問に答えます。一つは、アップラトピアノ・長蝶番の雑音の件ですが、このブログカテゴリ・ピアノの話の14ページ(ピアノの話14)に記載があります。トップページのカテゴリ欄の中のピアノの話をクリックし、その14ページを開いてくだされば、閲覧できます。是非、こちらをご覧ください。

ピアノ鍵盤(33Fから45F)
 もう一つは、音階の中の2音の音程差の関係を問うもので、33Fと37Aの関係は、長三度の関係です。因みに33Fを起点とする各音の音程差は、33Fが完全一度、34F#が短二度、35Gが長二度、36G#が短三度、37Aが長三度、38A#が完全四度、39Bが減五度、40Cが完全五度、41C#が短六度、42Dが長六度、43D#が短七度、44Eが長七度、45Fが完全八度の関係となります。
posted by 三上和伸 at 10:51| 新・ピアノの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最後のダイエット日誌111 体重:77.1kg 体脂肪率:23.7% 歩数:約8,000歩 2013.07.05

体重=前日比:-0.8kg 前夜(78.1kg)比:-1kg 体脂肪率=前日比:-0.9% 前夜(20.3%)比:-3.4%
体重、体脂肪率、双方とも全てマイナスを記録しました。これは初めての事で、これに奢らず油断せず、食べ過ぎないようにしないといけませんね。毎日、心を一新して、運動、節食を心掛けます。きっとゴールは見えてきます。

体脂肪率測定をするに当たっての一番いい頃合い(時間帯)は何時かと、今、ネットで調べてみました。それによると、一般の家庭用の体脂肪率計は、微弱の電流によって水分(電流を通す)と脂肪(電流を通さない)を判断し、体脂肪率を計測しているそうです。電流が流れ難くければ、水分量が少なく脂肪が多い、また反対に電流をよく通せば、脂肪は少なく、水分が多いとの事…、それを測定し数字に表しているのだそうです。従って、長時間の水分不摂取時(就寝中)や汗を掻いた後や入浴後は水分量(率)が減る分、体脂肪率が上がるそうです。私の場合、前夜は入浴前に測定しているので、水分量は高く、体脂肪率は低い、翌朝一番で測定した場合は、就寝中の汗と尿排泄の代謝による水分量減少により、体脂肪率は高くなるようです。因って、体脂肪率測定には、水分量の増減の少ない安定した時間帯がいいようです。例えば、食事と食事の間で、運動をしない時間帯…。まあそれでも、何時も同じ条件で同じ時間帯に測れば、比較し易い一定の数値が得られるでしょう。
posted by 三上和伸 at 06:51| 最後のダイエット日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月04日

雑記帳143 安藤美姫、未婚の母となる

 驚きました、フィギュアスケートの安藤美姫さんが、未婚の母になったとか…。どんな事情があったのか、どこをどう考えこの結果を導き出したのか、本人にしか解ろう筈はありませんが、女は強しを地でいったような無謀極まりない、勢い任せで押し通した感が否めないのは、私だけでしょうか? さぞかしこの経緯を親御さん方は心配された事でしょう。お孫さんが生まれた事に於いては、今の私と同じ境遇ながら、その正当性に関しては、私に比べ甚だ異端であり、そのご苦労が偲ばれました。

 それでも映像で観る、後ろ姿の赤ちゃんを抱く美姫さん、麗しくたおやかで優しい母の顔をしていました。私も孫を持つ身、「そう、それでいいんだよ美姫さん、人の噂も七十五日、あれこれ言われようが書かれようが毅然としていなさい。スケートをするしないは兎も角として、その大切な赤ちゃんをいい子に育てなさい。それが美姫さんの最大最高の仕事となるのですよ。心して努力をしてください」とエールを送りたくなりました。それほどその抱き姿は、美しいものがありました。
posted by 三上和伸 at 22:52| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雑記帳142 新聞買い出し36日目、フフフフフ、ウッワッハッハッハッ…、順調です 2013.07.04

 梅雨時なのに、大した雨にも遇わず、新聞買い出し順調です。朝七時前後の一時、軽い散歩代わりにいいものです。少し遅めに出れば、小学生の登校の一行に出会えます。愛らしいものですから、暫し、ニコニコ顔で接しています。元気を貰えますね。但し、迂闊に赤信号を渡れなくなりました。模範を示さないとね、いい大人?ですから…。

 それにしても、あのA新聞I販売所?職員!、思い返せば怒り心頭に発しますが、“瓢箪から駒が出る?”の喩えの通り、私にとってはこの一件で、いい習慣が身に着きました。朝一の心身の試運転にもなり、オマケにコンビニの店員さんとも顔馴染みとなりました。互いの朝一の「お早うございます!」が爽快さをくれます。
posted by 三上和伸 at 08:15| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最後のダイエット日誌110 体重:77.9kg 体脂肪率:24.6% 歩数:約8,000歩 2013.07.04

体重 前日比:+0.6kg 前夜比:-0.3kg 体脂肪率 前日比:+1.4% 前夜(22.0%)比:+2.4% 歩数:約8,000歩(70分)
一寸、乱高下していますね。昨日の食事・運動(8.000歩)を想い返してみても、首を傾げるばかりです。やっぱり、炭水化物の摂りすぎでしたかしらね? 反省して今日は、否、今日からは厳しくチェックします。
posted by 三上和伸 at 07:33| 最後のダイエット日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月03日

赤ちゃん観望記65 Nちゃんお豆腐食べたって、そしてハイハイの準備 2013.07.03

 先程のKさんの伝言メールによると、Nちゃんの今日の離乳食は、お粥とお豆腐だったそう…。お豆腐、どんな食べ方だったか書いてなく不明でしたが、恐らく温めて擂り潰した物であろうと想像がつきました。お粥(炭水化物)、野菜(繊維、ビタミン)と続いて今度は豆腐の蛋白質をとヌカリのない献立。Kさん、百点ママになりつつあるようです。オマケに、Nちゃんに這い這い(ハイハイ)の準備もさせているようです。首座り、寝返り、お座り、とここまで来れば今度はハイハイ、ここもヌカリなくターゲットを絞っています。Kさん、ヤル気満々ですね。楽しみながらの育児、そう、それでいいのだ、大いに楽しみましょう。
posted by 三上和伸 at 22:19| 赤ちゃん観望記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最後のダイエット日誌109 77.3kg 23.2% 2013.07.03

体重:77.3kg 前日比:-0.6kg 前夜(77.9kg)比:-0.6kg 体脂肪率:23.2% 前日(23.1%)比:+0.1% 前夜(19.5%)比:-3.7% 歩数:万歩計が使用不能なので、細かい数字は示せませんが、大凡の歩数をお知らせします。約8,000歩(時間:70分)
体脂肪率の掲載を始めて幾日か経過し、この体脂肪率の前夜比が毎日同様の変化で推移している事が確かとなりました。体脂肪率は、前夜と翌朝では、劇的に変化するのですね。ホント、驚いています。
posted by 三上和伸 at 07:08| 最後のダイエット日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月02日

私の歳時記 2013.07.02(旧暦・皐月の二十四日) 今日は半夏生 

 薬草の一つに半夏(ハンゲ、カラスビシャク・サトイモ科)があり、その半夏の生える時節である今日を、雑節として半夏生と呼ぶようになりました。但し、関東の低地ではハンゲは5月の発生であり、この時節での発生であれば、それは寒冷地ないし高冷地での話でありましょう。そもそもこの言葉の起こりは、中国の内陸部と想像されますので、決して季節的に可笑しい訳ではありません。この雑節を関東南部に当てはめてしまうのが乱暴なだけです。

 それでも、この時期に咲くハンゲショウ(半化粧、ドクダミ科)を半夏生と混同してしまうのは、更に愚かな事と言えるでしょう。半化粧は、ドクダミの仲間で、サトイモ科のカラスビシャク(ハンゲ)とは何ら関わりはありません。暦の雑節である半夏生を知るには、ハンゲ有りきであり、先ずはハンゲ・カラスビシャクと言う草を認識して頂く外はありません。
posted by 三上和伸 at 22:26| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最後のダイエット日誌108 77.9kg 23.1% 2013.07.02

体重:77.9kg 前日(77.8kg)比:+0.1kg 前夜(78.4kg)比:-0.5kg 体脂肪率:23.1% 前日(22.1%)比:+1% 前夜(20.7%)比:+2.4% 歩数:9,038歩
停滞していますね。つくずくダイエットの困難さを感じています。この先を考えれば、日課として食事制限と運動をもう一歩進ませ、厳しく管理しないといけませんね。もう一度、栄養と運動の量を考え直してみます。
 
posted by 三上和伸 at 07:08| 最後のダイエット日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月01日

赤ちゃん観望記64 Nちゃん、蛍には無関心、でも離乳食は順調、それにお座りもね 2013.07.01

 Nちゃん、蛍の存在には知らん顔でしたが、それでいいのですね。兎に角、経験が大事。何でも見せて聴かせて触れさせてあげる事。それに親の関心もね。子供は親と同じ事をするのが喜びであり、最大の関心事。親の興味が深ければ深い程、子供にいい影響を与えます。親こそが生活を楽しむ事、人生を面白がる事です。

 Nちゃんの離乳食は、娘の伝によると順調そうです。白湯、お粥、カボチャ、人参、ブロッコリー、ジャガイモと進んでいるようで、Nちゃん、初物?には戸惑いつつも、しっかり食べているようです。生後5ヶ月9日・8キロ弱だそうで、ガッチリ、オッパイも離乳食も足りているようです。それにNちゃん、お座りもクリアーしたとか。先程次女ママのKさんから、Nちゃんお座り中の写メールを貰いました。いいねNちゃん、素晴らしいね。
posted by 三上和伸 at 23:45| 赤ちゃん観望記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最後のダイエット日誌107 77.8kg 22.1% 食欲、少し落ち着きました 2013.07.01

体重:77.8kg 前日比:-0.6kg 前夜(78.3kg)比:-0.5kg  体脂肪率:22.1% 前日比:-3.2% 前夜(19.8%)比:+2.3% 
数字を追いかけるのも大変です。食欲を意識したり、運動しようとする動機づけをしたり。食べたい、いや我慢しなければ、運動しなければ、いや動きたくない、あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ、あー、何もしたくない!食べていたい!!! 感情と理性のぶつかり合い、ダイエット、正に人生そのものではありませんか? 食欲、少し落ち着いてきました。
posted by 三上和伸 at 07:18| 最後のダイエット日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする