2013年10月25日

私の歳時記 2013.10.24(旧暦・長月の廿日) 晩秋の実・三種 今井川遊歩道

保土ヶ谷区今井町には、今井川源流から下流へ一キロ程を公園遊歩道とした、素敵な散歩道があります。私が普段使っているウォーキングロードではありませんが、我が家から近く、四季の花を愛でながらの漫ろ歩きが出来ます。昨日のウォ−キングではここを訪ね、秋の花と実を楽しみました。

@花梨(カリン、榠樝《メイサ》)の実
花梨の実
バラ科ボケ属
ボケ(木瓜)や西洋のマルメロに近い種。マルメロは生食できるそうですが、ボケ(クサボケ)もカリンも果肉が硬過ぎて(木質化)生食は不可との事。但し三種とも芳香があり、果実酒や砂糖漬けにするそうです。また薬効もあり、咳止めとなります。大きな黄色の実がなり、それは豊かで美しく、手に取ってみれば心がほんわかとしてきます。いいものです。中国原産で、中国名は榠樝(メイサ)。 

Aカンナの花と実
カンナの花 カンナの実
カンナ科カンナ属
カンナはラテン語。中南米原産でヨーロッパに渡り園芸化されました。夏から秋に掛けて絶え間なく、紅・黄の大型の美しい花を次々と咲かせます。従って花が咲いている隣でこうして実も成っているのです。ヌカリなく観察すれば様々な生態が観えて来ます。そこには尽きせぬ興味の源泉が眠っています。

ジュズダマ(数珠玉)
ジュズダマ ジュズダマ
イネ科の多年草。数珠の玉に似るので数珠玉の名となりました。玉の部分は硬い球状の苞で、この中に雌花があり、突き出した先に雄花がありました。花後、苞の中に果実が実り、苞は骨質となり、果実を包むように硬い球体となります。
posted by 三上和伸 at 20:05| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の歳時記 2013.10.24(旧暦・長月の廿日) 晩秋の花・三種

十月桜 宮城野萩 ノコンギク
旧重陽も過ぎ、その後に咲く花は晩秋の花。その代表が菊ですが、世は大分前から園芸ブーム、秋に咲く桜も作り出してしまいました。この十月桜もそんな品種で、十月になると咲き出し、翌年の歳の初め頃まで一頻り咲き継ぎます。春四月にも咲くので四季咲きの桜と位置付けられています。小彼岸桜の改良種だそうで、花弁が多く八重咲きと言えます。花の少ない晩秋に咲く花で、その清楚な風情は不思議な有難味があります。

秋と言えば、草冠に秋と書く萩を忘れてはなりません。特に宮城野萩は枝垂れてナンボと言う花で、多花であり、流麗なマスゲームの趣きがあります。これはやはり人間の美意識に敵う姿形、愛される必然がありますね。

私にとって菊とは野菊の事。高価な園芸品種の雅名が付いた菊など眼中にありません。私の中で菊とは麗しくも素朴な田舎娘のイメージ、あの野菊の墓で眠る民さんのような人(女性)。そこに憩い安らぎ、愛を捧げる恋人。ああ、私が命ある限り守ってやりたい大切な伴侶…

posted by 三上和伸 at 18:30| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の歳時記 2013.10.24(旧暦・長月の廿日) 我が町に紅葉始まる

山桜の紅葉 ドウダンツツジの紅葉 トキワイカリソウの草紅葉
温暖の地の我が町では周囲の木々はまだ青いものが多いのですが、野の山桜や庭のドウダンツツジ、そして草のトキワイカリソウが色付き始めました。もう暫くすればもっと赤くなるでしょう。愈々晩秋の趣きが濃厚となります。

山桜は比較的病葉(わくらば)の多い木で、散り易い特徴があります。従って一枚一枚は美しい赤ですが、木全体が真っ赤に染め抜かれる事は少なく、疎らな紅葉の印象があります。

ドウダンツツジ(満天星)は桜とは違い、木全体が真っ赤に染まります。楓や蔦と並ぶ紅葉の美しい木で、日本庭園の定番の灌木です。

トキワイカリソウ(常葉碇草)は読んで字の如しで、この紅葉した葉が春の花時まで残ります。花は清楚な碇形の白花。花も草紅葉も楽しめる有難い草です。
posted by 三上和伸 at 17:09| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最後のダイエット日誌221 77.85kg 23.95% 約7,000歩 2013.10.25

*今朝の天気 雨 室温:19.8℃ 外気温:17.5℃ 北の風

*前夜 体重:78.2kg 体脂肪率:23.4%
*今朝 体重:77.5kg 体脂肪率:24.5%
◎平均値 体重:77.85kg 体脂肪率:23.95%

◎ウオーキング
距離:6,000m 時間:75分 歩数:約7,000歩

posted by 三上和伸 at 07:39| 最後のダイエット日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雑記帳181 盗人猛々しいとはあゝ言う人の事、阪急阪神H社長・某 2013.10.24

 テレビニュースで阪急阪神ホテルの食品偽装の記者会見を観て驚愕しました。あの社長、責任転嫁も甚だしい言い訳がましい詭弁を弄していましたね。あゝ言う人こそ盗人猛々しいと言うのです。不当な利益を上げてお客に損害を与えて置きながらあの悔いる事のない開き直りよう、本当に呆れ果てました。これからのあの人の人生、厳しいものがありますね。そうでなければなりません。鉄槌を下しましょう。
posted by 三上和伸 at 00:11| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする