2014年04月17日

新・最後のダイエット日誌80 平均体重:79.0Kg 歩数:延べ約6900歩 2014.04.17

◎今朝の天気 晴 室温:20.0℃ 外気温:19.0℃ 南風
暖かくなりましたね。でも私は股引も長袖シャツもまだ脱がないでしょう。寄る年波には勝てぬ、筋肉の衰えで発熱源が減り、寒さに耐えられなくなって来ているのですね。朝夕は震えちゃいます。それにしても町にいる女学生の超ミニ生足のアンヨをは凄いですね。見掛けると寒気を催します。何故平気なの!寒くないの!。彼女らのあのアンヨの内側の筋肉にはきっとホッカイロが仕込まれているに違いありません。ホント、この世のものとは思えません。勿論あの世の物でもなく、異次元の耐寒性ですね。あれに比べると、我等オヤジは死んだも同然、正しくこの世のものではありません。

◎体重 昨夜:79.2kg 今朝:78.8kg
◎平均体重:79.0kg
◎増減値:+0.5kg
日影茶屋以来の食い意地で体重高止まり傾向が続いています。食べるこれ人間(動物)の本能、食べなきゃ死んじゃうの記憶が飽食食い倒れの現代に悪さをしています。DNAの刷り込みが何でも幾らでも食える現代人を危険に晒しているのです。何時の日か飽食が人類を滅ぼす時が来るのでしょうか? 皆様、心して食いましょう。

◎観音崎ウオーキング
距離:延べ6000m 時間:延べ60分 歩数:延べ6900歩
ウォーキングと言うよりは漫ろ歩き、距離は大体こんなもの、但し時間や歩数は参考程度、でも楽しさは特筆もの。海良いですね!

posted by 三上和伸 at 19:47| 新・最後のダイエット日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新・生き物大好き21 祖母の墓、鶯と花と線香、祈りの時 2014.04.16

 三上家菩提寺の庭に車を置き、先ずは我が家の墓に線香を焚き、亡き父と姉弟を弔いました。それから同じ寺にある父方の先祖の墓にも参り、祖父と祖母を弔いました。そしてそこで近々の新たな家族の誕生と出会いを報告しました。我等子孫の盛んをきっと草葉の陰で喜んでくれている事でしょう。

 それからは、そこから程近くにある母方の祖母の墓にも詣でました。この墓だけは既に母の兄弟も全て他界しているため訪れる者も少なく、花がないだろうと推察して、町の小さな商店に立ち寄り仏花を一束求めました。菫咲く石垣の階段を上りお祖母ちゃんの墓に到着しました。そして花を捧げ線香を焚き手を合わせました。祈りの中では家族の近々を知らせました。その一節としては、「貴女の玄孫(やしゃご)は元気に育っていますよ。フフフ玄孫だよ、確かに血は繋がりましたよ。どうか喜んでください…、また更なる出会いも新たに生まれますよ……」。

 この祈りの間中、鶯が絶え間なく囀り、私を祝福してくれていました。久方振りの美声、私は幸福でした。
 
posted by 三上和伸 at 09:30| 新・生き物大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新・とっておきの花13 祖母の墓、菫と酢漿草の咲く墓 2014.04.16

横須賀の仕事のついでに、東浦賀と観音崎、そして走水を漫ろ歩こうと思い時間を割きました。先達ての母の米寿の祝の折には浦賀にある父と姉弟の墓を詣でましたが、父方の祖父に祖母、そして母方の祖母の墓には参れませんでした。然るに思いは募り、その願いを今日果しました。
姫菫(ヒメスミレ) 酢漿草(カタバミ)
石垣に咲く、ヒメスミレとカタバミ
やしゃご(玄孫)のNちゃんにとってはひいひいばあちゃん(曾曾祖母ちゃん)に当たる私の母方の祖母の墓、それは海(浦賀湾)が見える丘の中腹にあります。背後には東叶神社の境内に当たる山が迫り、そこは幻の白藪椿が自生する自然豊かな所です。従って当然ながら野の花にも行き当たり、お墓参りのついでに摘み草も出来るのです。嬉しい事に、墓地の門前で愛らしい春の草・姫菫(ヒメスミレ)と昨漿草(カタバミ)に出会いました。

追伸:明日以降は、お昼を食べたわんこパンに観音崎の花・実・芽と走水神社を紹介します。お楽しみに…
posted by 三上和伸 at 00:01| 新・とっておきの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする