2014年09月20日

雑記帳230 今が一番幸せ 2014.09.20

 今、二人の孫娘を連れ、次女が産後の育児に訪れています。上の孫は一歳八ヶ月、辺りの空気が少し見え始めた悪戯盛り、喜怒哀楽のスケールが大きく、かなり手を焼いています。下の孫はまだ生まれて七日目の乳飲み子、泣いて乳をせがみ、そして乳を飲み、更に排せつをして、眠るだけの存在?。否、その陰で、手足をバタつかせる運動での体力増強や、様々な感覚・五感を磨く練磨を密かにやってる凄い存在でもあるのです。これらの孫二人を面倒見るのは重大で悩み疲れることも多いのですが、実に(げに)呆気にとられる場面も見られ、面白可笑しく、興味の尽きることはありません。私はその孫の行動に泣いて笑って歓喜する毎日、こんな幸せが巡って来るとは、夢にも思っていませんでした。今、私は驚くべき幸福な人生を歩んでいるのです。それを心に焼き付け、留めることが私の役目…。孫に感謝!
posted by 三上和伸 at 23:53| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする