2014年10月12日

雑記帳239 嵐の前の静けさか、寝待ち月不気味 2014.10.12

台風19号が虎視眈々と日本本土に狙いを付けていますが、如何なものでしょうか? 今、外は不気味なほどに静まり返っており、寝待ちの月が雲間から見え隠れして、怪しい光を投げ掛けています。何時もならば心軽く月を眺めるのですが、今宵は何故か心騒ぐものがあります。まあ、細心の注意を払ってこのいけ好かない野分19号を遣り過しましょう。皆様、油断なさらぬように…。
posted by 三上和伸 at 22:25| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする