2014年10月27日

雑記帳248 手前味噌となりますが、私は世界一?の果報者 2014.10.27

 人生64年を経て、つくづく実感する事は、私は世界一?の果報者である事。優しい妻を貰い、先ず先ず優秀な?娘を二人授かり、揚句には愛らしい孫娘を二人まで抱く事が出来ました。この境涯を世界一の果報者と言わずして、何と申せばよいのでしょうか? この先もし仮に曾孫を見る事が出来たのなら、それは宇宙一の幸福者?になってしまう事でしょう。その節は、世にも目出度い幸福者として、このブログの10,000ページを飾る事でしょう…

 先刻も孫と遊びまして、そこでは悪戯したり大泣きしたり、強情を張ったり我儘を言ったり、更に言う事を聞かなかったり、散々手を焼くのですが、愛しいのです。その世話の掛かる分、可愛いのです。もうこうなると世話を焼いていると言うよりも遊んで貰っていると言った方がよく、私は孫に会う度に極限の幸せを貰っているのです。そこには、歓喜と感涙でグジャグジャになっている私がいるのです。

 少しずつ家族を増やせた私、世界一の果報者、こう言わずして、今の私を知らしめる手段はありません。
posted by 三上和伸 at 22:42| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする