2015年04月06日

一日の終わりに…91 粛々と… 2015.04.06

 菅官房長官が多用していた”粛々と”の言葉に翁長沖縄県知事がイチャモンを付けた話、不謹慎ですが私は良くぞ言ったなと溜飲を下げました。この段にこそ沖縄県民の憤怒が表れていると私は確信しました。広辞苑で”粛々”を調べてみると、@つつしむさま、A静かにひっそりとしたさま、Bひきしまったさま、Cおごそかなさま、とありました。別段、批判の対象にはならない意味合いですが、その菅さんの顔色を変えないしたり顔の語り口に、翁長さん(沖縄県民)は反発を覚えたのだと思われます。会話や言葉は難しいものです。菅さんはもっと真心の籠った自分の語り口と言葉で話すべきでした。”粛々と”などと言う何処かで借りてきた言葉を使って「この野郎!」と思わせてしまった、官房長官としての対応が下手糞でした。
posted by 三上和伸 at 23:00| 一日の終わりに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一日の初めに…33 霧の朝に思う事 2015.04.06

 昨日は冷たい雨でまるっきり清明らしくない一日でした。今日は昨日よりやや増しなよう…、今朝方は霧が立ち込めていましたしね。今日は暖かくなりそうですが、この先また大陸の冷たい高気圧がやって来るようです。着る物を持っていない私などは服装に煩わされないですが、お洒落な人は大変な季節ですね。

 沖縄と日本政府の綱引き、見苦しい?ですね。今の安倍政権大丈夫でしょうか? 「取り上げられた土地は返還されるのが当然で、辺野古への移設は筋が違う」、当然の理屈ですね。リゾート大国を目指す沖縄、何れ世界の沖縄になり、豊かな沖縄になるでしょう。その時独立運動が起きるかも知れませんよ。あるいは中国に組するかも? どうする日本政府?
posted by 三上和伸 at 08:55| 一日の初めに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする