2015年05月02日

雑記帳271 ぼんやりと徒然に 2015.05.02

今日はカメラ屋に行こうと思っていたのですが、豈図らんや、妻が新聞の新型カメラの一面広告を前に出し「買いに行くの面倒くさいなら、このカメラでも買ったら?」とノタマイました。渡りに船「シメシメ、これで大嫌いな買い物をしないで済んだ、大助かり大助かり」、そこまで私は買い物嫌い、店員と話をするだけで憂鬱になります。ですから直ぐに0120……と電話を入れて安いデジカメを買っちゃいました。但し、商品到着まで10日ほどかかると言われてゲンナリ、ホント買い物ってスムーズにいかないものですね。でも買いました。お売りになる会社及び店員さん、打てば響く対応をお願いしますよ、年寄りはウダウダやるのが大っ嫌い!

これも買い物の話ですが、近所のドラッグストアに行ったのですが、袋入りラーメンを買いたかった時の出来事。何しろこう言う店は幾百もの棚に何万と言う商品が置いてあります。もう老眼の私には何が何処にあるか全然わかりません。そこで若いお嬢さんの店員に聞いてみました。「即席ラーメンは何処かな?」、「即席?…」と首を傾げるばかり、お困りの様…。『そうか私の脳ミソは半世紀古いのだな、今どきの若者には即席と言う言葉はインプットされていないのだ』。仕方なくインスタントラーメンと言い直してラーメン棚を教えて貰いました。

posted by 三上和伸 at 18:21| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一日の初めに…45 悦楽の夢、大いに見ましょう 2015.05.02

昨日お話したミランダと一緒に豚カツを食べる夢、残念ながらバツ1、今朝起きたら私の脳内は真っ白け…、全く記憶がございませんでした。もう駄目ですね、あれほどミランダを想って床に就いたのにね。きっと無意識に見ているに違いないでしょうけど思い出せないのです。記憶喪失の老いぼれの身に夢見などを期待してはね…、就寝から起床まで間、私の意識は0、全くの0だったんですね。まあ、健康な眠りではあったんでしょうけどね。トホホホ

子供の頃の怖い夢見でトラウマになる事などはこの年になると皆無。老いぼれになると出来なくなる事は多々ありますが、この眠りに夢を見る現象も不可能に近いものになるのですね。だったら白日夢を見ましょう。昨日の私のミランダ狂いのようにね。白日夢ならどんな身分の傑物にもなれるし、ミランダのようなイイ女とも恋が出来ます。フフフフ、

ミランダはもう私のもの、誰にも渡さない、毎日豚カツ屋に行って仲良く豚カツを食べるんです。狂気じみていますが正に悦楽そのものです。悦楽の夢大いに楽しみましょう。
posted by 三上和伸 at 09:36| 一日の初めに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする