2015年06月07日

音楽の話105 稀代の名旋律・G・F・ヘンデルの”私を泣かせてください” 2015.06.07

今宵の名曲は、ヘンデルの歌劇〈リナルド〉から”私を泣かせてください”を紹介しましょう。

大分前、孫のNちゃんにプレゼントしたCD・ヒーリングボイスの中にあったこの可愛い歌(アルミレーナのアリア)、私はこの歌を聴いて、心底歌の素晴らしさに目覚めました。

勿論、私の中ではブラームスの歌曲が最高の歌ですが、そこに無い本来人間の声だけが持つ魅力に目覚めたのです。優しい肉体から発する絹の声、楽器の冷徹とは違う人間の血の暖かさが感じられる恋人の声、否、母の声、私はそれに惑溺したのです。

もう離れられません、ヘイリー・ウェステンラが歌う”私を泣かせてください”、私は全身全霊で聴き惚れます。全身全霊で溺れます。こんな歌の聴き方もあって好いでしょう。

バッハと並ぶバロック音楽の巨星・ヘンデル。但し、謹厳なバッハとは違い、劇的且つ明朗闊達、美しさに溢れています。今日に於いて、バッハに比べ一般的でないのはヘンデルの持ち味がオペラに偏っていることです。されど次第にヘンデルのオペラも上演の機会が増え、ヘンデルの新たな側面が浮き彫りにされつつあるようです。ヘンデルの”私を泣かせてください”、バッハには書けない、おおらかにしてしなやかな正に稀代の名旋律です。

ヘイリー・ウェステンラはニュージーランド出身のアイルランド系のソプラノ歌手。美声の持ち主で、未だ若い美人歌手です。私は好きですね、惚れ込んでいます。女の優しさ、女のしなやかさを感じさせてくれます。
posted by 三上和伸 at 22:51| 今宵の名曲・音楽の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一日の終わりに…120 朝も夕も「トッキョキョカキョク」 2015.06.07

昨日の音楽夜話で、長山洋子の津軽あいや節の弾き語りを絶品絶唱と称しましたが、朝な夕なに私を狂喜させるホトトギスを何と喩えたら好いのでしょう。ホトトギス、今日も鳴いてくれました。

この先何時まで鳴いてくれるのでしょうか? 私はそのお終いの日を恐れています。その時、自分はどうなってしまうのでしょうか? 蛻の殻(もぬけのから)となって暫くは立ち直れないかも知れません。

段々、声を待つのが怖くなっています。あんなに待ち焦がれていたのに、別れるなんて考えられない、私の心は、今戦々恐々として戦慄いています。明日が怖い…

でももうそろそろ、ホトトギス君を解放してやっては如何かな…、もう十分楽しんだではないか… 

音、声、歌、何て素晴らしいのでしょう。ありがとう、音あるものよ!
posted by 三上和伸 at 22:02| 一日の終わりに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

音楽夜話8 十津川警部シリーズの長山洋子、素晴らしい津軽あいや節 2015.06.06

昼間観たサスペンス十津川警部シリーズで、素晴らしい津軽あいや節に巡り合いました。姉を殺された妹の復讐を描くサスペンスドラマでしたが、妹役の長山洋子が津軽三味線を駆使し、素晴らしいあいや節を披露していました。

私は迂闊にもこのヒロインが長山洋子だとは気付かず、何かやたら見事な津軽三味線のあいや節を歌う人だなと感心しつつも、極限まで合わせた吹き替えだと疑いました。しかし直ぐにこれは吹き替えで無く、実演しているのだなと確信し、その脅威の津軽あいや節に驚嘆したのでした。胸に熱いものが込み上げた私は心揺さぶられ、目に涙を浮かべ、真に感動していたのでした。

エンディングの出演者の字幕を見て、初めてこの女優が歌手の長山洋子である事が判りました。驚きでした。私は早速ネット検索し、長山洋子を調べました。私を席巻し圧倒した神憑りの津軽あいや節、それもその筈、長山は津軽三味線・澤田流の家元でした。

亡き姉に捧げた津軽あいや節、絶品絶唱でした。
posted by 三上和伸 at 01:45| 音楽夜話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする