2015年06月22日

雑記帳301 孫との遊戯、絶頂期 2015.06.22

昨日、Nちゃんにやったお土産のオヤツジャコ、Nちゃん美味しそうに食べました。この日、私と妻がNちゃん家に着いたのは10時過ぎ、ですから丁度10時のお茶の時間だったのですね。Nちゃんと私でお喋りしながらオヤツジャコを食べました。二人得意の食べさせっこもしたのですよ。「アーン」、「あ〜ん」と言い合いながら…

この日の妹・Yちゃんはご機嫌が今一つでよく泣いていました。それでもお腹が一杯になった午後の時間はご機嫌で遊びました。レゴブロックをやったのですが、もう目を輝かせ歓声を上げて遊んでいました。勿論ブロックを積むのは私、それを引き剥がすのがYちゃん、私が何本ものレゴの塔を積み上げると、それを片っ端から引き剥がすYちゃん、何時果てるとも知れぬノリノリの遊び、私は心を籠めて、歓喜の内に、お付き合いを果たしました。

夕方になるとYちゃんの寝てる隙にNちゃんの入浴、そしてその後の一家三人の夕食、ジジババは、それの世話と見守り、Kさんも忙しなく「パクパク、モグモグ…」。幼子二人の子育ては大変です。

そこでNちゃんの歯磨きによるアクシデント、「ジブンデ〜」と「イヤイヤ〜」の大立ち回り、最後はババちゃんが抑え込んでの「シャカ、シャカ…」。当然Nちゃんはオネムも手伝い大泣きに… 

ベッドで寝かし付けるも泣き止まないので大変でした。それも私達がいる所為もあるのですね。遊んで貰える人がいる場合の子供の心理は複雑なもの…。「遊びたい、でも眠い」その繰り返し、大事な時間を有意義なものにしようとする子供心が胸に迫ります。我等夫婦は必死に宥め賺し(なだめすかし)Nちゃんを寝かし付けたのです。

最後は私が「ノンタン、おやすみなさい」を読んで、妻に抱かれているNちゃんを眠りに誘いました。「Nちゃん、ノンタンと一緒に楽しく寝ようね…」、私と妻の思いは叶いました。
posted by 三上和伸 at 21:31| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする