2015年08月31日

雑記帳 昨晩のヨルタモリ、フフフフ…

昨晩のヨルタモリ、面白かったですね! この番組は来月で終了するそうで、昨晩は過去に放送された中からピックアップして並べた総集編のような内容でした。毎週は観られず、私が見損なったもの(週)も多々あったので、大いに楽しめました。

福山雅治の歌は大した事無かった(下手、音程悪い、縮緬ビブラート?)のですが、何方かお名前は忘れましたが、SPレコードと蓄音機、そして真空管アンプの話、タモリと熱の入った遣り取りをして秀逸でした。私は一々合点がいき、楽しい視聴となりました。SPと蓄音機、正に仰る通り、その音響、ノスタルジックだけと思いきや大間違い、その生々しい音は臨場感タップリ、ピアノ曲などを聴くと最高ですね。

そしてマツコデラックスの登場で、その場はエロチックで下世話な暴露趣味に陥って行き、誰もが?興奮する?下ネタで盛り上がってしまったのでした。何ね、”男の一物”の大小に絡む話でね、マツコがそれを何百本も拝観?したそうで、顔と一物の神経衰弱(トランプの遊びを模して顔写真と一物写真を合わせる遊び)をして全部当てたそうなのですよ。そして最後にその感想を述べていました。

「あれが大きい男は、何の取り柄も無いのに一様に態度がデカイ、やっぱり、あれがデカイのは自信になるんだね!、女にとってはどうでも良い事なのにね…」だって…。『私のは可愛い方だから、態度も小さく、物静かで奥床しいのだな〜』としみじみと切なく思う私でした。
posted by 三上和伸 at 20:04| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする