2016年05月29日

一日の終わりに… 美声極まりないホトトギス、一日中鳴く 2016.05.29

今年もとうとうこんな嬉しい日が来てくれました。誠に驚きを隠せません。今朝、NちゃんYちゃんと新聞買い出しに出た折、張りと艶のある美しい「トッキョキョカキョク、トッキョキョカキョク、トッキョキョカキョク…」の声が降り注ぎました。私は驚き即座に、「あっ、ホトトギスだ、ホトトギスだ、トッキョキョカキョクだぁ〜」と叫びました。それに驚いたのがNちゃんYちゃん、二人は目を丸くして、口はアングリ…。それでも私の興奮に促されたのか、二人はその美声を聴いていました。きっと「ジイジはこんな音が好きなんだな〜、変わった鳴き声だな〜」とでも思ったのでしょう。私を繁々と見詰めてホンノリ笑顔でした。

好いのです、何でもかんでも二人にとっては学びです。例え初めての経験でも、その物の概要のホンの触りでも感じてもらえれば御の字なのです。少しずつ少しずつ、興味の対象を広げ、そのテンション(張力)を上げる、強い興味こそが学びの原点です。何にでも驚いて面白さを味わい尽くそうね!

このホトトギスは一日中鳴いていました。鶯や目白、四十雀は、露払いです。真の真打はホトトギスです。これから毎日、我が町では、ホトトギスが聴けるでしょう。毎日の真打、贅沢の極みです。
posted by 三上和伸 at 21:52| 一日の終わりに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする