2016年11月07日

一日の終わりに… 星空ウォッチング楽しみましたが… 2016.11.7

一日遅れのおうし座南流星群を観望していたのですが、今のところ影も形も無く、残念ながら駄目でした。しかし今宵の空は、星が降るように輝き、見事なものでした。双眼鏡で、おうし座の一等星アルデバランとヒアデス星団を観ました。正に宝石を鏤めた美しいものでした。

オリオン座の三ツ星
オリオンの三ツ星を写してみました。拡大すれば何とかなると思われます。試してください。今はまだ昇って来たばかりなので、オリオンは頭を東に向けて寝そべっています。オリオンのベルトを形作る三ツ星も垂直に縦列を組んでいます。その内、次第に起き上がってきます。そうすれば、本来の水平のベルトに落ち着きます。

こう言った透明な空が現われてくれば、夜空を眺める楽しさが湧いて来ます。これからは、星空ウォッチングの好い季節になります。
posted by 三上和伸 at 22:53| 一日の終わりに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の歳時記 今日は立冬、七十二候は第55番立冬初候の山茶始開(つばきはじめてひらく) 2016.11.07

サザンカ(山茶花)
太陽の黄経が225°の日が二十四節気の立冬です。立冬、冬が立つですから、今日が冬の始まりですね。因みに七十二候では、第55番の立冬初候の山茶始開(つばきはじめてひらく)で、それは本来椿ではなく、山茶花(サザンカ)が咲き始める頃とされています。冬の始まりが山茶花(季語・冬)で、春酣(はるたけなわ)が椿(季語・春)なのですね。近所(若しくはご自宅)に植えられている山茶花をご覧になれば、咲き始めているのが判りますよね。横浜環状2号線の東戸塚駅辺りの山茶花並木は、チラホラと花が見出せます。

本家の中国の第55番の七十二候は、違っていましたね。水始氷(水が凍り始める)で、早くも氷、やはり、中国の方が、寒地性の傾向が強いですね。山茶(椿)のつの字もありませんね。



posted by 三上和伸 at 17:23| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一日の初めに… 雲多し、でも陽射す 2016.11.07

2016.11.07の空
昨夜以降こんな雲が覆い尽しています。これでは星一つ観えません。何時になったら満天の星空が現れるのでしょうか?…、甚だ心許ないですね。これからは星空観望(スーパームーン、ふたご座流星群)のクライマックスとなるのですがね。

今朝の最低気温は06:41の10.2℃です。横浜は辛うじて10℃を切らずにいますね。好いですね。

7時の気象データは、気温:10.3℃、降水量0.0mm、北北東の風:3.3m/s、日照時間:0.0h、湿度64%、気圧は1027.5hpaです。

今日は☀時々☁、比較的穏やかな気候ですかね。
posted by 三上和伸 at 07:50| 一日の初めに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする