2016年11月13日

一日の終わりに… 小春日和ももう終わりかも、月も良し、好い一日… 2016.11.13

2016.11.13の小望月
小春とは陰暦の十月・神無月の事。この時期に温かい春の陽気が現れる日がありますが、これを小春日和と呼んでいます。今年の小春(神無月)は、新暦の10月31日から11月29日まで、この期間の春のような陽気の日を小春日和と言うのです。

素晴らしい小春日和の日、月は小望月で、望の一日前、68年ぶりのスーパームーンの一日前の月です。御覧のように月は黄色が強く、これは水蒸気が多い湿度の高い空気を象徴しています。明日は雨のようです。横浜で巨大な月が観えるのは今日が最後かも知れません。私は心置きなく、何度も何度も観覧しました。

今日の最高気温は、14:56の20.1℃でした。20℃越え、ホント、小春日和を証明する気温でした。

22時現在の気象データは、きおん:15.2℃、積算降水量:0.0mm、北北西の風:3.8m/s、延日照時間:8.7h、湿度:75%、気圧が1023.8hpaです。


posted by 三上和伸 at 22:28| 一日の終わりに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雑記帳… あのサンデーモーニングの恋人唐橋ユミさんが薬用養命酒の宣伝をしています 2016.11.13

実家会津誉のポスターのカヴァーガール
美しく品があり、眼鏡が似合うユミさん、相変わらずサンデーモーニングの恋人として、日曜の朝に色香を添えてくれています。癒しの雰囲気を醸した仄かな微笑みが素敵な女性でもあります。このポスターもユミさんらしく優しい癒しに溢れていますね。

されど、ご実家が酒蔵だと言うのに、今度は養命酒のコマーシャルに出ていらっしゃいます。先日テレビで見掛けて驚いた次第です。

薬用養命酒のコマーシャルは、常に優れたモデルや女優を起用してきています。大好きだった母は冷えるの”さつきさん”に、北の国からの蛍の中嶋朋子さんなど、知的且つ癒し系の女性タレントが彩ってきました。そして今回は、サンデーモーニングの恋人の唐橋ユミさんの登場です。私としては嬉しい限りですが、少々出過ぎの感が否めません。演技もやや落ち着きすぎて、輝くオーラが不足気味と想えます。付け焼刃が過ぎると魅力を損ねる心配があります。愛すればこその苦言を申し上げておきましょう…

posted by 三上和伸 at 21:58| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雑記帳… のん(能年玲奈)干され騒動、”この世界の片隅に”、負けるな三上ここにあり! 2016.11.13

昨日付の朝日新聞の30面の全面に、のんが声優で主演しているアニメ映画”この世界の片隅に”の広告が載っていました。同時に試写を観られた各氏の短評も載せられていました。各氏、絶賛の論調で、水道橋博士なる漫才師は、のんこと能年玲奈の声優としての演技を高く評価していました。

どういう経緯か、何方に否があるのか定かではありませんが、干されて演じる事が出来ない何て、正気の沙汰ではありません。才能を発揮させないのは、浮世の傲慢です。あのエネオスや簡保の清新な輝かしい女優を腐らせておく訳にはいかないでしょう。のんは全ての人に見詰められなければなりません。魅力あるものはその姿を晒さなくていけません。運命に負けずに、天命を全うしなければならないのです。
posted by 三上和伸 at 17:16| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一日の初めに… 小春日和、二日目… 今日は十四日の月… 2016.11.13

今朝の横浜の最低気温は、07:16の10.7℃でした。予報は☀時々☁で、今のところは快晴です。これから気温は上昇の見込みで、20℃に届くかも知れませんね。

10時の横浜の気象データは、気温:15.8℃、積算降水量:0.0mm、東の風2.3m/s、延日照時間:3h、湿度:71%、気圧は1025.2hPaです。

ツワブキの葉に結んだ寒露
二十四節気の寒露は、疾うに過ぎてしまっていますが、今朝のように湿度の高い朝は、あらゆる所に露を結びます。これが寒露です。勢い気温が下がれば、これが霜になるのです。今朝は方々で、結露が観られましたね。我が愛車セレナも大量の露を結んで、ボンネットから滴る勢いでした。

何故車に乗ったのか…。チョイと富士の観える丘に行きました。残念ながら湿度が高いので、空気に透明感が無く、丹沢さえも見えませんでした。あれだけの降水量を記録しましたので、富士は白銀に輝いていた筈ですからね… 観たかったのでした。

追伸
今日の月は十四日の月、望(満月)の一日前ですので、小さい満月なので、小望月と言います。観えますかね?
posted by 三上和伸 at 11:00| 一日の初めに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の歳時記 昨日(11月12日)が七十二候の第56・立冬の末候”地始凍(ちはじめてこおる)” 2016.11.13

太陽の黄経が230°の候を、七十二候では、立冬の末候に当たる”地始凍”と言います。最低気温が5℃を下回ると、放射冷却の影響により地面や水面は氷点下となり、凍り始めると言われれています。この最低気温が5℃を下回る頃がこの時期で、この”地始凍”が当てられました。

本家の中国版も同様で、”地始凍”です。中国大陸も大地が凍り始めるのです。
posted by 三上和伸 at 07:56| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする