2016年11月18日

私の歳時記 昨日は七十二候の『金盞香(きんせんかさく)』の始まり 2016.11.18

水仙(スイセン)
七十二候の第57番は、金盞香(きんせんかさく)で、その意味は、「水仙の花が咲き始める」となります。変ですよね、金盞花と言っているのに水仙が咲くですと…。それはですね、金盞の漢字に意味がありそうなんですね。金は黄色、盞は薄い盃を示す漢字なのだそうです。従って水仙の中央の黄色い花弁が黄色の盃のようで、これが金盞を水仙とする所以なのだと言えそうですね。丁度今頃が日本水仙の咲き始める時と一致しているのです。

一方中国版は明らかに異なります。野鶏入水蜃で、雉が海に入って大蛤になるだそうです。以前にありましたよね、雀が蛤になるというものが…。雀と雉では大きさが違いますから、蛤だったり大蛤になったり、適度に変化するのですね。昔の中国人は、陸よりも海の方が暖かいと信じていたようですね。陸の水は凍りますが、海は凍らない…

*大蛤について追伸
蜃こと大蛤は、伝説の生き物(怪物)だそうで、この大蛤が海中で気を吐くと、海上には楼が出現し、それが蜃気楼の言葉の始まりだと言い伝えられたそうです。蜃が気を吐いて楼が生まれる、正に蜃気楼です。
続きを読む
posted by 三上和伸 at 23:44| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一日の初めに… ☀ 青い空、夕方には☁? 2016.11.18

2016.11.18の朝の空
西空に美しい青い空の領域があります。この分ですと、富士が観えているかも知れません。一っ走り(車で)行って確かめて来ますね。

8時の気象データは、気温:9.2℃、積算降水量:0.0mm、北の風4.0m/s、延日照時間:1.4h、湿度:60%で気圧は1027.6hPaです。既に寒さに慣れたのですね。一桁温度でも寒さを感じなくなりました。☀なら尚更…

追伸
やはり湿度:60%は建てではなかったですね。神奈川の山・丹沢山塊でもボンヤリ、富士が観える筈もなかったですね。但し、紅葉は進んでおり、綺麗でした。

名は知れぬ黄葉の美しい木
名も知れぬ樹木ですが黄葉が柔らかくて素敵でした。

posted by 三上和伸 at 08:27| 一日の初めに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一日の終わりに… 星々見詰めて夕涼み? 2016.11.17

十八夜の月(居待月) おお犬座のシリウス
居待月とおおいぬ座の主星シリウス(青白いのが判ります)

先程まで、季節外れの夕涼みをしていました。何ね、月と星を覗いていたのですよ。宵に入り快晴の空となり、月星がギンギンに冴え渡っていたのです。冬の星座は、一等星ばかりなので、宝石を鏤めた光景が望めます。赤、オレンジ、黄、白、青白、色取り取り選り取り見取りの諸星、夜の絶景です。


posted by 三上和伸 at 01:18| 一日の終わりに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする