2017年08月11日

雑記帳… 悔やみ、悲しみ、反省の今日 2017.08.11

あんなに優しく穏やかに接して来たNちゃんに、Nちゃんが生まれて初めて私はNちゃんを叱責してしまいました。4歳、難しい年頃です。食べた物の食器のかたずけを怠り、遊んだ玩具は放っぽり放し、いくら注意しても聞く耳を持たないNちゃんに初めて怒りを覚えたのです。叱られたNちゃんは普通の顔をしていましたが、さぞかし吃驚した事でしょう。でもそれで私を斥ける事はせず、馴れ馴れしく接して来ました。それはNちゃんが自分の過ちに気付いたからでしょう。甘く観ていたジイジも本気で怒ることに気付いたのでした。優しいジイジ、これからもそうでありたい、もう感情的に叱りたくはありません。これからは理解と誠意を持って、NちゃんYちゃんそしてRくんを導いて行きたいと思います。

悔やみ悲しい、私は引き摺っています。これからは、自分の子ではないのに叱らなくてはならない事が多々出て来ます。先ずは年長者の愛と忍耐、それに尽きますね。私はそれを目指します。
posted by 三上和伸 at 22:00| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする