2017年10月12日

新・生き物大好き…上野子🐼シャンシャン、満4カ月 2017.10.12

今日で生後満4カ月を迎えたシャンシャン、朝日新聞朝刊にシンシンと一緒の可愛い写真が載せられてありました。小臼歯も生えて来たそうで、噛む行為も始めたそうです。これからは徐々に離乳食へ移るのですかね。オッパイも飲むのでしょうが…

体重は7.7Kg、体長が69.8Cmだそうです。大きくなりました。
posted by 三上和伸 at 23:03| 新・生き物大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雑記帳…フジ📺内田嶺衣奈アナ、みんなのニュースサブキャスター 2017.10.12

以前スポルトをやっていた頃の内田アナが好きで好きで堪らなかったのですが、阪神タイガースのあの投手とスキャンダルが発覚し、左遷されたのでした。残念でしたが、それでも時折フィギュアスケートのインタビュアーなどをやっていて、美声を聴いていました。と言うのは、インタビュアーとは相手(選手)の顔は画面いっぱいに映るのですが、本人は映らず仕舞いが大半、声だけを楽しんだのでした。

艶のある良く通る美声の持ち主で、最近の夕方、チャンネルをごちゃごちゃ回していたところ、聴き憶えのあるハッキリした声が耳に入りました。即彼女と気付き、ビデオテープ終了後のライブの彼女の姿を目に止めました。ホントお久し振り、柔らかく優しい嶺衣奈ちゃんのお顔が映りました。「ほー、こんなところに出ているのか?」。早速ネットで調べてみました。10月の番組再編成後にこの夕方のニュースのサブ・キャスターに納まったようで、「ほー、出世街道に乗ったね、次はメインキャスターだね」。

美声で美しい嶺衣奈ちゃん、「世間も上司も放っておく訳がないよね」。チャンネル権を握る妻が余りフジ📺は観ないのですが、ビデオに撮って偶には嶺衣奈詣でをしましょうかね

もう忘れましたが、以前の私の記事で嶺衣奈ちゃんとカフェデイトをしているつもりで書いたものがあります。どのカテゴリーか判りませんので、私は開く事が出来ませんが…

追伸:2014.11.5アーカイブに内田嶺衣奈アナとの白日夢カフェデイトの記事がありました。ご覧ください…





posted by 三上和伸 at 22:37| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新・生き物大好き…野生のカワウソ日本生息確認 2017.10.12

残念ながら絶滅してしまったカワウソの狭義の種・ニホンカワウソでは無かったようですが、対馬で発見された不確定のカワウソの生体が、その採取した糞からユーラシアカワウソである事が確認されました。これで野生のカワウソが日本に生息する事が確かめられました。

カワウソはイタチ科カワウソ亜科に属する哺乳類で、魚や甲殻類、カエルなどを食す肉食種だそうです。ニホンカワウソはユーラシアカワウソの亜種であり、ユーラシアカワウソ共々どちらも日本に生息していたそうです。ニホンカワウソは2012年の環境省のレッドリスト改定で、正式に絶滅種と認定されています。

今回発見されたカワウソがもしニホンカワウであったなら、大変な発見になっていた事でしょう。残念ですがそれは無かったようで、それはそれで致し方ないですね。今後は、発見されたユーラシアカワウソの保護が重要な課題となりますね。今回は雄しか確認されなかったそうですが、雌がいれば繁殖の可能性は膨らみます。大事にしたいですね。

カワウソはアジアの国々では伝説の生き物だそうで、各国各地に人間との交わりの説話が残っています。日本ではタヌキやキツネ同様の人を騙す妖怪の位置づけがされています。河童と同一視をする地方もあるのだそうです。

朝鮮半島やベトナムでは本格的な人間との交わりの伝承が残されています。朝鮮半島には、カワウソが人の女と交わって生まれた子供が、後の清の始祖・後金のヌルハチになったとの伝承があります。同様にベトナムにも異類婚姻譚が伝承されていて、丁朝を建てた丁部領(ディン・ボ・リン)は、その母親が水浴びをしている最中、カワウソと交わったがために出来た子なのだそうです。父の丁公著はそれを知らずに育てたという言い伝えが残っています。


posted by 三上和伸 at 20:39| 新・生き物大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一日の初めに…☀は今日まで、明日から🌂模様 2017.10.12

2107.10.12 下弦12時間40分前
今朝は好い天気、青天には今日の12時間後に下弦となる月が出ていました。恐らく今宵の下弦の月は☁の下でしょう。晴れている内に、ほぼ下弦の月を朝から楽しみました。この月の入りは12:14ですので、午前中は仄かな白い月が西空に観えています。

体操の世界選手権女子種目別床運動で日本人初の金メダルを獲得した村上茉愛(まい)の会見の模様が日刊スポーツのネット版で写真付きで紹介されていました。本人は愛称として”ゴムまり娘”と呼んで欲しいと希望していました。小さくて丸っこくてバイタリティー溢れる容姿は正にゴムまりの如く弾んだ娘、ピッタリですね。2020年が楽しみですね。私は勿論ゾッコンで応援します。
続きを読む
posted by 三上和伸 at 09:01| 一日の初めに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする