2018年03月08日

一日の終わりに 土俵際の人三人 2018.03.08

82歳になった巨匠小澤征爾、大動脈狭窄症で予定していたオペラ公演の降板が決まったそうです。82歳で現役、やはり指揮者は寿命が長いですね。何とか病気を克服して、もう一度舞台に立って頂きたいですね。

イチローがマリナーズに復帰、記者会見で新たなる決意を語っていました。終始大人の会見でしたね。マリナーズのために全てを捧げると言っていました。個人主義者イチローらしからぬ言葉でした。

そして稀勢の里が春場所も休場だとか…。残念ですね。正に土俵際、逆転のうっちゃりは打てるのでしょうか? 頑張れ!稀勢の里!

posted by 三上和伸 at 23:53| 一日の終わりに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一日の初めに 春眠不覚暁 2018.03.08

春眠不覚暁 春の眠りは心地良く不覚にも目が覚めなかった
処処聞啼鳴 あちこちで鳥の鳴き声、それで朝になった事に気付いた
夜来風雨声 そう言えば昨夜は雨風が強かったようだ
花落知多少 綺麗に咲いた花はどれくらい散ったのだろう

中国の詩人孟浩然の春暁ですが、漸く今こんな季節になったかと思われます。私も毎日30分は寝坊をしています。今日は冷たい雨が降っていて処処聞啼鳴はなかったのですが、花(梅)に冷たい風雨が当たって傷んだんだろうな、と言う心配は一致しています。正に今の季節の朝はこんな詩が脳裏を掠めますね。お早うございます。
続きを読む
posted by 三上和伸 at 08:50| プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする