2018年03月17日

今日の出来事 Rくんの鯉幟遊泳しました 2018.03.17

Rくんの鯉幟
男の子の孫が生まれたら是非とも贈ってやりたかった郡上八幡の郡上本染めの鯉幟。昨年の7月に、遂に男子が生まれ、私の本願は叶う事となりました。昨年中に郡上八幡の観光協会に連絡を取り、鯉幟のホームセットを注文しました。

それから半年後、今月の3日に本品が届き、今日、パパのK君のお父さんに当たる大工さんのO氏がベランダに設えてくださいました。どうですか?郡上本染めの鯉幟ホームセット、チョイと小振りですが素敵でしょ! 青空に悠々と風に靡いていました。

もち粉で天然の木綿に絵を描き、大豆汁で溶かした顔料で着色、天日で乾かしてから寒の水で洗う寒ざらしをします。この寒ざらしの光景は郡上八幡の冬の風物詩となっているそうです。このRくんの鯉幟も大寒の日、郡上八幡・吉田川で寒ざらしされたものだそうです。素晴らしい色合いを誇っていますね。

RくんとNちゃんYちゃん、感動の面持ちで鯉幟を見詰めました。
posted by 三上和伸 at 22:54| 今日の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の歳時記 今日は如月の朔、春の社日 2018.03.17

春の社日とは春分から一番近い戊(つちのえ<土の兄>)の日を言います。因みに今年は今日の戊申(つちのえさる)ですね。中国から伝わったものですが、日本の風土に合わせて社日は使われて来ました。土の兄ですから土を興す農耕に関わりがある訳で、取り分け春の社日は春の種蒔きの頃を示しています。農家は春分も勿論意識していますが、この社日をも意識して一年の農耕の目安としていたのです。明日が彼岸の入り、春分の日まで今日を入れてあと五日です。

今日は如月の朔ですから新月、夜空に月はありません。今は8時、東の空にお日様が強い光を発していますが、その直ぐ近くに月はあります。太陽の傍にあるのですから、月が観える筈がありませんよね。ですから今日は朔で新月🌑なのです。あと15日経つと如月の望月、恐らく満開の🌸が月光を写して美しい夜桜になるでしょう。楽しみですね。

続きを読む
posted by 三上和伸 at 08:21| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする