2018年07月08日

音楽夜話43 大関はるみ先生のアヴェ・マリア 2018.07.01

声楽家ソプラノの大関はるみ先生 シャルル・グノーのアヴェ・マリアを歌う大関はるみ先生
大関はるみ先生    T・Mさんと大関先生の歌曲演奏 
今回の練習会で圧巻だったのが、高校生のT・MさんのJ・S・バッハの平均律クラヴィーア第1巻・前奏曲第1番ハ長調のピアノ演奏と、さらに素晴らしい、大関はるみ先生とのデュオの、シャルル・グノーのバッハの平均律・前奏曲第一番を下敷きにした歌曲・アヴェ・マリアの演奏でした。

Mさんのピアノ演奏は澱みが無く、滑らかに演奏されていました。気持ちの良いピアノ音が響き、会場の皆さんの様子は落ち着いて穏やかでした。大関先生とのデュオでは、大関先生の細かな指示がピアノ伴奏のMさんに告げられていました。楽器とは異なる歌への伴奏の間の取り方、歌を邪魔しないピアノ音量の制限など、本当に伴奏ピアニストとしての大切な心掛けと技術を教えてくださいました。Mさん、実り多い午後でしたね。

大関先生の歌は見事でした。得意のレパートリーの一つであろうことが判明され、美しい発声と乱れの無い音程、さらに素晴らしい音楽の歌い回し、胸に熱い感動が沸き上がりました。好い歌を聴かせて頂きました。

グノーのアヴェ・マリア
19世紀のフランスの作曲家シャルル・グノーが書いた宗教的歌曲。バッハの有名な平均律第1巻・前奏曲第1番を伴奏に使い、ラテン語の聖句「アヴェ・マリア」を歌詞に用いた歌曲。素晴らしいクラヴィーア伴奏と聖なる感動的な歌、名曲です。
posted by 三上和伸 at 21:24| 音楽夜話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の歳時記 小暑に新暦の七夕 2018.07.07

昨日は小暑にして新暦の七夕でした。小暑は半夏生と同じく梅雨明けの頃を意味し、本格の夏の暑さが巡ってくる目安となる二十四節気です。そしてこの日は新暦の七夕となる巡り合わせを持っています。昨日Nちゃんが、「今日は七夕だよ!」と教えてくれました。そこで偏屈な暦感を持つ私が、「今日は偽の七夕なんだよ!」と余計な事を言ってしまいました。妻は私に「また余計な事を、幼稚園ではそう教えているのだからNちゃんを混乱させては駄目よ!」と叱りました。それでもKさんから、「その本当の七夕は何時?」と聞かれましたので、その時は「確かめてから教えてあげるね」と言って済ませていたので、先ほど調べて教えてあげました。

本当の七夕は旧暦文月(七月)の七、新暦で言えば8月17日です。この日は当然ながら七夕に無くてはならない上弦🌓の月が出ているのですよ。南北に天の川(銀河)、その真ん中北寄りに白鳥座、右(西)に織姫(こと座ベガ)、左(東)に彦星(わし座アルタイル)が並んで観えます。上弦の月はそのもっと南のさそり座のすぐ西横に観えます。これが七夕の宵の星の配置図です。
posted by 三上和伸 at 16:20| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一日の初めに 青天復活、梅の土用干し 2018.07.08

梅干しの土用干し
梅雨の大雨、未だ被災地は大変な事になっており、亡くなられた方も沢山おられます。心よりお悼み申し、ご冥福をお祈り致します。

それでも梅雨明けをしている関東の横浜では今日は青天、太陽が眩しく輝いています。関東地方は太平洋高気圧の縁の内側にあり、それにより梅雨の豪雨を免れています。縁の外側にあった地域は歴史的豪雨で被害が拡大しました。6月29日の関東の梅雨明けから10日が経ちましたが、朝からの青天で、再びの梅雨明け?となりました。

昔の家庭では、梅雨明け十日に最初に行う家事として、この梅漬けの土用干しがあります。梅雨明けを土用の入りに掛けての言葉ですが、今年の関東の梅雨明けは早く、土用の入りを10日余り残して、我が家では梅干しの土用干しを始めました。土用干しは、三日三晩するのが普通のようで、明後日まで干し続けます。水分を飛ばし、濃厚な美味しい梅干しが出来るのです。


posted by 三上和伸 at 11:58| 一日の初めに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする