2018年07月11日

雑記帳 「王様の耳はロバの耳」出演のアポロンは出光のロゴ 2018.07.11

昔、ある王様の前でアポロン(竪琴)とパン(葦笛)が音楽合戦をしました。勿論勝ったのは音楽の神・アポロンでしたが、耳の悪い王様は、音楽が解らず、パンの勝ちとしてしまいました。怒ったアポロンは、「お前の耳なんかロバの耳になって仕舞えば良い!」と言って、王様の耳を長く毛深いロバの耳にしてしまいました。それ以来王様は大きな帽子を被り、それを取ることが出来なくなったのでした。

さあ、困った王様は散髪に行けません。そこで王様はお城に床屋を呼んで、散髪をしてもらいました。しかしその床屋は町に帰って来ません。来る床屋来る床屋、口封じのために、皆殺しになってしまったのでした。

ある日、町に残った最後から二番目の床屋にお城からお呼びが掛かりました。「どうしよう、僕も殺されてしまうのかな〜」。それでもどうにか殺されずにお城から出てきた床屋は、王様の耳が可笑しくて忘れられず、喋りたくて喋りたくて堪りません。でも口外したら死刑だぞの言葉を思い出して、喋りたくても喋れません。我慢している間に、どんどんお腹が膨れてきて、苦しくて苦しくて堪りません。医者に行くと医者は「言いたくても言えないことをお腹に溜め込んでいるから、お腹が膨れてしまうのだ。さあ、言いたいことを言いなさい!」。

そこで床屋は河原に行き、穴を掘ってそこで思いっ切り、「王様の耳はロバの耳!、王様の耳はロバの耳!、王様の耳はロバの耳!………」と叫び、穴を埋めて帰りました。やがてその穴の後から一本の葦が生えて来て、風が吹く度にその葦が靡き、「王様の耳はロバの耳!、王様の耳はロバの耳!」と囁くようになったのです。とうとう王様にバレてしまうのですが、王様は自分を恥じて、床屋を許したそうです。

出光興産のアポロン、シェルと合併でどうなるのでしょうか? 気に入っていたのですけどね、赤いアポロン。アポロンはギリシャ神話の芸術学問の神。

昔、ブラームスの第1シンフォニーがベートーヴェンの第9に似ていると揶揄された時に、ブラームスは「そんなことはロバの耳でも解る」と揶揄した人を皮肉ったらしい…。「似ていても違う曲なんだよ」と、ブラームスは自信を持っていたのです。「お前の耳はそんなことも解らないんだね…」とね。
posted by 三上和伸 at 21:51| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の歳時記 今日は世界人口デー 2018.07.11

今日の7月11日は世界人口デー、世界の人口問題への意識を高める日だそうです。人口激増により、世界の人口総数は73億人となっています。人口が増えれば増える程、食料が足りなくなります。それで耕作面積を増やすため、森林伐採や湿地並びに護岸埋め立てが行われ自然破壊が顕著化するのです。そして貴重生物が追い遣られ、絶滅化を促進しているのです。地球は人間のためだけにある星ではありません。ゾウやキリンにゴリラやサイ、トラやパンダにオオカミ・カワウソの哺乳類、アホウドリやペリカンにタンチョウ・ペンギンの鳥類、チョウやガ、ホタルにトンボ、セミやカブトムシの昆虫、そしてマグロをはじめとした魚介類、多くの種が人間の横暴のために絶滅に瀕しているのです。

日本の人口減少を悲観し、右往左往して、醜態を演じている保守派の政治家がいますが、これは時代に逆行しています。地球生物のためには、人は減れば良いのです。今の半分の40億人位になれば丁度好いですね。日本は6,000万人位ですかね。余った土地は植林をし、ビオトープを造るのです。世界の巨大人口国よ、日本を見習いましょう。

@中国(138,382万人)、Aインド(131,105万人)、Bアメリカ(32,177万人)、Cインドネシア(25,756万人)、Dブラジル(20,784万人)、Eパキスタン(18,892万人)、Fナイジェリア(18,220万人)、Gバングラデシュ(16,009万人)、Hロシア(14,345万人)、Iメキシコ(12,701万人)の皆さん、今日から子沢山は止めましょう。一夫婦2〜3人にしましょう。

因みに日本はJ12,057万人。一夫婦子供二人まで及ばず、これからは減る一方です。でもこれが何時かは日本の長所となる日が来るでしょう。森林面積を80%に上げ、食料自給率を100%にし、自然の中で悠々と過ごしましょう。
posted by 三上和伸 at 14:14| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一日の初めに タイ北部洞窟閉じ込めサッカー少年救出完了、凄い! 2018.07.11

タイ人の潜水士一人が無くなったことは残念でしたが、少年12人にコーチ1人、無事に救出され良かったですね。それにしても凄いことです。世界中の有能な潜水士が集まったとの事、その潜水技術と、救助技能、やはりスペシャリストとは凄いものですね。

私もピアノ調律のスペシャリストですが、絶対的に命に関わることはありません。お医者さんや消防士、救命救急士、お巡りさん、そして潜水士、命を守るスペシャリストは偉大ですね。

posted by 三上和伸 at 08:01| 一日の初めに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする