2018年07月16日

伊豆東海漫歩10 旧天城トンネル(峠)走破 2018.06.17

私達は今回の旅の余興として、一つのアドベンチャーを敢行しました。方向音痴の男に、地図が読めない女、そしてナビ扱いも下手糞、そんな二人の一寸した冒険、それは旧天城トンネルの潜行と天城越え林道の走破でした。

旧天城トンネル解説版
川端康成の「伊豆の踊子」や松本清張の「天城越え」などで有名な旧天城隧道(トンネル)。そこへ向かうには標高差のある曲がりくねった峠道を行かなくてはなりません。このワインディングロードを車で走破し、旧天城トンネルを貫通し、再びの下田街道へ抜け出さなければなりません。嘗ての若い私達は良く峠越えのドライブをしたものでした。年老いて再び、往時の興奮を求めて、果敢に挑戦したのです。

旧天城隧道は、1905年に開通した全長445.5mの石造りのトンネルです。アーチや側面など全てを切り石で造られた日本初の石造道路トンネルです。一時期登録有形文化財の指定を受けていましたが、2001年に道路トンネルとして初めて国の重要文化財に指定されました。

緑の天城峠
山深い天城はまだ新緑の香りで満ちていました。トンネル前の清々しい森、ここには数台止まれる駐車場がありました。長く険しい峠道を悪戦苦闘?して、漸く辿り着いた旧天城トンネル。暫し森の緑を眺めて一息つきました。

旧天城トンネル(湯ヶ島側)
ライトと照らし、低速ですが、思い切りアクセルを踏んで、旧天城トンネルを走破しました。トンネル内部には徒歩で辿るハイキング客がかなりいて、少々怖い気がしましたね。車一台分の幅しかないので、車同士のすれ違いは出来ません。ヘッドライトの点灯で、対面がいないことを確かめて、トンネル入りをしたのですよ。心霊スポットでもあるようで、一寸乙な気分で走破しました…
posted by 三上和伸 at 23:37| 伊豆・東海漫歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の歳時記 今日は海の日、閻魔詣り、藪入り 2018.07.16

今日は海の日です。マリンスポーツなどやらない私ですが、自然愛好の一つとして海が大好きです。生まれも横須賀市大津町で、海から歩いて5分のところに住んでいたので、海は我が庭のような感覚を持っています。今話題の横須賀の軍艦島・第二海堡も良く観えていました。第二海堡は、富津岬から連なる浅瀬を埋めて造った人工島で富津岬より第一海堡、第二海保と続いています。その延長線上に自然島の猿島があり、戦前の東京湾防備の重要な拠点となっていました。海の日は「海の恩恵に感謝し、海洋国日本の繁栄を願う日」として制定されました。海の日が祝日になっている国は世界で日本だけだそうです。日本の固有文化は海無くして考えられません。

藪入りはその昔、奉公人が正月及び盆の16日前後に、店の主から休暇を貰って親元に帰る日を言います。そしてこの正月と盆の同日は閻魔王の斎日で、地獄の窯が開くと伝えられていて、閻魔様もお休みするのだそうです。ですから閻魔堂に閻魔様の隙を盗んで、閻魔様にお参りする日だそうです。
posted by 三上和伸 at 21:06| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一日の初めに 尋常ならざる気温と湿度、生きていけるか? 2018.07.16

盆の送り火の日ですね。今日までいらしたご先祖様がお帰りになる日です。盆の時期は三通りあるので、今日の送り火は新暦でやる送り火ですね。今日の夕方、送り火を焚いてご先祖をお墓に送るのです。

フランスがW杯を優勝したとか。日本の予想外の活躍で日本でも盛り上がりまして好いサッカーWカップでした。

今朝未明の最低気温と湿度、5時前に26.7℃、85%となりました。真に恐ろしい数値、愕然としますね。最早熱中症で死人も出ています。何とかしませんと生き残っていけません。水・塩・糖、バランス良く摂取しましょう。睡眠も大事です。

今朝はガビチョウの囀り(さえずり)で起こされました。飼い鳥が逃げて野生化したそうですが、好い声の持ち主です。天下の声のカナリア風の囀りをします。
posted by 三上和伸 at 07:56| 一日の初めに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする