2018年07月19日

一日の初めに 38℃でリレー、課外活動で小1死亡、学校可笑しい… 2018.07.19

熱中症が恐ろしいことは誰でも解っています。それなのに学校で熱中症が無くなりません。集団発症や死亡例が後を絶ちません。熱帯化している日本、今こそ学校スポーツを見直す時期。

学校スポーツ、課外授業、プールや海水浴も同様、危険がいっぱいで、命までも易々と奪ってしまいます。何故こんな危険な行事をするのでしょうか? 私は常々疑問に思っています。多くの生徒を預かる訳で、その生徒の中には体調の悪い子供がいるかも知れません。水分を飲んでいない生徒もいるかも知れません。そんな生徒を十ぱ一絡げで暑い中を運動させてしまう。事故や熱中症が起きるのが当たり前、一人一人の体調確認、気候の確認、少なくても気温30度、湿度70%を超える環境ではスポーツをさせてはなりません。校医などが前面に出て、もっと有効な指導が期待されます。大事な命、学校は全責任を負いなさい!
posted by 三上和伸 at 07:56| 一日の初めに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする