2018年07月25日

ブラームスの名曲9 ヴァイオリンソナタ第1番ト長調Op.78「雨の歌」2018.07.25

今までライブドアブログ「葛原岡ハイキングコース」を書いていたのですが、この間、常に我がラジカセから流れていたのは、ヘンリク・シェリング(vn)とアルトゥール・ルービンシュタイン(p)の1960年録音のブラームスヴァイオリンソナタ全集でした。ブラームスには3曲のヴァイオリンソナタがありまして、1番、2番が中年の作、3番が老境の作で、3番だけ短調で書かれています。古今東西のヴァイオリンソナタの中で、このブラームスの3つ作品は傑作で、他に並ぶ作品は少ないと思われます。

1番は「雨の歌」と題されていて、第3楽章に自作の歌曲「雨の歌」のテーマが使われています。「タンタターン」この雨垂れのテーマです。このテーマが変容されて、澱みなく展開されて行きます。これほど流動的で無駄のない音楽は、ブラームスとしては稀で、インスピレーションに溢れています。全作品の中でも最も爽やかな曲の一つです。

でも私が好きなのは第2楽章、ブラームスの緩徐楽章では珍しい”アダージョ”が使われています。しっとりと歌われて行きます。まるで夢見るように...。木陰のテラスで物思いに耽るように...。そして中間部では、追憶が追いかけます。それはレクイエムのように哀悼に満ちて…。今は亡き、花嫁に寄せる哀悼歌…。心が捩れるほどに狂おしいレクイエム…。これがブラームスの感情、これがブラームスの精神。

シェリング、ルービンシュタイン、これ以上の演奏はありません。絶妙のブラームスです。
posted by 三上和伸 at 22:36| ブラームスの名曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一日の初めに 日本の周りに二つの台風 2018.07.25

日本の周りの太平洋上には二つの台風があります。一つは11号で日本の遥か東の太平洋上。もう一つは12号で、日本の南端の沖ノ鳥島辺りにいます。11号は近づいても千島列島のエトロフ・ウルップ島辺りまでで、問題はないのですが、警戒しなければいけないのが12号で、まともに北上すれば、本州南岸の関東や東北に接近上陸する可能性が高そうです。土・日・月当たり、注意が必要です。もしこれが北上するのであれば、太平洋高気圧とチベット高気圧の狭間を通り抜ける訳で、太平洋チベットのダブル高気圧の重なりが弱まっている可能性が強く、猛暑はやや和らぐ見込みですね。

暴風・豪雨の災害だけでなく、高温多湿も災害になるとの昨今の視方、熱中症で沢山の人が命を落としています。快食快眠で塩分を摂っていれば猛暑は乗り切れます。夜間の睡眠で足りなければ、朝寝・昼寝・夕寝もあります。暇だったら水飲んで寝ましょ! どうぞお元気で!
posted by 三上和伸 at 07:45| 一日の初めに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする