2018年07月28日

伊豆東海漫歩12 ハリス記念館 2018.06.17

ペリーの日米和親条約の後、相互貿易の交渉人として乗り込んできたのが、外交官のタウンゼント・ハリスでした。玉泉寺を領事館としてそこに住み、江戸の幕府と交渉してきました。漸く1859年、ハリスの活躍で、日米修好通商条約が締結されました。日米の貿易がここから始まったのです。

DSCF8058[1].JPG
タウンゼント・ハリスの偉業と写真などの幕末の多くの資料を集めたハリス記念館。幕末を知る上で貴重な資料館です。ハリスの牛乳好きに因んで、ここでは牛乳を売っています。私も飲みました。美味しかったですよ。

西洋紫陽花      日本固有の額紫陽花
伊豆半島は額紫陽花の自生地としても知られています。ハリス記念館の脇の階段を上るとロシア人船員の墓があります。山懐に開かれた平地にあります。その山には代々そこに自生していた額紫陽花が今が盛りと咲いていました。階段の傍にあるのが植えられた西洋紫陽花であり、この二つの紫陽花が醸す風景は何処かで観たような気がしていました。そうです、あの江ノ島の沿道とそっくりなのでした。暖地の山際にはこういう光景が至る所で見受けられます。

DSCF8060[1].JPG DSCF8064[1].JPG
ロシア人船員の墓   日本の寺の風情
日露和親条約の交渉の場ともなった玉泉寺、この時下田に停泊していたロシア艦船が安政の大地震による津波で難破し、数人のロシア人船員が亡くなったそうです。ロシア人船員をここで葬り、墓を建てたと言うことです。横浜の外国人墓地よりも早い時期だそうです。


続きを読む
posted by 三上和伸 at 22:19| 伊豆・東海漫歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間奏曲 たった今Rくん誕生会から帰りました 2018.07.28

皆既月食を観せてくれず、Rくんの誕生会から暴風雨の東名高速で帰らなければならなくさせられ、とんだ台風12号でした。まあ、それでも取り敢えず我が家に帰れました。今少し小降りになってきましたが、空かさず、ヒグラシが鳴き始めました。昆虫はどんな嵐でも屁とも思わない生命力があります。樹木の風下に身を隠せば、全く雨に当たる事はないようです。地球的規模の天変地異が起ころうとも、動物の中で最期まで生き残るのが昆虫だそうです。昆虫、これからの人間のサバイバルに参考になる生き物です。
posted by 三上和伸 at 16:24| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラームスの名曲10 ジプシーの歌「幾度も思い起こすか」 op103-7 2018.07.28

ハンガリー舞曲を書いたように、ハンガリージプシーの音楽に惚れていたブラームスが書いたハンガリー風の歌曲「ジプシーの歌」。活発な元気印の歌が大半ですが、中に一曲、愛らしい抒情歌があります。それがこの「幾度も思い起こすか」です。詩(詞)を観れば男歌と思われますが、普通は女性ソプラノが歌うようです。フーゴ・コンラートのテキストが使われています。優しい心根の美しいメロディーの歌です。

ジプシーの歌第7曲「幾度も思い起こすか」(ハンガリー民謡から)フーゴー・コンラート独語訳詩

幾度も思い起こすか,いとしいひとよ.

きみ(あなた)がかつて聖なる誓いによって約束したことを!

ぼく(わたし)を裏切ったり,捨てたりしないでほしい.

ぼく(わたし)がきみ(あなた)をどんなに愛しているのか,わからないかね(わからないのかしら).

ぼく(わたし)がきみ(あなた)を愛しているように,きみ(あなた)もぼく(わたし)を愛してほしい.

そうしたら,神の恩寵(おんちょう)がきみ(あなた)に注がれるよ(注がれるわよ)!  

                               訳詩:志田麓さん

                        カッコ内は私が女歌に変えました。

ジプシーは音楽民族でありまた舞踏民族、その音楽は独特のリズムやメロディーがあり、愛や情熱が籠められたものが多いのです。それを愛したブラームス、他のハンガリー生まれの作曲家を尻目にドイツ人がジプシーの香り高い名曲を書いてしまう、F・リスト当たりのハンガリー作曲家は忸怩たる思いが込み上げたでしょう。まあ、誰が作ったって好いじゃありませんか、素敵な名曲ならばね。
posted by 三上和伸 at 08:32| ブラームスの名曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一日の初めに 台風12号 2018.07.28

皆既月食を隠し、Rくんの誕生会を邪魔する台風12号、個人的に嫌な台風ですね。しかし、こんな戯言を言ってはイケませんね。これからどんな悪さをしてくるか解らない謎の気象物体ですからね。気圧は965hpa、最大瞬間風速55m、侮ってはいけない勢力を保持しています。

さて私達、Rくんの家に行くべきか?、行かざるべきか? 会いたい! でも危険は避けたい! 悩んでいます。
posted by 三上和伸 at 07:22| 一日の初めに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする