2018年08月19日

今日の出来事 アジア大会競泳女子100m平泳ぎ鈴木聡美金メダル 2018.08.19

アジア大会競泳種目で、日本初金メダルは、100m平泳ぎの鈴木聡美でした。大好きな美しい娘・聡美、おめでとう。この間のパンパシフィック水泳で200m銅を取った時と同様に、否、更に晴れがましい笑顔を魅せていました。リオの時、このままでは終われないと言った聡美、頑張りましたね。不死鳥のように蘇りました。漸く2020が見えて来ましたね。聡美、メダルを楽しみにしています。応援します。
続きを読む
posted by 三上和伸 at 22:48| 今日の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伊豆・東海漫歩14 浜辺の散歩 2018.06.17

弓ヶ浜 DSCF8090[1].JPG 弓ヶ浜    
弓ヶ浜        妻が貝殻拾い     一人・大切な人
弓ヶ浜は静かな海岸です。南伊豆休暇村に着いて未だ陽も高かったので、浜辺を散歩しました。人影は疎ら、正に我らの独占状態、静かな浜辺を堪能しました。聴こえるのは潮騒だけ…

夕影の浜辺      盥岬(たらいみさき)遊歩道
大分時間も経ったので、陽の影が伸びてきました。静かに静かに影が這い寄せて来ました。そろそろ宿に戻ろうとした矢先、こんな立看板を見付けました。ここ弓ヶ浜から逢ヶ浜、盥岬、田牛(とうじ)海岸、竜宮島、サンドスキー場、碁石浜、吉佐実大浜までの遊歩道がある事が判りました。何時か歩きたいと、僅かな衝動に駆られました。


posted by 三上和伸 at 20:40| 伊豆・東海漫歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伊豆東海漫歩13 下田の吉田松陰 2018.06.17

幕末明治維新の英傑たちを数多育てた長州松下村塾の吉田松陰、彼の足跡の一つがこの下田にありました。松陰が何故この下田に来たかと言うと、それは当時この下田に日米和親条約を締結し終えたペリーが来ていたからで、吉田はペリーに会い、是が非でもアメリカに連れて行って貰おうとの交渉を画策していたのでした。しかし、ペリーは日本開国に神経を尖らせていたので、それを断固拒否、敢え無く松陰はそれを退け、下田奉行所に自首したのでした。ペリーの記述の依れば、ペリーの松陰への印象は極めて良く、その礼儀正しさや、漢文の優れた書法など、優秀な若者として捉えていたようです。

松陰の足跡は三島の彼方此方にありますが、短い旅ゆえ私の訪ねた場所は限られました。以下の三島神社、そして松陰が潜んだ弁天社のある弁天島を遠望しただけでした。それでも私が今回調べた松陰に縁ある下田の各場所を列記しておきます。

◎蓮台寺温泉・吉田松陰寓奇所(旧村山行馬郎邸)、蓮台寺温泉吉田松陰湯治の湯
◎吉田松陰投宿の宿(岡村屋跡)
◎吉田松陰拘禁の跡
◎吉田松陰踏海企ての跡   参考:吉田松陰・COM

DSCF8070[1].JPG
清水神社
ここを拠点にペリーの艦船に接近を図ります。

清水神社にある吉田松陰の石像 清水神社  弁天島  
誰かに傑作と言わしめた松陰の石像、昭和17年に下田清水神社に建立されました。

清水神社から海に向かって暫く進むと弁天島が観えてきます。今は陸続きとなっており、歩いて行けます。この反対側に弁天社があり、そこに潜んで松陰は1854年の4月24日に、ペリーの乗る旗艦ポーハタン号に向け密航を図りました。

posted by 三上和伸 at 16:25| 伊豆・東海漫歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一日の初めに 金足農ツーランスクイズ 2018.08.19

甲子園もクライマックスが近づきつつあるようです。しかし今日はお休みのようで、明日明後日で準決勝・決勝が行われるようです。大本命の大阪桐蔭は横綱相撲で危なげ無く勝ち残っていますね。日大三高も大逆転で四強入り、それでも凄かったのが金足農業高校の9回逆転サヨナラツーランスクイズですね。今し方、ダイジェスト映像を観ていたのですが、ものの見事にツーランスクイズ決まりましたね。狙っていましたね。作戦通りでした。金足農、ダークホースですね。明日、日大三高に勝てばもしかしたら、秋田に優勝旗が❓…
posted by 三上和伸 at 08:08| 一日の初めに… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする