2019年01月02日

音楽夜話 さだまさしカウントダウンコンサート2018・2019 なまさだ 2018.12.31〜2019.01.01

両国国技館さだカウントダウンコンサート
素晴らしい歌・詩、素晴らしい演奏、今回のステージは、過去数回の私が聴いたカウントダウンコンの中でも最高の出来であったようです。中でも冷静なアンサンブルに加え、激しい情念を絡ませたこの”天然色の化石”は見事に嵌っており、最高傑作の出来でした。正に圧巻でした。

なまさだは何時もの通り、読まれた葉書も会場者のものが多かったですな。その都度喝采が湧き、和やかな雰囲気は好いものでした。大成功でした。

天然色の化石・詞・さだまさし

今 都会ではビルに敷き詰めた石の間から

化石をみつけだす 遊びがあると聞いた

そういえばデパートの恐竜展で

この間不思議に 思ったことがあった

何故 恐竜たちは おんなじように

淋しそうに 緑や黒に ぬられているのだろう

ピンクや赤や黄色や トカゲのように

虹色に光ったって いいと思わないか

God bless you(神のお恵みがありますように)

あなたが永遠に 幸せで ありますように

God bless you


あなたが永遠に 幸せで ありますように

ふと思うのは今から 五億年程が過ぎて

地球に次の人類が 生まれていたなら

ライオンの雄だけに たてがみがあることや

馬には縞や白があると 気づくだろうか

たとえば小鳥が人間の言葉を真似て

犬が愛らしく尻尾を振って なついたことや

空も海も森もみんな 僕たちが

壊してしまったことに 気づくだろうか

God bless you

あなたが 永遠に 幸せで ありますように

God bless you

あなたが 永遠に 幸せで ありますように


もしも僕が化石になって みつかった時に

僕の肌が 黄色であったことに 気づくだろうか

彼の肌が黒いというそれだけで

傷つけられた時代があったと 気づくだろうか

あなたと僕が並んで 化石になったとしたら

二人がこんなに深く愛し合っていたことに

誰が気づいてくれるだろうか

せつない生命の 営みについて

God bless you

あなたが 永遠に 幸せで ありますように

God bless you

あなたが 永遠に 幸せで ありますよに

God bless you

あなたが永遠に幸せでありますように


God bless you

あなたが 永遠に 幸せで ありますように

God bless you

あなたが 永遠に 幸せで ありますように



posted by 三上和伸 at 20:57| 音楽夜話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新食べ歩き 両国のステーキくに両国店 2018.12.31

ステーキくにからの両国国技館 
両国到着は順調で、7時過ぎには現地に到着していましたが、駐車場探しに翻弄され、やっとの事で、駐車場確保に至りました。国技館までは10分前後掛かりましたが、良心的な安価な駐車場に入れる事が出来ました。1万人は入る国技館、しかし駐車場は皆無、周辺の駐車場は混雑を余儀なくされ、良心的な車庫は満車です。結局、少し遠い所を探さなくてはならず、手間が掛かるのでした。

ディナーは前年でも使った”ステーキくに”にしました。前年時、妻が気に入った店で、兎に角、国技館の目の前ですので、安心して食事が出来ます。ゆったりと楽しみ、時が来ればおもむろに席を立ち、国技館の指定席に着席できるのです。先ずはベストの食事でしたね。

ステーキくにのステーハンバーグセット
ハンバーグにカットされたボリュームたっぷりのビーフステーキ、これがイケるのです。国技館前ですから当然お相撲さんも多く訪れています。私達はサラダなどは求めず、これとガーリックライスで頂きました。ビーフにガーリック、ベストなチョイスです。
posted by 三上和伸 at 19:39| 新・食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の歳時記 旧暦霜月己亥 今日は初亥、初荷、初夢、書初め 2019.01.02

元旦の行事としては、初詣・年賀があるくらいでお休み気分。何やら事始めは二日からのようで、初荷、初夢、書初めが行われますね。

初荷は正月の初めての荷を送り出す事、美しく飾った車や馬車で送り出す事。一年の商売の起点となる目出度い初荷です。

初夢、一富士・二鷹・三なすび。家康の言が始まりだそうで、駿府の富士、大好きだった鷹狩、食通の家康ならではの茄子、家康の好きな物を並べた夢に見たいものランキンングです。

書初めは正月最初に寺子屋で書く書道、一年の計に当たる物や道義の言葉を書きますね。気分一新、好い習慣ですね。

初亥(ハツイ)は正月最初の亥の日、摩利支天の縁日です。摩利支天は陽炎(かげろう)の意で、ヒンドゥー教の神で仏教の守護神です。この神を念じれば全ての災厄を免れる事が出来るそうです。武士の守護神とされたそうです。  参考:ブリタニカ大百科事典 デジタル大辞泉
posted by 三上和伸 at 08:31| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする