2019年01月10日

東京漫歩 谷中七福神巡り・不忍池弁才天 2018.01.06 

今回の谷中七福神巡りに当たって、ネットで分かり易い地図を求めていたのですが見当たらず、私がJR 上野駅インフォメーションで尋ねたら、愛らしいインフォメーションお姉さんが「それは京成上野駅に行けばあります。よろしくお願いします」と告げられたため、私達は京成上野駅へ向かいました。案ずる事なかれ、親切な京成のお姉さんから地図を頂きました。ここがこの旅の起点となりました。

天台宗・天海大僧正が比叡山延暦寺を模して創建したのが東叡山寛永寺、上野台地に広大な境内を持っていて、多くの伽藍が存在していました。しかし幕末の上野戦争で多くは焼け落ち、寛永寺は跡形もなくなりました。幕府憎しの明治政府は寛永寺境内を没収、その広大な敷地に、博物館や美術館、東京芸大などの学校や、動物園までも設置してしまいました。天海が琵琶湖に模して設営した不忍池も上野公園となり、ボート遊びが出来る娯楽施設へと変貌させられてしまいました。それでもこの池の中島にあった弁天堂は残されており、今日多くの参拝者で溢れています。

DSCF0396[1].JPGDSCF0393[1].JPGDSCF0397[1].JPG
不忍池の碑      弁財天堂       線香に咽ぶ弁天堂参道 
天海が東の比叡山として建立したのが上野寛永寺、比叡山には琵琶湖がありますが、天海はそれを江戸へ持って来ようとして不忍池を造りました。その中央には琵琶湖の竹生島に準えて弁天島が設営され、竹生島の弁才天(日本三大弁才天)よろしく、弁天堂が設営されたのでした。

DSCF0398[1].JPG
琵琶の碑
芸能上達の神・弁才天、それを象徴する琵琶の碑がありました。芸能芸術を愛する私としては最も愛着のある神様です。

不忍池弁才天御朱印
不忍池弁才天の御朱印
posted by 三上和伸 at 21:10| 東京漫歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の歳時記 旧暦師走の五 五日目の月(月齢4.1) 2018.01.10

旧暦師走の五 五日目の月 2019.01.10(月齢4.1)
余りにも寒く、手撮りで撮ったため、スペースが合いませんでした、悪しからず。今し方のベランダの気温が6℃、冬は天体が良く観えますが、寒さを堪えて、キツイものがあります。寒の内4日目、今こそ寒中見舞いを出す時期です。
posted by 三上和伸 at 19:43| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雑記帳 寒いですね 2019.01.10

本当に寒いですね。横浜の最低気温は+1.2℃、辛うじて−にはならなかったものの、最早気温は下がり始めています。明日未明は横浜でも−を記録するかもしれませんね。毛布1枚増やして眠りましょう。流感が蔓延しています。面倒ですが、手洗いや水分補給、口内ケアをしっかりする事が肝要です。後ひと月、快食快眠で頑張りましょう!

posted by 三上和伸 at 17:04| 雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新食べ歩き 横浜中華街・萬珍楼點心舗 2018.01.01 

我等家族と、妻の親戚一同と会い見える新年の会食の席、毎年元旦の日に横浜中華街で行っています。残念ながら猪年生まれのKさんは彼方の家族と新年会、それでも2日3日に年賀にやって来るので好しとしてます。猪年の今年は、一年前に萬珍楼點心舗に決めていました。義母、義姉夫婦、その子息と子女のYくん、Мちゃん、我ら夫婦と恵ちゃんナッチャン、九人で賑々しく会は始まりました。

飲茶點心を横浜中華街で初めての紹介したのが萬珍楼だとのこと。萬珍楼點心舗(まんちんろうてんしんぽ)は本店の萬珍楼とは通り一本隔てた別の場所にあります。點心とは飲茶の折に食べる軽い料理の事、一品ずつ皿に盛られた料理です。飲茶と言えども飲酒で食べても良い訳で、この日は、飲酒組(4人)と飲茶組(5人)で楽しく點心料理を味わいました。飲酒組は紹興酒、飲茶組は勿論烏龍茶で始まりました。

お品書き
献立書き
これが有るのと無いのでは料理の味わい方がまるで違ってきます。唯無心で食べるのも良いですが、どんな材料を使いどんな調理法をしたのかを頭に入れて食べる事は、料理の個性と存在を鮮明にします。より記憶に残る働きがあるのです。私はこの献立書きを横目で観ながら、料理を味わいました。

前菜・バンバンジー
1、前菜 鶏肉の棒棒鶏(バンバンジー)
蒸した鶏肉を手で裂き、芝麻醤(チーマージャン)などの胡麻ソースを掛けたもの。四川風料理で、舌に刺激を与えて食欲を増します。前菜には相応しいもの。

もちぶたと筍のふかひれスープ
2、もちぶたと筍のふかひれスープ
もちぶたの旨み、筍の香り、ふかひれの歯触り、ミックスされた味わい深いスープ。

3、彩り點心 香港海老シュウマイと白菜餃子、ふかひれホタテ餃子 3点盛り
9人前でしたので、大皿に美しく盛られています。中華料理でも見てくれの美しさを演出しています。彩り點心の名に沿う盛り付けです。ふかひれホタテ餃子、逸品でした。それでも私は白菜餃子の皮のふくよかさに惚れました。口の中で弾んでいました。

白身魚と小松菜のXO醤炒め
4、白身魚と小松菜のXO醤炒め
揚げた白身魚に小松菜を最高級調味料・XO醤で炒めた料理、香り高く旨み濃い料理、私は飲茶でしたが、酒に合う料理ですね。好みの味でした。

5、海老の紙包み揚げ
省略

筍の湯葉巻き
6、筍の湯葉巻き
中華料理は筍が多く使われますね。この食感は何にも増して絶妙ですね。

鶏肉蓮の葉ちまき
7、鶏肉蓮の葉ちまき
ご飯代わりになる品ですね。満足感ある、ずっしりとした食べ応えがありました。

マンゴープリン
8、マンゴプディング
絶品です。杏仁豆腐も好いですが、濃厚濃密香り芳しのマンゴプディング、皆の笑顔が咲きました。


posted by 三上和伸 at 13:01| 新・食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の歳時記 今日は十日えびすに初金毘羅 2019.01.10

今日は1月10日、十日えびすの西宮神社の開門神事の福男選びが早朝6時に行われ、福男が決まったそうです。広島県の消防士の方だそうで、5000人の参加者の頂点に上りました。開門役は岩手県の韋駄天競争を制した福女の方で、神社史上初の女性開門役になったそうです。商売繁盛、大漁祈願、家内安全を祈願する”えべっさん”、男女が活躍し、誠に目出度い十日えびすになりました。

金毘羅の縁日は毎月10日、新年の10日は初金毘羅で、信者の信仰が篤いそうです。金毘羅は天竺霊鷲山(てんじくりょうじゅせん)の鬼神だそうで、薬師十二神将の一つの宮毘羅(グビラ)だそうです。日本では海上の守護神として祀られていて、船人が尊崇する神となったそうです。香川県琴平の金刀比羅宮が金毘羅神社の総本社で「こんぴらさん」と呼ばれています。
posted by 三上和伸 at 09:22| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする