2019年04月16日

終曲 記事の訂正があります 2019.04.16

先日の4月11日付けの「我が菜園の青菜たち」の記事の写真で、ほうれん草の花を雄花と記してしまいましたが、どうやらそれは雌花であったようです。

ホウレンソウの雌花
良く観ると細く白い雌蕊(めしべ)のようなものが観えます。これは雌花の特徴のようで、間違えを正し、書き換えました。ご容赦ください。
posted by 三上和伸 at 23:02| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間奏曲 春爛漫、もう直ぐ初夏B カクレミノの実 2019.04.16

カクレミノの実     カクレミノの葉
カクレミノの特徴としては、成長に伴って葉の形が変化します。カクレミノの名はその葉が三つに割れた形態を差して名付けたもの。伝説上の着れば姿を消すことが出来る蓑に似ているために名が付けられました。隠れ蓑とは透明人間になるための日本のマントを言うのですね。前年の晩秋に熟す実ですが、翌春のこの時期までも黒い実はしっかり枝に付いています。
posted by 三上和伸 at 22:38| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間奏曲 春爛漫、もう直ぐ初夏A 雑草と呼ばないで 2019.04.16

初夏とは何時なのでしょうか? 旧暦の暦を観るとそれが判ります。大体、節分(立春前日)を起点に、それを過ぎると早春(睦月、新暦2月)、仲春は如月(新暦3月)、弥生は晩春(新暦4月)、そして卯月が初夏(新暦5月)、皐月が仲夏(新暦6月)、晩夏が水無月(新暦7月)、文月が初秋(新暦8月)、葉月が中秋(新暦9月)、長月が晩秋(新暦10月)、神無月が初冬(新暦11月)、霜月が仲冬(新暦12月)、翌1月が師走で晩冬と言う勘定になります。従って初夏は卯月で、現代の新暦では5月です。立夏から芒種までと言えます。

タネツケバナ トウダイグサ ブタナ
タネツケバナ     トウダイグサ     ブタナ
キランソウ      タンポポ       タンポポの実(綿毛)
郊外の何処の荒れ地や空き地でも観られる野生花、こんな草を愛するのは子供と自然愛好家、彼らは、それだけ美に純真なのですよ。私はこんな郊外の散歩道が大好きです。常に目をキョロキョロさせ不審者と見紛う風情をしています。されどスケベ心を膨らまし、女性を見定めるには都会の商店街(みなとみらいや元町など)が良いのですよ。郊外や山道では花花🌸、花が最良の友達です。

・タネツケバナ
田圃の畔や湿地、水辺などに自生するアブラナ科の越年草(秋にタネから芽を出し、春に花咲き結実する草)。群れて咲き、水辺を白で飾ります。

・トウダイグサ
昔の座敷の燭台(燈台)に姿が似ているので、トウダイグサと呼ばれます。まだ蕾のようですね。黄色の花が観えていません。毒草なので、触らないでください。汁が肌に着くと肌が被れます。

・ブタナ
タンポポと同じような花を咲かせます。綺麗ですね。但しタンポポよりも悪質で、大群生し、根生葉が芝生を覆い尽くし、芝生を枯らしてしまいます。

・キランソウ
シソ科の草、地獄の釜の蓋の別名があり、閻魔様の子分のような存在? でも意外と綺麗です。

・タンポポ
西洋か東洋か関東か関西か東海かハーフかクォーターか判りませんでしたが、美しい花と可愛い綿毛で子供が大好きな草。Yちゃんなどはこの綿毛を次々に摘んで、息吹きまくります。ジイジと孫達の絆・タンポポ、大切な草です。

posted by 三上和伸 at 22:08| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間奏曲 春爛漫、もう直ぐ初夏@ ミツバツツジとシャクナゲ 2019.04.16

ミツバツツジ(三つ葉躑躅) シャクナゲ(石楠花)紅と淡紅
桜が終わると咲き始めるのがツツジ類、シャクナゲやミツバツツジなどが早く咲き出します。ツツジには多くの種類があり、つつじの他にシャクナゲ、サツキ、アザレア(西洋ツツジ)などがあります。色取り取りであり、紫系、紅系、薄紅、朱色、白など様々な色のツツジが野や山、そしてそれから品種改良された庭のツツジも豊富に出回っています。山桜が終われば山にはヤマツツジ、ミツバツツジなどが群れて咲きます。その美しさは庭のツツジの比ではありません。

写真のミツバツツジは母が入所している老健の庭に咲いたミツバツツジです。ミツバツツジは淡い紅紫色です。これほど鮮やかな紅紫はそうそうないですね。関東中部地方が生育地です。その群生地は桜に勝るとも劣らない、色鮮やかな花園を創生しています。

派手なシャクナゲは一般家庭の庭木が多いですね。花が一枝に固まって、立派なボリュームで咲きます。

ツツジの花言葉
全体では慎み、赤花は恋の喜び、白花は初恋です。私の印象では慎みは的外れ、恋の喜び、初恋は当て嵌まります。慎み深くなく、派手な花の部類です。
posted by 三上和伸 at 20:41| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 Rくんと遊ぶ 2019.04.16

昨日今日と好い天気が続きます。今が秋の白露から立冬までのふた月と並ぶ春の一番好い時期ですよね。清明から芒種までのふた月、一番過ごし易い春から初夏の時期ですね。鶯が鳴き、桜が咲き、しばらくすれば藤が咲き、不如帰が鳴きます。目に青葉が染み、初鰹(アニサキス怖いけど)が美味しいですね。本当に素晴らしい日本の季節の白眉です。

そんな中、昨日は仕事に行く前のしばらくを、Rくんと玩具遊びや公園散歩に費やしました。玩具に強い興味を示すRくん、次々と取り出しては私に紹介するのです。その度に、私は「アンパンマン」、「ミッキーマウス」と答え、同意を得ます。するとRくんは至極満足、それがRくんの知識欲の快楽の一つなのでしょう。意気軒高としています。

オネムそうになったので、今度はバギーに乗せて公園を目指しました。途中には庭の花そして野の花が咲いていました。今の時期は庭ではアイリス、空き地では爪草に蒲公英、公園の山の土手には、立壺菫に木苺の白い花が咲いていました。桜も微妙に残っていて、春爛漫を通り越して春満々となっていましたね。玩具と違い、今度は私が説明してやりました。「ほら、アカツメクサだよ、こっちはシロツメクサ、タンポポの綿毛、これがタンポポだよ」と一本手折ってRくんに渡しました。

その内、バギーの中は静かに…、あらあら、Rくんはネンネしちゃいました。Rくん、寝ちゃったのにしっかり左手でタンポポを握り締めていました。そう言えば昔、Yちゃんもそうでしたね。ネンネしてもしっかり最後まで、タンポポを握りしめていました。ネンネしても意識の端に握った手があるのですね。

おうちに帰ってベビー布団を敷いて、Rくんはぐっすり、私は仕事に出ました。
posted by 三上和伸 at 09:11| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする