2019年04月20日

終曲 旧弥生の十六夜の月 2019.04.20

2019.04.20 弥生の十六夜の月
古の暦上、十五日の宵が十五夜、次の日の十六日の宵は十六夜(いざよい)と呼びます。今月は満月が十五日でしたので、次の日の欠け始めた月を十六夜の月と呼べる機会が巡ってきました。十六夜が満月の時も多いのですからね。今年は6日あります。今年はありませんが、十七夜の月もあるのですよ。

十六夜の語源”いさよう”は古い言葉で「ぐずぐずして進みかねる」また「ためらう」の意味があります。十五夜の月と十六夜の月では、月の出が1時間ほど違い、十六夜の月の方が遅くなります。古の人々は、十五夜の月よりもぐずぐずして中々昇らない月に苛立ちを覚え、”いさよう月”として、十六夜の月と称したのです。

阿仏尼の紀行文・十六夜日記は、阿仏尼が京都から鎌倉へ旅立つ日が旧暦の十月十六日であったがために、この名称となりました。その鎌倉下向の直接の動機は実子藤原為相(ためすけ、冷泉家の祖)の財産相続に関するもので、母自らが、鎌倉幕府に訴え出たのでした。阿仏尼を始め息子の為相までもしばしば鎌倉を訪れています。歌壇の重鎮でもあった為相は鎌倉文化に影響を与え、為相の墓は鎌倉浄光明寺にあります。因みに阿仏尼の墓は、浄光明寺よりそう遠く無い、今大路の英勝寺傍の路傍にあります。鎌倉今大路散策の折、見つけるのは容易いです。
posted by 三上和伸 at 22:09| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間奏曲 母のリハビリ生活 2019.04.20

老健(介護老人保健施設)とは、リハビリテーションを施し、健全に近い元通りの体を手に入れて、自宅復帰を果たさせる施設を言うそうです。3か月単位でカリキュラムが作られ、無事リハビリの効果を上げた老人は、家庭に戻るなり、他施設に移動するなりして、老健を退所するのが定石と言われています。

4月1日に有料老人ホームから老健に転入してきた母、どうやら老健入所が当たったようで、ほぼ毎日1時間ほどの、リハビリ生活を頑張っています。入所20日で、目覚ましい効果が現れたようです。1か月強の入院生活、心身ともに衰弱していた母でしたが、有料老人ホームの手厚い介護を経て、この老健での身体リハビリテーションに依って、病気感染以前の母の生活水準に戻る勢いを見せています。あっぱれです。

今日は私達の観ている前で、トレーナーの補助を受けながらも立ち上がり、30m程を歩きました。最後には器具を使っての手足の運動をしていました。あと二月強のカリキュラムが用意されているようです。自力で歩けるようになるかしら?楽しみです。
posted by 三上和伸 at 16:30| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の歳時記 今日は穀雨 2019.04.20

二十四節気・穀雨、春雨が降って、百穀(多くの穀物)を潤すの意味があります。春分0°から黄経が30°(17:55)になる日です。このところ春雨は降りませんが、春爛漫の穀雨を迎えました。春の節気の最後を飾る節気で、次は立夏となり初夏を迎えます。春と夏の間、気温も最低10℃、最高20℃位の最も清々しい気候を持つ、最高の節気です。

七十二候は葭始生(あしはじめてしょうず)で、葦が芽吹き始める頃を差しています。水辺に行かれて水面に注意をすれば、恐らく葦のつんと上を向いた新芽が観える事でしょう。これを葦牙(あしかび)と言うそうです。
posted by 三上和伸 at 07:57| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 春爛漫、もう直ぐ初夏Aの記事に誤りが… 2019.04.20

先日(4月16日)記した間奏曲・春爛漫もう直ぐ初夏Aの記事に誤りがありました。それは初夏の定義を述べる際の、”春の節分を起点”にの記述ですが、これが誤りで、春の節分ではなく冬の節分でした。一般に節分と言われている立春前日の日を言います。記事を”節分(立春前日)”と改めさせていただきました。申し訳ありません。お詫びいたします。
posted by 三上和伸 at 07:00| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする