2019年05月06日

自然の風景 箱根湿生花園 2019.05.05

箱根仙石原湿生花園 箱根湿生花園游耕地 湿性花園用水路
湿性花園の玄関  仙石原湿原右遠くにススキの原  園内の水供給源の引水溝、箱根山からの自然の湧水です。
1976年、箱根町が、神奈川県唯一の湿原の仙石原湿原の荒廃を防ぐため、箱根湿生花園を設けました。この湿原に自生していた草花や樹木、更に日本に自生する樹木や草花を育て、園内の自然の中で展示しています。

春はミズバショウを中心にリュウキンカ、カタクリにザゼンソウ、フクジュソウ、サクラソウにニリンソウ、ヒメシャクナゲ、マメザクラなど。

初夏はカキツバタ、アヤメ、コウホネ、イカリソウ、ヤマシャクヤク、ヤマツツジなど。

梅雨はサンショウバラ、ノハナショウブなどの仙石原湿原や箱根山に自生の草木の花たち。

夏はニッコウキスゲにユウスゲのワスレグサ属、ヒメユリ、コオニユリ、ヤマユリのユリ属、それに早咲の秋の七草のカワラナデシコやキキョウにオミナエシ、そしてハスなど。

秋はススキにハギにフジバカマ、マツムシソウにリンドウ、そして天下の毒草ヤマトリカブトなど。

これら全部を観るためには、四季に渡って全国を飛び回らなければなりません。ここ箱根湿生花園に来れば、束の間の時間に、一季の多くの花に出会えます。安直ですがお得な施設です。

posted by 三上和伸 at 21:50| 自然の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

終曲 ルビー婚の思い出 Rくん泣いて笑ってバイバイ 2019.05.06

ベビーシート
これは我が車のベビー(チャイルド)シートです。最初はNちゃんが生まれた時に使いました。そしてYちゃんが使って、今は三代目のRくんの専用シートとなっています。Rくん、しばしば乗る機会があり、すっかり自分専用のものと信じて疑いません。ですからこの車が見える限り、このシートに座る拘りを持つのです。

ルビー婚の食事のあとお開きとなり、それぞれの車に乗り込もうとしていた矢先、Rくんがこの我が家の車に乗ろうとして譲りませんでした。ママに「違うでしょ!、Rくんの車はこっちでしょ!」と言われ、連れ戻そうとされた時、Rくんは泣き出しました。そこで私が「ジイジのお家に行くのかい?、パパママNちゃんYちゃんはあっちの車でお家に帰るんだよ」。どうやら理解をしたようで、ニコニコ私に抱かれて2つの専用シートを渡り替えました。私は、あの時のRくんの感触が忘れられません。私の言葉を理解したRくん、そこに信頼が生まれ、温かく優しい感触がありました。
posted by 三上和伸 at 21:06| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の歳時記 今日は二十四節気の一つの立夏 2019.05.06

箱根乙女道路の新緑
新緑萌える箱根乙女道路
少し標高の高いは箱根では、まだ萌黄色の新緑を魅せています。今日は二十四節気の一つの立夏です。新暦ではこの日を境に春から夏に移行したと決められています。最初の夏ですから初夏となります。暑くも無く寒くも無い、日本では最高に過ごし易い季節です。冬布団ですと汗を掻いてしまいますし、半袖は少し早いですが、もう上着は要りませんね。その点、サラリーマンは可哀想、一年中背広を着ていなくてはなりませんからね。まあ、冷房完備の部屋にいますし、それが彼らの礼儀でしょうから仕方がないのですがね。

初夏は長そでシャツに薄手の長ズボンが最適ですね。暑くなったら腕を捲れば好いですからね。私は行楽ではネルシャツにジーンズ、普段は白で無いワイシャツにチノパンが好いですね。初夏はなるべくラフなスタイルが好いですね。

目に青葉 山不如帰 初鰹
青葉は既にあり、カツオはアニサキスが心配で食べません。あとは不如帰が鳴いてくれれば言う事がないのですが、私、今年は未だ聴いていません。もうそろそろですけどね。毎夜、毎朝、毎昼、耳を澄ませているのですがね。未だ…

七十二候では蛙始鳴(かわずはじめてなく)ですね。それでも蛙はもっと早くから鳴いていますね。早春からですね。昨日は湿生花園で蛙の声を聴きながら花観察をしました。木立のウグイスと池のシュレーゲルアオガエル(野生)が鳴き競っていました。音の楽しみ、良いものです。
posted by 三上和伸 at 09:43| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 連休最後の日 2019.05.06

性格やその人の心掛けによるのでしょうか? 仕事と休日を上手く使え切れない人が多いのではないでしょうか。この大型連休、皆様は上手に遊べましたか? 心残りのある方はこれからの仕事が心配ですね。人生を上手に生きるコツ、遊びと仕事、メリハリをつけること。何時までもそこに留まっていないで、意識の切り替えをしましょう。明日を生きましょう。

連休最後の日、後悔はありませんか? さあ明日から仕事に頑張りましょう!
posted by 三上和伸 at 09:12| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする