2019年05月13日

終曲 食い気Yちゃん、優しいお誘い 2019.05.13

今日の午後はRくんお守りのため、NちゃんYちゃんRくん家へ行きました。Kさん始めNちゃんYちゃんが歯科診断に行くそうで、Rくんの面倒を見て貰えないかと依頼があり、Rくんのお守りをしました。

初めはNちゃんYちゃんのお帰りのお迎え、Nちゃんは学校から徒歩で帰宅、Yちゃんは幼稚園バスで帰ってきました。3人はジイジが買ってきたオヤツのパンを美味しそうに食べ、Rくん一人残して、歯医者に行きました。私とRくんはジュースを買いにお散歩がてらセブンイレブンへ。歩くのが堪能になったRくん、寄り道がてらの道程を1時間余り歩き倒しました。歩き始めが遅かったRくんですが、ここに来て自由自在に歩き回れるようになりました。

テーブルにはパンが残っていました。Rくんも食べましたが、帰ってきたYちゃんが見逃す訳はありません。「食べてイイ」、ママ「歯のお薬を塗って間がないから、もう少し待ちなさい」。可哀想なYちゃん、お宝を目の前にして手も足も口も出ませんでした。

夕食になってYちゃんは美味しそうにパンを食べ、新たな夕食もおなか一杯に…。私が隣で見守っていると、麦茶を飲んでいたYちゃんが私に「飲む?」、「ジイジはコーヒーを飲んでいるから大丈夫だよ」。また暫くして「飲む?」、私「ニヤリ」、この後も何度か続いたのですよ。

自分が食い気旺盛なYちゃんですから、相手も同じように食い気があると思い、気遣えるのです。優しく可愛いYちゃんでした。
posted by 三上和伸 at 22:45| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新とっておきの花 初夏D コモンマロウ、ブルーマロウの誘い… 2019.05.13

コモンマーロウ
コモンマロウ(ウスベニアオイ)アオイ科ゼニアオイ属
コモンマロウは不思議な花です。普通ウスベニアオイと呼ばれていますが、雑草のゼニアオイと混同されています。まあ、歌壇で見掛けるのはウスベニアオイらしいですが?

そして特筆すべきなのが、この花のハーブとしての素晴らしさです。何と青いハーブティーとして絶賛愛用されているのだそうで、しかもそれが3色に変化する奇蹟のハーブティーと呼ばれているそうです。”ブルーマロウ”と言うハーブティー、私は飲んだことが無いのですが、その紹介文やパンフレットを観る限り、やはり人生に一度は試してみる価値がありそうです。今度試してみますね。皆さまもどうぞ!

posted by 三上和伸 at 22:01| 新・とっておきの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間奏曲 老健ピアノ演奏中止、ピアノ故障、時間切れ 2019.05.13

昨日の”今日は母の日”の記事で紹介しました老健ナッチャンピアノ演奏会がピアノの故障で中止になりました。まあ、私の考えが甘かったわけで、ピアノ故障を直す時間が長く掛かり、演奏時間が無くなり、水曜日に順延となりました。

恐ろしいピアノでした。ピッチが半音近く下がっており、ロストモーション(鍵盤とアクションとの遊び)が出まくり、ピッチ変更など、それを直すだけで長時間消費、オマケに中音部の1音がスティツク(動作不順)を起こしており、これを直すのに更に時間超過、結局最終的には調律・整調・スティック全てセーフとなったのですが、ここで時間切れ、敢え無くコンサートは中止となり明後日に順延となりました。母を始め皆様はガッカリ、私の甘い見積もりが招いた中止順延、申し訳ありませんでした。それでもピアノは正常に戻り、水曜日は美しい音でナッチャンのピアノ演奏が楽しめます。
posted by 三上和伸 at 21:28| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新とっておきの花 初夏C シラン 2019.05.13

シラン
ラン科の多年草シラン、自然の自生種は今や準絶滅危惧種に認定されていますが、栽培が容易で、栽培種は何処にでも咲いています。基本的には自生種も栽培種も変化がありませんが、栽培種には白花もあります。強健の為、余り大事にされませんが、それでもしぶとく生き抜いています。
posted by 三上和伸 at 09:08| 新・とっておきの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新とっておきの花 箱根湿生花園の花J シコクカッコソウ 2019.05.05

シコクカッコソウ
シコクカッコソウ サクラソウ属
四国鞨鼓草と書きます。和楽器の太鼓の一種に鞨鼓(カッコ)があり、それに雰囲気が似るので鞨鼓草になったと言われています。四国に隔離分布する変種のカッコソウです。本来のカッコソウは北関東分布の貴品種です。サクラソウの仲間の絶滅危惧種です。

posted by 三上和伸 at 08:54| 新・とっておきの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 昨日はナイチンゲールデー 2019.05.12

昨日は記念日の多い日でした。上弦でしたし、旧灌仏会(釈迦の誕生日)、そして母の日にナイチンゲールデー、沢山ありました。

無学の私にはナイチンゲールは単なる看護婦(師)と思い込み信じて疑いませんでしたが、看護師として活躍したのはクリミア戦争の時に限られており、その人生の大半は、統計学に基づいた病院衛生の改善や看護学校の設立、病院の設立などの社会企業家としても活躍していた極めて政治的な人物であったようです。

正に社会に偉大な功績を遺した看護婦(師)だったようでした。私、目から鱗が剥がれ落ちました。

・フローレンス・ナイチンゲール(1820年〜1910年、イギリス人)
イギリスの裕福な上流階級の出、父母の2年間の新婚旅行中、フィレンツェで生まれる。従って名はフィレンツェのイギリス名・フローレンス・ナイチンゲールとなった。膨大な教育を授かり、看護婦になってからでも学問を忘れず、統計学を基とした、看護教育や病院設立に貢献した。赤十字勲章、メリット勲章などを授与された。
posted by 三上和伸 at 06:03| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする