2019年05月14日

終曲 私は弥生人? 2019.05.14

とある研究チームが、縄文人全遺伝子情報(ゲノム)を解析したそうです。それに依ると、縄文人の特徴としては、瞳(虹彩)が茶色(私は黒褐色)、髪の毛が細い(私は太い)、耳垢が湿っている(私は乾いている)、アルコールへの耐性が強い(私は弱い)、高脂肪食に適応した遺伝子的特徴(高炭水化物食に適応している私)を持っていることが判ったそうです。縄文人の遺伝子は、日本人の10%に受け継がれているそうです。

結果、私は縄文人の特徴は一切持っておらず、私は弥生人である事が判明?しました。
posted by 三上和伸 at 23:33| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新とっておきの花 箱根湿生花園の花M ミズバショウ 2019.05.05

ミズバショウ生育池  ミズバショウ(水芭蕉)
植えっ放しの生育地(写真左)は、もう既に花は終わっています。大きく伸びた葉だけが存在しています。本来は、雪解けに咲くので、初夏には葉だけが残されるのです。それでも春遅く訪ねた来園者に看板商品であるミズバショウを観て貰いたくて、園では寒冷地で抑制栽培をした花株(写真右)を別の池に植えているのです。初夏の今、私は幸運にもミズバショウを観る事が出来ました。

posted by 三上和伸 at 23:07| 新・とっておきの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新とっておきの花 箱根湿生花園の花L ミミガタテンナンショウ 2019.05.05

ミミガタテンナンショウ
サトイモ科テンナンショウ属の花。一見グロテスクですが、この類は近年、人気が高まっている一族で、ムサシアブミ、オオマムシグサ、ウラシマソウなどがあります。私も大好きで、我が庭には未だにムサシアブミが存在しています。耳が膨らんでいるテンナンショウ、思わず微笑んでしまいます。好きですね。

posted by 三上和伸 at 22:31| 新・とっておきの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新とっておきの花 箱根湿生花園の花K トウゴクミツバツツジ 2019.05.05

ミツバツツジ ミツバツツジ
トウゴクミツバツツジ ツツジ科ツツジ属
ミツバツツジの類には、幾つかの種類があります。大体、生息地に由縁の名が付いています。ミツバツツジ(関東から関西東部、おしべが5本)トウゴクミツバツツジ(関東地方の山岳帯)、サイコクミツバツツジ(六甲山地)、ダイセンミツバツツジ(中国四国地方)などがあります。

これはトウゴクミツバツツジ(東国三つ葉躑躅)であり、おしべが10本で、ミツバツツジとは異なります。関東地方の標高1000m以上の山岳帯に生育しています。

ツツジは美しい花の集まりです。山に春が訪れると山桜と同様に新緑よりやや早く咲き出します。枯れ木に花で、それは美しい光景が現れます。

posted by 三上和伸 at 19:50| 新・とっておきの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新とっておきの花 初夏E ノイバラ(野茨・野薔薇) 2019.05.14

ノイバラ
ノイバラ・古代ではウマラ バラ科バラ属
野茨と書き、野薔薇とも書きます。バラ科バラ属で蔓性、日本に自生している代表的なバラです。美しい白花で、強い芳香があります。卯月(5月)、この花の辺を歩くと、甘い香りが鼻腔をくすぐります。ヤマユリと並ぶ天下の芳香で、花の大きさが二倍ならば、名花として君臨していたに違いありません。

古き万葉集にもこの野茨(うまら)は詠われています。

道の辺の ”うまら”の末(うれ)に 這ほ豆の からまる君を はなれか行かむ
posted by 三上和伸 at 14:11| 新・とっておきの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間奏曲 無聊を抱え、妻の菜園の花に和む 2019.05.14

☂、無聊を抱えた私、人間は贅沢なものです。こんな☂の日でも、鳥たちは鳴いています。今年は鶯の当たり年、毎日、午前中には休まず、鳴き継いでいます。そろそろ、土手の石積みから四十雀の赤ちゃんが出て来るかもしれません。季節は雨でもグングン進んで行きます。

ピンクのバラ     春菊とパクチー テッセン

ブロッコリーとカリフラワー
ブロッコリーとカリフラワー

雨のベランダを観ると、その前に幾つかの作物が植わっています。薔薇と鉄線は嘗ての母の日の贈り物。ナッチャンかKさんか忘れましたが、愛娘から母への贈り物でした。今年も可愛く咲いています。家族の愛が取持った美しい花、和みます。

春菊とパクチーの花。先日も紹介しましたが、今が一番の花盛りになりました。もう一回、手前味噌?ですが、載せさせてください。そしてブロッコリーとカリフラワー、これから我が家の食卓に乗ります。どんな味かしら、楽しみです。

posted by 三上和伸 at 11:00| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間奏曲 雨の一日か? 2019.05.14

未だ、行きそびれています、クリムト展。雨に低温、出掛けるには重い雰囲気ですね。ピッチピッチ・チャプチャプ・ランランランの子供の心を持てば出来ない事も無いですけれど、我が心は冷えてしまっています。午前中一杯、様子見としましょう。

梅雨の走りですかね、西日本に前線が掛かっています。与那国島で50年に一度の大雨、沖縄諸島の真上に梅雨前線が乗かっていますからね。6時間に400mm、1時間当たり67mmの大雨が6時間続いたわけですから、物凄い雨でしたね。

エンゼルスの大谷翔平が今季1号の特大ホームランを放ったとか、ヤレヤレですね。毎日が大谷ホームラン情報で、ワクワクします。

子供の頃から歴史で習った最大の前方後円墳の仁徳天皇陵が世界遺産になりました。写真で見慣れていますから、馴染みが深い古墳ですね。令和初の世界遺産決定、目出度いですね。
posted by 三上和伸 at 10:55| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 ☂、春雷ですね。クリムト展、どうしようかしら… 2019.05.14

昨日の宵の口に観た月は、上弦一日過ぎの月でした。今回(一昨日)の上弦の月は見逃したので、昨晩観られて良かったです。好い半月でした。

今朝は☂、雷鳴も轟いています。春雷ですかね。西から前線が延びて来ていますからね。丁度今我が地の小学校の登校時、黄色い声が上がっていました。子供たち一寸怖いですかね。我が孫・Nちゃんも、今登校しているようですね。春雷大丈夫かしら? Nちゃん負けるな!

雨の今日、時間が空いたので、これから上野の東京都美術館で開かれているクリムト展に行こうと思っているのですが、一日中、☂なのかしらね。風もありますし、濡れるパターンですかね、この空模様? まあ、でも、行って来ましょう。館内は空いているかも知れませんしね。今日は行き時かもね?

posted by 三上和伸 at 08:11| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする