2019年05月18日

新とっておきの花 箱根湿生花園の花㉖ オオバキスミレ 2019.05.05

オオバキスミレ
オオバキスミレ(大葉黄菫)雪国のスミレ
菫は紫色(菫色)ばかりと思われる方も多いようですが、白もあれば黄色もあるのです。低地には濃い紫のスミレ、山地には薄紫のタチツボスミレ、山地の日陰には白いヒカゲスミレなどがあります。そして雪国や高山には黄色い菫もあるのです。登山をする方や田舎育ちの方には知られている黄色いスミレ、美しいものです。私が嘗て行った上高地で、このオオバキスミレを良く見掛けたものでした。スミレは春の花ですが、上高地では夏に咲くのですよ。
posted by 三上和伸 at 22:39| 新・とっておきの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新とっておきの花 箱根湿生花園の花㉕ カキツバタ 2019.05.05

カキツバタ
アヤメ科アヤメ属の代表的な名花、最も古典的で、古から愛された花です。されどその名の由来は明確でなく、大方の想像では、「書付花」が語源と謂れています。古人の説を植物学者・牧野富太郎がカキツバタ一家言に以下のように記しています。この花を白衣に摺り付ければ美しい紫に染まり、その染色を古人は「書き付ける」と言ったそうです。従ってこのカキツバタは書き付けの花と言われるようになり、書付花、それが訛って、カキツバタの音になったのだそうです。カキツバタの語源は書付花が限りなく近いようです。

漢字名は杜若及び燕小花、これは完全な誤りのようです。杜若(とじゃく)とは藪茗荷(ツユクサ科・ヤブミョウガ)の事であり、燕子花はキンポウゲ科のヒエンソウの属名だそうです。アヤメ科の花は菖蒲にしろ杜若にしろ、適当で好い加減な名ばかりが目立ちます。花菖蒲は仕方ないとしても、アヤメは文目、カキツバタは書付花と表記して欲しいですね。
posted by 三上和伸 at 19:43| 新・とっておきの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新とっておきの花 箱根湿生花園の花㉔ ノウルシ2019.05.05

ノウルシ
野漆と書きます。河原の土手などに生える比較的水を好む草です。近縁にトウダイグサがあり、こちらはもう少し乾いた地に生えます。トウダイグサより黄色の苞葉が目立ち、美しい…。茎から出る乳液に毒素が含まれ液に触れると、漆のようにかぶれます。野漆の名の所以となりました。
posted by 三上和伸 at 17:32| 新・とっておきの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新とっておきの花 箱根湿生花園の花㉓ ヤマドリゼンマイ 2019.05.05

ヤマドリゼンマイ DSCF1430.JPG
ヤマドリゼンマイ【山鳥(山取り)薇】 
ヤマドリゼンマイの名称標識を写そうとしたのですが、写生中の女子生徒の手まで写ってしまいました。悪しからず…。ゼンマイとは異種ですが、ゼンマイ科には属すシダ植物です。見た目もそっくりですね。そして山菜としての商品価値も決してゼンマイに劣ることはないようで、市場に出回っています。見た目はたいへん可愛く?、思わず和んでしまいますね。

山で折り取った瞬間から固くなるので、手早く持ち帰って灰汁抜きをします。手早く出来ない時には、その場に樽を持ち込んで、塩漬けにすると良いそうです。

綿を取り除き葉も取って茎だけにし、塩と重層を振り入れ、熱湯を注ぎます。その後半日経ったら水を取り替えながら二日ほど水に晒します。

料理
・ゴマ油炒め、胡麻油で炒め、醤油・砂糖・味醂・酒・イリゴマなどで味付けをする。  参考:フィフィさんのブログ・つれづれなるまゝに日暮らし書…
posted by 三上和伸 at 16:34| 新・とっておきの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新とっておきの花 箱根湿生花園の花㉒ ヤマシャクヤク 2019.05.05

ヤマシャクヤク
キンポウゲあるいはボタン科ボタン属
接近(ズーム)が足りずやや不本意な写真ですが、稀なる品種の山芍薬を撮る事に成功しました。山に生える芍薬に似た花だからヤマシャクヤク、レッドリストに指定された絶滅危惧種です。

嘗て私はこの花株を購入して育てた事があります。ふわりと開き、はらりと散りゆく、豊かさと儚さ、赤と黒の種子、正に日本の野花の原点を観るような花でした。愛していました。
posted by 三上和伸 at 09:45| 新・とっておきの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の歳時記 今日はことばの日 2019.05.18

こ(五)と(十)ば(八)で、ことば。五月十八日はことばの日だそうです。

最初、言葉とは”事の端”から生まれたそうです。昔は”事”と”言”は同じ意味だったそうで、言を言えば現実に事になったそうです。言葉とは霊力があったと信じられていたので、言霊と言う言葉も生まれています。

事の端が言の端になり、次第にそれは増え、言の葉になったのだそうで、今日の言葉になったそうです。

言葉とは大切なものです。正確にそれを伝えなければ、その事の端は正確に伝わりません。私も言葉に助けられてこのブログを書いています。皆様は、ご存じないかと思われますが、辞書と首っ引きで文を書いています。

これからも楽しい話題を一つでも多く書いて行きたいと念じています。どうぞよろしく!

昨日の夕方、お風呂から出てきたRくんの体を拭く時、妻から「未だ脇の下が拭けてないよ」と言われ、拭こうにも拭けなかったので思わず「バンザイ」と言ったらRくんは両腕を挙げ、脇の下をさらけ出しました。空かさず脇の下を拭く事ができました。”バンザイ”の言葉がRくんに通じたのでした。言葉は事の端ですね。端的な言葉を使いたいものです。
posted by 三上和伸 at 08:41| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする