2019年06月01日

東京漫歩 グスタフ・クリムトの「ユディトT」 2019.05.24

この日は、上野の東京都美術館で開催されていた「クリムト展」に行って来ました。グスタフ・クリムトは初め彫刻師や彫金師としてウィーン固有の工芸で名を馳せ、劇場や美術館の装飾の仕事を手掛けました。やがて彫金の技巧を取り入れた絵画を書き始め、ウィーン分離派の会長を務め、傑作絵画を次々と発表しました。女性の甘美な官能性を追求した爛熟したウィーン世紀末を代表する画家でした。クリムトは女好きでした。モデルとなった女性と次々と関係を持ち、私生児の数が15人を上回るとされています。されど単なる女好きではなかったようで、女性を核とした性・誕生・老い・死を見詰めている芸術家の目線が感じられます。

ユディトT グスタフ・クリムト
ユディトT
旧約聖書「ユディト伝」に登場するヘブライ人の寡婦(未亡人・後家)ユディトを描いた作品。ユディトの左手にはアッシリアの将軍・ホロフェルネスの首が携えられています。ユディトが住むユダヤの町ベトリアに進攻してきたホロフェルネス将軍をユディトが色で落とし、寝首を掻いて恍惚と酔い痴れている図の絵画です。西洋絵画(文化)では、ユディトかサロメだそうで、妖婦の2大象徴だそうです。

このモデルもクリムトの愛人だそうです。
posted by 三上和伸 at 20:44| 東京漫歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の歳時記 金運の己巳 孟宗竹も新緑 2019.06.01

5月19日      5月30日
竹秋で枯れ色だった竹林がここにきて新緑を呈してきました。これが竹の春と言いたいところですが、本来の竹春は旧暦葉月(新暦9月の季語)なのですね。旧暦葉月は、新緑ではなくて青葉なのですね。今入梅時に、美しい黄緑の色の若葉で、孟宗竹の竹林も蘇りました。

今日は60日に1回の己巳(つちのと-み)の日なのですね。蛇(巳)は弁天様の使い、弁天様は金運の神様ですね。しかも己(つちのと)は陰陽道では土性で、土は金属であり、お金にも通じます。金運と金属(お金)、正に今日は金運上昇の日。弁天様にお参りをして、新しい財布を使いだすのも良いでしょう。今日の鎌倉は混んでます。銭洗い弁天詣ででね…
posted by 三上和伸 at 08:16| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 シャンシャン中国帰国、来年12月に… 2019.06.01

一昨日配信された時事通信社の記事によると、小池都知事がシャンシャンの中国返還時期が来年の12月に延びた事を報告したそうです。嬉しいことですね。これで当分の間、安心していられますね。オリンピックは行かずともシャンシャン詣では出来ます。シャンシャンの誕生日は、2017年の6月12日、もう直ぐ2歳の誕生日なのですね。6月12日は水曜日で、平日ですね。行ってみますかね? でも外国人観光客が大勢ですかね。何処へ行っても平日は、外国人観光客に占拠されていますからね。
posted by 三上和伸 at 07:16| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする