2019年06月09日

終曲 Nちゃん、また進歩、お手紙書く 2019.06.09

Rくんの写真絵葉書に、NちゃんはRくんになりすまして、ヒイバアバに手紙文を書きました。「ぼくはこうえんのあすれちっくであそんだよ。ぼくのみじかいあしをぐーんとのばしてうえにのぼったよ。」。写真には、Rくんが公園の遊具で遊んでいる姿が写っていました。短文ですが、Nちゃんは作文を書き始めました。また少し、Nちゃんは進歩しました。少しずつでも、長い文が書けるようになると好いですね。
posted by 三上和伸 at 23:26| 終曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新湘南漫歩 横須賀線のローカル線・田浦駅・衣笠駅 2019.06.06

一昨日の7日に行った横須賀市衣笠の仕事、久し振りで横須賀線に乗って、横須賀線のローカルな部分を旅してきました。横須賀線、首都圏とは言っても逗子を下れば、もう完璧なローカル線。鄙びた山間を走れば、直ぐに港町・横須賀、目の前はアメリカ海軍のベースキャンプです。

戦前までは日本海軍の軍港であった横須賀、その人員や物資の導線として必要だったのが鉄道でした。明治22年(1889年)の6月16日、大船⇔横須賀間の横須賀線が開通しました。当時は突貫工事だったようで、歴史の町・鎌倉を踏み躙った軌道を採用して、円覚寺の境内を突っ切ったり、若宮大路を寸断(現在は高架線)したりしました。駅は大船⇔鎌倉⇔逗子⇔横須賀だけでした。

田浦駅と七釜トンネル 軍港横須賀の重要部分でもあったので、田浦駅は明治37年(1904年)に主要都市の後、いち早く開業しました。

ホームの前後は山でトンネルです。従って11両編成では列車がホームに納まりきらず、開かずのドアーが出ます。そこで普段は4両編成の列車が走っていますが、時折11両編成が走ります。その節は、ドアーアウトになります。ドアーアウト車両に乗って仕舞うと、田浦駅停車中は地下鉄の中と一緒です。降りる人は早目に移動しませんとね。正にローカル線の風情を曝け出します。

1944年(昭和19年)に横須賀から久里浜まで開通しました。中間部に出来た駅が衣笠駅、今回の下車・乗車駅です。横須賀から衣笠までは山の下(トンネル)を走る事になります。逸見トンネル・横須賀トンネルで、トンネルを抜ければ衣笠駅でした。京急もそうですが、横須賀線もトンネルばかり、この横須賀トンネルが三浦半島で一番長いトンネルです。

横須賀線車両、クリームと青のベストカラーリング、JRでは一番のカッコイイ電車ですね。



posted by 三上和伸 at 20:51| 新・湘南漫歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新とっておきの花 梅雨@ ノアザミ 2019.06.09

ノアザミ(野薊)
ノアザミ(野薊)キク科アザミ属
体中もの凄い棘で武装をしている草ですが、赤味を帯びた紫の美しい花を咲かせます。花弁は無く、多くの管状花で造られています。私はアザミが大好きで、この花を見掛けると嬉しくなり、思わずスマホをかざしスイッチを押してしまいます。この日も近所のドラッグストアの駐車場に咲いていました。たった一株のアザミ、きっと遠くから綿毛着きのタネがここに飛んできたのでしょう。幸い?に鋭い棘が痛いので、手折られない草と花、強い生命力がありますね。

若芽は食用、根も食用、葉は天婦羅や味噌汁、そして最高のアザミ飯に、根は醤油や味噌漬けにして山菜の山ゴボウに、山間部に行けば大抵土産物屋で売っています。

スコットランドの国花でもあります。その棘に依って国家を護ったとされる花です。花言葉は、独立、報復、厳格、触らないで。

アザミの名の謂れは、「アザム」(傷つける)だそうで、一種の殺人兵器?です。
posted by 三上和伸 at 19:28| 新・とっておきの花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前奏曲 梅雨入り不揃い 2019.06.09

梅雨に入ったばかりですから何とも言えませんが、地域に依ってバラツキがありますね。全国の週間天気を観てみると、☀と☂の区域がハッキリと分かれています。梅雨の無い北海道は☀一色、中国・四国、オマケに九州までも☀一色。反対に沖縄奄美、近畿・東海・北陸・関東・東北南部は、木曜日まで☂・☁一色。随分と分け隔てのある天気ですね。

横浜は未明まで降ったようで、道が濡れています。空は分厚い雲の梅雨空、朝から重い気分で出掛けなければなりませんね。折り畳み傘が手放せないです。そっとバッグにしまって出掛けましょう。暫くの辛抱、週末は梅雨の晴れ間が出そうです。

明日(10日)が上弦、明後日(11日)が木星の衝、そして入梅です。17日が満月で、しかも衝直後の木星と2°00′で接近、見物ですね。晴れを祈ります。
posted by 三上和伸 at 08:31| 前奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする