2019年06月17日

月に寄す 今日の満月はストロベリー・ムーン 2019.06.17

旧暦皐月の望・満月 2019.06.17
ストロベリー・ムーンと言ったって、苺色の月が出る訳ではないのですよ。アメリカの先住民(ネイティブ・アメリカン)には、毎月の満月に名付けた名称があり、6月がストロベリー・ムーンなのだそうです。詰まり、この民族は、それに依って季節を把握していたのです。ストロベリー・ムーンは6月の満月、この民の住んでいた地方は、苺が6月に成る地域だったのですね。先住民の風習を移住民(移民)が真似たのです。先住民、移住民、ここには差別がありましたね。原始人だとか土人だとか奴隷だとか…。決して使ってはイケません言葉もありましたね。

6月の満月は一年で一番低い満月なのです。太陽は夏至の時が一番高く、冬至の時に一番低くなります。太陽と満月は地球を挟んで一直線ですから、太陽が高ければ満月は低いのです。逆に満月が高ければ、太陽は低いのです。
posted by 三上和伸 at 21:29| 月に寄す | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の歳時記 今日は皐月の十五 望・満月 2019.06.17

旧暦皐月の望・満月 2019.06.17 旧暦皐月の望・満月 2019.06.17
同じ今日の満月です。撮り方を少し変えました。右の写真は光を抑えた暗い満月です。但し月の海の領域が良く観えています。月のメリハリが良く解りますね。今月も期せずして、望が十五夜でしたね。明日が十六夜、明後日が立待、そして居待、寝待、更け待ちと続きます。因みに今年の中秋の名月は満月では無く、幾望の月の巡りです。

毎日が五月晴れ、実に清々しい気候ですね。この上天気暫く続きそうです。毎日月が観られるかも知れません。毎夜の楽しみとなります。好いですね。
posted by 三上和伸 at 21:03| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新日本の景色 五月晴れ、竹の美 2019.06.16

青い空と白い雲緑の竹林 竹林の涼み
これらの写真は昨日写したものです。上空の柔らかい雲に青空が映えて、五月晴れと言うに相応しいですね。真夏になるとこんな淡い雲は現れず、筋肉隆々の入道雲ばかりとなります。近所の金剛寺の山門と竹林が五月晴れに似合っています。

保土谷の、とある竹林が美しいので、ここに取り上げました。近年は伸ばし放題の竹林が目立つのですが、ここの竹林は整然と整えられています。竹とはあんな風に生えるのだなと、改めて目から鱗の竹の風景です。素敵です。

posted by 三上和伸 at 19:54| 新・日本の景色 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

間奏曲 警察の威信保たれました 2019.06.17

交番勤務のお巡りさんが刃物で刺され拳銃を奪われた事件、今朝方、犯人の飯森裕次郎が逮捕されました。迅速な逮捕で、大阪府警の威信は保たれました。後は重体となられた巡査の古瀬鈴之佑さんの容体の回復が待たれます。ラグビーの五郎丸さんも応援しています。ラガーだった鈴之佑さんの回復復帰を皆で応援しましょう。
posted by 三上和伸 at 19:31| 間奏曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の歳時記 今日はお巡りさんの日 2019.06.17

1874年(明治7年)6月17日に巡査制度が誕生し、警察官と言う職業が生まれました。そして何時の日にか、自然と誰が名付けたか知れないそうですが、巡査を指しておまわりさんと呼ぶようになったのだそうです。そこでこの日をその誕生を祝って「おまわりさんの日」と決まったのだそうです。

明治維新の際、それ以前は各藩の兵士(武士)が治安維持を担当していたのですが、それを廃止し、明治政府が東京府に邏卒(らそつ、巡る僕、つまり巡査)3,000人を配置したそうです。その後、明治7年に邏卒を改称し巡査とし、巡査制度が誕生しました。おまわりさんの誕生実話です。ここで何故おまわりさんか? それは名前の語呂の良し悪しだそうで、巡査さんよりはおまわりさんの方が呼び易い、それでおまわりさんが流行り出したのでした。ですからおまわりさんは正式名称で無く、愛称だそうです。

近年、交番のお巡りさんが襲われ、拳銃を奪われる事件が起こっています。期せずして昨日も大阪で交番のお巡りさんが刃物で襲われ、意識不明の重体となって仕舞いました。お気の毒です。何とか命を取り留めて現場復帰をして頂きたいですね。犯人は、5発の弾丸が籠められた拳銃を奪い持っています。市民の安全を守り、警察の威信を掛けて、犯人を逮捕して欲しいですね。
posted by 三上和伸 at 05:49| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする