2019年06月20日

鎌倉漫歩 明月院A 宗猷堂(そうゆうどう、開山堂)と花想い地蔵 2019.06.05

花地蔵 宗猷堂(開山堂)
花想い地蔵  宗猷堂(開山堂)

明月院の事の始まりは、鎌倉幕府五代執権の北条時頼の最明寺に始まります。時頼の死後、最明寺は廃寺となりますが、その息子・八代執権の時宗により、代わりに禅興寺(明治元年廃寺)が建てられます。後の世に、その禅興寺の塔頭として建てられたのが明月院です。従って北条時頼の縁の地(時頼の私邸跡地)であったので、この地明月院に時頼の廟と墓があります。

明月院は室町時代に、上杉憲方(うえすぎのりまさ)が開基で、密室守厳(みっしつしゅごん)が開山として建てられた寺です。宗猷堂(そうゆうどう)は、開山の密室守厳の木像が安置されているために、開山堂となりました。

開山堂の前には、季節の花を抱えた花想い地蔵が祀られています。人は花の思い出の中に生きているそうです。大切な人、愛しいもの、それは何時も花の思い出の中に存在しているのだそうです。
posted by 三上和伸 at 21:31| 鎌倉漫歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新生き物大好き エゾフクロウヒナ可愛い! 2019.06.20

北海道阿寒の森で写された4羽のエゾフクロウのヒナ、3羽が身を寄せて並んでいる所に1羽が飛んで来る構図、何とも可愛らしいですね。フワフワの羽毛、もう縫いぐるみのようにマンガチックで可愛らしい姿でした。4羽とも巣立ったんですね。凄いです。猛禽類で一度に4羽、優秀な親に育てられたのですね。

タカ類はたとい2羽生まれたとしても、2羽が争い、1羽を殺し、1羽しか残らないそうです。親は残った1羽を育てる訳ですね。生まれながらにして生存競争をさせて強いモノだけを残す自然の仕組み、人間の私には納得できる仕組みでは無いですね。弱くても好い所が一杯あるのが生き物と言うもの、大事に育てたいですね。

参考:北海道新聞のコラム
posted by 三上和伸 at 20:26| 新・生き物大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の歳時記 今日は難民の日 2019.06.20

今日は世界難民の日だそうです。難民、日本では馴染みが無い話ですが、世界中には難民が溢れています。政治・宗教に依って身に危険が迫る国や地域があり、命や生活を護るために、国外へ逃亡しなければならない人民が多くいるのです。それが難民です。何と不幸な事でしょうか。

1974年の6月20日に「アフリカ統一機構難民条約」が発行し、この日が「アフリカ難民の日」とされ、2000年12月に国連が「世界難民の日」と改称したのだそうです。

国際条約では難民を「人種、宗教、国籍、政治的意見や特定の社会集団に属するなどの理由で、自国にいると迫害を受けるか、迫害を受ける恐れがあるために他国に逃れた人々」と定義しているそうです。

世界には現在2,600万人の難民が存在しているそうで、その半数は子供だそうです。難民の数は630万人のシリア始め、アフガニスタン、南スーダン、ミャンマー、ソマリアなどが多く、その受入国は、トルコ(348万人)を始め、パキスタン、ウガンダ、イラン、レバノンらが続きます。しかし、これらの受け入れ国も次第に国境封鎖を始めるようになり、難民は窮地に追いやられているそうです。

ヨーロッパ地域も難民受け入れで多くの問題が出ており、難民排除の動きが加速しています。難民受け入れに厳しい日本、その内、世界から袋叩きに遇いかねませんね。難民問題、21世紀の最大の課題と言えますね。

参考:ウェブサイト:今日は何の日・記念日

posted by 三上和伸 at 08:18| 私の歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする